オマーン大手銀行:RippleNetを活用してインドへ「国際送金サービス」開始|BankDhofar

by BITTIMES   

オマーンの大手銀行「BankDhofar(バンクドファール)」は、Ripple(リップル)社の国際送金ネットワークであるRippleNetを通じてインドへの送金を数分で処理することができるサービスを開始したことを発表しました。

こちらから読む:XRP Ledgerバージョン1.2.0リリース「Ripple」関連ニュース

インドへの国際送金を「2分以内」で

Ripple社で南アジアと中東・北アフリカ(MENA)地域のマネージングディレクターを務めているNavin Gupta氏は、2019年2月17日のツイートで「BankDhofar」がRippleNetを通じた国際送金サービスを開始したことを発表しました。

おめでとうございます。BankDhofarがRippleNetを通じたサービスを開始しました。オマーンに住んでいる非居住インド人(NRI)は、アプリケーションを使ってリアルタイムで故郷に送金することができます。

BankDhofar(バンクドファール)は、自社のモバイルバンキングアプリにRipple社の技術を統合することによって、国際送金の送金時間を短縮しています。報道によると、Ripple社のソリューリョンを採用したことによって、インド国外からインドへの送金を2分以内で処理することができるようになったと伝えられています。

また今回の発表では、BankDhofarがRippleNetに参加したオマーンで初めての銀行であるとも伝えられています。BankDhofarは、1990年に設立されたオマーン最大級の銀行であり、公式サイトでは全国に58の支店を構えていると説明されています。

Ripple社が世界各国で展開している「RippleNet」は近年急速に成長しており、今年1月には参加している機関の数が200社を超えたことも発表されています。Ripple社のソリューションは仮想通貨業界の大手企業からも高い評価を受けており、最近では仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)や、世界最大のSNSトレードプラットフォームeToro(イートロ)のCEOもそれらのソリューリョンを活用していきたいと考えていることを明かしています。

従来の金融機関に潜む問題を解決しながら、仮想通貨業界を代表する大手企業にも評価されているRipple社や仮想通貨XRPは、今後もより多くの国や地域で採用されていくことになるでしょう。

2019年2月19日|リップル(Ripple/XRP)の価格

リップル(Ripple/XRP)の価格は、1XRPあたり33円前後で取引されていた18日頃から順調に回復しており、2019年2月19日時点では「1XRP=38.10円」で取引されています。

2019年2月12日〜2019年2月19日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2019年2月12日〜2019年2月19日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)の購入はレバレッジ取引も提供している仮想通貨取引所Liquidからどうぞ。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Rippleソリューション「xRapid」の実装に成功:Euro Exim Bank

Rippleソリューション「xRapid」の実装に成功:Euro Exim Bank

TRON財団:ギャンブル系DAppsで「日本IPアドレスのブロック」を提案|国内規制準拠へ

TRON財団:ギャンブル系DAppsで「日本IPアドレスのブロック」を提案|国内規制準拠へ

「今後は相互運用性が必要」Wi-Fiのような存在が暗号市場成長の糸口に:CARDANO創設者

「今後は相互運用性が必要」Wi-Fiのような存在が暗号市場成長の糸口に:CARDANO創設者

ビットコイン、今が買いのチャンス?価格急落にもトレーダーは歓迎ムード

ビットコイン、今が買いのチャンス?価格急落にもトレーダーは歓迎ムード

ビットコイン授業料受付をドイツの欧州経営大学(ESMT)が開始

ビットコイン授業料受付をドイツの欧州経営大学(ESMT)が開始

Telegramに「調達資金17億ドルの財務報告」求める:米国証券取引委員会(SEC)

Telegramに「調達資金17億ドルの財務報告」求める:米国証券取引委員会(SEC)

注目度の高い仮想通貨ニュース

日本仮想通貨交換業協会:自主規制規則の改正・制定に伴い「一般の意見」を募集

日本仮想通貨交換業協会:自主規制規則の改正・制定に伴い「一般の意見」を募集

YOROIウォレットでの「Cardanoステーキング参加方法」EMURGOが解説動画を公開

YOROIウォレットでの「Cardanoステーキング参加方法」EMURGOが解説動画を公開

仮想通貨ウォレットの「種類・特徴まとめ」メリット・デメリットをわかりやすく解説

仮想通貨ウォレットの「種類・特徴まとめ」メリット・デメリットをわかりやすく解説

NBAスター選手:仮想通貨レンディングサービス「Cred」と提携

NBAスター選手:仮想通貨レンディングサービス「Cred」と提携

投資家は未だ「強気姿勢」ビットコイン=60万円は価格モデルの範囲内

投資家は未だ「強気姿勢」ビットコイン=60万円は価格モデルの範囲内

【仮想通貨投資の始め方】必要なもの・注意点などを初心者向けに解説

【仮想通貨投資の始め方】必要なもの・注意点などを初心者向けに解説

GMOコイン「ベーシックアテンショントークン(BAT)」の取扱い開始

GMOコイン「ベーシックアテンショントークン(BAT)」の取扱い開始

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月8日〜14日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月8日〜14日

仮想通貨ファクトム(FCT)開発企業「解散」に向け精算手続きへ

仮想通貨ファクトム(FCT)開発企業「解散」に向け精算手続きへ

1ビットコイン=20円で「42,085BTC」購入?コインベースでエラー発生か

1ビットコイン=20円で「42,085BTC」購入?コインベースでエラー発生か

日本STO協会に「東海東京証券株式会社」が参加

日本STO協会に「東海東京証券株式会社」が参加

ドイツ金融規制当局:仮想通貨ATM関連企業に「自己勘定取引の即時停止」命令

ドイツ金融規制当局:仮想通貨ATM関連企業に「自己勘定取引の即時停止」命令

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す