スペイン最大の自動車メーカー「SEAT」がブロックチェーン・コンソーシアムに参加

by BITTIMES

スペイン最大の自動車メーカーである「SEAT(セアト)」は、70社以上の企業や事業所が参加する「Alastria(アラストリア)」のブロックチェーン・コンソーシアムに加わり、"サプライチェーンの追跡"や"財務管理"などに取り組んでいます。

こちらから読む:世界の大手自動車メーカーが応用する「ブロックチェーン」の仕組み

SEAT(セアト)とは

SEAT

SEAT(セアト)は、1950年に設立されたスペイン・カタルーニャ州に本拠を持つ同国最大の自動車メーカーです。SEATの売上高は、2017年に過去最高となるの95億5200万ユーロ(1兆1,900億円)に達しており、前年同期比で「11.1%」増加したと伝えられています。

1982年にVolkswagen(フォルクスワーゲン)と業務提携を結んだ後、1993年には完全子会社化されることとなり、現在はフォルクスワーゲン・グループの傘下に属しています。

同社の自動車はフォルクスワーゲンの協力の下、ヨーロッパ、中南米、アジア諸国などに輸出されたものの、日本への正規輸入・販売は行われていません。

ブロックチェーン・コンソーシアム|Alastria

ALASTRIA

SEATが今回参加した「Alastria(アラストリア)」のコンソーシアムは、スペインの銀行や電話会社、大学、ブロックチェーン・スタートアップなど70社以上が参加している複数の業界の企業から構成される「ブロックチェーンコンソーシアム」です。

これらの企業の中には、
・ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行(BBVA)|金融機関
・Banco Santander(サンタンデール銀行)|金融機関
・Telefónica(テレフォニカ)|通信事業者
・Repsol(レプソル)|エネルギー会社
・Accenture(アクセンチュア)|コンサルティング会社
などの各業界を代表する企業も含まれており、ブロックチェーン技術の進歩と発展を促進し、それぞれの分野で役立てていくことを目的としています。

Alastriaは「ID Alastria」と呼ばれるプロジェクトを立ち上げています。このプロジェクトのネットワークに参加する企業・団体は、政府機関や民間機関とのやり取りを行う際に、各種データと個人情報を完全に管理できると伝えられています。

サプライチェーンや財務管理に応用

「SEAT」と「Telefónica」は、スペインのマルトレイにあるSEATの工場で自動車部品のサプライチェーン全体を追跡するブロックチェーン製品の概念実証にすでに取り組んでいると伝えられています。

またこの他にもSEATは「Alastria」との共同作業を通じて、財務管理におけるブロックチェーンの利点をテストし、既存のプロセスを改善して最適化するための新しい対策を打ち出すことを計画しているとも伝えられています。

SEATの会長であるLuca de Meo(ルカ・デ・メオ)氏は「アラストリア・コンソーシアム」の一員となることによって『信頼とセキュリティを備えたサービスや製品を開発するための新たな可能性を切り開くことができる』と説明しており『ブロックチェーン技術は将来的にも重要な技術であることを確信している』と語っています。

自動車業界で「一般化」するブロックチェーン技術

ブロックチェーン技術は、すでに数多くの大手自動車メーカーで活用されています。

サプライチェーンの追跡にブロックチェーン技術を活用するケースは今や一般的なものになりつつあり、自動車業界の大手メーカーはそれぞれが独自の分野で活用を進めています。活用事例は非常に様々であり「自動運転技術の発展」に役立てるケースや「ドライバーのエコドライブに仮想通貨報酬を付与するプロジェクト」などその種類は拡大してきています。

新たにブロックチェーン技術の活用に取り組む自動車メーカーとして参加したスペイン最大の自動車メーカーSEAT(セアト)が、これからどのような方面でこれらの技術を活用していくのかにも注目が集まります。

Blockchain学習の画像 ブロックチェーン・オンライン学習プログラムはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Walmart:ブロックチェーンで「インド産えび」のサプライチェーン管理

Walmart:ブロックチェーンで「インド産えび」のサプライチェーン管理

ブロックチェーンで「ファン参加型」チーム運営へ:West Ham United FC ー ロンドン

ブロックチェーンで「ファン参加型」チーム運営へ:West Ham United FC ー ロンドン

英取引所Coinfloor:イーサリアム「取り扱い終了」へ|上場廃止の理由とは?

英取引所Coinfloor:イーサリアム「取り扱い終了」へ|上場廃止の理由とは?

ニューヨーク金融サービス局(NYDFS)がBCHなど新たに4つの仮想通貨の取引を承認

ニューヨーク金融サービス局(NYDFS)がBCHなど新たに4つの仮想通貨の取引を承認

暗号資産取引所「KuCoin」大規模な出金を検出|複数銘柄でハッキング被害か

暗号資産取引所「KuCoin」大規模な出金を検出|複数銘柄でハッキング被害か

アムステルダムに「サトシ・ナカモトの家」オープン!ー The House of Nakamoto

アムステルダムに「サトシ・ナカモトの家」オープン!ー The House of Nakamoto

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産ウォレット「偽のアップデート通知」に要注意|2年間で約23億円相当の被害

暗号資産ウォレット「偽のアップデート通知」に要注意|2年間で約23億円相当の被害

決済大手Square「ビットコイン5,000万ドル相当」購入|発表後にはBTC価格も上昇

決済大手Square「ビットコイン5,000万ドル相当」購入|発表後にはBTC価格も上昇

バハマ中央銀行:CBDC「Sand Dollars(サンドドル)」2020年10月発行へ

バハマ中央銀行:CBDC「Sand Dollars(サンドドル)」2020年10月発行へ

【日本国内初】一般個人投資家向け「不動産STO」実施:葉山の古民家宿づくりファンド

【日本国内初】一般個人投資家向け「不動産STO」実施:葉山の古民家宿づくりファンド

XRP保有者に対するSparkトークン付与「国内取引所の対応方針」まとめ:Flare Networks

XRP保有者に対するSparkトークン付与「国内取引所の対応方針」まとめ:Flare Networks

Ripple社:ODL送金関連の新サービス「Line of Credit」提供開始

Ripple社:ODL送金関連の新サービス「Line of Credit」提供開始

Zaif:販売所取引サービスで「グループ会社発行の3通貨」取り扱い開始

Zaif:販売所取引サービスで「グループ会社発行の3通貨」取り扱い開始

バミューダ証券取引所:NASDAQ×Hashdexの「仮想通貨ETF」を承認

バミューダ証券取引所:NASDAQ×Hashdexの「仮想通貨ETF」を承認

bitFlyer:日本・欧州間の「クロスボーダー取引」開始|BTC/JPYの流動性向上に期待

bitFlyer:日本・欧州間の「クロスボーダー取引」開始|BTC/JPYの流動性向上に期待

エストニア中銀:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「研究プロジェクト」立ち上げ

エストニア中銀:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「研究プロジェクト」立ち上げ

SBI×Sygnum銀行「デジタル資産関連企業に投資するファンド」を共同設立

SBI×Sygnum銀行「デジタル資産関連企業に投資するファンド」を共同設立

ロシア中銀:中央銀行デジタル通貨「デジタルルーブル」の発行可能性を調査

ロシア中銀:中央銀行デジタル通貨「デジタルルーブル」の発行可能性を調査

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す