PepsiCo(ペプシコ)ブロックチェーンで「広告表示」最適化へ|Zilliqaなどと協力

by BITTIMES   

ペプシコーラの製造元として知られる食品・飲料大手の「PepsiCo(ペプシコ)」は、シンガポールのブロックチェーン企業「Zilliqa(ジリカ)」のブロックチェーンプラットフォームを使用して広告表示の精度を最大28%向上させるテストに取り組んでいると報告されています。

こちらから読む:ペプシコが活用している「ブロックチェーン技術」とは

ブロックチェーンで「広告業界の課題」に対処

PepsiCo(ペプシコ)が複数の企業と協力して取り組んでいるこのプロジェクトは「Project Proton」と呼ばれるプロジェクトの一環として実施されており、グローバルメディアおよびマーケティングサービス会社である「Mindshare(マインドシェア)」主導で進められています。

このプロジェクトには、
・Rubicon(オンライン広告会社)
・MediaMath(プログラムマーケティングテクノロジー会社)
・Integral Ad Science(メディア会社)
といった企業も協力しており、基盤技術としてはシンガポールのブロックチェーン企業「Zilliqa(ジリカ)」のブロックチェーンプラットフォームが使用されています。

プロジェクトの主な目的は「広告における業界の課題に対処するための解決策を模索すること」だとされており、具体的には「Zilliqa」のブロックチェーン技術に基づいて構築されたスマートコントラクトを使用することによって、「ブランドセーフティ(*1)で、詐欺ではない、正当な表示に対してのみ広告費を支払う仕組み」を自動化していると説明されています。
(*1)ブランドセーフティ:広告出稿が原因で企業や製品のブランドイメージを毀損するリスクに対処していること

インプレッションの精度「最大28%」向上を実現

「Mindshare」の発表によると、これらの契約は複数のデータソースから配信されるインプレッション(*2)と、内部のネイティブアライアンストークン(Native Alliance Token/NAT)を使用して促進される支払いをほぼリアルタイムで調整するため、ブランド所有者の効率が大幅に向上し、完全な透明性を実現することができると説明されています。
(*2)インプレッション:サイト上に掲載されている広告の表示回数のこと

報告によると、ペプシコのテストは2019年3月にアジア太平洋地域で実施されており、「Mindshare」はこのテストを実施する際にインプレッションの精度を最大28%向上できることを確認したと報告しています。また、現在は出版社への支払いとより多くのパフォーマンス指標を追加して第2段階を実行することも計画していると説明されています。

ブロックチェーン技術はインターネット広告の分野でも活用されており、昨年は大手自動車メーカーであるTOYOTA(トヨタ)もデジタル広告の不正行為を撲滅するためにブロックチェーンを活用した広告管理サービスを提供している「Lucidity」と契約したことを報告しています。続々と発表が続く世界的な大手企業のブロックチェーン活用事例には今後も注目です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ドバイの自由貿易エリアで「仮想通貨決済」が可能に|UAE政府機関で初の対応

ドバイの自由貿易エリアで「仮想通貨決済」が可能に|UAE政府機関で初の対応

不動産賃貸契約にブロックチェーン活用「スマート契約」プレ商用サービス開始

不動産賃貸契約にブロックチェーン活用「スマート契約」プレ商用サービス開始

エルサルバドル:Chivo Wallet利用者に「ガソリン代の割引」を適用

エルサルバドル:Chivo Wallet利用者に「ガソリン代の割引」を適用

エンタメ特化ブロックチェーン「パレット」テストネット運用開始|合計13社が参画

エンタメ特化ブロックチェーン「パレット」テストネット運用開始|合計13社が参画

熊本電力がマイニングファームを本格稼働|日本をBlockchain技術の中心へ

熊本電力がマイニングファームを本格稼働|日本をBlockchain技術の中心へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

楽天ウォレット:紹介者・被紹介者に1,000ポイント付与「お友達紹介キャンペーン」開催

楽天ウォレット:紹介者・被紹介者に1,000ポイント付与「お友達紹介キャンペーン」開催

GMOコイン:取扱銘柄数No.1記念「暗号資産の預入で現金1万円が当たる」キャンペーン開始

GMOコイン:取扱銘柄数No.1記念「暗号資産の預入で現金1万円が当たる」キャンペーン開始

Coinbase NFT「マスターカード」との提携でクレカ決済対応へ|2022年春リリース

Coinbase NFT「マスターカード」との提携でクレカ決済対応へ|2022年春リリース

露最大手銀行Sberbank「ロシア初のブロックチェーンETF」をローンチ

露最大手銀行Sberbank「ロシア初のブロックチェーンETF」をローンチ

元祖メタバース「Second Life」の創設者、Linden Labに戦略顧問として復帰

元祖メタバース「Second Life」の創設者、Linden Labに戦略顧問として復帰

Cardano基盤の分散型取引所「SundaeSwap DEX」21日公開へ|ISO詳細も

Cardano基盤の分散型取引所「SundaeSwap DEX」21日公開へ|ISO詳細も

イーロン・マスク氏:マクドナルドに「ドージコイン決済対応」求める|DOGE価格は一時急騰

イーロン・マスク氏:マクドナルドに「ドージコイン決済対応」求める|DOGE価格は一時急騰

Zaif×audiobook「最大3,000円相当のCICCがもらえる」コラボキャンペーン開催へ

Zaif×audiobook「最大3,000円相当のCICCがもらえる」コラボキャンペーン開催へ

シンガポール「暗号資産取引の広告」に制限|インフルエンサーを通じた宣伝なども禁止

シンガポール「暗号資産取引の広告」に制限|インフルエンサーを通じた宣伝なども禁止

トンガ王国「ビットコインの法定通貨化」に関する法案、2022年秋に提出へ

トンガ王国「ビットコインの法定通貨化」に関する法案、2022年秋に提出へ

米中小銀行のビットコイン取引サービス「2022年上半期」に提供開始か=報道

米中小銀行のビットコイン取引サービス「2022年上半期」に提供開始か=報道

Chiliz&Socios:ロシア初「FC Spartak Moscow」と提携|$FCSMファントークン発行へ

Chiliz&Socios:ロシア初「FC Spartak Moscow」と提携|$FCSMファントークン発行へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す