Brave(BAT)仮想通貨「報酬システム」実装に進展|広告収入をユーザーに還元

by BITTIMES

仮想通貨ベーシックアテンショントークン(Basic Attention Token/BAT)を用いた独自の機能で注目を集めているウェブブラウザ「Brave(ブレイブ)」は、デベロッパー向けの機能として「広告表示・配信」のテストができるようになったことを2019年1月15日のブログ記事で発表しました。

こちらから読む:ネットサーフィンで仮想通貨がもらえる「Brave(ブレイブ)」とは?

広告閲覧で「仮想通貨」が貰える|Brave

Brave(ブレイブ)のウェブブラウザは、コンテンツ制作者とブラウザ利用者の両方が仮想通貨報酬を受けることができるサービスを提供しています。

このブラウザには「広告ブロック機能」が標準搭載されているため、ユーザーは広告のない状態でウェブサイトを表示することができるようになっており、サイトの表示速度も大幅に向上しています。

一般的なブラウザとは違い、初めから広告が非表示となっている「Brave」では、広告の表示を許可して閲覧したユーザーには仮想通貨で報酬が支払われる仕組みが採用されています。この仮想通貨はブラウザ内の様々な場面で使用できるようになっているため、「広告機能」の実装には以前から期待が高まっていました。

「広告収入の分配機能」導入に前進

今回発表された内容は、広告機能の本格的な実装のための重要なステップであり、開発者が広告のプレビューをテストするための機能が追加されています。

広告のプレビュー機能はデベロッパー向けのBraveブラウザに実装されており、macOSとWindowsで利用できるようになっています。これによって開発者は広告の表示や配信をテストすることができるようになります。

ユーザーからの期待が高まっている「広告閲覧者に対する広告収入の分配機能」に関しては、今回のバージョンでは提供されていないものの、数週間以内にはベータ版で提供予定だと伝えられており、macOS、Windows、Linux、Androidなどで提供される予定となっています。

3ヶ月で「2,500BAT」獲得

広告表示機能が正式に実装されれば、ユーザーは「Braveブラウザ」で広告を閲覧した際に発生する広告収入の70%を仮想通貨ベーシックアテンショントークン(Basic Attention Token/BAT)で受け取ることができるようになります。

Braveブラウザは以前から仮想通貨を使ってウェブサイト運営者に寄付を行う機能なども実装しており、海外メディアである「CCN」は、今回の発表に伴い過去3ヶ月間で2,500BAT(約32,500円)の報酬を獲得していることを報告しています。

獲得したBATはコンテンツ制作者やウェブサイトへの寄付に使用できるできるだけでなく、有料コンテンツの支払いなどにも利用できるようにすることが計画されているため、今後の動きにもさらに期待が高まります。

Basic Attention Token(BAT)の価格|2019年1月17日

Basic Attention Token(BAT)の価格は、今月14日に「1BAT=13円」近くまで下落しており、2019年1月17日時点では「1BAT=13.58円」で取引されています。

2019年1月3日〜17日 BATのチャート(画像:coingecko.com)2019年1月17日〜17日 BATのチャート(画像:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Braveブラウザ:プライバシー・安全性を強化する「Firewall+VPN」リリース

Braveブラウザ:プライバシー・安全性を強化する「Firewall+VPN」リリース

仮想通貨BATが「ギフトカード」と交換可能に|次世代ブラウザBraveが新サービス

仮想通貨BATが「ギフトカード」と交換可能に|次世代ブラウザBraveが新サービス

Braveブラウザの報酬機能が「iPhone・iPad」でも利用可能に|バージョン1.0公開

Braveブラウザの報酬機能が「iPhone・iPad」でも利用可能に|バージョン1.0公開

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月15日〜21日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月15日〜21日

【速報】bitFlyer:仮想通貨「BAT」の取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催中

【速報】bitFlyer:仮想通貨「BAT」の取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催中

Brave:暗号資産取引所「Gemini」と提携|ブラウザ上にウィジェット機能を追加

Brave:暗号資産取引所「Gemini」と提携|ブラウザ上にウィジェット機能を追加

注目度の高い仮想通貨ニュース

米国で暗号資産関連の重要法案「デジタルコモディティ取引法・証券分明法」提出

米国で暗号資産関連の重要法案「デジタルコモディティ取引法・証券分明法」提出

アポロンFC:Sociosアプリのファン投票で「フォーメーション・選手配置」決定へ

アポロンFC:Sociosアプリのファン投票で「フォーメーション・選手配置」決定へ

SBI VCトレード「SBI e-Sports」とスポンサー契約|XRPによる年俸支給などを計画

SBI VCトレード「SBI e-Sports」とスポンサー契約|XRPによる年俸支給などを計画

Zaif:取り扱い廃止通貨の「出金スケジュール」変更へ|出金可能時期は2020年末まで

Zaif:取り扱い廃止通貨の「出金スケジュール」変更へ|出金可能時期は2020年末まで

KuCoin CEO「ハッキング事件の容疑者に関する証拠を掴んだ」と報告

KuCoin CEO「ハッキング事件の容疑者に関する証拠を掴んだ」と報告

Chiliz Exchange:Trabzonsporの公式ファントークン「$TRA」取扱いへ

Chiliz Exchange:Trabzonsporの公式ファントークン「$TRA」取扱いへ

Bitcoin.com:Atari Token(ATRI)の「IEO」実施へ|トークン販売後は上場も予定

Bitcoin.com:Atari Token(ATRI)の「IEO」実施へ|トークン販売後は上場も予定

トレザーの新たなデスクトップアプリ「Trezor Suite」ベータ版公開:SatoshiLabs

トレザーの新たなデスクトップアプリ「Trezor Suite」ベータ版公開:SatoshiLabs

中国・深セン政府:デジタル人民元「1.5億円相当」を一般市民に配布

中国・深セン政府:デジタル人民元「1.5億円相当」を一般市民に配布

Twitterアカウントで「送金相手の事前確認」が可能に:Unstoppable Domains×Chainlink

Twitterアカウントで「送金相手の事前確認」が可能に:Unstoppable Domains×Chainlink

ディーカレット:観光活性化企画でブロックチェーン用いた「デジタルクーポン」発行

ディーカレット:観光活性化企画でブロックチェーン用いた「デジタルクーポン」発行

暗号資産、税金制度変更の可能性は?金融庁「2021年度 税制改正要望項目」を公開

暗号資産、税金制度変更の可能性は?金融庁「2021年度 税制改正要望項目」を公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す