仮想通貨ニュース週間まとめ|10月14日〜20日

by BITTIMES

2018年10月14日〜20日にかけて紹介した仮想通貨関連のニュースをまとめて掲載しています。この1週間で特に注目の話題をBITTIMES編集部がピックアップしてお届けします。

CARDANO財団の「問題点」が発覚

cardano

カルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)を支えているカルダノプロジェクトの内部でトラブルが起きていたことが明らかになりました。

カルダノプロジェクトに携わっている「IOHK」と「EMURGO」は、プロジェクトに関連する行政的な内容を含む幅広い役割を担っている「CARDANO財団」のいくつか問題点についてまとめた共同声明を公開しました。

仮想通貨全体で価格上昇

bitup

2018年10月15日にビットコイン(Bitcoin/BTC)をはじめとする数多くの仮想通貨で大幅な価格上昇が見られました。短期間で価格が急騰したことによって「ショート(空売り)」ポジションにも大量のロスカットが発生したことも報告されており、15日以降は多くの仮想通貨で価格が回復する兆しがみられ始めています。

Fidelity Digital Assets設立

Fidelity-Digital-Assets

約805兆円以上の資産を管理すると言われるアメリカの金融サービス会社Fidelity Investments(フィデリティ・インベストメント)は、仮想通貨関連のサービスを扱う新しい会社「Fidelity Digital Assets(フィデリティ・デジタル・アセット)」を正式に立ち上げたことを発表しました。

マイケル・ノヴォグラッツ氏のビットコイン市場予測

Michael-Novogratz

ビットコインの強気な価格予想を語ることでも知られているMichael Novogratz(マイケル・ノヴォグラッツ)氏は、今後のビットコイン市場の動きについての新しい予想を語りました。

同氏は2018年内にはそれほど大きく価格が回復することはないものの、2019年前半には大きく価格が回復すると予想しています。

中国AWS:クアンタム(QTUM)と正式に提携

AWS-Partner

スマートコントラクトや分散型アプリケーション(DApps)の実装を容易にするツールを提供している「クアンタム(QTUM)」が、「AWSの技術パートナー」と「AWSパートナーネットワーク(APN)」のメンバーになったことが明らかになりました。

今回の報道に合わせて、仮想通貨QTUMの価格も大きく上昇しています。

リップル(XRP)の圧倒的安値な手数料を実証|マイケル・アーリントン

Michael-Arrington

リップル(Ripple/XRP)の特徴である、素早い送金処理と圧倒的に安い送金手数料を実証する事例が報告され、一部で話題となっています。

TechCrunch創設者であるMichael Arrington(マイケル・アーリントン)氏は、以前XRPを使用して約56億円を送金した際に手数料がたったの34円程度であったことを語っています。

UAEのブロックチェーン開発を「NEM財団」が支援 ー 協力協定を締結

NEM-UAE

NEM財団は、アラブ首長国連邦(UAE)のコミュニティ開発省(MOCD)と協力協定を締結したことが明らかになりました。ネム財団はこの協力関係を通じて、UAEが掲げている「2021年までに完全にデジタル化された政府になる」という目標を達成するために、ブロックチェーン技術関連の情報や知識、技術などを提供し、相談サービスにも取り組んでいくと報じられています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Ripple社:政府との関係強化に向け「米ワシントン」に新オフィス開設

Ripple社:政府との関係強化に向け「米ワシントン」に新オフィス開設

ビットコイン・イーサリアム支払い限定で購入可能Black Alligator SUV

ビットコイン・イーサリアム支払い限定で購入可能Black Alligator SUV

チャールズ・ホスキンソン「ウォールストリートは仮想通貨市場に数十兆ドルを投入する」

チャールズ・ホスキンソン「ウォールストリートは仮想通貨市場に数十兆ドルを投入する」

ビットコイン「50万円台」まで下落する可能性も?価格急騰するも上値重い展開

ビットコイン「50万円台」まで下落する可能性も?価格急騰するも上値重い展開

カルダノ(ADA)はDApps開発の「信頼できる基盤」となる|Weiss Ratingsが賞賛

カルダノ(ADA)はDApps開発の「信頼できる基盤」となる|Weiss Ratingsが賞賛

bitFlyerアメリカ進出、規制当局の許可を34州で取得済み

bitFlyerアメリカ進出、規制当局の許可を34州で取得済み

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・仮想通貨業界向けの「ライター育成コース」を発表:PoL

ブロックチェーン・仮想通貨業界向けの「ライター育成コース」を発表:PoL

カルダノ財団:決済ソリューション開発で「COTI」と提携|ADA Pay導入拡大へ

カルダノ財団:決済ソリューション開発で「COTI」と提携|ADA Pay導入拡大へ

LINE・ヤフー「経営統合」について正式発表|仮想通貨関連事業も強化か

LINE・ヤフー「経営統合」について正式発表|仮想通貨関連事業も強化か

ジョン・マカフィー:仮想通貨「WHACKD」のエアドロップ実施へ|McAfeeDexにも追加予定

ジョン・マカフィー:仮想通貨「WHACKD」のエアドロップ実施へ|McAfeeDexにも追加予定

茶葉の追跡にブロックチェーン技術活用|生産量「4倍」目指す:インドACIL

茶葉の追跡にブロックチェーン技術活用|生産量「4倍」目指す:インドACIL

自然災害対策として「デジタル通貨発行」を計画:バハマ中央銀行(CBOB)

自然災害対策として「デジタル通貨発行」を計画:バハマ中央銀行(CBOB)

【Cardano/ADA】インセンティブ付きテストネットに向け「模擬スナップショット」を実施

【Cardano/ADA】インセンティブ付きテストネットに向け「模擬スナップショット」を実施

カルダノ「模擬スナップショットウォレット」公開|テストネット用残高の確認が可能に

カルダノ「模擬スナップショットウォレット」公開|テストネット用残高の確認が可能に

XRP TipBot「手数料請求・本人確認の導入」を検討|コミュニティに意見求める

XRP TipBot「手数料請求・本人確認の導入」を検討|コミュニティに意見求める

BitGo:Tron初の「マルチシグウォレット・保管ソリューション」提供開始

BitGo:Tron初の「マルチシグウォレット・保管ソリューション」提供開始

BINANCE:先物・マージン取引「サブアカウント」向けにも提供開始

BINANCE:先物・マージン取引「サブアカウント」向けにも提供開始

仮想通貨取引所「DX.Exchange」経済的理由により一時閉鎖へ|ユーザーは出金手続きを

仮想通貨取引所「DX.Exchange」経済的理由により一時閉鎖へ|ユーザーは出金手続きを

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す