米国議員全員をトークン化、仮想通貨取引所「McAfeeDex」上場へ:ジョン・マカフィー

by BITTIMES

仮想通貨ブロックチェーンの伝道師としても知られるサイバーセキュリティの専門家John McAfee(ジョン・マカフィー)氏は、2020年1月5日に米国議員535人全員をトークン化し、同氏が立ち上げた分散型取引所「McAfeeDex」で販売する計画を明らかにしました。

こちらから読む:政治家トークンの販売を開始する「McAfeeDex.com」とは?

トークンの初期価格は「1ペニー」に設定

John McAfee(ジョン・マカフィー)氏は、2020年1月5日のツイートで米国議員535人全員をトークン化し、同氏が立ち上げた分散型取引所「McAfeeDex.com」で販売する計画を明らかにしました。これらのトークンは2020年3月1日に「McAfeeDex.com」にリストされ、最初の販売価格は1ペニー(約1円)に設定されると説明されています。

私のチームは535人全員の議会メンバーをトークン化しています。

これらのトークンは3月1日に「McAfeeDex.com」にリストされ、全てのトークンは最初に1ペニーに設定されます。取引を始めましょう。

オープンな市場で本当に価値のある代表者を見つけてください。

「McAfeeDex」は、名前・メールアドレス・銀行口座情報などを登録しなくても利用できるようになっており、仮想通貨ウォレットだけで世界中の人々が利用できる取引所となっているため、これらのトークンの価値には世界中の意見が反映されることになると予想されます。

米国大統領選挙の候補者トークンも発行予定

BuyCongressman

マカフィー氏はこの新しいトークンプロジェクトのために「@Buycongressman」という新たなTwitterアカウントも作成しています。このアカウントによると、発行される議員トークンは"登録された有権者1人につき1億3,500万トークン"が発行されることになっており、請求されていないトークンは「Buy a Congressman Foundation」が保有すると説明されています。

「@Buycongressman」は、トークンを作成しているチームが政府から批判を受けていると説明していますが、その一方では"今年5月に米国大統領選挙の候補者を追加する"ということも強調されています。

「@Buycongressman」のチームは「議会議員をトークン化することによって、政治プロセスにブロックチェーンを適用している」と説明しており、このプロジェクトを通じて"権力がどのように成長・蓄積・流動するかを数学的及び科学的に示す"と述べています。

選挙投票にブロックチェーン技術を取り入れたり、仮想通貨による政治献金を受け入れたりするといった取り組みはこれまでにも複数の国や地域で行われてきましたが、"政治家全員をトークン化する"という取り組みは今回が初であるため、今後このプロジェクトがどのように発展していくかには注目が集まります。

プロジェクトの詳細などは「@Buycongressman」の公式Twitterアカウントで確認することができます。
>>「@Buycongressman」の公式Twitterはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Chiliz&Socios:サッカーアルゼンチン代表チームの「$ARGトークン販売」詳細を発表

Chiliz&Socios:サッカーアルゼンチン代表チームの「$ARGトークン販売」詳細を発表

BITCOIN MIXER:イーサリアムユーザー向けにサービスを拡大

BITCOIN MIXER:イーサリアムユーザー向けにサービスを拡大

ジンバブエの大手銀行「仮想通貨などのデジタル技術活用方法」を検討

ジンバブエの大手銀行「仮想通貨などのデジタル技術活用方法」を検討

サトシ・ナカモトの正体「突き止めるのは簡単だ」ジョン・マカフィー氏が発言

サトシ・ナカモトの正体「突き止めるのは簡単だ」ジョン・マカフィー氏が発言

FRB反対派のRon Paul元議員「初めてのビットコイン」を入手

FRB反対派のRon Paul元議員「初めてのビットコイン」を入手

コインベース:ブラウザ拡張機能「Coinbase Wallet extension」公開|DeFiなど接続可能に

コインベース:ブラウザ拡張機能「Coinbase Wallet extension」公開|DeFiなど接続可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE:トラベルルール遵守体制強化に向け「CipherTraceのTraveler」導入

BINANCE:トラベルルール遵守体制強化に向け「CipherTraceのTraveler」導入

グレースケール:暗号資産投資信託に「カルダノ(Cardano/ADA)」追加

グレースケール:暗号資産投資信託に「カルダノ(Cardano/ADA)」追加

Valencia CF「Sociosロゴ付きの新ユニフォーム」公開|ファントークンも近日発行予定

Valencia CF「Sociosロゴ付きの新ユニフォーム」公開|ファントークンも近日発行予定

コインチェック:サッカー選手の公式NFTカードを発行する「Sorare」と連携

コインチェック:サッカー選手の公式NFTカードを発行する「Sorare」と連携

【Chiliz&Socios】強豪eスポーツチーム「Team Vitality」のファントークン販売本日開始

【Chiliz&Socios】強豪eスポーツチーム「Team Vitality」のファントークン販売本日開始

オランダのサッカークラブAZ:暗号資産取引所「Bitcoin Meester」とパートナー契約

オランダのサッカークラブAZ:暗号資産取引所「Bitcoin Meester」とパートナー契約

マイニング大手BIT Mining:中国から「カザフスタン」にマイニングマシンを移動

マイニング大手BIT Mining:中国から「カザフスタン」にマイニングマシンを移動

オーストラリア最大級の証券会社「暗号資産取引サービス」提供へ|最大10銘柄を取扱い

オーストラリア最大級の証券会社「暗号資産取引サービス」提供へ|最大10銘柄を取扱い

メキシコ当局「金融機関の暗号資産取扱いは禁止」だと警告

メキシコ当局「金融機関の暗号資産取扱いは禁止」だと警告

過去最大級のカルダノ関連サミット「Cardano Summit 2021」9月開催へ

過去最大級のカルダノ関連サミット「Cardano Summit 2021」9月開催へ

カルダノ(Cardano/ADA)開発企業「公式サイトが日本語対応」Input Output

カルダノ(Cardano/ADA)開発企業「公式サイトが日本語対応」Input Output

「NFP」プラットフォームのRarepornが9月にICOを実施|プライベートセールでVC等から約5.5億円の資金調達に成功

「NFP」プラットフォームのRarepornが9月にICOを実施|プライベートセールでVC等から約5.5億円の資金調達に成功

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す