PlayDogeがプレセールで400万ドルの資金調達に成功!イーサリアムステーキングやマルチチェーンブリッジングも発表

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

ICO開始から2週間で380万ドルの資金調達に成功したPlay-to-Earn(P2E)型ミームコインのPlayDoge($PLAY、プレイドージ)は、既存のBNBチェーンでのステーキングに加え、マルチチェーン化によりイーサリアムでのステーキングを開始することを発表しました。

これは、PlayDogeの$PLAYトークンがイーサリアムとBNBチェーンの両方で利用可能になることを意味しています。なお、BNBチェーンは、近日リリース予定の8ビットスタイルP2Eゲームの主要チェーンとして、引き続き運営される予定です。

PlayDogeは、ミームコインTOP10のうち、6つのコインで採用されている柴犬キャラクターと、1990年代に爆発的人気を得たゲーム「たまごっち」を融合させた新感覚のモバイルゲームです。プレイヤーは、ゲーム内で仮想ペットを育てつつ、さまざまなゲームに参加することで$PLAYトークンを稼ぐことができます。

2024年6月11日時点のプレセール価格は、1$PLAY=0.00506ドルという低価格で提供されています。

PlayDogeのプレセールは、段階的に値上がりする仕組みを採用しており、現在は40段階中の8段階目に入っています。次に値上がりするタイミングは公式サイトでリアルタイムでカウントダウンされています。

ゲームの公式リリースと共に$PLAYが市場で取引されるようになると、価格は大幅に上昇する可能性があると予想されているため、現在のプレセールは低価格で$PLAYを購入する機会として注目されています。

ミームコインとP2Pゲームに夏到来!

この夏は、ミームコインへの関心が一層高まることが予想されています。

2024年4月にCoinMarketCapが確認した新たなミームコインは合計138種類ありました。また、ミームコイン関連の仮想通貨の時価総額は、現在630億円を突破しています。

これらのコインは、投資家に持続的な収益をもたらしています。仮想通貨市場をリードする元祖柴犬ミームコインのDogecoin($DOGE)に投資した人は、過去365日で142%の資金増に成功しています。また、Floki($FLOKI)の保有者は1カ月前と比較して59%の資産増加を達成し、1年前と比べると1,232%という驚異的な収益を得ています。

そして、今後注目の分野は、PlayDogeなどのPlay-to-Earn(P2E)ゲームです。

Precedence Researchによると、世界のビデオゲーム市場は2023年には6,650億ドルを超えると予想されています。さらに、特に注目される分野がモバイル向けP2Eゲームです。また、CoinGeckoのP2Eゲームカテゴリの時価総額は、2024年6月に合計130億ドルに増加すると見込まれています。

P2Eミームコインと90年代のレトロゲームを融合させたPlayDoge

PlayDogeは、ただのミームコインではありません。これはWeb3技術によって収益化可能な現在版「たまごっち」です。$PLAYトークンがゲーム内通貨として利用されます。

90年代のたまごっちブームを経験したユーザーにとって、PlayDogeは子ども時代の懐かしい思い出を呼び覚まし、再び熱心な仮想ペットの飼い主になる魅力的な機会を提供するでしょう。

PlayDogeのX投稿画像

PlayDogeは、仮想ペットの柴犬(Doge)の世話をしながらさまざまなアドベンチャーやミニゲームに参加することで、仮想ペットに対するXP(経験値)の蓄積につながります。

プレーヤーはXPを獲得することで、ボーナスとして$PLAYトークンや限定報酬を受け取れます。つまり、ゲームを楽しみながら仮想通貨を稼ぐことができます。

その他にも、$PLAYトークンを獲得する方法として、ゲームのステーキング機能を利用することも可能です。ステーキングとは、プレイヤー自身が保有中のトークンを預ける対価として報酬が得られる仕組みです。イーサリアムでは327%、BNBチェーンでは92%のAPY(年間利回り)を得ることができます。各ブロックチェーンとステーキングの量によってAPYが異なるため、自分に合った条件で参加することができます。

このように、PlayDogeでは、ゲームを楽しむだけでなく、効率良く投資することでさらに報酬が得られる仕組みが構築されています。

PlayDogeはミームコイン、Play-to-Earn、ゲームリメイクの分野を牽引

PlayDogeはミームコインとして分類されていますが、90年代に大ヒットした8ビットゲームの現代版として復活させることで、ゲームリメイク分野に新たな活気をもたらすことになるでしょう。

昨年はゲームリメイクの黄金時代と呼ばれました。ただし、それ以前にもゲームリメイク業界は、2018年から2020年にかけて売上が2倍に成長しています。

また、DappRadarの報告によれば、2022年の仮想通貨市場の低迷期にも関わらず、2023年にWeb3ゲームおよびメタバース業界に約29億ドルの大規模な投資が行われていることが明らかになっています。

このような市場動向は、PlayDogeがゲームリメイク、Play-To-Earn、ミームコインの間で絶妙なバランスを保ちながら、これらの市場を牽引する存在となる可能性を示唆しています。

また、P2E(仮想通貨ゲームのもう一つの人気サブセクターであり、大きなブレイクスルーが期待される)要素を踏まえると、YouTubeのインフルエンサーたちが、PlayDogeに注目する理由も納得できるでしょう。

たまごっちのリメイク版「PlayDoge」に注目

PlayDogeアプリは現在開発中であり、まだリリースされていません。ただし、プレセールの成功によって、プロジェクトのロードマップが次の段階に急速に進む可能性があります。

PlayDogeでは、総供給量94億$PLAYトークンのうち50%にあたる約47億$PLAYトークンがプレセールで提供されます。さらに、12%にあたる約11億2,800万$PLAYトークンがステーキング用に割り当てられることが計画されています。

PlayDogeのトークノミクス画像

PlayDogeの$PLAYトークンは、BNBチェーンを基盤とする点にも注目です。これは、P2Eゲームと$PLAYが成功軌道に乗ると、Binanceでの上場の可能性があることを意味しています。

Binanceは世界最大の中央集権型取引所です。2024年3月時点で49%の市場シェアを持っています。

PlayDogeがBinanceに上場すると、流動性が大幅に増加し、$PLAYトークンの評価額が大きく上昇する可能性があると期待されています。

また、PlayDogeのスマートコントラクトはSolidProofによって厳重に監査されているため、投資家はこのプロジェクトのセキュリティの信頼性を評価することができます。

PlayDogeのプレセールに参加するためには、MetaMaskなどの仮想通貨ウォレットが必要になります。公式サイトにアクセスし、ご利用中の仮想通貨ウォレットを接続すると$PLAYを購入することが可能です。利用できる通貨はBNB、ETH、またはUSDTです。また、クレジットカード決済でも購入可能です。

PlayDogの最新情報は、X(旧Twitter)Telegramで得ることができます。

PlayDogeの公式サイトをチェックする


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bitgetがレオ・メッシと提携

Bitgetがレオ・メッシと提携

ミームネイター:ミームコンバットと共に注目を集める投資銘柄

ミームネイター:ミームコンバットと共に注目を集める投資銘柄

Chat GPTの創立者サム・アルトマンがワールドコインを解き放つ|柴ミーム(Shiba Memu)との比較と解説

Chat GPTの創立者サム・アルトマンがワールドコインを解き放つ|柴ミーム(Shiba Memu)との比較と解説

Bitget:DeFiの利便性を向上させる「MegaSwap」を発表|CeFiのセキュリティと利便性をDeFi取引環境に融合

Bitget:DeFiの利便性を向上させる「MegaSwap」を発表|CeFiのセキュリティと利便性をDeFi取引環境に融合

Bitget:DOTA 2 Major Arlington 2022のPGLとのスポンサーシップを更新

Bitget:DOTA 2 Major Arlington 2022のPGLとのスポンサーシップを更新

グローバル仮想通貨取引所のメンテナンス課題とBitMake(ビットメイク)のダウンタイムなしアップデートソリューション

グローバル仮想通貨取引所のメンテナンス課題とBitMake(ビットメイク)のダウンタイムなしアップデートソリューション

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説