ミームにしてミームあらず:Memeinatorが4週間で100万ドルの資金調達に成功した理由

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

Memeinatorが100万ドルを調達

ユニコーン(時価総額10億ドル)を目指すミームコインのMemeinatorは、4週間のプリセールで100万ドルを調達し、なおも勢いを増しています。第5ステージのトークンは間もなく完売し、第6ステージではトークン価格は0.0125ドルから0.0133ドルに値上げされる見込みです。

Memeinatorは現在、2024年初頭の上場に向けて、ロードマップは順調に進行しています。先日開催された「Blockchain Liveカンファレンス」では、主要取引所への上場が準備中との噂も流れました。

開発チームは、投資家に最大15%の紹介料を支払う紹介プログラムを発表し、Memeinatorの『Resistance』コミュニティのメンバーを狂喜させました。Resistanceは、ミームコイン業界に革命を起こすことを目論むクリプトフリーク集団です。

Resistanceのコミュニティマネージャーのディラン・リー(Dylan Lee)氏は、最近の声明で次のように語っています。

Memeinatorブランドの爆発的な成長なくして、プリセールの成功はもちろん、今後の主要取引所での上場もありえない。私たちのロードマップは今のところ100%順調だ。紹介プログラム、商品ストアをすでにリリースしたし、クリエイティブチームはSNSマーケティング戦略の一環として、かなり特殊な製品コンセプトビデオを公開した。プリセールが100万ドルを突破したのを知って、私たちチームの士気はさらに高まっている。プリセールの進捗状況について、さらなる吉報をお届けできるのが楽しみだ

クリプト業界の破壊者という使命

Memeinatorは「ミームコイン業界を終わらせること」が自らの使命だと公言しています。プロジェクトチームの当面の目標は、ライバルのDogecoinやShiba Inuと並ぶ時価総額10億ドルの達成を目指すことだとされています。

ホワイトペーパーによると、チームの戦略目標は、強力なマーケティング手法を駆使して国際的な投資を呼び込み、最終的にはTier1取引所にプロジェクトを上場させることとされています。コミュニティマネージャーのリー氏は、ロンドンとドバイで最近開催されたブロックチェーン会議でも積極的にプロジェクトを宣伝しています。

もちろん、このプロジェクトに実用性がないわけではありません。しかし、いまだ実現されていない難解な技術を、過剰なまでにアピールする他の多くのミームコインに対するアンチテーゼとして、このプロジェクトは生まれました。

MMTRトークンは、2024年初頭に発売予定の感情分析に基づくAIゲーム『Meme Warfare:Episode 1-The Memeinator Chronicles』において、ネイティブトークンとしてデビューします。

いわば既存のミームコインに対する「刺客」です。このアクション満載のゲームでは、MMTRトークンの保有者にさまざまな限定機能が提供されます。さらに、Web2上での貢献に応じて報酬が得られ、それがミームコインチャートでの上位ランクインに結実することが期待されています。

GameFi分野は、今後7年間で、市場規模が900億ドルを超えると予想されています。絶大な人気を誇るこの業界が、さらなる成長中であることを考えれば、Memeinatorの戦略は理にかなっているといえるでしょう。Memeinatorが「パイ」の一切れさえつかむことができれば、長期的大ヒットの実現も夢ではないのです。次の強気相場ではMMTRトークンの時価総額にプラスの影響がでる可能性もあります。

このプロジェクトの取り組みは注目されており、No BS Cryptoチャンネルを含む著名なインフルエンサーが、『2023年に買う価値のある唯一のミームコイン?(PEPEコインキラー!)』と題する動画をYouTubeで公開しています。

プロジェクトの信頼性と安全性を保証するため、MemeinatorはSolid Proofによる精査を受けました。Solid Proofは、2020年以来、新興のブロックチェーンプロジェクトを中心に、ブロックチェーン業界における監査の経験が豊富なエキスパートです。

ドイツを拠点に活動するこの監査法人は、プロジェクトのプロトコル、信頼性、スマートコントラクトを評価し、プロジェクトチームのKYC評価を実施します。これによりMemeinatorは、UNCX、Shopping.io、ZyberSwapなどのプロジェクトで実施された権威ある監査と肩を並べることになります。

プロジェクトは現在、資金調達ラウンドの第5ステージにあり、MMTRトークンの価格は0.0125ドルです。同トークン価格は、2024年初頭に予定されている取引所への上場前に0.0485ドル(全体として288%の上昇)まで段階的に値上げされる予定となっています。ブランドの爆発的な成長により、MemeinatorはBanklesstimesInvezzを含む多くのニュースサイトのクリプト業界ランキングで1位を獲得しています。

Memeinatorについて

Memeinatorは、実用性に欠ける何百もの泡沫ミームコインに対するアンチテーゼとして生まれた。デフレ型トークン、参加型コミュニティ、巧妙なNFTコレクション、AIを搭載したビデオゲームにより、単なる誇大広告ではない、真のイノベーションを提供する。

その目的は、すべてのライバルのミームコインを凌駕することだ。そして、10億ドルの時価総額を突破することに先立って、MMTRコインの取引とステーキングの両方を通じて、コミュニティに莫大なリターンを提供することである。

Memeinator(MMTRトークン)の詳細については、ウェブサイトをご覧ください。

ウェブサイトホワイトペーパーソーシャル

【連絡先】

The Memeinator
Memeinator
pr@memeinator.com


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bitget:DeFiの利便性を向上させる「MegaSwap」を発表|CeFiのセキュリティと利便性をDeFi取引環境に融合

Bitget:DeFiの利便性を向上させる「MegaSwap」を発表|CeFiのセキュリティと利便性をDeFi取引環境に融合

PrimeXBT「証拠金口座の暗号資産を別通貨に交換できる新機能」追加

PrimeXBT「証拠金口座の暗号資産を別通貨に交換できる新機能」追加

BlastUP:プレセールの人気が指数関数的に高まる

BlastUP:プレセールの人気が指数関数的に高まる

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

ポル「PoL Enterprise」正式リリース|企業のブロックチェーン導入・開発を支援

ポル「PoL Enterprise」正式リリース|企業のブロックチェーン導入・開発を支援

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

注目度の高い仮想通貨ニュース

TransBoden:新たなSolanaミームコイン、100%公正な方法で「$BODENX」のローンチに成功

TransBoden:新たなSolanaミームコイン、100%公正な方法で「$BODENX」のローンチに成功

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

革新的なクラウドマイニングを提供するBitcoin Minetrixのプレセールが最終段階へ

革新的なクラウドマイニングを提供するBitcoin Minetrixのプレセールが最終段階へ

秋田犬保存会:ブロックチェーン活用した「デジタル血統書」を導入【世界初】

秋田犬保存会:ブロックチェーン活用した「デジタル血統書」を導入【世界初】

シバイヌDeFiのK9 Finance「流動性ステーキングのモバイル版動画」を公開

シバイヌDeFiのK9 Finance「流動性ステーキングのモバイル版動画」を公開

Own The Doge:ドージコインでも有名な「かぼすちゃん」画像の権利を取得

Own The Doge:ドージコインでも有名な「かぼすちゃん」画像の権利を取得

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

仮想通貨ニュース週間まとめ「バイナンスジャパンに新取引ペア・Shibarium大型アップグレード」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「バイナンスジャパンに新取引ペア・Shibarium大型アップグレード」など

SBI VCトレード:APT・HBAR・ZPG上場記念「2つのキャンペーン」を開催

SBI VCトレード:APT・HBAR・ZPG上場記念「2つのキャンペーン」を開催

国内XRP保有者の声を反映するバリデータに|SBI VCトレード「XRPLのノード運用」開始

国内XRP保有者の声を反映するバリデータに|SBI VCトレード「XRPLのノード運用」開始

フレアネットワーク:合計バーン枚数が「10億FLR」の大台に到達

フレアネットワーク:合計バーン枚数が「10億FLR」の大台に到達

より優れた仮想通貨投資とは:2024年のバナナガンとビットボット

より優れた仮想通貨投資とは:2024年のバナナガンとビットボット

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介NEW

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す