ビットコイン盗難「フリーWi-Fiで1200万円を盗まれた男性」

by BITTIMES   

オーストリアのウィーンにある、とあるレストランでフリー Wi-Fi を利用していた男性が 10万ユーロ(約 1,200万円)分のビットコイン(bitcoin/BTC)の盗難にあってしまう事件が起きました。

この男性は「レストランが解放しているフリー Wi-Fi を利用して、自身のビットコインアカウントにログインをしていたところ、突如ビットコインを盗まれた」と話しています。

フリー Wi-Fi は常に "誰かに見られている" と考えて利用をすべきです。
特に価値を持つビットコインや仮想通貨(暗号通貨)を取り扱うアカウントにログインするなら尚更です。

現在オーストリアの警察は、彼がフリー Wi-Fi 接続中に盗難にあったのか、それともアカウント自体が元々ハッキングされていたのかを調査しています。

今回の事件は "盗難事件" と判断される可能性が高いですが、
これは「ビットコイン市場の規模が拡大し、それに伴って関心を寄せる人の数が増加」したことを意味すると考えていいでしょう。

ビットコイン(bitcoin/BTC)盗難事件について

当サイトでも、先日「ビットコインゴールド(Bitcoin Gold/BTG)詐欺」についてレポートしましたが
>>「ビットコインゴールド詐欺で3億円を超える被害が発生
このような事件は、市場が大きくなればなるほど発生します。

数ヶ月前には、韓国最大の仮想通貨取引所「Bithumb(ビットハン)」がハッカーに襲われ、1.2億ウォン(約 11億円)分のビットコインとイーサリアム(Ethereum/ETH)が盗まれました。

こちらの犯人はすでに逮捕されており、このペンシルベニアの男性は 40億ドル(約 44億円)分のビットコインを盗んだとして容疑を認めています。

こうした事件は、投資業界ではつきものですから、普段からアカウントの取り扱いには注意が必要ですね。

ビットコイン盗難・詐欺の被害に遭わないために

ビットコインをはじめとした暗号通貨盗難の被害にあわないようにするためには、普段から個人で対策をしておく必要があります。

とは言っても、そう難しくはなく、実際に注意しておくべきポイントは限られています。

  • アカウントへのログインは自身が契約しているインターネット接続でのみ行う(ポケット Wi-Fi ならなお良い)
  • 暗号キーは絶対に他人には教えない。(物理的なメモ用紙などに残す)
  • 取引所にむやみに置いておかない。(ハードウォレットや紙に印刷が理想的)

気をつけるポイントは以上の 3つです。

普段からインターネット接続に少し注意を払っておくことで、あたたのビットコイン(bitcoin/BTC)やアルトコイン(altcoin)を盗難被害から守ることになります。

関連記事

>>「暗号通貨ハードウォレットがAmazonベストセラー8位に!!「業界初の快挙」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BTCのエネルギー消費量に透明性を「ビットコインマイニング協議会」設立へ

BTCのエネルギー消費量に透明性を「ビットコインマイニング協議会」設立へ

Bakkt:今月18日に「ニューヨーク証券取引所(NYSE)」上場へ

Bakkt:今月18日に「ニューヨーク証券取引所(NYSE)」上場へ

ほぼ全てのアルトコイン「最終的には無価値」に:アンソニー・ポンプリアーノ

ほぼ全てのアルトコイン「最終的には無価値」に:アンソニー・ポンプリアーノ

中東レバノン、法定通貨暴落で「ビットコイン需要」増加|中央銀行への放火報道も

中東レバノン、法定通貨暴落で「ビットコイン需要」増加|中央銀行への放火報道も

ブロックチェーンと地方創生 in 熊本|導入事例と可能性

ブロックチェーンと地方創生 in 熊本|導入事例と可能性

ビットコインATM設置台数、ついに「10,000台」を突破|世界71ヵ国に展開

ビットコインATM設置台数、ついに「10,000台」を突破|世界71ヵ国に展開

注目度の高い仮想通貨ニュース

OKXが「取引量世界ランキング第2位」にランクイン|クロスプラットフォームサービスプロバイダーとしてブランド再編成

OKXが「取引量世界ランキング第2位」にランクイン|クロスプラットフォームサービスプロバイダーとしてブランド再編成

英広告監視機関「Arsenal FCのファントークン広告」に警告|説明不足だと指摘

英広告監視機関「Arsenal FCのファントークン広告」に警告|説明不足だと指摘

トンガ王国「ビットコインの法定通貨化」に関する法案、2022年秋に提出へ

トンガ王国「ビットコインの法定通貨化」に関する法案、2022年秋に提出へ

Bybit(バイビット)XRP保有者に対する「Sologenic(SOLO)エアドロップ」対応へ

Bybit(バイビット)XRP保有者に対する「Sologenic(SOLO)エアドロップ」対応へ

エストニア:暗号資産関連の規制法案「仮想通貨取引を禁止するものではない」と説明

エストニア:暗号資産関連の規制法案「仮想通貨取引を禁止するものではない」と説明

元祖メタバース「Second Life」の創設者、Linden Labに戦略顧問として復帰

元祖メタバース「Second Life」の創設者、Linden Labに戦略顧問として復帰

BINANCE:アフリカ最大のサッカー大会「AFCON」の公式スポンサーに

BINANCE:アフリカ最大のサッカー大会「AFCON」の公式スポンサーに

ビットポイント「JMYがもらえる!口座開設&入金キャンペーン」開始

ビットポイント「JMYがもらえる!口座開設&入金キャンペーン」開始

米MicroStrategy CEO:ビットコイン価格「600万ドル」になると予想

米MicroStrategy CEO:ビットコイン価格「600万ドル」になると予想

東京ハッシュ:Amazonギフト券がもらえる「口座開設キャンペーン」開始

東京ハッシュ:Amazonギフト券がもらえる「口座開設キャンペーン」開始

コンサル大手「PwC」もメタバース参入|The Sandboxの土地LANDを購入

コンサル大手「PwC」もメタバース参入|The Sandboxの土地LANDを購入

GameStop:ゲーム関連の「NFTマーケットプレイス」2022年内リリースか=報道

GameStop:ゲーム関連の「NFTマーケットプレイス」2022年内リリースか=報道

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す