ビットコイン盗難「フリーWi-Fiで1200万円を盗まれた男性」

by BITTIMES   

オーストリアのウィーンにある、とあるレストランでフリー Wi-Fi を利用していた男性が 10万ユーロ(約 1,200万円)分のビットコイン(bitcoin/BTC)の盗難にあってしまう事件が起きました。

この男性は「レストランが解放しているフリー Wi-Fi を利用して、自身のビットコインアカウントにログインをしていたところ、突如ビットコインを盗まれた」と話しています。

フリー Wi-Fi は常に "誰かに見られている" と考えて利用をすべきです。
特に価値を持つビットコインや仮想通貨(暗号通貨)を取り扱うアカウントにログインするなら尚更です。

現在オーストリアの警察は、彼がフリー Wi-Fi 接続中に盗難にあったのか、それともアカウント自体が元々ハッキングされていたのかを調査しています。

今回の事件は "盗難事件" と判断される可能性が高いですが、
これは「ビットコイン市場の規模が拡大し、それに伴って関心を寄せる人の数が増加」したことを意味すると考えていいでしょう。

ビットコイン(bitcoin/BTC)盗難事件について

当サイトでも、先日「ビットコインゴールド(Bitcoin Gold/BTG)詐欺」についてレポートしましたが
>>「ビットコインゴールド詐欺で3億円を超える被害が発生
このような事件は、市場が大きくなればなるほど発生します。

数ヶ月前には、韓国最大の仮想通貨取引所「Bithumb(ビットハン)」がハッカーに襲われ、1.2億ウォン(約 11億円)分のビットコインとイーサリアム(Ethereum/ETH)が盗まれました。

こちらの犯人はすでに逮捕されており、このペンシルベニアの男性は 40億ドル(約 44億円)分のビットコインを盗んだとして容疑を認めています。

こうした事件は、投資業界ではつきものですから、普段からアカウントの取り扱いには注意が必要ですね。

ビットコイン盗難・詐欺の被害に遭わないために

ビットコインをはじめとした暗号通貨盗難の被害にあわないようにするためには、普段から個人で対策をしておく必要があります。

とは言っても、そう難しくはなく、実際に注意しておくべきポイントは限られています。

  • アカウントへのログインは自身が契約しているインターネット接続でのみ行う(ポケット Wi-Fi ならなお良い)
  • 暗号キーは絶対に他人には教えない。(物理的なメモ用紙などに残す)
  • 取引所にむやみに置いておかない。(ハードウォレットや紙に印刷が理想的)

気をつけるポイントは以上の 3つです。

普段からインターネット接続に少し注意を払っておくことで、あたたのビットコイン(bitcoin/BTC)やアルトコイン(altcoin)を盗難被害から守ることになります。

関連記事

>>「暗号通貨ハードウォレットがAmazonベストセラー8位に!!「業界初の快挙」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Blockchain.com:仮想通貨取引所「The PIT」を立ち上げ|200カ国以上の地域に展開

Blockchain.com:仮想通貨取引所「The PIT」を立ち上げ|200カ国以上の地域に展開

ビットコイン(BTC)でカリブ海諸国の市民権が購入できる|仮想通貨決済の重要性

ビットコイン(BTC)でカリブ海諸国の市民権が購入できる|仮想通貨決済の重要性

Krakenの日本法人「Payward Asia」暗号資産交換業者の登録完了|9月中旬にもサービス提供へ

Krakenの日本法人「Payward Asia」暗号資産交換業者の登録完了|9月中旬にもサービス提供へ

ビットコインの検索量は減少してもビヨンセよりも大きい

ビットコインの検索量は減少してもビヨンセよりも大きい

Pantera Capital:仮想通貨投資によるリターンは5年間で10,000%|1BTC=740万円と予想

Pantera Capital:仮想通貨投資によるリターンは5年間で10,000%|1BTC=740万円と予想

適正時価総額は「760兆円」ビットコインはまだ過小評価されている:Tyler Winklevoss

適正時価総額は「760兆円」ビットコインはまだ過小評価されている:Tyler Winklevoss

注目度の高い仮想通貨ニュース

ロシアの暗号資産取引所で「大規模ハッキング被害」制御不能でサイトもアクセス不可に

ロシアの暗号資産取引所で「大規模ハッキング被害」制御不能でサイトもアクセス不可に

身体的危害を示唆する脅迫メールで「仮想通貨送金」を要求|Ledger購入者から報告

身体的危害を示唆する脅迫メールで「仮想通貨送金」を要求|Ledger購入者から報告

BINANCE:ビットコイン入金で「SegWit」に対応|送金時の注意点も

BINANCE:ビットコイン入金で「SegWit」に対応|送金時の注意点も

ブロックチェーンで蒸留酒の樽を売買・保有・管理「UniCask」提供へ:レシカ×JIS

ブロックチェーンで蒸留酒の樽を売買・保有・管理「UniCask」提供へ:レシカ×JIS

DMMビットコイン「サービス開始3周年記念!3大キャンペーン」開催へ

DMMビットコイン「サービス開始3周年記念!3大キャンペーン」開催へ

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

「Ripple社からのインセンティブ受け取っていない」国内暗号資産取引所からの発表続く

「Ripple社からのインセンティブ受け取っていない」国内暗号資産取引所からの発表続く

PayPal:暗号資産カストディ大手「BitGo」の買収断念か=Fortune報道

PayPal:暗号資産カストディ大手「BitGo」の買収断念か=Fortune報道

ギャラクシーデジタル:マイニング専門のビジネスユニット「Galaxy Digital Mining」立ち上げ

ギャラクシーデジタル:マイニング専門のビジネスユニット「Galaxy Digital Mining」立ち上げ

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所BitMEX:Chainalysisと提携して「不正取引の監視体制」を強化

暗号資産取引所BitMEX:Chainalysisと提携して「不正取引の監視体制」を強化

コインチェック:Symbolスナップショットに伴う「サービス一時停止」を発表

コインチェック:Symbolスナップショットに伴う「サービス一時停止」を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す