FET・OCEAN・AGIXをASIトークンに集約「人工超知能アライアンス」設立へ

by BITTIMES

分散型AI集団「人工超知能アライアンス」結成

人工知能(AI)関連の暗号資産・ブロックチェーンプロジェクトである「Fetch.ai、Ocean Protocol、SingularityNET」は2024年3月27日に、各プロジェクトと連携して「Artificial Superintelligence Alliance(人工超知能アライアンス)」と呼ばれる分散型AI集団を立ち上げることを発表しました。

Artificial Superintelligence Alliance (人工超知能アライアンス)は、大手テック企業が管理する既存のAIプロジェクトに代わる"分散型のAI集団"となることを目指しているとのことで、汎用的な知能を持つ人工知能(AGI)をオープン・民主的・分散型の方法で展開する方針が語られています。

新設されるアライアンスでは「Fetch.ai」のHumayun Sheikh氏が会長を務める予定で、「SingularityNET」のBen Goertzel氏がCEOを務め、「Ocean Protocol」のTrent McConaghy氏とBruce Pon氏がアライアンスのガバナンスを担当すると伝えられています。

今後はアライアンスの共通ウェブサイトが公開される予定となっていますが、連携する各財団は今後も独立した法人として残ることになるとのことで、既存のリーダー・チーム・コミュニティ・トークントレジャリーも変更されず、各プロジェクトで進行中のイニシアチブは計画どおりに継続されると説明されています。

$FET・$OCEAN・$AGIXを「$ASIトークン」に統合

「Fetch.ai」「Ocean Protocol」「SingularityNET」は、それぞれが独自の仮想通貨を発行しているAI関連のブロックチェーンプロジェクトですが、今回の発表では各プロジェクトが発行する「$FET、$OCEAN、$AGIX」が「$ASI」というトークンに統合されることも報告されています。

公式発表によると、$FET・$OCEAN・$AGIXの合計価値は2024年3月26日時点で76億ドル(約1兆1,250億円)にのぼるとのことで、「仮想通貨業界の有名なAI関連プロジェクトが集結した大規模な分散型AI集団が立ち上がる」として注目が集まっています。

統合された$ASIトークンは「共通のインセンティブで個々を調整するための接着剤、機械経済のネイティブ通貨」として機能する予定で、「$ASIトークンはデータアクセストークンとしてパブリックネットワークを保護し、従来の銀行取引や支払いレールを必要とせずに計算のロックを解除するために使用される」と説明されています。

なお、$ASIトークンの総供給量は「約26億3,000万 ASI」で、開始価格は2.82ドル(約426円)とされています。

既存トークン保有者が行うべき対応

各プロジェクトが発行する「$FET、$OCEAN、$AGIX」のトークン保有者が行うべき対応については以下のように報告されています。

$FET・$OCEAN・$AGIXを取引所で保有している場合は、そのトークンが自動的に「$ASIトークン」としてラベル付けされるため、保有者自身は何もする必要がない。

$FET・$OCEAN・$AGIXをオフライン・ハードウェアウォレットで保有している場合は「各トークンを$ASIトークンに交換できるトークンスワップメカニズム」を使用できる。この機能は無期限に利用可能で、交換レートも固定されているため、急いで交換する必要はない。交換レートは以下の通り。

トークン交換レート
$FET1 FET=1 ASI
$OCEAN1 OCEAN=0.433226 ASI
$AGIX1 AGIX=0.433350 ASI

最終決定は各コミュニティのガバナンス投票で

なお、最終決定は各コミュニティのガバナンス投票で「過半数以上の承認」が得られた場合に下されるとのことで、ガバナンス投票は2024年4月2日から開始されると報告されています。

今回の連携に関する詳細情報は、以下にリンクを記載している各プロジェクトの公式発表ページで確認することができます。
Fetch.ai発表
Ocean Protocol発表
SingularityNET発表

>>AI関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

不動産セキュリティトークンの公募・発行で協業:三井物産デジタル・アセットマネジメントなど4社

不動産セキュリティトークンの公募・発行で協業:三井物産デジタル・アセットマネジメントなど4社

ディズニー:事業開発プログラムに「Polygon」など6社を選出|NFT・Web3関連企業も

ディズニー:事業開発プログラムに「Polygon」など6社を選出|NFT・Web3関連企業も

ビットバンク:上場廃止が続く「OMG」の取扱方針を発表

ビットバンク:上場廃止が続く「OMG」の取扱方針を発表

日本STO協会「三井住友信託銀行・bitFlyer・TaoTao」など計15社が新規参加

日本STO協会「三井住友信託銀行・bitFlyer・TaoTao」など計15社が新規参加

Huobi Japan:ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)取扱いへ

Huobi Japan:ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)取扱いへ

暗号資産自動両替機BTM:東京タワーフットタウン内「RED゜TOKYO TOWER」に設置

暗号資産自動両替機BTM:東京タワーフットタウン内「RED゜TOKYO TOWER」に設置

注目度の高い仮想通貨ニュース

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

ビットトレード:ソーラー(Solar/SXP)取扱いへ【国内初上場】

ビットトレード:ソーラー(Solar/SXP)取扱いへ【国内初上場】

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

マツダ初のデジタルアートNFT「Meta-Mazda」Astar上でローンチ

マツダ初のデジタルアートNFT「Meta-Mazda」Astar上でローンチ

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

次のトップ・ミームコインと噂されるDogecoin20、プレセールで早くも200万ドルを突破

次のトップ・ミームコインと噂されるDogecoin20、プレセールで早くも200万ドルを突破

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す