仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年1月13日〜19日

by BITTIMES

2019年1月13日〜19日にかけて紹介した仮想通貨関連のニュースをまとめて掲載しています。この1週間で特に注目の話題をBITTIMES編集部がピックアップしてお届けします。

毎日のトレーニングに仮想通貨報酬|Lympo Squat

lympo

仮想通貨「報酬システム」を採用することによって、日々のトレーニングに励む人々を支援しているフィットネス・アプリを提供している「リンポ(Lympo/LYM)」は、2019年1月10日にスクワットを続けることで「LYMトークン」を稼ぐことができるモバイルアプリ「Lympo Squat(リンポ・スクワット)」をリリースしました。このアプリは日本でも利用することができます。

このアプリは「iOS」と「Android」向けに提供されており、登録などの手順も必要ないため、今すぐ利用することができます。1日6回のトレーニングをこなすことができれば1日だけで「合計18LYM」を受け取ることができます。

世界初!商用版「量子コンピューター」を発表|IBM

ibm

IBMは2019年1月8日に、次世代型の高性能コンピューターとして知られる「量子コンピュータ」を世界で初めて"商用化"したことを発表しました。

量子コンピューターの高い計算能力は、仮想通貨にも深刻な影響を及ぼす可能性があると言われているため、今回発表された「Q System One」と呼ばれるこの新製品には仮想通貨業界からも注目が集まっています。

米国の「仮想通貨市場」に進出|マネックスグループ

Monex

マネックスグループの傘下に属する米国のオンライン証券会社「TradeStation Group」は、2019年1月14日に公開したプレスリリースの中で、2019年中には子会社「TradeStation Crypto」を通じて仮想通貨市場に参入する予定であることを発表しました。

昨年、仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)の親会社となったマネックスグループは、日本だけでなく米国の仮想通貨市場にもその勢力を拡大しようとしています。

マネックスグループ傘下の企業が米国仮想通貨市場への参入を発表

欧州で「仮想通貨と法定通貨」の取引サービスを開始|Binance

binance

仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)は2019年1月16日に「法定通貨と仮想通貨」を取引することができる新しい仮想通貨取引プラットフォーム「Binance Jersey(バイナンス・ジャージー)」を立ち上げたことを発表しました。

イギリスのEU離脱問題(ブレグジット)に伴う複数の懸念に配慮して立ち上げられたこの仮想通貨取引所は、設立当初から大きな人気を集めており、すでに非常に多くの人々が登録を行なっていると報告されています。

仮想通貨が貰える「ブラウザ」に進展|Brave

Brave

ベーシックアテンショントークン(Basic Attention Token/BAT)を用いた「Webサイト運営者への寄付サービス」や「広告ブロック機能」などを搭載しているウェブブラウザ「Brave(ブレイブ)」は、デベロッパー向けの機能として「広告表示・配信」のテストができるようになったことを2019年1月15日のブログ記事で発表しました。

Braveが開発を進めている機能が正式に実装されれば、Braveのブラウザを通じてWebサイトに表示されている広告を閲覧したユーザーは仮想通貨「BAT」を受け取ることができるようになります。

ブロックチェーン・コンソーシアムに参加|SEAT

seat

スペイン最大の自動車メーカーである「SEAT(セアト)」が、70社を超える企業や事業者が参加している「Alastria(アラストリア)」のブロックチェーン・コンソーシアムに参加したことが明らかになりました。

サプライチェーンの追跡に関してはすでに活用されており、財務管理に関してはこれからテストなどが進められると伝えられており、同社の会長は『ブロックチェーン技術は将来的に重要な技術になると確信している』とも語っています。

キオスク「数千台」でビットコインが購入可能に|アメリカ

Coinstar

仮想通貨ATMの設置・運営を行なっている「Coinme(コインミー)」と、無人販売システム「キオスク」の運営会社である「Coinstar(コインスター)」は、アメリカに設置されている数多くのキオスクで気軽にビットコイン(Bitcoin/BTC)を購入できるようにするために提携を結んだことを発表しました。

これにより米国の人々は日常的に利用されている複数の食料品店で簡単に「BTC」を購入することができるようになりました。「Coinstar」は合計20,000箇所にキオスクを展開しており、ビットコインを取り扱うキオスクの台数は、今回の発表時点で数千台にのぼると報告されています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号通貨銀行Crypterium(クリプテリウム)CEOにマーク・オブライエン氏が就任

暗号通貨銀行Crypterium(クリプテリウム)CEOにマーク・オブライエン氏が就任

ネム(NEM/XEM)活用した次世代SNS「nemgraph」公開|投稿写真の使用権販売機能も

ネム(NEM/XEM)活用した次世代SNS「nemgraph」公開|投稿写真の使用権販売機能も

自由の国だったチュニジアでビットコイン規制が起きているのはなぜか?

自由の国だったチュニジアでビットコイン規制が起きているのはなぜか?

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月12日〜18日

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月12日〜18日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年1月20日〜1月26日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年1月20日〜1月26日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月27日〜11月2日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月27日〜11月2日

注目度の高い仮想通貨ニュース

東京都:キャッシュレス・SDGs推進に向け「東京ユアコイン」を試験導入

東京都:キャッシュレス・SDGs推進に向け「東京ユアコイン」を試験導入

ハッキングでイーサリアム「55億円相当」流出|韓国大手取引所「Upbit」が正式発表

ハッキングでイーサリアム「55億円相当」流出|韓国大手取引所「Upbit」が正式発表

中国人民銀行:仮想通貨取引の「監視・取り締まり」強化へ|国外事業者にも対処

中国人民銀行:仮想通貨取引の「監視・取り締まり」強化へ|国外事業者にも対処

赤十字社:ブロックチェーン基盤の「現地通貨」発行へ|災害支援を促進

赤十字社:ブロックチェーン基盤の「現地通貨」発行へ|災害支援を促進

BINANCE:ビットコイン交換所「WazirX」を買収|販売所にインドルピー(INR)統合へ

BINANCE:ビットコイン交換所「WazirX」を買収|販売所にインドルピー(INR)統合へ

ビットコイン報酬アプリ「Lolli」Alibabaの提携否定発表に反論

ビットコイン報酬アプリ「Lolli」Alibabaの提携否定発表に反論

中国人民銀行:デジタル人民元、2019年内にも「試験導入開始」の可能性=現地報道

中国人民銀行:デジタル人民元、2019年内にも「試験導入開始」の可能性=現地報道

カルダノ創設者:仮想通貨革命は止められない|BTC価格は「1,000万円」へ

カルダノ創設者:仮想通貨革命は止められない|BTC価格は「1,000万円」へ

カルダノ「模擬スナップショットウォレット」公開|テストネット用残高の確認が可能に

カルダノ「模擬スナップショットウォレット」公開|テストネット用残高の確認が可能に

日本政府、仮想通貨による「国税納付」について閣議決定

日本政府、仮想通貨による「国税納付」について閣議決定

米億万長者Bill Pulte氏、ビットコイン「数百万円相当」を購入|慈善活動などに活用へ

米億万長者Bill Pulte氏、ビットコイン「数百万円相当」を購入|慈善活動などに活用へ

ブロックチェーンロック社:スマートロッカー「KEYVOX locker」の販売開始

ブロックチェーンロック社:スマートロッカー「KEYVOX locker」の販売開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す