Solana系の最新ミームコインDogWifCat、24時間で3,000%以上の価格高騰

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

日本時間3月21日の午前2時、Solana(SOL、ソラナ)系の最新ミームコインとなるDogWifCat($DWIFC、ドッグウィフキャット)が、ローンチ(発売)しました。

ローンチ後には投資家からの買いが殺到して、24時間の間に価格は3,000%以上も高騰、現在は0.01616ドルあたりで推移しています。

最近、ミームコインのブームが起きていますが、そのきっかけとなったのがDogwifhat($WIF、ドッグウィフハット)ともいわれており、「Wif-hat(帽子を被った)」コインが次々と発売されています。

DogWifCatもそのようなトレンドに乗って作られたミームコインですが、Hat(帽子)ではなくCat(猫)として市場に挑戦しています。

DogWifCatの狙い通り、$DWIFCは発表後に大きな話題となり、時価総額は1400万ドルまで上昇、過去24時間の取引量は4600万ドル以上を記録しています。

$DWIFCの総供給量は10億ドルとなっており、オンチェーンの分析ツールであるDexToolsによると、保有者はすでに3,950人に達しています。

DogWifCatのX投稿画像

Solana系ミームコインの強さ

ミームコインの時価総額ランキング画像

Bitcoin(BTC、ビットコイン)が史上最高値を更新してから仮想通貨市場は歓喜に沸いていますが、そのようなブルラン(強気相場)の中で、ミームコインは市場の最先端を走っています。

特に、Solana系ミームコインはその強さを発揮しており、前述したDogwifhatを始め、最近ではBonk($BONK、ボンク)やSmog($SMOG、スモッグ)、Book of Meme($BOME、ブック・オブ・ミーム)、Slerf($SLERF、スラーフ)などが躍進しています。

このように、Solanaはミームコインのハブとして成長しており、SOLコインも時価総額で仮想通貨のトップ5位以内をキープしており、価格も上昇傾向にあります。

こういった背景もあり、Solana系の最新ミームコインである$DWIFCに対して、多くの投資家から期待する声が上がっています。 早くも大口投資家がDWIFCを購入

内部関係者は先日、DogWifCatのTelegramチャンネルで、クジラと呼ばれる大口投資家が約10万2000ドルに相当する$DWIFCの購入を行ったことを報告しました。

DogWifCatのTelegramチャンネル投稿画像

このような大口投資家は、$BONKや、$BOME、$SLERFなどの他のSolanaトークンを利益確定売り(利確)をしてリターンを得ながらも、利益の一部を$DWIFCに投資してより大きなリターンを狙う動きが見られます。

DogWifCatも「Much coin, such meme, add cat. DogWifCat = so investment.」というキャッチコピーを提示して、犬と猫を組み合わせた$DWIFCから投資家が大きな利益を得られることをアピールしています。

DogWifCatは、猫と犬がくっついたコインというユーモアを売りにした仮想通貨ですが、大胆にも総供給量の100%がDEX(分散型取引所)に割り当てられており、他のミームコインと異なる戦略が取られています。

急成長が期待されるDogWifCat

DogWifCatの画像

そのネーミングに大きなポテンシャルを秘めているDogWifCatは、最近注目を浴びた$SLERFのように、市場のブームに乗って急成長することが期待されています。

$SLERFは、プレセールの段階から素晴らしい成績を叩き出しており、今週初めに27億ドルの取引量を記録、Ethereum(イーサリアム)エコシステム全体の取引量を上回りました。価格は今週18日のローンチ以降3000%以上も上昇しています。

しかし先日、Slerfの開発者がプレセールで調達したSolanaトークンを誤って焼却(バーン)してしまったこともあり、現在価格はやや落ち着き気味、過去24時間で価格は18%下落しています。

一方で$DWIFCの価格は上昇を続けており、過去24時間で108%の高騰が見られます。

このようなDogWifCatプロジェクトに興味のある方は、X(旧Twitter)Telegramで最新情報をご確認ください。

$DWIFCは、Jupiter(ジュピター)またはRaydium(レイディウム)DEX(分散型取引所)にて、SOLもしくは同チェーンのトークンをスワップ(交換)することで獲得可能となっています。($DWIFCのトークンアドレスはこちら

$DWIFCの詳細はこちら


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BlastUPプレセール、投資ブームが最後の2週間に突入

BlastUPプレセール、投資ブームが最後の2週間に突入

新しいミームコイン「PlayDoge」がプレセールを開始!数時間で20万ドルを調達で次のFlokiと話題に

新しいミームコイン「PlayDoge」がプレセールを開始!数時間で20万ドルを調達で次のFlokiと話題に

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

ChatGPTによる分析:2024年に成長が期待されている仮想通貨2選

ChatGPTによる分析:2024年に成長が期待されている仮想通貨2選

ビットヤードが豪州で「金融サービス業ライセンス」取得|グローバルコンプライアンス戦略の成果か

ビットヤードが豪州で「金融サービス業ライセンス」取得|グローバルコンプライアンス戦略の成果か

シバイヌのネットフローが3,015%急増|新たなミームコイン「Milei Moneda(MEDA)」が今年の爆発的成長を目指す

シバイヌのネットフローが3,015%急増|新たなミームコイン「Milei Moneda(MEDA)」が今年の爆発的成長を目指す

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説