Ripple社「ISO 20022」の標準化団体メンバーに参加【DLT関連企業初】

by BITTIMES

Ripple(リップル)社は金融通信メッセージの国際規格である「ISO 20022」の標準化団体メンバーになったことを明らかにしました。分散型台帳技術(DLT)に焦点を当てた団体がメンバーとして参加したのはRipple社が初であると伝えられています。

こちらから読む:スイスのデジタル資産銀行、XRP取扱い開始「Ripple」関連ニュース

「ISO 20022」とは

ISO(国際標準化機構)とは、世界各国の標準化団体で構成されているスイス・ジュネーブを本部とする非政府組織であり、様々な世界標準規格を発行しています。

今回挙げられている「ISO 20022」は、金融機関間で電子的にデータを転送できるようにする新しいグローバル標準規格であり、支払いデータの共通言語とモデルを作成することによって、支払いエコシステム全体のデータ品質を大幅に向上させています。

「ISO 20022」のウェブサイトでは、Ripple社が展開している国際送金ネットワーク「RippleNet(リップルネット)」の名前が"登録管理グループメンバー"のリストに記載されており、その他のメンバーとしては
・欧州中央銀行(ECB)
・イングランド銀行(Bank of England)
・SWIFT(国際銀行間通信協会)
Mastercard(マスターカード)
VISA International(ビザ)
などの名前が記載されています。

(画像:ISO 20022)(画像:ISO 20022

送金業界で「グローバルな相互運用性」を提供

Ripple社は公式サイトの中で『世界は新しいグローバル標準である"ISO 20022"に収束しつつある』と述べており、顧客の進化するニーズに対応し、送金業界でグローバルな相互運用性を提供するために参加することを決定したと説明しています。

「ISO 20022」の標準化団体に参加することによって得られる利点としては、
・国境を超えた支払いに関する将来の方向性を定義するのに役立つこと
・金融機関のグローバルネットワークにアクセスできること
・ソフトウェアを活用することによって高速・透明・シームレスな国際送金が可能になること
・すべてのカウンターパーティ接続に1つの標準APIを活用できること
などが挙げられています。

Ripple社によると、分散型台帳技術(DLT)に焦点を当てている企業が「ISO 20022」の標準化団体に参加したのはRipple社が初であるとのことです。

(参照:Ripple社

2020年5月6日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は先月末に25円付近まで回復したものの、その後はやや下落しており、2020年5月6日時点では「1XRP=23.54円」で取引されています。

2020年4月6日〜2020年5月6日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2020年4月6日〜2020年5月6日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨XRP「有価証券に分類された場合の影響は?」Ripple社CEOが回答

仮想通貨XRP「有価証券に分類された場合の影響は?」Ripple社CEOが回答

暗号資産決済会社「Wirex」アメリカ・ジョージア州でライセンス取得

暗号資産決済会社「Wirex」アメリカ・ジョージア州でライセンス取得

IOTA財団:自立分散型マーケットプレイス「Industry Marketplace」を立ち上げ

IOTA財団:自立分散型マーケットプレイス「Industry Marketplace」を立ち上げ

ラッパーT.I.:不正ICOへの関与で「75,000ドルの罰金支払い」に合意

ラッパーT.I.:不正ICOへの関与で「75,000ドルの罰金支払い」に合意

Wikipedia:XRP少額決済サービス「Coil」活用に向けたテストを開始

Wikipedia:XRP少額決済サービス「Coil」活用に向けたテストを開始

米国証券取引委員会(SEC)VanEckなど3社のビットコインETF「承認判断を延期」

米国証券取引委員会(SEC)VanEckなど3社のビットコインETF「承認判断を延期」

注目度の高い仮想通貨ニュース

BITMAX:イーサリアム(ETH)や現金がもらえる「にゃんにゃんキャンペーン」開始

BITMAX:イーサリアム(ETH)や現金がもらえる「にゃんにゃんキャンペーン」開始

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ドバイの仮想通貨投資ファンド「約800億円分のADA・DOT購入計画」を発表

ドバイの仮想通貨投資ファンド「約800億円分のADA・DOT購入計画」を発表

ビットフライヤー:BTCがもらえる「友だち招待プログラム」提供開始

ビットフライヤー:BTCがもらえる「友だち招待プログラム」提供開始

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産デリバティブ取引所「Overbit(オーバービット)」とは?基本情報・特徴・登録方法などを解説

暗号資産デリバティブ取引所「Overbit(オーバービット)」とは?基本情報・特徴・登録方法などを解説

DeFi Money Market:規制当局の調査で急遽「業務停止」に|DMG価格は急落

DeFi Money Market:規制当局の調査で急遽「業務停止」に|DMG価格は急落

東京地検:NEM流出事件関連で「13人・1法人」を起訴|組織販売処罰法違反の疑い

東京地検:NEM流出事件関連で「13人・1法人」を起訴|組織販売処罰法違反の疑い

MoneyGram「Ripple製品用いた取引の一時停止」を発表|SEC訴訟の不確実性を考慮

MoneyGram「Ripple製品用いた取引の一時停止」を発表|SEC訴訟の不確実性を考慮

ビットコイン:時価総額ランキングで「ロシアルーブル・Tesla」超え

ビットコイン:時価総額ランキングで「ロシアルーブル・Tesla」超え

ビットフライヤー:リスク(Lisk)の「ステーキングリワードサービス」提供開始

ビットフライヤー:リスク(Lisk)の「ステーキングリワードサービス」提供開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す