仮想通貨の一般普及は5〜6年後|ウォール街の重鎮Michael Novogratz

by BITTIMES   

ウォール・ストリートのヘッジファンドマネージャーであるMichael Novogratz(マイケル・ノヴォグラッツ)氏は、仮想通貨やブロックチェーンが一般的に広く流通するためには「あと5〜6年は待たなければならない」と説明しています。

こちらから読む:ノヴォグラッツ氏が高く評価する仮想通貨は?

Goldman Sachs(ゴールドマン・サックス)に勤めていた経歴を持ち、億万長者としても知られるノヴォグラッツ氏は、韓国で開催されたBeyond Blocksカンファレンスで「今後2〜3年後には多くの機関が仮想通貨業界に参入するだろう」と語りました。

彼は昨年、仮想通貨全体の時価総額が今後5年のうちに5兆ドル(約600兆円)以上になるという予測を立てていましたが、規制当局が適切な規制を設定しない限り、大規模な機関投資家たちはこれらの市場に参加しないだろうと語っています。

同氏は「機関投資家の安心を得るためには、日本の銀行やゴールドマン・サックス、ICE(IntercontinentalExchange)、HSBC(*1)のような"信頼できる金融機関"が必要である」と述べており、「大衆がブロックチェーンや仮想通貨を本格的に受け入れるようになるためには、より多くの理解と透明性が必要である」と説明しています。
(*1)HSBC:イギリス、ロンドン、カナリー・ワーフに本社を構える商業銀行を主体とする世界最大級のメガバンク

しかしノヴォグラッツ氏は、"ユーザーはこれらの技術を詳しく理解する必要はない"とも語っています。彼の説明によると、複雑な技術を理解することよりも、日常生活で実際に利用してそれが新しい技術であることを証明する"何か"がなければ、今後5年〜6年の間では一般社会に広く普及することはないだろうという意見を述べています。

"新しいもの"であることを感じられるようなユーザー体験がなければ、5年〜6年の間は一般に広く普及することはないでしょう。

ノヴォグラッツ氏は、規制当局は主に「JPモルガン」や「ゴールドマン・サックス」のような専門的な機関に注目しているものの、業界は個人投資家を中心として動いていることを指摘しており、規制当局は"大規模な専門機関"ではなく"小売部門"に焦点を当てるべきであると提案しています。

2018年に入ってからは、ノヴォグラッツ氏が挙げたゴールドマン・サックスやICEなどの大手金融機関が続々と仮想通貨市場への参入を発表しています。これらの金融機関のサービスが一般に広く普及し、ビットコイン決済を利用する人々が増えてくれば、市場の成長は彼の予想よりも早まる可能性も考えられます。

ビットコイン(BTC)などの購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

熊本電力:仮想通貨マイニング事業で「オウケイウェイヴ子会社」と提携|安価な電気を供給

熊本電力:仮想通貨マイニング事業で「オウケイウェイヴ子会社」と提携|安価な電気を供給

Bybit:BTC/USDTの「無期限契約」を導入|特徴・メリットなどを詳しく解説

Bybit:BTC/USDTの「無期限契約」を導入|特徴・メリットなどを詳しく解説

ビットコイン購入の「ベストタイミング」著名アナリストが語る、現在のBTC市場

ビットコイン購入の「ベストタイミング」著名アナリストが語る、現在のBTC市場

シンガポール大手銀行:STO対応の暗号資産取引所「DBSデジタル取引所」開設か

シンガポール大手銀行:STO対応の暗号資産取引所「DBSデジタル取引所」開設か

ビットポイント「ビットコインがもらえる!~取引でぬくぬく越冬キャンペーン」開始

ビットポイント「ビットコインがもらえる!~取引でぬくぬく越冬キャンペーン」開始

bitFlyer:日本・欧州間の「クロスボーダー取引」開始|BTC/JPYの流動性向上に期待

bitFlyer:日本・欧州間の「クロスボーダー取引」開始|BTC/JPYの流動性向上に期待

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコインマイニング企業Bitfarms「Nasdaq Global Market」上場へ

ビットコインマイニング企業Bitfarms「Nasdaq Global Market」上場へ

ドージコイン(DOGE)Google検索数で「ビットコイン」上回る【歴史上初】

ドージコイン(DOGE)Google検索数で「ビットコイン」上回る【歴史上初】

カルダノ:アフリカ関連のスペシャルイベント「Cardano Africa 2021」開催へ

カルダノ:アフリカ関連のスペシャルイベント「Cardano Africa 2021」開催へ

Flare Network:メインネット公開「6月末前後」を予定|稼働後にはFLR配布を開始

Flare Network:メインネット公開「6月末前後」を予定|稼働後にはFLR配布を開始

【Chiliz&Socios】4スポーツクラブの公式ファントークン「4月27日」から順次販売開始

【Chiliz&Socios】4スポーツクラブの公式ファントークン「4月27日」から順次販売開始

LINE Pay:LINKリワードがもらえる「LINEクレカ新規入会キャンペーン」開始

LINE Pay:LINKリワードがもらえる「LINEクレカ新規入会キャンペーン」開始

日本暗号資産ビジネス協会「NFT関連事業者向けのガイドライン」を公開

日本暗号資産ビジネス協会「NFT関連事業者向けのガイドライン」を公開

米大手レストラン企業Landry's:ほぼ全てのブランドで「仮想通貨決済」対応へ

米大手レストラン企業Landry's:ほぼ全てのブランドで「仮想通貨決済」対応へ

PlanB氏:ビットコイン急落は「一時的な調整」2013年・2017年との比較画像で説明

PlanB氏:ビットコイン急落は「一時的な調整」2013年・2017年との比較画像で説明

Eminem(エミネム)のNFT作品「Nifty Gateway」で販売開始

Eminem(エミネム)のNFT作品「Nifty Gateway」で販売開始

ディエム協会:Diem USD発行で「シルバーゲート銀行」と提携|主要事業も米国に移転

ディエム協会:Diem USD発行で「シルバーゲート銀行」と提携|主要事業も米国に移転

ディーカレット「継続報酬型紹介プログラム」開始|1名送客で月間最大20万円を還元

ディーカレット「継続報酬型紹介プログラム」開始|1名送客で月間最大20万円を還元

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す