資金洗浄疑いの仮想通貨取引「令和元年は1,100件減少」=警察庁報告

by BITTIMES

警察庁が2020年3月5日に公開した「犯罪収益移転防止に関する年次報告書(令和元年)」によると、"マネーロンダリング(資金洗浄)などといった犯罪収益の可能性があるとして"金融機関などが国に届け出を行なった取引の合計件数は過去最多となる「440,492件」だと報告されています。しかし、仮想通貨交換業社から報告された"疑わしい取引"の件数は前年より1,100件少ない「5,996件」だとされています。

こちらから読む:NEM財団、Symbol公開に向け"日本チーム"を強化「国内ニュース」

疑わしい取引の届出受理件数「仮想通貨関連は減少」

警察庁が2020年3月5日に公開した「犯罪収益移転防止に関する年次報告書(令和元年)」では、"資金洗浄などといった犯罪収益の疑いがある"として各種金融機関や事業者などから報告された取引の合計件数が、過去最多となる「440,492件」だったことが報告されています。

仮想通貨交換業者から報告された"疑わしい取引の届出受理件数"は「平成29年が669件、平成30年が7,096件」と大幅に増加していることが報告されていたものの、令和元年の件数は「5,996件」となっており、前年から1,100件少なくなっています。

業態別の疑わしい取引の届出受理件数(画像:警察庁)業態別の疑わしい取引の届出受理件数(画像:警察庁

"疑わしい取引の届出受理件数"が増加している理由としては「金融機関などが反社会的勢力や不正な資金の移動に対する監視態勢を強化していること」や「金融機関などを対象とする研修会等において、疑わしい取引の届出の必要性等を周知してきた効果が出ていること」が挙げられています。

業態別にみた場合に最も届出受理件数が多かった業態は銀行等の344,523件(78.2%)、次に多かったのがクレジットカード事業者の24,691件(5.6%)、信用金庫・信用協同組合の19,487件(4.4%)となっており、仮想通貨交換業者の5,996件は全体の1.4%となっています。

仮想通貨交換情報の譲渡などによる罰則適用は0件

今回の報告書では、国家公安委員会と警察庁が社会情勢の変化に対応して匿名性が高く資金洗浄やテロ資金供与に悪用される 可能性が高い"仮想通貨取引"などの分析を強化していることも報告されています。

最近では仮想通貨関連の事件で逮捕者が出たことも報告されていましたが、「仮想通貨取引に必要なID・パスワードの譲渡」などといった違法行為で罰則が適用された件数は、平成30年が「2件」だったのに対して、令和元年は「0件」だったと報告されています。

仮想通貨関連の規制は世界的にも強化されてきており、実際に逮捕者が出た事例なども多数報告されているため、仮想通貨を用いた資金洗浄などの違法行為は減少しつつある可能性があると考えられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

筑波大学・野村ホールディングス:ブロックチェーン活用に向けた「協働プロジェクト」発足

筑波大学・野村ホールディングス:ブロックチェーン活用に向けた「協働プロジェクト」発足

BINANCE:板取引サービスで「南アフリカランド」をサポート

BINANCE:板取引サービスで「南アフリカランド」をサポート

ビットバンク:Flare Networksの「XRP保有者に対するSparkトークン付与」対応を検討

ビットバンク:Flare Networksの「XRP保有者に対するSparkトークン付与」対応を検討

ロシア金融監視機関:AI用いた「暗号資産取引追跡ツール」を開発|DASHなどにも対応

ロシア金融監視機関:AI用いた「暗号資産取引追跡ツール」を開発|DASHなどにも対応

日本初の不動産STOシステム「J-FTA」提供へ:スタンダードキャピタル株式会社

日本初の不動産STOシステム「J-FTA」提供へ:スタンダードキャピタル株式会社

LINE:ブロックチェーン関連の金融事業で「野村ホールディングス」と資本業務提携へ

LINE:ブロックチェーン関連の金融事業で「野村ホールディングス」と資本業務提携へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

日本セキュリティトークン協会に「Tokensoft(トークンソフト)」が新規入会

日本セキュリティトークン協会に「Tokensoft(トークンソフト)」が新規入会

VeChain財団「中国国家動物健康・食品安全創新連盟」に参加|130社以上を技術支援

VeChain財団「中国国家動物健康・食品安全創新連盟」に参加|130社以上を技術支援

著名作家Jeff Booth:ビットコインは「世界の準備通貨」になる可能性が高い

著名作家Jeff Booth:ビットコインは「世界の準備通貨」になる可能性が高い

ビットバンク:暗号資産の「販売所」サービス提供へ|業界最小水準のスプレッドを予定

ビットバンク:暗号資産の「販売所」サービス提供へ|業界最小水準のスプレッドを予定

電通など4社、ブロックチェーン活用を進める「コンテンツ関連企業連合」に入会

電通など4社、ブロックチェーン活用を進める「コンテンツ関連企業連合」に入会

Renault Group:車両の「コンプライアンス認証強化」にブロックチェーン技術活用

Renault Group:車両の「コンプライアンス認証強化」にブロックチェーン技術活用

Huobi Japan:新たに「ネム(NEM/XEM)」と「ステラ(Stellar/XLM)」取扱いへ

Huobi Japan:新たに「ネム(NEM/XEM)」と「ステラ(Stellar/XLM)」取扱いへ

Apple Payと互換性のある「バーチャルVisaカード」発表:仮想通貨決済企業Crypterium

Apple Payと互換性のある「バーチャルVisaカード」発表:仮想通貨決済企業Crypterium

Chiliz Exchange:モータースポーツゲームのメイントークン「REVV」取扱い開始

Chiliz Exchange:モータースポーツゲームのメイントークン「REVV」取扱い開始

ビットコイン(BTC)マイニング可能数量は「残り10%」に|全体の90%が発行済み

ビットコイン(BTC)マイニング可能数量は「残り10%」に|全体の90%が発行済み

【Cardano】ADA保有者が参加可能な「分散型投票システム」まもなく利用可能に

【Cardano】ADA保有者が参加可能な「分散型投票システム」まもなく利用可能に

スイス・ツーク州「仮想通貨による納税」が可能に|2021年からBTC・ETH受け入れ

スイス・ツーク州「仮想通貨による納税」が可能に|2021年からBTC・ETH受け入れ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す