Ripple社「ISO 20022」の標準化団体メンバーに参加【DLT関連企業初】

by BITTIMES

Ripple(リップル)社は金融通信メッセージの国際規格である「ISO 20022」の標準化団体メンバーになったことを明らかにしました。分散型台帳技術(DLT)に焦点を当てた団体がメンバーとして参加したのはRipple社が初であると伝えられています。

こちらから読む:スイスのデジタル資産銀行、XRP取扱い開始「Ripple」関連ニュース

「ISO 20022」とは

ISO(国際標準化機構)とは、世界各国の標準化団体で構成されているスイス・ジュネーブを本部とする非政府組織であり、様々な世界標準規格を発行しています。

今回挙げられている「ISO 20022」は、金融機関間で電子的にデータを転送できるようにする新しいグローバル標準規格であり、支払いデータの共通言語とモデルを作成することによって、支払いエコシステム全体のデータ品質を大幅に向上させています。

「ISO 20022」のウェブサイトでは、Ripple社が展開している国際送金ネットワーク「RippleNet(リップルネット)」の名前が"登録管理グループメンバー"のリストに記載されており、その他のメンバーとしては
・欧州中央銀行(ECB)
・イングランド銀行(Bank of England)
・SWIFT(国際銀行間通信協会)
Mastercard(マスターカード)
VISA International(ビザ)
などの名前が記載されています。

(画像:ISO 20022)(画像:ISO 20022

送金業界で「グローバルな相互運用性」を提供

Ripple社は公式サイトの中で『世界は新しいグローバル標準である"ISO 20022"に収束しつつある』と述べており、顧客の進化するニーズに対応し、送金業界でグローバルな相互運用性を提供するために参加することを決定したと説明しています。

「ISO 20022」の標準化団体に参加することによって得られる利点としては、
・国境を超えた支払いに関する将来の方向性を定義するのに役立つこと
・金融機関のグローバルネットワークにアクセスできること
・ソフトウェアを活用することによって高速・透明・シームレスな国際送金が可能になること
・すべてのカウンターパーティ接続に1つの標準APIを活用できること
などが挙げられています。

Ripple社によると、分散型台帳技術(DLT)に焦点を当てている企業が「ISO 20022」の標準化団体に参加したのはRipple社が初であるとのことです。

(参照:Ripple社

2020年5月6日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は先月末に25円付近まで回復したものの、その後はやや下落しており、2020年5月6日時点では「1XRP=23.54円」で取引されています。

2020年4月6日〜2020年5月6日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2020年4月6日〜2020年5月6日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

G7:仮想通貨規制に向けた「タスクフォース」設立へ|Libra(リブラ)に対する懸念も

G7:仮想通貨規制に向けた「タスクフォース」設立へ|Libra(リブラ)に対する懸念も

Cardano(ADA)スマートコントラクト実装に向け「Alonzoアップデート」のテスト開始

Cardano(ADA)スマートコントラクト実装に向け「Alonzoアップデート」のテスト開始

海底火山噴火被害のトンガ王国「ビットコインによる寄付」受け入れ

海底火山噴火被害のトンガ王国「ビットコインによる寄付」受け入れ

日本暗号資産取引業協会:取引所の統計情報「2018年9月〜2020年2月版」を公開

日本暗号資産取引業協会:取引所の統計情報「2018年9月〜2020年2月版」を公開

カルダノエイダ(Cardano/ADA)インドの仮想通貨取引所「WazirX」に上場

カルダノエイダ(Cardano/ADA)インドの仮想通貨取引所「WazirX」に上場

ビットポイント:ディープコイン(DEP)の入金が可能に「Play to Earnの日」の登録申請も

ビットポイント:ディープコイン(DEP)の入金が可能に「Play to Earnの日」の登録申請も

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットバンク:2,000円が当たる「暗号資産はじめようキャンペーン」開始

ビットバンク:2,000円が当たる「暗号資産はじめようキャンペーン」開始

カイカキャピタル:シンボル(XYM)レンディングの第1回募集「6月15日」に開始【先着順】

カイカキャピタル:シンボル(XYM)レンディングの第1回募集「6月15日」に開始【先着順】

Braveブラウザ:ソラナ(Solana/SOL)のブロックチェーンに対応

Braveブラウザ:ソラナ(Solana/SOL)のブロックチェーンに対応

Brave:ファイルコイン対応の「デスクトップ最新版」公開|複数のネットワークにも標準対応

Brave:ファイルコイン対応の「デスクトップ最新版」公開|複数のネットワークにも標準対応

Coincheck NFT:デジタルファッションハウス「Joyfa」のNFTスニーカー取扱いへ

Coincheck NFT:デジタルファッションハウス「Joyfa」のNFTスニーカー取扱いへ

コインチェック:Yuga Labsのメタバース「Otherside」の仮想土地を取得

コインチェック:Yuga Labsのメタバース「Otherside」の仮想土地を取得

前澤友作氏:Web3で遊ぼう「MZ CLUB」立ち上げ|各種プロジェクトとコラボ

前澤友作氏:Web3で遊ぼう「MZ CLUB」立ち上げ|各種プロジェクトとコラボ

Mastercard:カード払いで「NFT購入」可能に|複数のNFTマーケットプレイスと協力

Mastercard:カード払いで「NFT購入」可能に|複数のNFTマーケットプレイスと協力

Huobi Japan:ビットコインSV(BSV)の取扱開始日時を発表【国内初上場】

Huobi Japan:ビットコインSV(BSV)の取扱開始日時を発表【国内初上場】

Grayscale:カルダノ(ADA)への配分を「34%」に増加|月末には大型アップグレードも

Grayscale:カルダノ(ADA)への配分を「34%」に増加|月末には大型アップグレードも

Palette:阪神タイガース公式NFTマーケット「Tigers Gallery」の開発基盤に採用

Palette:阪神タイガース公式NFTマーケット「Tigers Gallery」の開発基盤に採用

Terraエコシステム復興プラン2(修正版)が可決|暗号資産取引所の対応表明も続々と

Terraエコシステム復興プラン2(修正版)が可決|暗号資産取引所の対応表明も続々と

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す