BINANCE(バイナンス)欧州市場へ進出「仮想通貨と法定通貨」の取引ペアを提供

by BITTIMES

仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)は2019年1月16日、英国の自治的な依存関係にあるジャージー島で「法定通貨と仮想通貨の取引」を行うことができる新しいプラットフォーム「Binance Jersey(バイナンス・ジャージー)」を立ち上げたことを発表しました。

こちらから読む:成長を続ける世界最大級の仮想通貨取引所「BINANCE」関連ニュース

仮想通貨取引所「Binance Jersey」設立

BINANCE(バイナンス)が新しく立ち上げた仮想通貨取引所「Binance Jersey(バイナンス・ジャージー)」は、欧州と英国のユーザー向けに、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
とユーロ(EUR)、英ポンド(GBP)の取引サービスを提供します。現在「Binance Jersey」で提供されている通貨ペアは以下の4ペアとなっています。

  • BTC/GBP
  • ETH/GBP
  • BTC/EUR
  • ETH/EUR

2019年1月16日時点では、すでに新規登録受付と入出金サービスは開始されており、KYC(本人確認)プロセスを完了した先着5000名のユーザーに対して20ユーロ(約2,500円)をプレゼントするキャンペーンも開催されています。

また「Binance Jersey」がサービスを提供する58カ国には、日本も含まれていますが、バイナンスは以前に金融庁から警告を受けているため、この内容に関しては"手違い"なのではないか?とも言われています。

「Binance Jersey」は、仮想通貨と仮想通貨の取引を提供している「Binance.com」から独立した取引所ではあるものの、技術自体は同じものを使用していると伝えられています。

EU離脱問題・ユーロやポンドへの「懸念」に対処

欧州(EU)に進出した理由についてBINANCEは、
イギリスのEU離脱問題(ブレグジット)に伴う不透明感
ユーロやポンドなど法定通貨に対する懸念からの解放
をあげています。

バイナンスが取引所を立ち上げた「ジャージー島」は、イギリス国王を君主としているものの、英国の国内法上では連合王国(United Kingdom)には含まれない「イギリス王室属領」として位置づけられています。そのため、ジャージー島の外交や国防に関してはイギリスが責任を負っているものの、内政に関してはイギリス議会の支配を受けていません。ジャージー島は独自の議会と政府を有しており、海外領土や植民地とは違い高度な自治権を有しています。

ブレグジット問題などで揺れる欧州地域では、法定通貨への懸念が高まっているため、法定通貨と仮想通貨の取引を欧州地域で提供することには大きな意味があると言えるでしょう。

「ジャージー島」政府支援機関と協力

Coindeskによると、バイナンスはジャージー島を選択した理由について、
・高度に開発されたデジタルインフラストラクチャ
・強力な規制枠組み
・世界クラスの金融サービス部門
の3点をあげています。

報道によると「Binance Jersey」は、政府支援の経済開発機関である「Digital Jersey」と協力して、ジャージー島で約40の雇用を創出することを目的としているとされています。

マルタ島で政府と協力して順調にサービスを拡大してきたBINANCEの欧州地域での今後の発展には期待が高まります。

「Binance Jersey」の詳細は以下の公式サイトをどうぞ
>「Binance Jersey」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

マイク・タイソン:ブロックチェーンプロジェクト「Fight to Fame」との関与を否定

マイク・タイソン:ブロックチェーンプロジェクト「Fight to Fame」との関与を否定

仮想通貨取引所「Zaif」新規口座開設の受付再開

仮想通貨取引所「Zaif」新規口座開設の受付再開

マネックス証券「コインベース株」上場当日から取扱いへ|NASDAQによる参考価格も公開

マネックス証券「コインベース株」上場当日から取扱いへ|NASDAQによる参考価格も公開

COINAGE「ビットコイン入出庫サービス」開始|スプレッド最大80%OFFキャンペーンも

COINAGE「ビットコイン入出庫サービス」開始|スプレッド最大80%OFFキャンペーンも

BINANCE:先物・マージン取引「サブアカウント」向けにも提供開始

BINANCE:先物・マージン取引「サブアカウント」向けにも提供開始

国内暗号資産取引所を通じた資金調達の「支援事業」開始:株式会社VCG

国内暗号資産取引所を通じた資金調達の「支援事業」開始:株式会社VCG

注目度の高い仮想通貨ニュース

Enjin:Polkadot初のNFT専用ブロックチェーン「Efinity/EFI」開発へ

Enjin:Polkadot初のNFT専用ブロックチェーン「Efinity/EFI」開発へ

デジタル地域通貨プラットフォーム「chiica」ブロックチェーンで運用へ:トラストバンク

デジタル地域通貨プラットフォーム「chiica」ブロックチェーンで運用へ:トラストバンク

ビットコインで不動産購入「イエリーチBTC決済」公開へ:ネクサスエージェント

ビットコインで不動産購入「イエリーチBTC決済」公開へ:ネクサスエージェント

FiNANCiE「NFTのオンチェーン対応+クリエイター支援サービス開始」を発表

FiNANCiE「NFTのオンチェーン対応+クリエイター支援サービス開始」を発表

Cardano(ADA)「ブロック生成の完全分散化」を実現|新たな資金提供プロジェクトも決定

Cardano(ADA)「ブロック生成の完全分散化」を実現|新たな資金提供プロジェクトも決定

PayPal:仮想通貨決済機能「Checkout with Crypto」提供開始|BTC・ETHなど4銘柄に対応

PayPal:仮想通貨決済機能「Checkout with Crypto」提供開始|BTC・ETHなど4銘柄に対応

米暗号資産取引所Kraken CEO「日本・東京」を新拠点候補の1つとして検討

米暗号資産取引所Kraken CEO「日本・東京」を新拠点候補の1つとして検討

【BINANCE】株式トークン取引サービス「Stock Tokens」提供開始|Tesla株から取扱い

【BINANCE】株式トークン取引サービス「Stock Tokens」提供開始|Tesla株から取扱い

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン発売へ|米国初の発行

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン発売へ|米国初の発行

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Morgan Stanley:富裕層向けの「ビットコイン投資商品」提供へ|米大手銀行で初

Morgan Stanley:富裕層向けの「ビットコイン投資商品」提供へ|米大手銀行で初

NEM新チェーン「シンボル(Symbol/XYM)」待望のメインネット公開

NEM新チェーン「シンボル(Symbol/XYM)」待望のメインネット公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す