RippleNetに総資産49兆円の米大手銀行「PNC Bank」が参加

by BITTIMES   

Ripple(XRP)は、米国のトップ10に入る大手銀行の1つである「PNC Bank」がRippleNetに参加したことを発表しました。今回の提携によって、PNCはリップルが提供しているクロスボーダー決済ツール「xCurrent」を使用します。

こちらから読む:PNC Bankが新たに参加した「RippleNet」とは

安全なデジタル決済「xCurrent」を仕様|PNC Bank

PNC BANKの画像

PNC Bankは、アメリカ・ペンシルベニア州に本社を構える大手銀行です。800万人以上の顧客を抱える同銀行は19の州とコロンビアの特別区に2,000を超える支店を構えており、9,000を超えるATMを運営しています。

総資産額は約49兆円と言われており、アメリカの銀行の中では9位にランク付けされています。

同銀行はRippleが提供しているクロスボーダー決済ツールである「xCurrent」を使用をすぐにでも開始する予定であると伝えられています。

「PNC Treasury Management」のChris Ward(クリス・ワード)氏は、今回の提携について次のように述べています。

世界経済がますますデジタル化されるにつれて、世界におけるリアルタイム決済の必要性が非常に重要となってきています。私たちは、世界中のどこにいても安全な方法で瞬時にデジタル決済を行うことができる機能をクライアントに提供することが重要だと考えています。

RippleNet:6大陸「40カ国」に拡大

ripplenet

リップルが提供している「xCurrent」はすでに数多くの銀行によってテストが行われています。実際にテストなどが行われた上でその実用性が証明されてきたことによって、現在も続々とあらたな銀行が参加を発表しておりその規模は急速に拡大しています。

Rippleでシニア・バイス・プレジデント(SVP)を務めているMarcus Treacher(マーカス・トリーチャー)氏は次のようにコメントしています。

クロスボーダー決済の技術は長い間、不透明で遅く、高値であるとされてきました。PNCは革新的かつ先進的な機関として、ブロックチェーンのような最新テクノロジーの将来性を理解しています。

ここ最近でも複数の決済プロバイダがRiipleNetに参加しているため、米国の主要な銀行の一つがそれらの銀行と同様に参加してくれることを大変嬉しく思っています。

私たちはこのような動きを「ネットワークが順調に成長を続けている兆候」だとみています。

リップル社は、東アジア、東南アジア、アフリカ、ヨーロッパ、南米の一部に新たな決済ネットワークを開設しており、今や6大陸の40カ国に顧客を持っていると発表しています。

Rippleは今月13日、サウジアラビアの大手金融機関であるナショナルコマーシャルバンク(NCB)との提携も発表しています。また同社の関係者によって、仮想通貨XRPを実際に使用するソリューションである「xRapid」の商用版が来月にもリリースされる可能性があることも明らかにされています。

今や大手金融機関との提携も珍しいものではなくなってきているRipple社のこれからの具体的なサービスの展開にも大きな注目が集まります。

リップル(XRP)の価格|2018年9月20日

リップル(XRP)の価格は、2018年9月20日現在、36円前後となっており一時的に29円近くまで下落していた価格から大きく回復しています。

仮想通貨リップルの購入はXRP取引量で世界一にもなったことのあるbitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

リップルとライトコインが上場したフランスの取引所Bititとは?

リップルとライトコインが上場したフランスの取引所Bititとは?

Coinbase:仮想通貨による「国際決済サービス」を開始|Ripple(XRP)なら手数料無料に

Coinbase:仮想通貨による「国際決済サービス」を開始|Ripple(XRP)なら手数料無料に

NFL選手会:ブロックチェーンスタートアップ「Sports Castr」に投資

NFL選手会:ブロックチェーンスタートアップ「Sports Castr」に投資

カカオ子会社Ground X:独自ブロックチェーン「クレイトン」のメインネット6月公開へ

カカオ子会社Ground X:独自ブロックチェーン「クレイトン」のメインネット6月公開へ

暗号通貨銀行Crypterium(クリプテリウム)CEOにマーク・オブライエン氏が就任

暗号通貨銀行Crypterium(クリプテリウム)CEOにマーク・オブライエン氏が就任

優れた仮想通貨が必ず成功するとは限らない:MySpace 元CEO Michael Jones

優れた仮想通貨が必ず成功するとは限らない:MySpace 元CEO Michael Jones

注目度の高い仮想通貨ニュース

バイナンス「アメリカ」に進出|規制遵守した仮想通貨取引所「Binance US」設立を表明

バイナンス「アメリカ」に進出|規制遵守した仮想通貨取引所「Binance US」設立を表明

Amazonのブロックチェーンサービスで「音楽の権利情報」を管理:ソニーミュージック(SME)

Amazonのブロックチェーンサービスで「音楽の権利情報」を管理:ソニーミュージック(SME)

楽天ペイ:ハンバーガーチェーン「ファーストキッチン」109店舗で利用可能に

楽天ペイ:ハンバーガーチェーン「ファーストキッチン」109店舗で利用可能に

ネム(NEM)ブロックチェーンで「歯髄細胞」の流通管理|岐阜県が研究助成金を提供

ネム(NEM)ブロックチェーンで「歯髄細胞」の流通管理|岐阜県が研究助成金を提供

自転車の盗難被害にブロックチェーンで立ち向かう「Bike Blockchain」開発:オランダ

自転車の盗難被害にブロックチェーンで立ち向かう「Bike Blockchain」開発:オランダ

Tron CEO:投資の神「バフェット氏とランチ」へ|ブロックチェーン業界のリーダーも招待

Tron CEO:投資の神「バフェット氏とランチ」へ|ブロックチェーン業界のリーダーも招待

ビットコインの「アクティブアドレス数」100万件を突破、価格上昇で関心高まる

ビットコインの「アクティブアドレス数」100万件を突破、価格上昇で関心高まる

ブロックチェーン活用で「食料品の売上増加」スーパーマーケット大手:カルフール

ブロックチェーン活用で「食料品の売上増加」スーパーマーケット大手:カルフール

Cardano(ADA)待望の「Shelleyテストネット」公開|ステーキング報酬システムにも期待

Cardano(ADA)待望の「Shelleyテストネット」公開|ステーキング報酬システムにも期待

ビットコイン価格「130万円台」に突入|予想される今後の抵抗線は?

ビットコイン価格「130万円台」に突入|予想される今後の抵抗線は?

Coincheck:モナコイン(MONA)の取り扱いへ|交換可能な仮想通貨は「10銘柄」に

Coincheck:モナコイン(MONA)の取り扱いへ|交換可能な仮想通貨は「10銘柄」に

仮想通貨プロジェクトLibraに「大手銀行関係者」を採用|規制の懸念に対処:Facebook

仮想通貨プロジェクトLibraに「大手銀行関係者」を採用|規制の懸念に対処:Facebook

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

人気のタグから探す