大手食料品店で「ビットコイン購入」可能に|米国のキオスク数千台に対応

by BITTIMES   

仮想通貨ATMの運営会社である「Coinme(コインミー)」とキオスク(*1)の運営会社である「Coinstar(コインスター)」は、2019年1月17日にアメリカの多くの州でビットコイン(Bitcoin/BTC)を購入できるようにするために提携を結んだことを発表しました。これにより米国の人々は日常的に利用されている複数の食料品店で気軽にBTCを購入することができるようになりました。
(*1)キオスク:端末を利用した無人販売システム

こちらから読む:ラスベガスの街がブロックチェーンで変わる「アメリカ」関連ニュース

米国初の「ビットコインATM」事業者|Coinme

Coinme(コインミー)は、世界中の人々がより簡単に仮想通貨を扱うことができるようにするために、仮想通貨ATM仮想通貨ウォレットを提供している金融サービス会社です。

米国で最初にライセンスを取得したビットコインATM事業者でもある「Coinme」は、毎月数百万ドル(数億円)もの取引を処理していると伝えられています。

世界9カ国で「キオスク」を展開|Coinstar

Coinstar(コインスター)は、ワシントン州ベルビューに本拠地を構え、世界9カ国でセルフサービス式のキオスクを展開・運営している企業です。

同社のキオスクは「電子ギフトカード」や「各種クーポン」などを販売していましたが、今回の提携によって、一部のキオスクではビットコイン(BTC)も購入できるようになりました。

2019年1月時点では、商店や料品店、ドラッグストア、金融機関などの約20,000箇所に同社のキオスクが設置してあるとされており、ビットコインを取り扱うキオスクは何千箇所にものぼると伝えられています。

ビットコインが購入できるキオスクは、カリフォルニア州、テキサス州、ワシントン州を中心とした特定の「Safeway」または「Albertsons」の店舗に設置されており、これらのキオスクを通じてビットコインを購入することができます。

ビットコインが購入できるキオスクの設置場所(画像:coinme)ビットコインが購入できるキオスクの設置場所(画像:coinme

キオスクでビットコインを購入する方法

これらの店舗に設置されているキオスクでは、次の4つの簡単なステップだけでビットコインを購入することができます。
1.Coinstarのキオスクで「ビットコインを購入」をタッチして取引条件を確認して同意し、自分の電話番号を入力します
2.米国の紙幣を現金挿入口に挿入します(最高2,500ドル(約27万円)まで)
3.ビットコイン引き換えコード付きの交換券を受け取ります。
4.「www.coinme.com/redeem」にアクセスして「Coinmeアカウント」を作成するか、既存のアカウントにサインインしてビットコインを請求します

なお、ビットコインの購入に使用できるのは「紙幣のみ」とされており、硬貨は使用できないと説明されています。

Bitcoin「普及率」上昇の可能性

Coinmeの共同創設者兼CEOであるNeil Bergquist(ニール・バーグキスト)氏は、プレスリリースの中で今回のパートナーシップによって『活発化している新しい経済に消費者の人々が参加するのがさらに容易になる』と説明しています。

また、CoinstarのCEOであるJim Gaherity(ジム・ガリティ)氏は、Coinstarはキオスクを利用する消費者の人々に価値を提供する新しい方法を常に模索していると語り、『Coinmeの革新的な配信メカニズムとCoinstarの柔軟なプラットフォームによって、消費者は簡単に現金でビットコインを購入するこtができる』と説明しました。

多くの人々が利用する食料品店で簡単にビットコイン(BTC)が購入できるようになることで、米国における「ビットコインの普及率」はさらに高まっていくことが予想されます。

2019年1月18日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、2018年12月15日頃に「1BTC=36万円」近くまで下落して以降、横ばいの状態が続いており、2019年1月18日時点では「1BTC=399,336円」で取引されています。

2018年11月19日〜2019年1月18日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2018年11月19日〜2019年1月18日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)の購入はレバレッジ取引も提供している仮想通貨取引所Liquidからどうぞ。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

農産物のサプライチェーン管理に「ブロックチェーン活用」を提案|マクロン大統領

農産物のサプライチェーン管理に「ブロックチェーン活用」を提案|マクロン大統領

仮想通貨ニュース週間まとめ|5月20日〜26日

仮想通貨ニュース週間まとめ|5月20日〜26日

ロシア選挙監視団体:ブロックチェーンを活用した「電子投票システム」をテスト導入

ロシア選挙監視団体:ブロックチェーンを活用した「電子投票システム」をテスト導入

Winklevoss兄弟:安定仮想通貨「ジェミニドル(GUSD)」を発表

Winklevoss兄弟:安定仮想通貨「ジェミニドル(GUSD)」を発表

リップルとビットコインの価格相関性について|Ripple社CEOのコメント

リップルとビットコインの価格相関性について|Ripple社CEOのコメント

チャールズ皇太子:ブロックチェーンに「興味深い」と歴史的発言、即記録へ

チャールズ皇太子:ブロックチェーンに「興味深い」と歴史的発言、即記録へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

企業向けブロックチェーンサービス「Blockset」を公開:仮想通貨ウォレットBRD

企業向けブロックチェーンサービス「Blockset」を公開:仮想通貨ウォレットBRD

2020年、イーサリアム時価総額は「ビットコイン」を超える:著名投資家Ian Balina

2020年、イーサリアム時価総額は「ビットコイン」を超える:著名投資家Ian Balina

任意の仮想通貨・法定通貨を「リアルタイム交換」決済技術で特許取得:Square

任意の仮想通貨・法定通貨を「リアルタイム交換」決済技術で特許取得:Square

【2019年DApps市場レポート】アクティブユーザー数は「2倍以上」に

【2019年DApps市場レポート】アクティブユーザー数は「2倍以上」に

Tron CEO「Apple共同設立者」との提携を示唆

Tron CEO「Apple共同設立者」との提携を示唆

ビットコイン流通量の70%「6ヶ月以上移動されず」半減期までガチホコースか

ビットコイン流通量の70%「6ヶ月以上移動されず」半減期までガチホコースか

仮想通貨ETF「日本国内での提供は認められず」金融庁が公式見解

仮想通貨ETF「日本国内での提供は認められず」金融庁が公式見解

Bakkt:デジタル証券対応の「フィンテックアプリ」2020年公開か

Bakkt:デジタル証券対応の「フィンテックアプリ」2020年公開か

Coinbaseで「最も購入の割合が多い」仮想通貨は?保有期間ランキングも

Coinbaseで「最も購入の割合が多い」仮想通貨は?保有期間ランキングも

証券取引所に「仮想通貨直接取引」の権利を|韓国大統領委員会が提案

証券取引所に「仮想通貨直接取引」の権利を|韓国大統領委員会が提案

ディーカレット:仮想通貨レバレッジ取引アプリ「Android版」リリース

ディーカレット:仮想通貨レバレッジ取引アプリ「Android版」リリース

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月12日〜18日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月12日〜18日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す