BONKとミームネイター(Memeinator)2023年に飛躍する可能性を秘めたミームコインとは?

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

ボンク(BONK)とミームネイター(MMTR)は共に2023年、仮想通貨専門家から注目を集めている銘柄だ。今回新しくリリースされたミームコインは、長期的なポテンシャルは非常に高いと考えられている。

今では数多くのミームコインにも優劣の差が存在する。投資するにあたって2つのミームコインプロジェクトのポテンシャルを正確に見極めることは重要である。

現在ミームネイターは、プレセールを開始し早期購入者にMMTRトークンを割引価格で提供している。本記事では、Web3の他のミームコインとの違いについて深掘りしていく。投資をする際に参考にして欲しい。

強気相場における資産価格のピーク

通常ミームコインは特に高いパフォーマンスを示す資産の一つであるため、強気相場で大きな利益が得られる可能性がある仮想通貨としても注目されている。ドージコイン(DOGE)、シバイヌ(SHIB)、ぺぺ(PEPE)などの仮想通貨は、数日間で急騰した代表的なミームコインだ。

ミームネイター(MMTR)とボンク(BONK)は、可能性があるミームコインを探している投資家にとって、最も人気のある選択肢として浮上している。

もちろんこれらのミームコインにはいくつかの大きな違いがある。これらを正確に理解することで、短期的な瞬間と長期的な動きの違いを見分けるのに役立つだろう。

ミームコインは多くの場合、トークンの実用性が十分でない。だからこそ柴犬コインのようなプロジェクトが価値を持つ主な理由である。

SHIBは、ステーキング・NFTコレクション・様々な決済ゲートウェイとの提携など、真のトークンユーティリティを提供したミームコインの一例であり、その結果世界で最も価値のある暗号資産のトップ20にランクインしている。

では、ミームネイターとボンクのようなプロジェクトが、今後数カ月から数年の間にどのような違いを生み出すのだろうか?

この記事では、それぞれのミームコインプロジェクトのファンダメンタル分析に踏み込み、トークンの実用性の違いを解剖することで、各プロジェクトの長期的な可能性を示す。

ミームネイター(MMTR)とは?

ミームネイター(MMTR)は、ただ一つの目的のために作成されたプロジェクトだ。価値のないミームコインをすべて破壊し、そして仮想通貨の時価総額リストから消し去る。

ミームコイン市場は、投資家に付加価値をもたらさない過大評価された多くの暗号資産に悩まされてきた。ミームネイターはそのすべてに終止符を打つために生まれたのだ。

プロジェクトは、コミュニティ構築への楽しく遊び心のあるアプローチとともに、膨大な内蔵ユーティリティを提供する。時間の経過とともに、ミームネイターはトークン保有者が様々な娯楽を楽しめる、確立されたミームコインエコシステムとなるだろう。

ミームネイターチームは、オンラインコミュニティにおけるバイラリティを高めるため、マーケティングのプロセスに多額の投資を行う。さらにプレセール参加者の中から抽選で1名を宇宙へ招待する。

そう、ミームネイターの初期のコミュニティ形成イニシアチブの一環として、当選者1名にヴァージン・ギャラクティックのスペースラインでの旅行がプレゼントされるのだ。

MMTRの仕組み

ミームネイターのエコシステムは「Meme Warfare」と呼ばれるブロックチェーンゲームの配信を始める。

プレイヤーは現在Web3の世界に散らばっている価値のないミームコインのマスコットを探し出し、駆逐を楽しむ。プレイヤーは、ミームネイターの強力な機械的能力を駆使して、他銘柄を抹殺する。

さらにミームネイターは、コミュニティすべてのメンバーに、より深い仲間意識を持たせるべく専用のNFTコレクションをリリースする予定だ。さらにプラットフォームではMMTRトークンの保有者は、手厚い年間利回りと引き換えに資産をステーキングすることができる。

MMTRステーキング機能は、参入障壁を最小限に抑えた分散型の金融アクセスを提供し、長期的にミームコインの価値を守ると同時に、ステーカーにとっての投資リターンを最大化が可能になる。

MMTRは2025年に1ドルに達するか?

ネイティブトークンのMMTRは、デフレ型のトークノミクスを採用しており、発行量は10億コインとなっている。

MMTRのデフレ的側面は、プラットフォームの魅力的なユーティリティ機能と相まって、この新しいミームコインの価値を今後数ヶ月から数年の間に急上昇させる可能性がある。

価格分析家は、MMTRが仮想通貨の領域で最も価値のあるミームコインプロジェクトの1つになると予想している。コミュニティが楽しめるさまざまなアプリケーションを提供するだけでなく、ソーシャルメディアを通じてプロジェクトの宣伝にも多大な投資を行うためだ。

ミームネイターは、成功すべくミームコインプロジェクトの条件を全て満たしている。そして今、MMTRはプレセールにて値引き価格にて入手が可能だ。MMTRは長期的に50から100倍に上昇すると予想され、1ドルの価格目標は来る強気市場を前にした妥当な予測ではないだろうか。

ボンク(BONK)とは?

ボンク(BONK)は、2023年初めにソラナエコシステム上でリリースされた新しいミームコインだ。トークンは、ソラナベースのDeFiプラットフォームを利用するトレーダーを増やすことで、DEXの流動性を再確立するために設計された。

ソラナは2022年11月にFTXが破綻した後、大きな下落トレンドに見舞われたばかりだった。そのため、その後の数ヶ月間、ネットワーク活動は減少した。

BONKは2023年1月、ソラナでのネットワーク活動に刺激を与えるためローンチされた後、急速に価値を高めた。さらにこのプロジェクト、単なる流行ではない。BONKの時価総額は現在でも1,000万ドルを超えており、相当数のトークン保有者がいる。

2025年にBONKは0.000004ドルに達するか?

BONKは2023年1月に史上最高値の0.000004ドルをつけ、その後急速に価値の90%以上を失った。BONKは、投機の手段として使われる以上にトークンに内在する実用性を欠いたミームコインの一例と見なすことができる。

トークンは実用性に欠けるため、時間の経過とともに十分な買い手を集めるのに苦労するかもしれない。これは長期的な値動きに悪影響を及ぼす可能性があり、価格アナリストは、かつての史上最高値の奪回に苦戦することを示唆している。BONKの2025年の価格予測は0.000002ドルだ。

ミームネイターの未来

MMTRは、MMTRを所有することでGameFiゲームやWeb3ネイティブサイトを通じたステーキングサービスなど、ミームコインユーティリティの膨大なエコシステムへのアクセスがアンロックされる。

ミームネイターの内蔵されたユーティリティは、長期的な可能性を大きくするだろう。デジタルマーケティングキャンペーンに多額の投資を行うチームの意欲は、強気な市場環境下でのバイラルの可能性をもたらすかもしれない。

MMTRの詳細はこちらから


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

CryptoAltum~レバレッジ500倍、スプレッド極小。「勝つための」デイトレ用仮想通貨FX登場

CryptoAltum~レバレッジ500倍、スプレッド極小。「勝つための」デイトレ用仮想通貨FX登場

アナリストがアルトコインに注目|強気相場で次のパンプに備える

アナリストがアルトコインに注目|強気相場で次のパンプに備える

チャンサーのプレセールとぺぺコイン|見逃せない2023年仮想通貨予測!

チャンサーのプレセールとぺぺコイン|見逃せない2023年仮想通貨予測!

ビットボット:ノンカストディアルのテレグラムボットが本日ローンチ

ビットボット:ノンカストディアルのテレグラムボットが本日ローンチ

FX-Listから始める外国為替投資

FX-Listから始める外国為替投資

ミームコイン市場分析:2024年に成長が期待される新たな仮想通貨

ミームコイン市場分析:2024年に成長が期待される新たな仮想通貨

注目度の高い仮想通貨ニュース

KARRATプロトコルが始動:ゲーム、エンターテイメント、AIイノベーションの新時代を切り拓き、ハリウッドと提携

KARRATプロトコルが始動:ゲーム、エンターテイメント、AIイノベーションの新時代を切り拓き、ハリウッドと提携

仮想通貨でプリペイド決済「Slash Vプリカ SHOP」提供開始:Slash × ライフカード

仮想通貨でプリペイド決済「Slash Vプリカ SHOP」提供開始:Slash × ライフカード

仮想通貨ニュース週間まとめ「バイナンスジャパンに新取引ペア・Shibarium大型アップグレード」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「バイナンスジャパンに新取引ペア・Shibarium大型アップグレード」など

メタプラネット「10億円分のビットコイン」を購入|追加購入予定の報告も【追記あり】

メタプラネット「10億円分のビットコイン」を購入|追加購入予定の報告も【追記あり】

仮想通貨企業の広告に「エミネム」登場|世界的セレブの起用に注目集まる

仮想通貨企業の広告に「エミネム」登場|世界的セレブの起用に注目集まる

シバイヌDEX「ShibaSwap」Shibariumサポートへ|ローンチパッドなども提供予定

シバイヌDEX「ShibaSwap」Shibariumサポートへ|ローンチパッドなども提供予定

カルダノ財団:ドバイ・ブロックチェーン・センター(DBCC)と提携

カルダノ財団:ドバイ・ブロックチェーン・センター(DBCC)と提携

BTC・SHIB・DOGEが当たる「ラッキールーレットキャンペーン」開催へ:ビットトレード

BTC・SHIB・DOGEが当たる「ラッキールーレットキャンペーン」開催へ:ビットトレード

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

コンビニ決済で「JPYC」が利用可能に?電算システムと業務提携

コンビニ決済で「JPYC」が利用可能に?電算システムと業務提携

クラウドマイニングとは?MAR Miningで1日1,000ドルを稼ぐ方法

クラウドマイニングとは?MAR Miningで1日1,000ドルを稼ぐ方法

ビットコイン「バブル崩壊」は近い?暴落予想を的中させたベテラントレーダーが警告

ビットコイン「バブル崩壊」は近い?暴落予想を的中させたベテラントレーダーが警告

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介NEW

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す