SwiftDemandがDAOベースの仮想通貨を開発中

by BITTIMES

仮想通貨でのベーシックインカムの実現を目指しているSwiftDemandは、新しく発行する予定である『DAOベースの仮想通貨』に関するホワイトペーパーを公開しました。

SwiftDemandのユーザーに送られたメールには以下のように書かれています。

“私たちはブロックチェーンの開発を開始しました。近い将来、コア機能を備えた初期バージョンをリリースすることから始めます。機能は、SwiftDemandのホワイトペーパーに従って時間とともに追加されます。”

“SwiftDemandは他のほとんどの ICO をユーザーで上回っており、あとは開始するばかりです。またトークンを使用できる有効で活発なプラットフォームを備えたデジタル通貨はごくわずかです。”

今回新しく発行される予定の仮想通貨はブロックチェーンの DAO の技術を採用しており、正式にブロックチェーン化された仮想通貨となっています。
また現在SwiftDemandが無料で配布している仮想通貨 swifts に関しては、1対1の比率で移行するとされており、既存ユーザーからの期待が高まっています。

SwiftDemandとは?

SwiftDemandは仮想通貨を使ってベーシックインカムを実現しようとしているチームです。
登録しているユーザーには、SwiftDemandが独自に発行している通貨『swifts』 が毎日100Swiftsづつ無料で配布されます。

1つのWebページ上で簡単に送金や受取ができる

SwiftDemand home

ログイン後のトップ画面では、配布された通貨の受け取りができるほか、別のSwiftDemandユーザーへの送金もできるように作られており、個人間の取引も1つのWebページ上で簡単に行えます。

Swiftsでの支払いのためのストア

SwiftDemand store

サイト内で提供されている「Store(ストア)」を使えば、個人でも簡単に商品やサービスを販売でき、Swiftsを使った売買が可能になります。
このサービスは去年頃から提供されており、現在も出店者は増え続けています。

ユーザーの期待に応えた今回の発表

この swifts という通貨は、正式な仮想通貨ではなかった事もあり、これまで価値はついていませんでした。しかし今回正式にブロックチェーンに基づいた仮想通貨を発行することが発表されたことで、これまで配布されていた swifts にも価値が生まれる事が予想されており、一部のユーザーの間で話題になっています。

ベーシックインカム(BI)とは

ベーシックインカムとは、数年前から世界的に話題になっている政府が全ての国民に必要最低限の生活を送れる現金を支給する制度のことです。一部の国では試験的に導入されている国もあり、貧困の格差を軽減できることが期待されています。

中央集権から非中央集権へ

今までのSwiftDemandは試験的な試みであったこともあり、中央集権型の仮想通貨でした。しかし今回発表したホワイトペーパーではブロックチェーンに基づいた非中央集権型の仮想通貨を目指していることが書かれています。

Swiftプロトコルは国際的なベーシックインカムを配布する目的でDAOの枠組みを提示する提案です。

DAOとは「Decentralized Autonomous Organizarion」の略であり、
非中央集権の自立型分散組織』という意味です。

DAOの特徴としては、

  • 分散的に組織が自律的に運営される
  • 特定の主体(代表者)がいない
  • 契約はブロックチェーン上で機械的に行われる
などが挙げられます。

近い将来 SwiftDemandはDAOベースの自立分散型の仮想通貨を発行する事になります。

これまでのSwiftsはどうなるか

現在のSwiftsから新しいSwiftsへの移行については以下のように書かれています。

SwiftDemandはSwift Protocol上の本人確認プロバイダーになり、Swiftのメインネットが開始されたときにSwiftDemandにあるSwiftsは1対1の比率で移行されます。Swift市民はこの時にKYCとAMLに適合するために厳しい本人確認を受けるように要求されます。

『KYC』とは Know Your Customer の略で、顧客確認という意味であり「一連の書類手続き」の事を指します。
『AML』とは anti-money laundering の略で、マネーロンダリング対策という意味です。

つまり、現在配布されているswiftsは、不正行為などの防止のための厳しい本人確認を受けた後に、新しい通貨と同等の比率で移行されると説明されています。

本人確認の内容については詳しくわかっていませんが、これまでのswiftsは無駄にはならないようです。

登録方法

SwiftDemand create

登録方法はとてもシンプルで、SwiftDemandの公式サイトに以下の情報を入力するだけとなっています。

  1. 「First Name」は名前
  2. 「Last Name」は名字
  3. 「Swift ID」には好きな英数字( swifts のアドレスになります)
  4. 「Email」に自分のメールアドレス
  5. 「Password」に6文字以上のパスワードを入力
  6. 「Confirm Password」にもう一度同じパスワードを入力
  7. 「私はロボットではありません」にチェック
  8. 「Sign Up」をクリック

登録が終わると、その日から毎日swiftsが配布されます。
登録数には上限があり、500万人までとされています。現在(2018年2月23日)は既に約15万人が登録しています。

管理ページは非常にシンプルで、全ての人が利用しやすい作りになっています。

なお配布されたSwiftsを受け取るためには「Claim」というボタンをクリックする必要があり、700swifts以上のストックはできないようになっているため注意が必要です。
現在はまだ価値がついていないため現金への交換はできませんが、サイト内のストアを使えば他ユーザーが提供している商品を購入する事は可能です。

仮想通貨に興味はあるけれどお金の不安があるという方などは、SwiftDemandから始めてみるのも1つの手段です。
数年前まではサイト内のストアすらもなく、価値のないおもちゃのような通貨でしたが、現在では本当に価値が付く可能性も高まってきています。毎日の100Swiftsを受け取りながら仮想通貨の世界を勉強してみるといいかもしれません。

SwiftDemandの登録はこちらからどうぞ
>>swiftdemand.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

雑所得から分離課税へ?仮想通貨の税率変更「国民の理解が得られるのか疑問だ」麻生財務相

雑所得から分離課税へ?仮想通貨の税率変更「国民の理解が得られるのか疑問だ」麻生財務相

米オハイオ州:ブロックチェーンの中心地を目指す意思を表明|下院議員議長Ryan Smith

米オハイオ州:ブロックチェーンの中心地を目指す意思を表明|下院議員議長Ryan Smith

イーサリアムのブロックチェーンにエビやドラッグが負荷を与える

イーサリアムのブロックチェーンにエビやドラッグが負荷を与える

LG子会社が独自のブロックチェーン「Monachain(モナチェーン)」を発表

LG子会社が独自のブロックチェーン「Monachain(モナチェーン)」を発表

仮想通貨先進国オーストラリアがICOへの規制を強化

仮想通貨先進国オーストラリアがICOへの規制を強化

仮想通貨交換業に「楽天」が参入|みんなのビットコインを買収

仮想通貨交換業に「楽天」が参入|みんなのビットコインを買収

注目度の高い仮想通貨ニュース

RippleNetに総資産49兆円の米大手銀行「PNC Bank」が参加

RippleNetに総資産49兆円の米大手銀行「PNC Bank」が参加

イーサリアムは必ず生き残る、私がいなくても ー ヴィタリック・ブテリン

イーサリアムは必ず生き残る、私がいなくても ー ヴィタリック・ブテリン

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

RippleNetと国際送金アプリ「OnePay FX」が統合 ー 利用可能国がさらに拡大

RippleNetと国際送金アプリ「OnePay FX」が統合 ー 利用可能国がさらに拡大

フィンテック関連の規制推進に向けスイスと協力|イスラエルは次のクリプトバレーへ

フィンテック関連の規制推進に向けスイスと協力|イスラエルは次のクリプトバレーへ

TOYOTA:ブロックチェーンで「デジタル広告」の不正行為撲滅へ ー Lucidityと協力

TOYOTA:ブロックチェーンで「デジタル広告」の不正行為撲滅へ ー Lucidityと協力

ナイジェリアの仮想通貨取引所「KuBitX」新プラットフォーム・ベータ版を公開

ナイジェリアの仮想通貨取引所「KuBitX」新プラットフォーム・ベータ版を公開

ブロックチェーンとIoTデバイスで「死んだ川」を浄化 ー フィリピン × Cypher Odin

ブロックチェーンとIoTデバイスで「死んだ川」を浄化 ー フィリピン × Cypher Odin

仮想通貨の寄付を受入れ「慈善活動の輪」を拡大 ー ユニセフ・フランス

仮想通貨の寄付を受入れ「慈善活動の輪」を拡大 ー ユニセフ・フランス

ポーランドの仮想通貨取引所「Coinbe」にネム(NEM/XEM)が上場

ポーランドの仮想通貨取引所「Coinbe」にネム(NEM/XEM)が上場

ドバイ政府認可の仮想通貨「emCash」2019年公開へ ー PundiXも支援

ドバイ政府認可の仮想通貨「emCash」2019年公開へ ー PundiXも支援

ポルトガル語で「ブロックチェーン技術」が学べるコース提供へ ー Blockchain Academy

ポルトガル語で「ブロックチェーン技術」が学べるコース提供へ ー Blockchain Academy

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

音楽業界とブロックチェーン:流通や販売・著作権の管理など産業を透明化 ー MUSICまとめ

音楽業界とブロックチェーン:流通や販売・著作権の管理など産業を透明化 ー MUSICまとめ

美容業界は「ブロックチェーン」を活用して安心安全な環境とサービスへ:Beautyまとめ

美容業界は「ブロックチェーン」を活用して安心安全な環境とサービスへ:Beautyまとめ

BMWがブロックチェーンで「未来のクルマ」を創る|今注目すべき最先端プロジェクト

BMWがブロックチェーンで「未来のクルマ」を創る|今注目すべき最先端プロジェクト

自動車業界×ブロックチェーン:安全管理や環境保護など広く利用される新技術まとめ

自動車業界×ブロックチェーン:安全管理や環境保護など広く利用される新技術まとめ

人気のタグから探す