半減期後に多数のアルトコイン価格が上昇「CORE・BONK・SHIB」など

by BITTIMES

COREは過去7日間で約70%の価格高騰

ビットコイン(BTC)が2024年4月20日に半減期を通過した後、複数のアルトコインで価格上昇が続いている。

過去7日間の価格上昇率が特に高いのは「CORE・BONK・SHIB」の3銘柄で、COREは約70%の価格高騰を記録、BONKは約31%、SHIBは約18.5%の価格上昇率を記録している。

COREは、ビットコインとイーサリアムの長所を組み合わせたイーサリアム仮想マシン(EVM)とも互換性のあるレイヤー1ブロックチェーンを構築しているプロジェクトで、D3と協力してWeb3ドメインを発行していることでも知られている。

BONKは昨年から価格高騰が続いているソラナ基盤の犬系ミームコインで、SHIBはShibairumのローンチなどでも注目を集めている時価総額トップレベルのERC20トークンだ。

この3銘柄に続くのは「ICP・AR・FLOKI・SUI・NEAR・BEAM・AGIX」などで、これらすべての仮想通貨で14%以上の価格上昇率が記録されている。

2024年4月22日 過去7日間の価格上昇率ランキングトップ10(画像:CoinMarketCap)2024年4月22日 過去7日間の価格上昇率ランキングトップ10(画像:CoinMarketCap)

ミーム・レイヤー1など様々な分野のトークンが上昇

BONK・SHIB・FLOKIの3銘柄は一般的に「ミームコイン」のカテゴリで括られる仮想通貨だ(※SHIBに関しては"もはやミームコインではない"という意見も増えている)。

ミームコインは昨年の価格高騰で大きな注目を集めていたが、半減期後もミームコインの勢いは衰えていないようだ。

「CORE・ICP・SUINEAR」はいずれもレイヤー1ブロックチェーンで、SUIは「TikTok関連企業との提携」や「Web3対応の携帯ゲーム機の発表」などでも注目を集めている。

Arweave(AR)はデータを無期限に保存するための分散型データストレージネットワークで、BEAMはPlay-to-Earn(P2E)ゲーム関連のプロジェクト、SingularityNET(AGIX)はAI関連のプロジェクトだ。

SingularityNET(AGIX)は先月発表された「人工超知能アライアンス」に参加する3プロジェクトの中の1つであり、この取り組みでは「$FET、$OCEAN、$AGIX」という3つのトークン「$ASI」というトークンに統合することが発表されている。

仮想通貨業界では半減期前から多数の注目ニュースが報じられていたものの、半減期前後の価格下落に対する警戒感からか、価格への影響はあまりみられていなかった。

しかし、現在はビットコインの半減期を通過したことによって、各仮想通貨の価格にも変化が見られ始めているため、今後は他の仮想通貨でも本格的な価格上昇が始まる可能性があると期待されている。

>>仮想通貨関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|NEM保有者へのXYM付与も実施

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|NEM保有者へのXYM付与も実施

オランダのドミノ・ピザフランチャイズ「ビットコイン」で給料の受け取りが可能に

オランダのドミノ・ピザフランチャイズ「ビットコイン」で給料の受け取りが可能に

ポケモンGOのようなソラナ基盤ARゲーム「GG:Solana Hunger Games」が登場

ポケモンGOのようなソラナ基盤ARゲーム「GG:Solana Hunger Games」が登場

マレーシアの規制に準拠した暗号資産取引所「Huobi Labuan」公開

マレーシアの規制に準拠した暗号資産取引所「Huobi Labuan」公開

Ripple社:送金大手MoneyGramとの「提携関係終了」を発表

Ripple社:送金大手MoneyGramとの「提携関係終了」を発表

仮想通貨の購入が「全面禁止」に|ウズベキスタン政府が新たな規制を適用

仮想通貨の購入が「全面禁止」に|ウズベキスタン政府が新たな規制を適用

注目度の高い仮想通貨ニュース

バイナンスジャパン:日本円入金における「振込依頼人名の記載ミス」で注意喚起

バイナンスジャパン:日本円入金における「振込依頼人名の記載ミス」で注意喚起

ハードウェアウォレットのTangem「仮想通貨決済」に対応|SOL・DOGE・SHIBなども利用可能

ハードウェアウォレットのTangem「仮想通貨決済」に対応|SOL・DOGE・SHIBなども利用可能

ルナクラシックのラリーとディップ:注目が集まるビットボット仮想通貨プレセール

ルナクラシックのラリーとディップ:注目が集まるビットボット仮想通貨プレセール

GMOコイン:最大10万円が当たる「暗号資産預入キャンペーン第2弾」開催へ【法人口座】

GMOコイン:最大10万円が当たる「暗号資産預入キャンペーン第2弾」開催へ【法人口座】

フレアネットワーク:合計バーン枚数が「10億FLR」の大台に到達

フレアネットワーク:合計バーン枚数が「10億FLR」の大台に到達

英デジタル銀行Revolut「仮想通貨取引所」を開設|100銘柄以上を取扱い

英デジタル銀行Revolut「仮想通貨取引所」を開設|100銘柄以上を取扱い

ビットコイン保有事業者が増加する?Square「店舗売上のBTC自動変換機能」を提供

ビットコイン保有事業者が増加する?Square「店舗売上のBTC自動変換機能」を提供

パレットトークン(PLT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

パレットトークン(PLT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

Shibariumがさらに高速&低コストに?5月2日に「大型アップグレード」を予定

Shibariumがさらに高速&低コストに?5月2日に「大型アップグレード」を予定

SLOTHが161%高騰して史上最高値を更新、同様にエアドロップ型プレセールを行うSealanaも好調な流れ

SLOTHが161%高騰して史上最高値を更新、同様にエアドロップ型プレセールを行うSealanaも好調な流れ

自動損益計算のクリプタクト「Astar zkEVM」に対応|確定申告をサポート

自動損益計算のクリプタクト「Astar zkEVM」に対応|確定申告をサポート

SHIBの人気に便乗するエアドロップ詐欺などに要注意「The Daily Shib」が注意喚起

SHIBの人気に便乗するエアドロップ詐欺などに要注意「The Daily Shib」が注意喚起

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す