仮想通貨の一般普及は5〜6年後|ウォール街の重鎮Michael Novogratz

by BITTIMES   

ウォール・ストリートのヘッジファンドマネージャーであるMichael Novogratz(マイケル・ノヴォグラッツ)氏は、仮想通貨やブロックチェーンが一般的に広く流通するためには「あと5〜6年は待たなければならない」と説明しています。

こちらから読む:ノヴォグラッツ氏が高く評価する仮想通貨は?

Goldman Sachs(ゴールドマン・サックス)に勤めていた経歴を持ち、億万長者としても知られるノヴォグラッツ氏は、韓国で開催されたBeyond Blocksカンファレンスで「今後2〜3年後には多くの機関が仮想通貨業界に参入するだろう」と語りました。

彼は昨年、仮想通貨全体の時価総額が今後5年のうちに5兆ドル(約600兆円)以上になるという予測を立てていましたが、規制当局が適切な規制を設定しない限り、大規模な機関投資家たちはこれらの市場に参加しないだろうと語っています。

同氏は「機関投資家の安心を得るためには、日本の銀行やゴールドマン・サックス、ICE(IntercontinentalExchange)、HSBC(*1)のような"信頼できる金融機関"が必要である」と述べており、「大衆がブロックチェーンや仮想通貨を本格的に受け入れるようになるためには、より多くの理解と透明性が必要である」と説明しています。
(*1)HSBC:イギリス、ロンドン、カナリー・ワーフに本社を構える商業銀行を主体とする世界最大級のメガバンク

しかしノヴォグラッツ氏は、"ユーザーはこれらの技術を詳しく理解する必要はない"とも語っています。彼の説明によると、複雑な技術を理解することよりも、日常生活で実際に利用してそれが新しい技術であることを証明する"何か"がなければ、今後5年〜6年の間では一般社会に広く普及することはないだろうという意見を述べています。

"新しいもの"であることを感じられるようなユーザー体験がなければ、5年〜6年の間は一般に広く普及することはないでしょう。

ノヴォグラッツ氏は、規制当局は主に「JPモルガン」や「ゴールドマン・サックス」のような専門的な機関に注目しているものの、業界は個人投資家を中心として動いていることを指摘しており、規制当局は"大規模な専門機関"ではなく"小売部門"に焦点を当てるべきであると提案しています。

2018年に入ってからは、ノヴォグラッツ氏が挙げたゴールドマン・サックスやICEなどの大手金融機関が続々と仮想通貨市場への参入を発表しています。これらの金融機関のサービスが一般に広く普及し、ビットコイン決済を利用する人々が増えてくれば、市場の成長は彼の予想よりも早まる可能性も考えられます。

ビットコイン(BTC)などの購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨の時価総額は将来220兆円を超える【2028年予想】

仮想通貨の時価総額は将来220兆円を超える【2028年予想】

ビットコインのハードフォークはいつ起きるのか?

ビットコインのハードフォークはいつ起きるのか?

2022年「スタバでビットコイン決済」は常識に|ドルを使えば笑われる:Tim Draper

2022年「スタバでビットコイン決済」は常識に|ドルを使えば笑われる:Tim Draper

ビットコインの仕組みと可能性をどこよりもわかりやすく解説

ビットコインの仕組みと可能性をどこよりもわかりやすく解説

米投資家ティム・ドレイパー:仮想通貨ラップ「BITCOIN HUSTLE」をリリース

米投資家ティム・ドレイパー:仮想通貨ラップ「BITCOIN HUSTLE」をリリース

ブロックチェーンに迫る「量子コンピュータの脅威」IBM幹部らが警告

ブロックチェーンに迫る「量子コンピュータの脅威」IBM幹部らが警告

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨禁止で「匿名通貨」需要増加の可能性|インドの新法案に言及:BINANCE CEO

仮想通貨禁止で「匿名通貨」需要増加の可能性|インドの新法案に言及:BINANCE CEO

投資可能な株式リストに「Slack(スラック)」を追加:仮想通貨ウォレットアプリAbra

投資可能な株式リストに「Slack(スラック)」を追加:仮想通貨ウォレットアプリAbra

国際決済銀行:Libraなど大手IT企業の「金融進出に警鐘」急速な市場支配などを懸念

国際決済銀行:Libraなど大手IT企業の「金融進出に警鐘」急速な市場支配などを懸念

Accenture:ブロックチェーンと「生体認証」で観光客を識別|カナダ・オランダ政府と協力

Accenture:ブロックチェーンと「生体認証」で観光客を識別|カナダ・オランダ政府と協力

楽天ペイ:ハンバーガーチェーン「ファーストキッチン」109店舗で利用可能に

楽天ペイ:ハンバーガーチェーン「ファーストキッチン」109店舗で利用可能に

米SEC:仮想通貨KINを「未登録証券として起訴」100億円ICOプロジェクトの行方は

米SEC:仮想通貨KINを「未登録証券として起訴」100億円ICOプロジェクトの行方は

日本仮想通貨交換業協会「一般の意見求む」新規通貨販売に関する規則・ガイドラインについて

日本仮想通貨交換業協会「一般の意見求む」新規通貨販売に関する規則・ガイドラインについて

楽天ペイ対象加盟店で「au PAY」が利用可能に|2019年6月26日から

楽天ペイ対象加盟店で「au PAY」が利用可能に|2019年6月26日から

【重要】BINANCE DEX:ブロック対象国に「日本」を追加|7月1日から利用不可に

【重要】BINANCE DEX:ブロック対象国に「日本」を追加|7月1日から利用不可に

Opel・BMWの正規販売代理店が「ビットコイン決済」導入:ルーマニア

Opel・BMWの正規販売代理店が「ビットコイン決済」導入:ルーマニア

ブロックチェーン活用で「食料品の売上増加」スーパーマーケット大手:カルフール

ブロックチェーン活用で「食料品の売上増加」スーパーマーケット大手:カルフール

ビットコインの「アクティブアドレス数」100万件を突破、価格上昇で関心高まる

ビットコインの「アクティブアドレス数」100万件を突破、価格上昇で関心高まる

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

人気のタグから探す