米国議員全員をトークン化、仮想通貨取引所「McAfeeDex」上場へ:ジョン・マカフィー

by BITTIMES

仮想通貨ブロックチェーンの伝道師としても知られるサイバーセキュリティの専門家John McAfee(ジョン・マカフィー)氏は、2020年1月5日に米国議員535人全員をトークン化し、同氏が立ち上げた分散型取引所「McAfeeDex」で販売する計画を明らかにしました。

こちらから読む:政治家トークンの販売を開始する「McAfeeDex.com」とは?

トークンの初期価格は「1ペニー」に設定

John McAfee(ジョン・マカフィー)氏は、2020年1月5日のツイートで米国議員535人全員をトークン化し、同氏が立ち上げた分散型取引所「McAfeeDex.com」で販売する計画を明らかにしました。これらのトークンは2020年3月1日に「McAfeeDex.com」にリストされ、最初の販売価格は1ペニー(約1円)に設定されると説明されています。

私のチームは535人全員の議会メンバーをトークン化しています。

これらのトークンは3月1日に「McAfeeDex.com」にリストされ、全てのトークンは最初に1ペニーに設定されます。取引を始めましょう。

オープンな市場で本当に価値のある代表者を見つけてください。

「McAfeeDex」は、名前・メールアドレス・銀行口座情報などを登録しなくても利用できるようになっており、仮想通貨ウォレットだけで世界中の人々が利用できる取引所となっているため、これらのトークンの価値には世界中の意見が反映されることになると予想されます。

米国大統領選挙の候補者トークンも発行予定

BuyCongressman

マカフィー氏はこの新しいトークンプロジェクトのために「@Buycongressman」という新たなTwitterアカウントも作成しています。このアカウントによると、発行される議員トークンは"登録された有権者1人につき1億3,500万トークン"が発行されることになっており、請求されていないトークンは「Buy a Congressman Foundation」が保有すると説明されています。

「@Buycongressman」は、トークンを作成しているチームが政府から批判を受けていると説明していますが、その一方では"今年5月に米国大統領選挙の候補者を追加する"ということも強調されています。

「@Buycongressman」のチームは「議会議員をトークン化することによって、政治プロセスにブロックチェーンを適用している」と説明しており、このプロジェクトを通じて"権力がどのように成長・蓄積・流動するかを数学的及び科学的に示す"と述べています。

選挙投票にブロックチェーン技術を取り入れたり、仮想通貨による政治献金を受け入れたりするといった取り組みはこれまでにも複数の国や地域で行われてきましたが、"政治家全員をトークン化する"という取り組みは今回が初であるため、今後このプロジェクトがどのように発展していくかには注目が集まります。

プロジェクトの詳細などは「@Buycongressman」の公式Twitterアカウントで確認することができます。
>>「@Buycongressman」の公式Twitterはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Tポイントで「仮想通貨ビットコイン」が購入可能に|bitFlyerが新サービスを開始

Tポイントで「仮想通貨ビットコイン」が購入可能に|bitFlyerが新サービスを開始

家計簿アプリ「Zaim」とコインチェックが連携|仮想通貨の残高管理が可能に

家計簿アプリ「Zaim」とコインチェックが連携|仮想通貨の残高管理が可能に

アメリカ空軍(USAF)ブロックチェーン企業「Constellation Network」と提携

アメリカ空軍(USAF)ブロックチェーン企業「Constellation Network」と提携

ストリートアートに「仮想通貨革命」のメッセージ|フランスで反ユーロの抗議活動続く

ストリートアートに「仮想通貨革命」のメッセージ|フランスで反ユーロの抗議活動続く

仮想通貨格付け「史上初の最高評価」価格上昇率は160%超え:Weiss Ratings

仮想通貨格付け「史上初の最高評価」価格上昇率は160%超え:Weiss Ratings

Instagramなどへの「Libra活用」も計画|Facebook CEOが語る今後の展望

Instagramなどへの「Libra活用」も計画|Facebook CEOが語る今後の展望

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨交換業者「Bitgate」を子会社化:株式会社D.H.G

仮想通貨交換業者「Bitgate」を子会社化:株式会社D.H.G

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年12月29日〜2020年1月4日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年12月29日〜2020年1月4日

コインチェック:エアドロップ分のステラ「2,800万XLM」配布開始

コインチェック:エアドロップ分のステラ「2,800万XLM」配布開始

仮想通貨企業を「非課税で支援」新たなクリプトバレー設立へ:ドバイ政府

仮想通貨企業を「非課税で支援」新たなクリプトバレー設立へ:ドバイ政府

1,000%価格高騰に向け「ビットコインが超えるべき抵抗線」

1,000%価格高騰に向け「ビットコインが超えるべき抵抗線」

中国:国家主導のブロックチェーンネットワーク「2020年4月」から本格稼働へ

中国:国家主導のブロックチェーンネットワーク「2020年4月」から本格稼働へ

Ripple技術用いた「ステーブルコイン・寄付プラットフォーム」公開:韓国SKグループ

Ripple技術用いた「ステーブルコイン・寄付プラットフォーム」公開:韓国SKグループ

ライトコイン財団:カストディソリューションに「BitGoマルチシグウォレット」を採用

ライトコイン財団:カストディソリューションに「BitGoマルチシグウォレット」を採用

分散型求人検索エンジン「LinkedUp」テスト運用開始:仮想通貨スタートアップDfinity

分散型求人検索エンジン「LinkedUp」テスト運用開始:仮想通貨スタートアップDfinity

eスポーツプラットフォーム「Luckbox」ビットコインなど仮想通貨4銘柄に対応

eスポーツプラットフォーム「Luckbox」ビットコインなど仮想通貨4銘柄に対応

【ETH簡単送金】MyEtherWallet:ブロックチェーンドメイン「.crypto」に対応

【ETH簡単送金】MyEtherWallet:ブロックチェーンドメイン「.crypto」に対応

Telegramに「調達資金17億ドルの財務報告」求める:米国証券取引委員会(SEC)

Telegramに「調達資金17億ドルの財務報告」求める:米国証券取引委員会(SEC)

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す