LINE独自の暗号資産「LINK/LN」BITMAX上場後6日で購入額1億円を突破

by BITTIMES

LINE(ライン)の暗号資産・ブロックチェーン関連事業を展開している「LVC株式会社」は2020年8月17日に、暗号資産取引サービス「BITMAX(ビットマックス)」において、LINEの独自暗号資産「リンク(LINK/LN)」の購入額が2020年8月6日〜11日までの6日間で1億円を突破したことを発表しました。

こちらから読む:Xtheta、"新規上場銘柄"に関するアンケート調査開始「国内ニュース」

LINK購入額、6日間で「1億円」を突破

LINE(ライン)のサービス内で提供されている暗号資産取引サービス「BITMAX(ビットマックス)」は、2020年8月6日にLINEの独自通貨である「リンク(LINK/LN)」の取り扱いを開始しました。今回の発表では、LINK取り扱い開始から6日が経過した2020年8月11日時点で、BITMAXにおけるLINKの購入額が"1億円"を突破したことが報告されています。

リンク(LINK/LN)は、LINEが独自開発したプライベートブロックチェーンである「LINE Blockchain」を用いて発行された暗号資産であり、LINE関連のサービス成長に貢献したユーザーにインセンティブを付与する目的で開発されています。

LINEは「LINE Blockchain」を基盤とした「LINE Blockchainエコシステム」を構築してサービス提供者とユーザーの共創関係の構築を目指すトークンエコノミー構想「LINEトークンエコノミー」を発表していますが、このエコシステム内で提供される分散型アプリケーション(DApps)もサービスへの貢献活動に対してLINKで報酬が支払われる仕組みとなっているため、今後のサービス拡大とLINKの普及には期待が高まっています。

BITMAXの新規登録者は1週間で「1万人」に

リンク(LINK/LN)を日本国内で取引するためには「BITMAX」で新規登録を行う必要がありますが、今回の発表では2020年8月6日〜12日までの7日間でBITMAXに新規登録したユーザーの数が1万人を突破したことも報告されているため、今後もサービス拡大に伴い「BITMAXユーザー」や「LINK保有者」の数は増加していくことになると予想されます。

BITMAX(ビットマックス)は2020年8月6日〜2020年9月4日までの期間にかけて、キャンペーン期間中に購入した暗号資産の合計金額に応じて「最大10,000円相当のLINK」をプレゼントするキャンペーンも開催しているため、BITMAXの利用やLINKの購入を検討している方は、このキャンペーンの内容も確認してみると良いでしょう。

>>「LINE」の公式発表はこちら

2020年8月17日|リンク(LINK/LN)の価格

リンク(LINK/LN)の価格は今年3月に332円付近まで下落したものの、その後は徐々に回復してきており、2020年8月17日時点では「1LN=3,140円」で取引されています。

2020年2月20日〜2020年8月17日 LNのチャート(画像:CoinGecko)2020年2月20日〜2020年8月17日 LNのチャート(画像:CoinGecko)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Egretia×JPlay:ブロックチェーンベースの3Dサッカーゲーム「Football King」を発表

Egretia×JPlay:ブロックチェーンベースの3Dサッカーゲーム「Football King」を発表

Abra CEO:投資資産の50%を「ビットコイン」で保有|BTCの将来に強気な理由とは?

Abra CEO:投資資産の50%を「ビットコイン」で保有|BTCの将来に強気な理由とは?

仮想通貨取引所Huobi「ジャパンネット銀行」からのクイック入金に対応

仮想通貨取引所Huobi「ジャパンネット銀行」からのクイック入金に対応

ニューヨーク州規制当局「上場・保管が認められた暗号資産リスト」を公開

ニューヨーク州規制当局「上場・保管が認められた暗号資産リスト」を公開

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年6月9日〜15日

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年6月9日〜15日

Braveブラウザ:パブリッシャー登録数「350,000」を突破|YouTubeなどで利用者拡大

Braveブラウザ:パブリッシャー登録数「350,000」を突破|YouTubeなどで利用者拡大

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨全体で「10〜30%価格急落」ビットコイン、今後注目のサポートラインは?

仮想通貨全体で「10〜30%価格急落」ビットコイン、今後注目のサポートラインは?

Bakkt CEO「アルトコインは取扱う予定だが、XRPはサポートしない」と発言

Bakkt CEO「アルトコインは取扱う予定だが、XRPはサポートしない」と発言

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月20日〜26日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月20日〜26日

Huobi Global「ロシアルーブル(RUB)の入出金」をサポート|AdvCashと提携

Huobi Global「ロシアルーブル(RUB)の入出金」をサポート|AdvCashと提携

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットポイント:取扱う暗号資産全6種類で「即時出金」に対応|送金手数料も無料

ビットポイント:取扱う暗号資産全6種類で「即時出金」に対応|送金手数料も無料

日本暗号資産市場:日本円デジタルコインの流通などに向け「約4,000万円」の資金調達

日本暗号資産市場:日本円デジタルコインの流通などに向け「約4,000万円」の資金調達

Xtheta:選べる豪華賞品が当たる「第二弾 積む積む!キャンペーン」開催へ

Xtheta:選べる豪華賞品が当たる「第二弾 積む積む!キャンペーン」開催へ

Huobi Japan:購入量と同量のBTCがもらえる「Go To ビットコインキャンペーン」開催

Huobi Japan:購入量と同量のBTCがもらえる「Go To ビットコインキャンペーン」開催

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックチェーンアプリケーションの「開発・運用支援サービス」開始:Zofuku

ブロックチェーンアプリケーションの「開発・運用支援サービス」開始:Zofuku

XRP擁護派、米国政府に「リップル訴訟の停止」求める|一般国民の署名活動実施中

XRP擁護派、米国政府に「リップル訴訟の停止」求める|一般国民の署名活動実施中

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す