日本初の預金型ステーブルコイン「トチカ」サービス開始:北國銀行

by BITTIMES

預金型ステーブルコイン「トチカ」提供開始

北國銀行は2024年4月1日に、日本初の預金型ステーブルコインとなる「トチカ」のサービス提供を開始することを発表しました。

トチカは北國銀行が主体となって発行する日本初の預金型ステーブルコインであり、Digital Platformer株式会社が技術提供を行なっています。

北國銀行とDigital Platformerは、ブロックチェーン技術を活用したデジタル地域通貨サービス「トチツーカ」の提供を行っていましたが、今回は新たに"預金型ステーブルコイン"として機能する「トチカ」のサービス提供を開始したことが報告されています。

トチカとは?

トチカは、北國銀行が発行する1トチカ=1円として利用可能な預金型ステーブルコインであり、「トチツーカ」と呼ばれるアプリをインストールして、アプリ内でチャージ用の銀行預金口座の登録などを行うことで利用することができるようになっています(※北國銀行の普通預金口座の保有者が対象)。

トチツーカアプリは、デジタル地域通貨「トチポ」や、預金型ステーブルコイン「トチカ」を利用するためのアプリケーションで、チャージ用銀行預金口座の登録などを行うとトチカ講座が開設される仕組みとなっています。

トチカ口座開設後に登録された銀行預金口座からチャージを行うと、トチカを取得することが可能で、獲得したトチカは「1トチカ=1円」としてトチツーカ加盟店での支払いに利用することができます。

なお、トチツーカ加盟店は0.5%(税込)という国際的に見ても最低水準の決済手数料でキャッシュレス決済を導入することができるとのことです。

トチカとトチポの比較

名称トチカトチポ
性質預金型ステーブルコイン
(1トチカ=1円)
ポイント
(1トチポ=1円相当)
発行主体北國銀行自治体
利用者マイナンバーカード保有者
かつ
普通預金口座をお持ちの方
マイナンバーカード保有者
利用店舗トチツーカ加盟店当該自治体内の加盟店
換金可能不可

石川県内の今後の展開

今後は「決済手数料の負担が課題となってキャッシュレス決済を導入していない事業者」や「紙ベースで発行されている地域の商品券事業」などにトチツーカを活用して、地域のデジタルシフトを進めていくと説明されています。

「トチカ」関連の取り組みでは、多くの石川県民が利用できるよう、県内に利用者を有する他金融機関の預金口座からのチャージ連携を進めていくとのことで、2024年内にはユーザー同士でトチカを送ることができる「個人間送金機能」も実装される予定だと報告されています。

また「トチポ」については、石川県内の他の自治体と連携・導入を図りながら、自治体のポイント事業の効率化を実現し、地域の利便性向上に努めていくと報告されています。

石川県外の今後の展開

石川県外の地域における取り組みについては、自治体との連携や地域ユーザーへのサービス普及という観点から「他金融機関による預金型ステーブルコインの発行」が不可欠になると考えられるため、他金融機関のステーブルコイン導入などにも協力して、全国地域でお互いのサービスが利用できる利便性の高いキャッシュレス環境を実現していくと説明されています。

ステーブルコインは日本国内でも徐々に普及してきているため、今後のさらなる採用拡大や新たなステーブルコインの発行などにも注目です。

>>ステーブルコイン関連の最新記事はこちら

北國銀行発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ドージコイン共同創設者「DOGE-ETHブリッジ」の構築を計画|NFTが購入可能に?

ドージコイン共同創設者「DOGE-ETHブリッジ」の構築を計画|NFTが購入可能に?

カナダ規制当局:アルゴリズム型ステーブルコインは認めない方針

カナダ規制当局:アルゴリズム型ステーブルコインは認めない方針

EV車やブロックチェーンで過疎地の「交通・エネルギー問題」解決:TIS×INDETAIL

EV車やブロックチェーンで過疎地の「交通・エネルギー問題」解決:TIS×INDETAIL

ブロックチェーン・仮想通貨のソーシャルメディアプラットフォーム「ChainTalk」公開

ブロックチェーン・仮想通貨のソーシャルメディアプラットフォーム「ChainTalk」公開

【重要】ディーカレット:暗号資産の「レバレッジ取引サービス」終了へ

【重要】ディーカレット:暗号資産の「レバレッジ取引サービス」終了へ

SBIレミット「XRP活用した国際送金サービス」を強化|3カ国の銀行口座宛送金が可能に

SBIレミット「XRP活用した国際送金サービス」を強化|3カ国の銀行口座宛送金が可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

「ビットコインはまだまだこれから」SkyBridge創業者の強気なBTC価格予想

「ビットコインはまだまだこれから」SkyBridge創業者の強気なBTC価格予想

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

MARSWAP「Shibarium初のDEXアグリゲーター」公開|マルチ&クロスチェーン対応も予定

MARSWAP「Shibarium初のDEXアグリゲーター」公開|マルチ&クロスチェーン対応も予定

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

急成長が期待されるPoodl Inu、プレセールでは140万ドルの資金調達

急成長が期待されるPoodl Inu、プレセールでは140万ドルの資金調達

Shibariumの新ミームコイン「DAMN」6倍以上の価格高騰を記録

Shibariumの新ミームコイン「DAMN」6倍以上の価格高騰を記録

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す