北米最大のコカ・コーラボトラー組織:ブロックチェーンで「業務効率化」へ

by BITTIMES

Coca-Cola(コカ・コーラ)のボトル業者12社が参加する北米最大のパートナー組織である「Coke One North America(CONA)」や「Unibright・Provide」が協力して、ブロックチェーン技術を用いてサプライチェーン管理の業務効率化を行う新プロジェクト「Coca-Cola Bottling Harbor」を立ち上げたことが明らかになりました。

こちらから読む:LayerX×Uhuru、BC・IoT分野で協業「ブロックチェーン」関連ニュース

外部サプライヤーも分散型ネットワークに統合

企業・事業向けのブロックチェーンソリューションを開発している「Unibright(ユニブライト)」は2020年8月3日に、コカ・コーラボトル業者12社が参加する北米最大のコカ・コーラボトリングビジネス向けのITプラットフォームである「Coke One North America(CONA)」や「Provide」と協力して、ブロックチェーン技術を用いてサプライチェーン管理の業務効率化を行う新プロジェクト「Coca-Cola Bottling Harbor」を立ち上げたことを発表しました。

Coke One North America(CONA)は2019年時点でドイツのソフトウェア会社「SAP」が開発したHyperledger Fabric基盤のブロックチェーンソリューションを活用してサプライチェーン管理に取り組んでおり、コカ・コーラボトラーの複雑なサプライチェーンで透明性や効率を向上させれることを証明していましたが、CONAは現在これらの技術を内部ネットワークだけでなく、より多くの場面で活用していきたいと考えているとのことです。

Unibright(ユニブライト)の公式発表によると、「Coca-Cola Bottling Harbor」は内部業者がボトリングネットワークに製品を提供する能力を合理化することができるだけでなく、缶やボトルを供給する原材料ベンダーなどを分散型ネットワークに統合することによって"外部のサプライヤー"もその恩恵を受けることができるとされています。

「Coca-Cola Bottling Harbor」では、イーサリアムブロックチェーンを活用する企業が情報秘匿を守りながら他社と情報共有できるようにする技術である「Baseline Protocol(ベースラインプロトコル)」を使用しているとのことで、この技術を活用するポイントとしては以下のような点が挙げられています。

  • イーサリアムのメインネットを常時有効な従量制の参照フレームとして使用する
  • 企業データを従来の記録システムに保管する
  • 複雑でプライベートな組織間ビジネスプロセスの自動化を可能にする
  • 「分散型金融(DeFi)へのアクセス」や「アセットのトークン化」などのユースケースを提供する
  • オープンで管理されたオープンソースであり「OASIS(eビジネスの標準化団体)」の基準を満たしている

また、このプロジェクトは「一般化されたゼロ知識回路を拡張して標準化されたビジネスプロセスに適用する方法、ベースラインプロセス内で請求書をトークン化する方法、既存のHyperledger基盤の実装がベースラインプロトコルをどのように拡張・統合できるか」などといった複数の項目を証明することも目的としているとのことです。

「Coca-Cola Bottling Harbor」が実施した取り組みの結果は2020年第4四半期に発表される予定だとされています。

>>「Unibright」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ゴールドマン・サックス元社長が仮想通貨の将来について語る

ゴールドマン・サックス元社長が仮想通貨の将来について語る

ビットコインの電力消費量は「銀行システムの2分の1以下」Galaxy Digitalレポート

ビットコインの電力消費量は「銀行システムの2分の1以下」Galaxy Digitalレポート

Klaytn:Libraのライバル「Celo Alliance for Prosperity」に参加

Klaytn:Libraのライバル「Celo Alliance for Prosperity」に参加

XRPL Labs創設者:XRP Ledger用いた「NFT(Non-Fungible Token)」を提案

XRPL Labs創設者:XRP Ledger用いた「NFT(Non-Fungible Token)」を提案

世界4大会計事務所が「最も重要な暗号資産」を選出|企業は技術革新にどう対応していくべきか?

世界4大会計事務所が「最も重要な暗号資産」を選出|企業は技術革新にどう対応していくべきか?

Kraken:米国居住者向けのXRP取引サービス「一時停止」へ|リップル訴訟問題受け

Kraken:米国居住者向けのXRP取引サービス「一時停止」へ|リップル訴訟問題受け

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」対応へ

BINANCE:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」対応へ

Bakktの仮想通貨対応デビットカード「Google Pay」に追加可能に

Bakktの仮想通貨対応デビットカード「Google Pay」に追加可能に

米Coinbase:自分の仮想通貨口座に「給与を直接入金できる新機能」提供へ

米Coinbase:自分の仮想通貨口座に「給与を直接入金できる新機能」提供へ

PayPal:英国の全ユーザー向けに「仮想通貨取引サービス」提供開始

PayPal:英国の全ユーザー向けに「仮想通貨取引サービス」提供開始

BTCBOX:最大10万円が当たる「ちょっと早めのクリスマスプレゼント企画」を開始

BTCBOX:最大10万円が当たる「ちょっと早めのクリスマスプレゼント企画」を開始

MetaMaskの機関投資家向け部門「仮想通貨カストディ企業3社」と提携

MetaMaskの機関投資家向け部門「仮想通貨カストディ企業3社」と提携

Visa:仮想通貨・デジタル通貨を相互運用可能にする「Universal Payment Channel」を構築

Visa:仮想通貨・デジタル通貨を相互運用可能にする「Universal Payment Channel」を構築

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|記念キャンペーンも開催

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|記念キャンペーンも開催

Chiliz:トルコのサッカークラブ「Samsunspor」と提携|$SAMファントークン発行へ

Chiliz:トルコのサッカークラブ「Samsunspor」と提携|$SAMファントークン発行へ

BINANCE:Polkadotのパラチェーンオークション「サポートする」と発表

BINANCE:Polkadotのパラチェーンオークション「サポートする」と発表

【重要】FXcoin「個人向け事業の廃止」を発表|法人向け事業に特化

【重要】FXcoin「個人向け事業の廃止」を発表|法人向け事業に特化

Bakkt:NYSEへのSPAC上場に向けた申請で「米SEC」から承認獲得

Bakkt:NYSEへのSPAC上場に向けた申請で「米SEC」から承認獲得

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す