RippleNetに総資産49兆円の米大手銀行「PNC Bank」が参加

by BITTIMES   

Ripple(XRP)は、米国のトップ10に入る大手銀行の1つである「PNC Bank」がRippleNetに参加したことを発表しました。今回の提携によって、PNCはリップルが提供しているクロスボーダー決済ツール「xCurrent」を使用します。

こちらから読む:PNC Bankが新たに参加した「RippleNet」とは

安全なデジタル決済「xCurrent」を仕様|PNC Bank

PNC BANKの画像

PNC Bankは、アメリカ・ペンシルベニア州に本社を構える大手銀行です。800万人以上の顧客を抱える同銀行は19の州とコロンビアの特別区に2,000を超える支店を構えており、9,000を超えるATMを運営しています。

総資産額は約49兆円と言われており、アメリカの銀行の中では9位にランク付けされています。

同銀行はRippleが提供しているクロスボーダー決済ツールである「xCurrent」を使用をすぐにでも開始する予定であると伝えられています。

「PNC Treasury Management」のChris Ward(クリス・ワード)氏は、今回の提携について次のように述べています。

世界経済がますますデジタル化されるにつれて、世界におけるリアルタイム決済の必要性が非常に重要となってきています。私たちは、世界中のどこにいても安全な方法で瞬時にデジタル決済を行うことができる機能をクライアントに提供することが重要だと考えています。

RippleNet:6大陸「40カ国」に拡大

ripplenet

リップルが提供している「xCurrent」はすでに数多くの銀行によってテストが行われています。実際にテストなどが行われた上でその実用性が証明されてきたことによって、現在も続々とあらたな銀行が参加を発表しておりその規模は急速に拡大しています。

Rippleでシニア・バイス・プレジデント(SVP)を務めているMarcus Treacher(マーカス・トリーチャー)氏は次のようにコメントしています。

クロスボーダー決済の技術は長い間、不透明で遅く、高値であるとされてきました。PNCは革新的かつ先進的な機関として、ブロックチェーンのような最新テクノロジーの将来性を理解しています。

ここ最近でも複数の決済プロバイダがRiipleNetに参加しているため、米国の主要な銀行の一つがそれらの銀行と同様に参加してくれることを大変嬉しく思っています。

私たちはこのような動きを「ネットワークが順調に成長を続けている兆候」だとみています。

リップル社は、東アジア、東南アジア、アフリカ、ヨーロッパ、南米の一部に新たな決済ネットワークを開設しており、今や6大陸の40カ国に顧客を持っていると発表しています。

Rippleは今月13日、サウジアラビアの大手金融機関であるナショナルコマーシャルバンク(NCB)との提携も発表しています。また同社の関係者によって、仮想通貨XRPを実際に使用するソリューションである「xRapid」の商用版が来月にもリリースされる可能性があることも明らかにされています。

今や大手金融機関との提携も珍しいものではなくなってきているRipple社のこれからの具体的なサービスの展開にも大きな注目が集まります。

リップル(XRP)の価格|2018年9月20日

リップル(XRP)の価格は、2018年9月20日現在、36円前後となっており一時的に29円近くまで下落していた価格から大きく回復しています。

仮想通貨リップルの購入はXRP取引量で世界一にもなったことのあるbitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

指紋認証機能付きハードウェアウォレット「Wallet S1」公開:暗号資産取引所Gate.io

指紋認証機能付きハードウェアウォレット「Wallet S1」公開:暗号資産取引所Gate.io

Tesla(テスラ)「ビットコイン決済の一時停止」を発表|別の仮想通貨への対応も検討

Tesla(テスラ)「ビットコイン決済の一時停止」を発表|別の仮想通貨への対応も検討

BitMEX:ビットコインの出金額、1日で「約91億円相当」に|調査報道でクジラも撤退か

BitMEX:ビットコインの出金額、1日で「約91億円相当」に|調査報道でクジラも撤退か

リップルとライトコインが上場したフランスの取引所Bititとは?

リップルとライトコインが上場したフランスの取引所Bititとは?

仮想通貨ニュース週間まとめ|2月25日〜3月3日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2月25日〜3月3日

ジンバブエ中央銀行が仮想通貨のあらゆる取引を禁止|批判の声も

ジンバブエ中央銀行が仮想通貨のあらゆる取引を禁止|批判の声も

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年6月27日〜7月3日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年6月27日〜7月3日

世界最大級のeスポーツ団体ESL:暗号資産取引所「Coinbase」とパートナーシップ契約

世界最大級のeスポーツ団体ESL:暗号資産取引所「Coinbase」とパートナーシップ契約

シント=トロイデンVV:ZAIKO運営のNFTマーケット「Digitama」でNFT販売へ

シント=トロイデンVV:ZAIKO運営のNFTマーケット「Digitama」でNFT販売へ

ドルチェ&ガッバーナ「NFTコレクション」発売へ|Polygon活用した「UNXD」と提携

ドルチェ&ガッバーナ「NFTコレクション」発売へ|Polygon活用した「UNXD」と提携

カルダノ(Cardano/ADA)で徳島県吉野川市に「スマートシティ」構築へ:Kittamu

カルダノ(Cardano/ADA)で徳島県吉野川市に「スマートシティ」構築へ:Kittamu

BINANCE:本人確認(KYC)なしユーザーの出金限度額を「0.06BTC」に引き下げ

BINANCE:本人確認(KYC)なしユーザーの出金限度額を「0.06BTC」に引き下げ

米金融大手Capital International「約100万株のMicroStrategy株」を購入

米金融大手Capital International「約100万株のMicroStrategy株」を購入

韓国の国立大学:糞便・排泄物を仮想通貨+電力に変える「BeeViトイレ」導入

韓国の国立大学:糞便・排泄物を仮想通貨+電力に変える「BeeViトイレ」導入

仮想通貨投資で用いられる「ドルコスト平均法」とは?メリット・デメリットなどを解説

仮想通貨投資で用いられる「ドルコスト平均法」とは?メリット・デメリットなどを解説

オーストラリア最大級の証券会社「暗号資産取引サービス」提供へ|最大10銘柄を取扱い

オーストラリア最大級の証券会社「暗号資産取引サービス」提供へ|最大10銘柄を取扱い

GMOコイン:暗号資産積立サービスの取扱い銘柄数「国内1位」を獲得

GMOコイン:暗号資産積立サービスの取扱い銘柄数「国内1位」を獲得

Amazon「デジタル通貨・ブロックチェーンのプロダクト責任者」を募集

Amazon「デジタル通貨・ブロックチェーンのプロダクト責任者」を募集

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す