仮想通貨XRPを使用する「xRapid」10月リリースか|Ripple関係者が示唆

by BITTIMES   

Ripple(リップル)社で「アジア太平洋地域規制責任者」を務めているSagar Sarbhai(セイガー・サーバイ)氏は、CNBCとのインタビューの中で同社が提供するソリューションのひとつである「xRapid」が来月には商用アプリケーションとしてリリースされる可能性があることを明かしました。

こちらから読む:Ripple社が来月リリースを予定している「xRapid」とは?

Ripple社は「xCurrent」「xVia」「xRapid」と呼ばれる3つのソリューションを提供しています。

「xCurrent」に関しては銀行間でのコミュニケーションツールとしてすでに世界中に点在する120の銀行で実装されていましたが、「xRapid」のテストを開始した銀行は今のところありませんでした。

「xRapid」を使用すれば、お金を送金する際にかかる時間やコストなどを大幅に改善することができます。このソリューションは仮想通貨リップル(XRP)を実際に使用するものでもあるため、XRP保有者にとって重要となるものの一つでもあります。

このソリューションを通じて実行される具体的な送金プロセスは、
・金融機関が法廷通貨を「XRP」に変換する
・変換した「XRP」を受け取り側に送金する
・送金された「XRP」を目的の通貨に変換する
という「3ステップ」となっており、仮想通貨XRPは送金が行われる2つの地域の"橋渡し"を行う「ブリッジ通貨」として使用されます。

xRapidで行われるプロセスのイメージ(引用:ripple.com)xRapidで行われる送金プロセスのイメージ(引用:ripple.com)

取引を行うユーザーからは、自分自身の行う送金の裏で「仮想通貨」が利用されていることを意識するタイミングは特にないため、一般的な視点で見ると単なる国際的なお金のやり取りに見えますが、その取引の裏では「XRP」が非常に重要な役割を担っています。

「xRapid」が本格的に公開され商用利用ができるようになれば、当然利用者も増えるため「ブリッジ通貨」として存在する「XRP」の流動性も飛躍的に増加することが予想されます。

投資のための取引しか行われていなかった市場に、一般利用での取引が追加されることは非常に重要なことでもあります。

Ripple社のCEOであるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏は今年の初め頃『2019年末までに数十の銀行が「xRapid」を使用する』と述べています。

最近続いていた発表などからも、今後さらに実用性が増すことが予想される「XRP」は、来月あたりから急速な成長を遂げることになる可能性があるとも考えられます。

リップル(XRP)の価格|2018年9月18日

リップル(XRP)の価格は、2018年9月18日の時点では約30円前後で取引されています。

仮想通貨リップルの購入はXRP取引量で世界一にもなったことのあるbitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

すごいぞバイナンスコイン!手数料「1.62円」でBNB1,300億円相当を送金

すごいぞバイナンスコイン!手数料「1.62円」でBNB1,300億円相当を送金

スペイン大手旅行代理店「Destinia」仮想通貨決済サービスを拡大

スペイン大手旅行代理店「Destinia」仮想通貨決済サービスを拡大

テレグラム:TONブロックチェーンの「テスト用ファイル・リソース」を公開

テレグラム:TONブロックチェーンの「テスト用ファイル・リソース」を公開

eToro:ビットコインがもらえる「カラオケATM」をロンドンに|BTC誕生10周年記念!

eToro:ビットコインがもらえる「カラオケATM」をロンドンに|BTC誕生10周年記念!

バックト:仮想通貨ウォレットアプリ「Bakkt Pay」開発で元Googleの重役を雇用

バックト:仮想通貨ウォレットアプリ「Bakkt Pay」開発で元Googleの重役を雇用

Facebookの仮想通貨プロジェクト「Libra」トークン経済の専門家が関与か

Facebookの仮想通貨プロジェクト「Libra」トークン経済の専門家が関与か

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン「2万ドル回復」のタイミングはいつ?eToro CEOが過去の弱気市場から予測

ビットコイン「2万ドル回復」のタイミングはいつ?eToro CEOが過去の弱気市場から予測

イーサリアムは「証券・商品」どちらに該当する?CFTC新会長が個人の見解示す

イーサリアムは「証券・商品」どちらに該当する?CFTC新会長が個人の見解示す

Cardano(ADA)が使えるコワーキングスペース「ToStart」を紹介【長崎県佐世保市】

Cardano(ADA)が使えるコワーキングスペース「ToStart」を紹介【長崎県佐世保市】

Zaif:NEMアップデートに伴い「カタパルトトークン」付与へ|XEM価格は13%急騰

Zaif:NEMアップデートに伴い「カタパルトトークン」付与へ|XEM価格は13%急騰

TRON(TRX)新たな「Proof of Stake/PoS」メカニズムの計画を発表

TRON(TRX)新たな「Proof of Stake/PoS」メカニズムの計画を発表

ブロックチェーン用いた「遺言スマートコントラクト」作成システムを開発:ZWEISPACE

ブロックチェーン用いた「遺言スマートコントラクト」作成システムを開発:ZWEISPACE

米国・欧州のbitFlyer:複数のアルトコインを「売買プラットフォーム」に追加

米国・欧州のbitFlyer:複数のアルトコインを「売買プラットフォーム」に追加

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月13日〜19日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月13日〜19日

TelegramのGramに関する裁判「2020年」まで延期に

TelegramのGramに関する裁判「2020年」まで延期に

BITCOIN MIXER:イーサリアムユーザー向けにサービスを拡大

BITCOIN MIXER:イーサリアムユーザー向けにサービスを拡大

Libra:法定通貨のステーブルコイン「複数発行」の可能性も

Libra:法定通貨のステーブルコイン「複数発行」の可能性も

Cardano(ADA)Shellyテストネットは「第2段階」へ|Ouroboros実装に前進

Cardano(ADA)Shellyテストネットは「第2段階」へ|Ouroboros実装に前進

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す