仮想通貨XRPを使用する「xRapid」10月リリースか|Ripple関係者が示唆

by BITTIMES   

Ripple(リップル)社で「アジア太平洋地域規制責任者」を務めているSagar Sarbhai(セイガー・サーバイ)氏は、CNBCとのインタビューの中で同社が提供するソリューションのひとつである「xRapid」が来月には商用アプリケーションとしてリリースされる可能性があることを明かしました。

こちらから読む:Ripple社が来月リリースを予定している「xRapid」とは?

Ripple社は「xCurrent」「xVia」「xRapid」と呼ばれる3つのソリューションを提供しています。

「xCurrent」に関しては銀行間でのコミュニケーションツールとしてすでに世界中に点在する120の銀行で実装されていましたが、「xRapid」のテストを開始した銀行は今のところありませんでした。

「xRapid」を使用すれば、お金を送金する際にかかる時間やコストなどを大幅に改善することができます。このソリューションは仮想通貨リップル(XRP)を実際に使用するものでもあるため、XRP保有者にとって重要となるものの一つでもあります。

このソリューションを通じて実行される具体的な送金プロセスは、
・金融機関が法廷通貨を「XRP」に変換する
・変換した「XRP」を受け取り側に送金する
・送金された「XRP」を目的の通貨に変換する
という「3ステップ」となっており、仮想通貨XRPは送金が行われる2つの地域の"橋渡し"を行う「ブリッジ通貨」として使用されます。

xRapidで行われるプロセスのイメージ(引用:ripple.com)xRapidで行われる送金プロセスのイメージ(引用:ripple.com)

取引を行うユーザーからは、自分自身の行う送金の裏で「仮想通貨」が利用されていることを意識するタイミングは特にないため、一般的な視点で見ると単なる国際的なお金のやり取りに見えますが、その取引の裏では「XRP」が非常に重要な役割を担っています。

「xRapid」が本格的に公開され商用利用ができるようになれば、当然利用者も増えるため「ブリッジ通貨」として存在する「XRP」の流動性も飛躍的に増加することが予想されます。

投資のための取引しか行われていなかった市場に、一般利用での取引が追加されることは非常に重要なことでもあります。

Ripple社のCEOであるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏は今年の初め頃『2019年末までに数十の銀行が「xRapid」を使用する』と述べています。

最近続いていた発表などからも、今後さらに実用性が増すことが予想される「XRP」は、来月あたりから急速な成長を遂げることになる可能性があるとも考えられます。

リップル(XRP)の価格|2018年9月18日

リップル(XRP)の価格は、2018年9月18日の時点では約30円前後で取引されています。

仮想通貨リップルの購入はXRP取引量で世界一にもなったことのあるbitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Cardanoで「アフリカの新たな通貨」が構築される可能性:Charles Hoskinson

Cardanoで「アフリカの新たな通貨」が構築される可能性:Charles Hoskinson

世界4大会計事務所が「最も重要な暗号資産」を選出|企業は技術革新にどう対応していくべきか?

世界4大会計事務所が「最も重要な暗号資産」を選出|企業は技術革新にどう対応していくべきか?

ビットコイン主題のハリウッド映画「CRYPTO」トレイラームービー公開|4月から上映開始

ビットコイン主題のハリウッド映画「CRYPTO」トレイラームービー公開|4月から上映開始

【Cardano/ADA】2020年内に「スマートコントラクト・ネイティブアセット」が登場

【Cardano/ADA】2020年内に「スマートコントラクト・ネイティブアセット」が登場

仮想通貨市場、ついに「トレンド転換」か?価格回復を予測する専門家たち

仮想通貨市場、ついに「トレンド転換」か?価格回復を予測する専門家たち

暗号資産取引「イスラム法の範囲内」でも容認する方針:マレーシア証券取引委員会

暗号資産取引「イスラム法の範囲内」でも容認する方針:マレーシア証券取引委員会

注目度の高い仮想通貨ニュース

Ripple社に対する米SECの訴訟「2021年2月22日」に審理前会議開催へ

Ripple社に対する米SECの訴訟「2021年2月22日」に審理前会議開催へ

決済大手Square「FinCENの仮想通貨規制案」に反対意見|様々な問題点を指摘

決済大手Square「FinCENの仮想通貨規制案」に反対意見|様々な問題点を指摘

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「ファントークン5種類のバーン」実施へ

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「ファントークン5種類のバーン」実施へ

Chiliz関連のファントークン5銘柄、暗号資産取引所「HBTC」でも取引可能に

Chiliz関連のファントークン5銘柄、暗号資産取引所「HBTC」でも取引可能に

米投資会社SkyBridge「ビットコインファンド」立ち上げ|BTCの将来性を高く評価

米投資会社SkyBridge「ビットコインファンド」立ち上げ|BTCの将来性を高く評価

NEM新ブロックチェーンSymbolの公開日「2021年2月」に延期|XEM価格は下落

NEM新ブロックチェーンSymbolの公開日「2021年2月」に延期|XEM価格は下落

世界最大級のSNSトレードeToro「XRP取引サービスの一時停止」を発表

世界最大級のSNSトレードeToro「XRP取引サービスの一時停止」を発表

コインチェック:Symbolスナップショットに伴う「サービス一時停止」を発表

コインチェック:Symbolスナップショットに伴う「サービス一時停止」を発表

Mercari(メルカリ)「暗号資産関連サービス提供」に向け複数の求人募集

Mercari(メルカリ)「暗号資産関連サービス提供」に向け複数の求人募集

イギリスの暗号資産取引所「Exmo」でハッキング被害|BTC・ETH・XRPなどが流出

イギリスの暗号資産取引所「Exmo」でハッキング被害|BTC・ETH・XRPなどが流出

韓国・済州島でブロックチェーン基盤の「新型コロナ接触追跡システム」導入:ICONLOOP

韓国・済州島でブロックチェーン基盤の「新型コロナ接触追跡システム」導入:ICONLOOP

日本暗号資産市場:日本円デジタルコインの流通などに向け「約4,000万円」の資金調達

日本暗号資産市場:日本円デジタルコインの流通などに向け「約4,000万円」の資金調達

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す