オマーン大手銀行:RippleNetを活用してインドへ「国際送金サービス」開始|BankDhofar

by BITTIMES   

オマーンの大手銀行「BankDhofar(バンクドファール)」は、Ripple(リップル)社の国際送金ネットワークであるRippleNetを通じてインドへの送金を数分で処理することができるサービスを開始したことを発表しました。

こちらから読む:XRP Ledgerバージョン1.2.0リリース「Ripple」関連ニュース

インドへの国際送金を「2分以内」で

Ripple社で南アジアと中東・北アフリカ(MENA)地域のマネージングディレクターを務めているNavin Gupta氏は、2019年2月17日のツイートで「BankDhofar」がRippleNetを通じた国際送金サービスを開始したことを発表しました。

おめでとうございます。BankDhofarがRippleNetを通じたサービスを開始しました。オマーンに住んでいる非居住インド人(NRI)は、アプリケーションを使ってリアルタイムで故郷に送金することができます。

BankDhofar(バンクドファール)は、自社のモバイルバンキングアプリにRipple社の技術を統合することによって、国際送金の送金時間を短縮しています。報道によると、Ripple社のソリューリョンを採用したことによって、インド国外からインドへの送金を2分以内で処理することができるようになったと伝えられています。

また今回の発表では、BankDhofarがRippleNetに参加したオマーンで初めての銀行であるとも伝えられています。BankDhofarは、1990年に設立されたオマーン最大級の銀行であり、公式サイトでは全国に58の支店を構えていると説明されています。

Ripple社が世界各国で展開している「RippleNet」は近年急速に成長しており、今年1月には参加している機関の数が200社を超えたことも発表されています。Ripple社のソリューションは仮想通貨業界の大手企業からも高い評価を受けており、最近では仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)や、世界最大のSNSトレードプラットフォームeToro(イートロ)のCEOもそれらのソリューリョンを活用していきたいと考えていることを明かしています。

従来の金融機関に潜む問題を解決しながら、仮想通貨業界を代表する大手企業にも評価されているRipple社や仮想通貨XRPは、今後もより多くの国や地域で採用されていくことになるでしょう。

2019年2月19日|リップル(Ripple/XRP)の価格

リップル(Ripple/XRP)の価格は、1XRPあたり33円前後で取引されていた18日頃から順調に回復しており、2019年2月19日時点では「1XRP=38.10円」で取引されています。

2019年2月12日〜2019年2月19日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2019年2月12日〜2019年2月19日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)の購入はレバレッジ取引も提供している仮想通貨取引所Liquidからどうぞ。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン関連の国際ネットワーク「BGIN」発足|金融庁・開発者などが集結

ブロックチェーン関連の国際ネットワーク「BGIN」発足|金融庁・開発者などが集結

チリーズ(Chiliz/CHZ)ロシア語圏の大手暗号資産取引所「EXMO.COM」に上場

チリーズ(Chiliz/CHZ)ロシア語圏の大手暗号資産取引所「EXMO.COM」に上場

仮想通貨XRP & MONA決済アプリ「CanPayment」がリリース!

仮想通貨XRP & MONA決済アプリ「CanPayment」がリリース!

TRON(TRX)新たな「Proof of Stake/PoS」メカニズムの計画を発表

TRON(TRX)新たな「Proof of Stake/PoS」メカニズムの計画を発表

ビットコイン争奪対戦ゲーム「ライトナイト」取引可能なNFTアイテム発行へ

ビットコイン争奪対戦ゲーム「ライトナイト」取引可能なNFTアイテム発行へ

イーサリアムブロックチェーン用いたスニーカー「Satoshi_one」発売:フランス・パリ

イーサリアムブロックチェーン用いたスニーカー「Satoshi_one」発売:フランス・パリ

注目度の高い仮想通貨ニュース

Facebook利用者5億人分の個人情報が「ネット上で無料公開」仮想通貨保有者も要注意

Facebook利用者5億人分の個人情報が「ネット上で無料公開」仮想通貨保有者も要注意

東カリブ中央銀行:デジタル通貨「DCash(Dキャッシュ)」を発行|同盟国内で流通へ

東カリブ中央銀行:デジタル通貨「DCash(Dキャッシュ)」を発行|同盟国内で流通へ

ビットコイン先物市場、世界最大の資産運用会社「ブラックロック」も参入

ビットコイン先物市場、世界最大の資産運用会社「ブラックロック」も参入

Morgan Stanley:韓国大手暗号資産取引所「Bithumb」買収に向けて交渉か=報道

Morgan Stanley:韓国大手暗号資産取引所「Bithumb」買収に向けて交渉か=報道

CryptoGames × HARTi「現代アーティストのNFT発行支援」に向け業務提携

CryptoGames × HARTi「現代アーティストのNFT発行支援」に向け業務提携

ブルームバーグターミナル「Cardano/ADA」の情報を追加

ブルームバーグターミナル「Cardano/ADA」の情報を追加

double jump.tokyo × BeyondConcept「仮想空間におけるNFT取扱い」で共同研究開始

double jump.tokyo × BeyondConcept「仮想空間におけるNFT取扱い」で共同研究開始

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体PFL「メインマッチ対戦カード」ファン投票で決定へ

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体PFL「メインマッチ対戦カード」ファン投票で決定へ

日本銀行「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の連絡協議会」を設置|民間事業者も参加

日本銀行「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の連絡協議会」を設置|民間事業者も参加

NEM新チェーン「シンボル(Symbol/XYM)」待望のメインネット公開

NEM新チェーン「シンボル(Symbol/XYM)」待望のメインネット公開

ビットバンク「ポストオンリー注文」提供開始|新コイン・新機能キャンペーンも開催

ビットバンク「ポストオンリー注文」提供開始|新コイン・新機能キャンペーンも開催

トークン交換機能「MetaMask Swaps」Android・iOS最新版アプリで利用可能に

トークン交換機能「MetaMask Swaps」Android・iOS最新版アプリで利用可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す