ランボルギーニ:セールスフォースのブロックチェーンで「車両の信頼性」を確保

by BITTIMES   

スーパーカーの大手メーカーとして知られる「Lamborghini(ランボルギーニ)」は、顧客関係管理(CRM)ソリューションなどを提供している「Salesforce(セールスフォース)」のブロックチェーン技術を用いて車両の信頼性を高めています。

こちらから読む:高級電気自動車メーカーがBTC決済受け入れ「自動車」関連ニュース

ブロックチェーンで車両の情報管理「偽造などを防止」

顧客関係管理(CRM)ソリューションを中心としたクラウドコンピューティング・サービスを提供している大手企業「Salesforce(セールスフォース)」は、2019年11月19日の発表でイタリアのスーパースポーツカー・スーパーSUVメーカーである「Lamborghini(ランボルギーニ)」が同社のブロックチェーン技術を用いて車両の情報管理を行なっていることを明らかにしました。

ランボルギーニは車両を再販する際に「Salesforce」が2019年5月に立ち上げたHyperledgerベースのブロックチェーンプラットフォームを用いて構築された認証チェックのための信頼できるネットワークを活用すると伝えられています。

ランボルギーニの車両が転売されると、車両はイタリア・サンタガタ・ボロネーゼにあるランボルギーニ本社で行われる800〜1,000の認証検査が行われます。このプロセスにおいてランボルギーニは「カメラマン・オークションハウス・ディーラー・修理店・メディアソース」などといった膨大なリソースネットワークと連携して、各車両すべての部品とサービス履歴を確認する必要があります。

「Salesforce」のブロックチェーンプラットフォームはこれらの関連企業が認証作業を行う際に使用されており、再販前の所有権情報や修復履歴などいった、車両に関連する詳しい情報を改ざん不可能な状態で記録するために活用されると説明されています。全ての認証チェックはランボルギーニとそのパートナーネットワークによって管理されているため、ランボルギーニの車両を"偽造"などの問題から保護することができるとのことです。

Lamborghiniのアフターセールス責任者であるPaolo Gabrielli氏は『Salesforce Blockchainを使用することで、イノベーションをさらに一歩進め、車両の信頼性をこれまで以上に高めることができる』と述べています。

ランボルギーニはこれまで仮想通貨決済関連のニュースで多く取り上げられていましたが、最近ではブロックチェーン関連のニュースも報告されはじめており、今年8月にはブロックチェーンでアート作品として認定されたカスタムペイント車両「Lamborghini Aventador S(ランボルギーニ アヴェンタドール S)」なども話題となりました。

ブロックチェーンで車両の情報を管理している自動車メーカーは続々と増えてきているため、このような取り組みは今後も増加していくことになると予想されます。

>>「Salesforce」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

IOTA:ブロックチェーン活用した「食物アレルギー追跡アプリ」開発へ|Primorityと提携

IOTA:ブロックチェーン活用した「食物アレルギー追跡アプリ」開発へ|Primorityと提携

Binance US:新規口座登録と仮想通貨入金「来週から」受付開始|最初は6銘柄に対応

Binance US:新規口座登録と仮想通貨入金「来週から」受付開始|最初は6銘柄に対応

Chilizが「Chainlink」と提携|イベントに基づいた限定トークン自動生成が可能に

Chilizが「Chainlink」と提携|イベントに基づいた限定トークン自動生成が可能に

仮想通貨関連企業の「破産・閉鎖」相次ぐ|価格下落による資金不足が原因か?

仮想通貨関連企業の「破産・閉鎖」相次ぐ|価格下落による資金不足が原因か?

チューリッヒ保険会社:ブロックチェーン技術で「債券管理」ー Accentureと共同開発

チューリッヒ保険会社:ブロックチェーン技術で「債券管理」ー Accentureと共同開発

二酸化炭素・温室効果ガスの削減に「仮想通貨報酬」を付与|ドイツ自由民主党が提案

二酸化炭素・温室効果ガスの削減に「仮想通貨報酬」を付与|ドイツ自由民主党が提案

注目度の高い仮想通貨ニュース

WikiLeaks Shop:ビットコインの「ライトニングネットワーク決済」に対応

WikiLeaks Shop:ビットコインの「ライトニングネットワーク決済」に対応

Cardano創設者:YouTube上の「GiveAway詐欺」について注意喚起

Cardano創設者:YouTube上の「GiveAway詐欺」について注意喚起

新型コロナ以降「高齢世代のビットコイン投資」が倍増|Google検索にも変化

新型コロナ以降「高齢世代のビットコイン投資」が倍増|Google検索にも変化

Facebook:未来予測アプリ「Forecast」のベータ版公開|Libraとの連携期待する声も

Facebook:未来予測アプリ「Forecast」のベータ版公開|Libraとの連携期待する声も

ビットコインキャッシュを「Eメールアドレス宛て」に簡単送金|Bitcoin.comが新サービス

ビットコインキャッシュを「Eメールアドレス宛て」に簡単送金|Bitcoin.comが新サービス

暗号資産運用大手:大口ファンドの「BTC・ETH比重」増加|XRPはマイナス調整

暗号資産運用大手:大口ファンドの「BTC・ETH比重」増加|XRPはマイナス調整

暗号資産取引所の安全性を評価する「サイバーセキュリティ・スコア」導入:CoinGecko

暗号資産取引所の安全性を評価する「サイバーセキュリティ・スコア」導入:CoinGecko

ビットコインが「セブンイレブン」などのコンビニ・薬局で購入可能に:米LibertyX

ビットコインが「セブンイレブン」などのコンビニ・薬局で購入可能に:米LibertyX

ビットコイン「3.3億円相当」がハッキング被害に:英暗号資産取引所Cashaa

ビットコイン「3.3億円相当」がハッキング被害に:英暗号資産取引所Cashaa

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

金融庁:無登録の暗号資産交換業者リストに「Bitforex・AMANPURI」を追加

金融庁:無登録の暗号資産交換業者リストに「Bitforex・AMANPURI」を追加

暗号資産ATM「違法行為目的」で使用されている可能性|資金洗浄などに悪用か

暗号資産ATM「違法行為目的」で使用されている可能性|資金洗浄などに悪用か

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す