Brave(BAT)仮想通貨「報酬システム」実装に進展|広告収入をユーザーに還元

by BITTIMES

仮想通貨ベーシックアテンショントークン(Basic Attention Token/BAT)を用いた独自の機能で注目を集めているウェブブラウザ「Brave(ブレイブ)」は、デベロッパー向けの機能として「広告表示・配信」のテストができるようになったことを2019年1月15日のブログ記事で発表しました。

こちらから読む:ネットサーフィンで仮想通貨がもらえる「Brave(ブレイブ)」とは?

広告閲覧で「仮想通貨」が貰える|Brave

Brave(ブレイブ)のウェブブラウザは、コンテンツ制作者とブラウザ利用者の両方が仮想通貨報酬を受けることができるサービスを提供しています。

このブラウザには「広告ブロック機能」が標準搭載されているため、ユーザーは広告のない状態でウェブサイトを表示することができるようになっており、サイトの表示速度も大幅に向上しています。

一般的なブラウザとは違い、初めから広告が非表示となっている「Brave」では、広告の表示を許可して閲覧したユーザーには仮想通貨で報酬が支払われる仕組みが採用されています。この仮想通貨はブラウザ内の様々な場面で使用できるようになっているため、「広告機能」の実装には以前から期待が高まっていました。

「広告収入の分配機能」導入に前進

今回発表された内容は、広告機能の本格的な実装のための重要なステップであり、開発者が広告のプレビューをテストするための機能が追加されています。

広告のプレビュー機能はデベロッパー向けのBraveブラウザに実装されており、macOSとWindowsで利用できるようになっています。これによって開発者は広告の表示や配信をテストすることができるようになります。

ユーザーからの期待が高まっている「広告閲覧者に対する広告収入の分配機能」に関しては、今回のバージョンでは提供されていないものの、数週間以内にはベータ版で提供予定だと伝えられており、macOS、Windows、Linux、Androidなどで提供される予定となっています。

3ヶ月で「2,500BAT」獲得

広告表示機能が正式に実装されれば、ユーザーは「Braveブラウザ」で広告を閲覧した際に発生する広告収入の70%を仮想通貨ベーシックアテンショントークン(Basic Attention Token/BAT)で受け取ることができるようになります。

Braveブラウザは以前から仮想通貨を使ってウェブサイト運営者に寄付を行う機能なども実装しており、海外メディアである「CCN」は、今回の発表に伴い過去3ヶ月間で2,500BAT(約32,500円)の報酬を獲得していることを報告しています。

獲得したBATはコンテンツ制作者やウェブサイトへの寄付に使用できるできるだけでなく、有料コンテンツの支払いなどにも利用できるようにすることが計画されているため、今後の動きにもさらに期待が高まります。

Basic Attention Token(BAT)の価格|2019年1月17日

Basic Attention Token(BAT)の価格は、今月14日に「1BAT=13円」近くまで下落しており、2019年1月17日時点では「1BAT=13.58円」で取引されています。

2019年1月3日〜17日 BATのチャート(画像:coingecko.com)2019年1月17日〜17日 BATのチャート(画像:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

HTCのブロックチェーンスマホ:デフォルトブラウザとして「Brave(ブレイブ)」を採用

HTCのブロックチェーンスマホ:デフォルトブラウザとして「Brave(ブレイブ)」を採用

LISK & Zcashなど10銘柄上場!オーストラリアの仮想通貨取引所「Cointree」で取引開始

LISK & Zcashなど10銘柄上場!オーストラリアの仮想通貨取引所「Cointree」で取引開始

広告表示で仮想通貨がもらえる「Brave Ads」表示機能を追加|分散型ブラウザ:ブレイブNEW

広告表示で仮想通貨がもらえる「Brave Ads」表示機能を追加|分散型ブラウザ:ブレイブ

リップル(XRP)基軸の取引所「Bitrue」新たに3種類の通貨ペアを追加

リップル(XRP)基軸の取引所「Bitrue」新たに3種類の通貨ペアを追加

Basic Attention Token(BAT)とは?購入法まで

Basic Attention Token(BAT)とは?購入法まで

CARDANO(ADA)など3銘柄|仮想通貨アプリ「Abra」で利用可能に

CARDANO(ADA)など3銘柄|仮想通貨アプリ「Abra」で利用可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

EMURGO:CARDANOブロックチェーンエクスプローラー「SEIZA(セイザ)」リリースへ

EMURGO:CARDANOブロックチェーンエクスプローラー「SEIZA(セイザ)」リリースへ

ブロックチェーン実装した「コーヒー市場専門の取引アプリ」を開発:インド政府商工省

ブロックチェーン実装した「コーヒー市場専門の取引アプリ」を開発:インド政府商工省

エストニアの仮想通貨取引所「OMGFIN」リップル(Ripple/XRP)の取り扱い開始

エストニアの仮想通貨取引所「OMGFIN」リップル(Ripple/XRP)の取り扱い開始

仮想通貨取引所「楽天ウォレット」サービス開始は6月から|口座開設の申込受付日も発表

仮想通貨取引所「楽天ウォレット」サービス開始は6月から|口座開設の申込受付日も発表

Cardano(ADA)が「Ledger Nano S」で保管可能に|限定ウォレットプレゼント企画開催中

Cardano(ADA)が「Ledger Nano S」で保管可能に|限定ウォレットプレゼント企画開催中

決済アプリ「Uquid」がリップル(XRP)に対応|電気代・保険料などの支払いが可能に

決済アプリ「Uquid」がリップル(XRP)に対応|電気代・保険料などの支払いが可能に

マネーフォワード「仮想通貨交換業者の登録」を断念|ブロックチェーン技術開発は継続

マネーフォワード「仮想通貨交換業者の登録」を断念|ブロックチェーン技術開発は継続

カタパルト実装に前進!NEM財団「最新ウォレットアプリ」開発パートナー企業を発表

カタパルト実装に前進!NEM財団「最新ウォレットアプリ」開発パートナー企業を発表

ブロックチェーン収集・育成・バトルゲーム「Let's Hunt Monsters」中国で大ブレイク

ブロックチェーン収集・育成・バトルゲーム「Let's Hunt Monsters」中国で大ブレイク

炭火焼肉たむら「ADAPay」導入へ|カルダノエイダで美味しいお肉が食べたい方のために

炭火焼肉たむら「ADAPay」導入へ|カルダノエイダで美味しいお肉が食べたい方のために

仮想通貨でチャージ可能に?電子マネー「Suica」などへの対応検討:ディーカレット

仮想通貨でチャージ可能に?電子マネー「Suica」などへの対応検討:ディーカレット

【重要】Zaif(ザイフ)事業継承の「同意手続き」受付終了へ|未承諾の方は早めの確認を

【重要】Zaif(ザイフ)事業継承の「同意手続き」受付終了へ|未承諾の方は早めの確認を

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

人気のタグから探す