XRPはビットコインよりも「環境に優しく、低コスト」カナダの大学教授が報告

by BITTIMES

カナダの州立大学「ウォータールー大学」の教授であるAnwar Hasan氏と「Research Associate Crystal Roma」は、Ripple(リップル)社が展開する大学ブロックチェーン研究イニシアチブ(UBRI)と協力して、仮想通貨を"環境に優しい持続可能なもの"にするための方法を特定するための分析を行った上で『XRPはビットコインよりも環境に優しく、安価で持続可能な暗号資産である』と報告しています。

こちらから読む:スイスのデジタル資産銀行、XRPの取扱い開始「Ripple」関連ニュース

PoWを置き換える「より良い代替案が必要」だと強調

仮想通貨には様々な種類が存在し、それらの種類に応じて採用しているシステムに違いがあるため、一部の仮想通貨は"エネルギー消費量"の観点で度々指摘を受けています。最も有名な仮想通貨であるビットコイン(BTC)もその一つであり、『プルーフ・オブ・ワーク(PoW)を採用しているBTCはネットワークを維持するために膨大な電力が必要となるため環境に悪い』といった批判が以前から出ています。

Anwar Hasan氏らによる調査報告によると『ビットコインマイニングは毎年約22メガトンの二酸化炭素(CO2)を生成する』とされており、この二酸化炭素排出量はラスベガスの街全体に相当すると説明されています。

またこの他にも「XRPの検証ノードを運用するためにかかるコストが年間62.84ドル(約6,720円)程度であるのに対して、BTCをマイニングする場合には531ドル〜26,170ドル(約56,000円〜280万円)の費用がかかる可能性がある」とも指摘されています。なお、このBTCマイニングコストのデータは2018年に公開されたレポートで報告されているデータに基づいたものであり、特定の国の電力コストに応じて1BTCをマイニングした場合の費用だとされています。

「ビットコインのマイニングに必要となるエネルギー量」や「それがもたらす地球環境への影響」などについては意見が分かれており、『BTCマイニングの多くは再生可能エネルギーを用いて行われているため、環境に与えている悪影響は少ない』といった意見も出ていますが、Anwar Hasan氏は『PoWアルゴリズムを置き換えるより良い代替案を特定することが重要である』と述べています。

エネルギー消費はブロックチェーンにとって大きな問題です。プルーフ・オブ・ワークのアルゴリズムを置き換えることができるより良い代替案を特定することが重要です。

XRPはビットコインよりも低コストにネットワークを維持することができるように設計されているため、エネルギー消費量が少ないだけでなく、送金手数料も安く、送金速度も非常に早いという特徴を有していますが、XRPの大半をRipple社が保有していることに対して『中央集権的である』と批判する意見も出ています。

BTCはエネルギー消費量や送金時間・コストなどの面で問題を抱えていますが、"非中央集権"を目指す代表的な仮想通貨として広く支持されているため、XRPとはやや異なる立ち位置にあると考えられます。

最近では"非中央集権"の思想を維持しつつ、消費エネルギーなどの問題も解決することができる「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」と呼ばれるアルゴリズムを採用した仮想通貨も増えてきているため、今後はどのような通貨が選ばれるかにも注目です。

>>「Anwar Hasan氏らの報告」はこちら

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

日本セキュリティトークン協会に「Tokensoft(トークンソフト)」が新規入会

日本セキュリティトークン協会に「Tokensoft(トークンソフト)」が新規入会

GMOコイン:沖縄Jリーグチームと協力「FC琉球コイン」プロジェクト発足

GMOコイン:沖縄Jリーグチームと協力「FC琉球コイン」プロジェクト発足

中国建設銀行:デジタル人民元用の「ウォレット機能」を一時的に公開

中国建設銀行:デジタル人民元用の「ウォレット機能」を一時的に公開

「仮想通貨=違法薬物の取引」は誤解?使用方法のイメージと事実に大きな差

「仮想通貨=違法薬物の取引」は誤解?使用方法のイメージと事実に大きな差

社会貢献活動に対して「独自コイン」付与|デイリーアクション機能を追加:actcoin

社会貢献活動に対して「独自コイン」付与|デイリーアクション機能を追加:actcoin

Ripple社CEO:今後「600億XRP」をエコシステム全体に投資していく

Ripple社CEO:今後「600億XRP」をエコシステム全体に投資していく

注目度の高い仮想通貨ニュース

ディーカレット:XRP保有者に対する「Sparkトークンの付与」対応を検討

ディーカレット:XRP保有者に対する「Sparkトークンの付与」対応を検討

Hyperledgerメンバーに「VISA・EMURGO」など8社が新規参加

Hyperledgerメンバーに「VISA・EMURGO」など8社が新規参加

著名投資家Tim Draper氏、保有している暗号資産「5銘柄」が明らかに

著名投資家Tim Draper氏、保有している暗号資産「5銘柄」が明らかに

非営利団体「XRP Ledger Foundation」設立|XRPLの成長・技術採用を促進

非営利団体「XRP Ledger Foundation」設立|XRPLの成長・技術採用を促進

GMOコイン:XRP保有者に対する「Sparkトークンの付与」対応を検討

GMOコイン:XRP保有者に対する「Sparkトークンの付与」対応を検討

The Sandbox:人気のキャラクターブランド「Care Bears(ケアベア)」と提携

The Sandbox:人気のキャラクターブランド「Care Bears(ケアベア)」と提携

SKE48のブロックチェーントレーディングカード「いきなりNFTトレカ」販売決定

SKE48のブロックチェーントレーディングカード「いきなりNFTトレカ」販売決定

Crypto.com:日本市場のゼネラルマネージャーに「ナガハマ ノブユキ氏」を任命

Crypto.com:日本市場のゼネラルマネージャーに「ナガハマ ノブユキ氏」を任命

暗号資産取引所「DeCurret(ディーカレット)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「DeCurret(ディーカレット)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

マスターカード:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「テスト環境」提供へ

マスターカード:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「テスト環境」提供へ

Fisco:Zaifハッキング事件関連で「バイナンス」を提訴|資金洗浄対策の問題点を指摘

Fisco:Zaifハッキング事件関連で「バイナンス」を提訴|資金洗浄対策の問題点を指摘

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月13日〜19日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月13日〜19日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す