ビットコイン価格は「55万円」程度がちょうど良い|モハメド・エラリアン ー 金融専門家

by BITTIMES

ビットコイン(BTC)をはじめとする多くの仮想通貨は、過去の値段に比べると比較的安値での停滞を続けています。金融のエキスパートとも言われるMohamed A El-Erian(モハメド・A・エラリアン)氏は、『暗号通貨(Cryptocurrency)やその基盤となるブロックチェーン(Blockchain)は死んでいない』と語り、それらの技術を高く評価した一方で『Bitcoin価格は5,000ドル(約55万円)程度がちょうど良い』との意見を語っています。

こちらから読む:金融専門家も高く評価する「ビットコイン」の魅力

仮想通貨は「公的・私的」両方で普及する

bitcoin-people

仮想通貨コミュニティの一部の人々は現在ややパニック状態にあるように感じられます。一部の投資家やアナリストは、このまま仮想通貨市場は終焉に向かうかもしれないとも予想しています。

2018年9月現在、仮想通貨の価格は全体的に80%ほど低下しており、時価総額最大の仮想通貨であるビットコイン(Bitcoin/BTC)も大幅に価格を下げています。この数字は2001年に起きた『ドットコムバブル(インターネット・バブル)の崩壊』よりも状況が悪化していることを示しています。

これまでには、多くの仮想通貨投資家たちが価格の回復やさらなる上昇を予測してきましたが、依然として弱気市場が続いているため、最近ではネガティブなコメントも目立つようになってきました。しかしモハメド氏は、仮想通貨やブロックチェーンの技術自体は高く評価しており、長期的に繁栄すると考えています。

Mohamed A El-Erian(モハメド・A・エラリアン)氏は、アメリカのオバマ政権下でグローバル開発委員会で議長を努ていた経歴も持っている有名な経済顧問であり、彼の専門的なアドバイスと分析は世界中で高く評価されています。

最近行われた「Yahoo!」とのインタビューで彼は、仮想通貨やブロックチェーンの技術は今後数か月〜半年の間で「公共及び民間」の分野で幅広く認められ、重要な役割を果たすとの見解を示しました。

Bitcoin(BTC)の採用は遅れる可能性も

time

インタビューの中でモハメド氏は、ビットコインの採用が世界的に遅れていることについても語っています。彼は『ビットコインの採用が"大規模かつ迅速"には進まない可能性があることを仮想通貨コミュニティの人々が認識しておく必要がある』と強調しました。

彼は『長期的にはビットコインが世界的に"当たり前のもの"として認められるが、期待されているような"通貨"にはならないだろう』と予想しています。

ビットコインは「投資の対象」として普及する可能性が高いため、本来の主な目的とされていた"決済通貨"にはならないと同氏は考えています。モハメド氏はビットコインの成長が"通貨"としてではなく、多くの新しい市場や一般の人々を魅了する「技術的な魅力」から始まると考えているようです。

ビットコイン価格は「55万円」が適正

bitcoin-price

ビットコイン(BTC)に投資する多くの投資家や専門家の人々は「1BTC=5,000ドル(約55万円)」は低価格であり、『買い』に値する価値のある資産だという意見を支持していますが、モハメド氏も同様に以前からビットコインの価格は55万円程度が妥当であるとの考えを維持しています。

多くの専門家は、ビットコイン価格が6,000ドル(約66万円)を下回るとビットコイン市場だけでなく現在取引されているその他全てのアルトコインにとっての重大な問題になる可能性があると推測しています。

モハメド氏が述べている意見は大部分の仮想通貨コミュニティや金融、経済界の専門家からも支持されるものであるとも言えるでしょう。

ビットコインの価格推移|2018年9月14日

BTC/JPYのチャート 長期的な価格推移(引用:bitbank)BTC/JPYのチャート 長期的な価格推移(引用:bitbank)

ビットコイン価格は今のところ約65万円のサポートラインで留まっており、度々上昇しながら再び65〜70万円まで下落する動きを続けています。

これから回復すると見られていたビットコインの価格が再度下落したことによって、やや混乱気味な人々も見え始めていますが、ビットコインは依然として650,000円のサポートを維持しており、2018年9月14日の時点では735,000円近くまで回復しています。

ビットコイン(BTC)などの購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

2024年、電気通信業界のブロックチェーン市場は世界で「1,500億円規模」に

2024年、電気通信業界のブロックチェーン市場は世界で「1,500億円規模」に

サンノゼ州立大学の「ブロックチェーン学習」促進へ|TRON財団が学生たちと知識共有

サンノゼ州立大学の「ブロックチェーン学習」促進へ|TRON財団が学生たちと知識共有

ビットコインマイニング協議会(BMC)発足|イーロン・マスク氏は関与せず

ビットコインマイニング協議会(BMC)発足|イーロン・マスク氏は関与せず

Hyperledgerのブロックチェーンプロジェクトに「Alibaba Cloud」など12社が参加

Hyperledgerのブロックチェーンプロジェクトに「Alibaba Cloud」など12社が参加

IoT関連企業「7割以上」がブロックチェーン活用を計画=IT調査大手Gartner社報告

IoT関連企業「7割以上」がブロックチェーン活用を計画=IT調査大手Gartner社報告

スイス・ツーク州「仮想通貨による納税」が可能に|2021年からBTC・ETH受け入れ

スイス・ツーク州「仮想通貨による納税」が可能に|2021年からBTC・ETH受け入れ

注目度の高い仮想通貨ニュース

Twitter「NFTをプロフィール画像に設定する新機能」を開発中

Twitter「NFTをプロフィール画像に設定する新機能」を開発中

【重要】FXcoin「個人向け事業の廃止」を発表|法人向け事業に特化

【重要】FXcoin「個人向け事業の廃止」を発表|法人向け事業に特化

ビットバンク:1万円が当たる「XYM取引高世界1位達成記念キャンペーン」開始

ビットバンク:1万円が当たる「XYM取引高世界1位達成記念キャンペーン」開始

コインチェック:シンボル(Symbol/XYM)の付与「2021年度中」に実施へ

コインチェック:シンボル(Symbol/XYM)の付与「2021年度中」に実施へ

PayPal:英国の全ユーザー向けに「仮想通貨取引サービス」提供開始

PayPal:英国の全ユーザー向けに「仮想通貨取引サービス」提供開始

Ripple社「ブータン王国の中央銀行」と提携|デジタル通貨(CBDC)試験運用へ

Ripple社「ブータン王国の中央銀行」と提携|デジタル通貨(CBDC)試験運用へ

Chiliz&Socios:NBA所属のバスケチーム「Los Angeles Lakers」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属のバスケチーム「Los Angeles Lakers」と提携

OKCoinJapan:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」対応へ

OKCoinJapan:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」対応へ

ビットメイン「中国本土へのマイニングマシン出荷停止」を発表

ビットメイン「中国本土へのマイニングマシン出荷停止」を発表

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年9月12日〜18日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年9月12日〜18日

SBI:NFT事業手がける「スマートアプリ」を子会社化|SBINFT株式会社に社名変更

SBI:NFT事業手がける「スマートアプリ」を子会社化|SBINFT株式会社に社名変更

サザビーズ:独自のNFTプラットフォーム「Sotheby’s Metaverse」公開

サザビーズ:独自のNFTプラットフォーム「Sotheby’s Metaverse」公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す