資金洗浄疑いの仮想通貨取引「令和元年は1,100件減少」=警察庁報告

by BITTIMES

警察庁が2020年3月5日に公開した「犯罪収益移転防止に関する年次報告書(令和元年)」によると、"マネーロンダリング(資金洗浄)などといった犯罪収益の可能性があるとして"金融機関などが国に届け出を行なった取引の合計件数は過去最多となる「440,492件」だと報告されています。しかし、仮想通貨交換業社から報告された"疑わしい取引"の件数は前年より1,100件少ない「5,996件」だとされています。

こちらから読む:NEM財団、Symbol公開に向け"日本チーム"を強化「国内ニュース」

疑わしい取引の届出受理件数「仮想通貨関連は減少」

警察庁が2020年3月5日に公開した「犯罪収益移転防止に関する年次報告書(令和元年)」では、"資金洗浄などといった犯罪収益の疑いがある"として各種金融機関や事業者などから報告された取引の合計件数が、過去最多となる「440,492件」だったことが報告されています。

仮想通貨交換業者から報告された"疑わしい取引の届出受理件数"は「平成29年が669件、平成30年が7,096件」と大幅に増加していることが報告されていたものの、令和元年の件数は「5,996件」となっており、前年から1,100件少なくなっています。

業態別の疑わしい取引の届出受理件数(画像:警察庁)業態別の疑わしい取引の届出受理件数(画像:警察庁

"疑わしい取引の届出受理件数"が増加している理由としては「金融機関などが反社会的勢力や不正な資金の移動に対する監視態勢を強化していること」や「金融機関などを対象とする研修会等において、疑わしい取引の届出の必要性等を周知してきた効果が出ていること」が挙げられています。

業態別にみた場合に最も届出受理件数が多かった業態は銀行等の344,523件(78.2%)、次に多かったのがクレジットカード事業者の24,691件(5.6%)、信用金庫・信用協同組合の19,487件(4.4%)となっており、仮想通貨交換業者の5,996件は全体の1.4%となっています。

仮想通貨交換情報の譲渡などによる罰則適用は0件

今回の報告書では、国家公安委員会と警察庁が社会情勢の変化に対応して匿名性が高く資金洗浄やテロ資金供与に悪用される 可能性が高い"仮想通貨取引"などの分析を強化していることも報告されています。

最近では仮想通貨関連の事件で逮捕者が出たことも報告されていましたが、「仮想通貨取引に必要なID・パスワードの譲渡」などといった違法行為で罰則が適用された件数は、平成30年が「2件」だったのに対して、令和元年は「0件」だったと報告されています。

仮想通貨関連の規制は世界的にも強化されてきており、実際に逮捕者が出た事例なども多数報告されているため、仮想通貨を用いた資金洗浄などの違法行為は減少しつつある可能性があると考えられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

S&Pダウ・ジョーンズ「暗号資産指数」2021年から提供へ|金融サービス大手Lukkaと協力

S&Pダウ・ジョーンズ「暗号資産指数」2021年から提供へ|金融サービス大手Lukkaと協力

マルチチェーン対応タワーディフェンスゲーム「Wrath of the Jungle:Tower Defense」公開

マルチチェーン対応タワーディフェンスゲーム「Wrath of the Jungle:Tower Defense」公開

COMSA(コムサ)上場から数時間でパニック状態に

COMSA(コムサ)上場から数時間でパニック状態に

Moonstakeウォレット「エバースケール(Everscale/EVER)のステーキング」に対応

Moonstakeウォレット「エバースケール(Everscale/EVER)のステーキング」に対応

ビットコイン価格、今後数ヶ月で「大幅上昇」の可能性|Krakenがレポート公開

ビットコイン価格、今後数ヶ月で「大幅上昇」の可能性|Krakenがレポート公開

ビットバンク:XRP保有者への「Flareトークン付与」を完了|FLR/JPYペアも追加

ビットバンク:XRP保有者への「Flareトークン付与」を完了|FLR/JPYペアも追加

注目度の高い仮想通貨ニュース

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

Symbol活用した分散型IDプラットフォーム構築へ「株式会社Proof of Your Life」設立

Symbol活用した分散型IDプラットフォーム構築へ「株式会社Proof of Your Life」設立

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

Apple共同創設者:仮想通貨詐欺動画に関する訴訟で「YouTube」に勝訴

Apple共同創設者:仮想通貨詐欺動画に関する訴訟で「YouTube」に勝訴

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す