米国議員全員をトークン化、仮想通貨取引所「McAfeeDex」上場へ:ジョン・マカフィー

by BITTIMES

仮想通貨ブロックチェーンの伝道師としても知られるサイバーセキュリティの専門家John McAfee(ジョン・マカフィー)氏は、2020年1月5日に米国議員535人全員をトークン化し、同氏が立ち上げた分散型取引所「McAfeeDex」で販売する計画を明らかにしました。

こちらから読む:政治家トークンの販売を開始する「McAfeeDex.com」とは?

トークンの初期価格は「1ペニー」に設定

John McAfee(ジョン・マカフィー)氏は、2020年1月5日のツイートで米国議員535人全員をトークン化し、同氏が立ち上げた分散型取引所「McAfeeDex.com」で販売する計画を明らかにしました。これらのトークンは2020年3月1日に「McAfeeDex.com」にリストされ、最初の販売価格は1ペニー(約1円)に設定されると説明されています。

私のチームは535人全員の議会メンバーをトークン化しています。

これらのトークンは3月1日に「McAfeeDex.com」にリストされ、全てのトークンは最初に1ペニーに設定されます。取引を始めましょう。

オープンな市場で本当に価値のある代表者を見つけてください。

「McAfeeDex」は、名前・メールアドレス・銀行口座情報などを登録しなくても利用できるようになっており、仮想通貨ウォレットだけで世界中の人々が利用できる取引所となっているため、これらのトークンの価値には世界中の意見が反映されることになると予想されます。

米国大統領選挙の候補者トークンも発行予定

BuyCongressman

マカフィー氏はこの新しいトークンプロジェクトのために「@Buycongressman」という新たなTwitterアカウントも作成しています。このアカウントによると、発行される議員トークンは"登録された有権者1人につき1億3,500万トークン"が発行されることになっており、請求されていないトークンは「Buy a Congressman Foundation」が保有すると説明されています。

「@Buycongressman」は、トークンを作成しているチームが政府から批判を受けていると説明していますが、その一方では"今年5月に米国大統領選挙の候補者を追加する"ということも強調されています。

「@Buycongressman」のチームは「議会議員をトークン化することによって、政治プロセスにブロックチェーンを適用している」と説明しており、このプロジェクトを通じて"権力がどのように成長・蓄積・流動するかを数学的及び科学的に示す"と述べています。

選挙投票にブロックチェーン技術を取り入れたり、仮想通貨による政治献金を受け入れたりするといった取り組みはこれまでにも複数の国や地域で行われてきましたが、"政治家全員をトークン化する"という取り組みは今回が初であるため、今後このプロジェクトがどのように発展していくかには注目が集まります。

プロジェクトの詳細などは「@Buycongressman」の公式Twitterアカウントで確認することができます。
>>「@Buycongressman」の公式Twitterはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

国際的な業界団体「世界ステーブルコイン協会(WSA)」発足|多数の関連企業が参加予定

国際的な業界団体「世界ステーブルコイン協会(WSA)」発足|多数の関連企業が参加予定

LINE:日本向け仮想通貨取引所「BITMAX」に関する報道にコメント

LINE:日本向け仮想通貨取引所「BITMAX」に関する報道にコメント

デジタル通貨「コイン(coin)」2020年度下期に発行へ|三菱UFJ・リクルートが協力

デジタル通貨「コイン(coin)」2020年度下期に発行へ|三菱UFJ・リクルートが協力

【Cardano/ADA】ステーキング関連の新機能を搭載した「Daedalus 2.4.0」リリースNEW

【Cardano/ADA】ステーキング関連の新機能を搭載した「Daedalus 2.4.0」リリース

東京五輪開催に向け仮想通貨交換業者などの「サイバー対策」を総点検:金融庁

東京五輪開催に向け仮想通貨交換業者などの「サイバー対策」を総点検:金融庁

YOROIウォレットでの「Cardanoステーキング参加方法」EMURGOが解説動画を公開

YOROIウォレットでの「Cardanoステーキング参加方法」EMURGOが解説動画を公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

GMOコイン:NEM新通貨Symbol(XYM)の「オプトイン」に関する対応方針を発表

GMOコイン:NEM新通貨Symbol(XYM)の「オプトイン」に関する対応方針を発表

スペイン銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)を「今後の優先研究課題」に盛り込み

スペイン銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)を「今後の優先研究課題」に盛り込み

Bitcoin.com:Atari Token(ATRI)の「IEO」実施へ|トークン販売後は上場も予定

Bitcoin.com:Atari Token(ATRI)の「IEO」実施へ|トークン販売後は上場も予定

BTCBOX:暗号資産の「かんたん売買(販売所)」サービス提供開始

BTCBOX:暗号資産の「かんたん売買(販売所)」サービス提供開始

【印鑑×デジタル】ブロックチェーン押印記録システム「Iohan(イオハン)」登場

【印鑑×デジタル】ブロックチェーン押印記録システム「Iohan(イオハン)」登場

バハマ中央銀行「CBDCと他国通貨の相互運用」を可能に|今月20日にも全国展開

バハマ中央銀行「CBDCと他国通貨の相互運用」を可能に|今月20日にも全国展開

ロシア中央銀行:CBDCデジタルルーブル「2021年末までにテスト実施」の可能性

ロシア中央銀行:CBDCデジタルルーブル「2021年末までにテスト実施」の可能性

XRP価格=1万円到達は可能か?「72.4%」がYESと回答【世論調査結果報告】

XRP価格=1万円到達は可能か?「72.4%」がYESと回答【世論調査結果報告】

シンガポール大手銀行:STO対応の暗号資産取引所「DBSデジタル取引所」開設か

シンガポール大手銀行:STO対応の暗号資産取引所「DBSデジタル取引所」開設か

ファイルコインと「イーサリアム関連開発ツール」統合へ:ConsenSys×Protocol Labs

ファイルコインと「イーサリアム関連開発ツール」統合へ:ConsenSys×Protocol Labs

暗号資産取引所「TAOTAO(タオタオ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「TAOTAO(タオタオ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

FCバルセロナ:スタジアムで流す曲「ブロックチェーン投票アプリSocios」で決定へ

FCバルセロナ:スタジアムで流す曲「ブロックチェーン投票アプリSocios」で決定へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す