LINE独自の暗号資産「LINK/LN」BITMAX上場後6日で購入額1億円を突破

by BITTIMES

LINE(ライン)の暗号資産・ブロックチェーン関連事業を展開している「LVC株式会社」は2020年8月17日に、暗号資産取引サービス「BITMAX(ビットマックス)」において、LINEの独自暗号資産「リンク(LINK/LN)」の購入額が2020年8月6日〜11日までの6日間で1億円を突破したことを発表しました。

こちらから読む:Xtheta、"新規上場銘柄"に関するアンケート調査開始「国内ニュース」

LINK購入額、6日間で「1億円」を突破

LINE(ライン)のサービス内で提供されている暗号資産取引サービス「BITMAX(ビットマックス)」は、2020年8月6日にLINEの独自通貨である「リンク(LINK/LN)」の取り扱いを開始しました。今回の発表では、LINK取り扱い開始から6日が経過した2020年8月11日時点で、BITMAXにおけるLINKの購入額が"1億円"を突破したことが報告されています。

リンク(LINK/LN)は、LINEが独自開発したプライベートブロックチェーンである「LINE Blockchain」を用いて発行された暗号資産であり、LINE関連のサービス成長に貢献したユーザーにインセンティブを付与する目的で開発されています。

LINEは「LINE Blockchain」を基盤とした「LINE Blockchainエコシステム」を構築してサービス提供者とユーザーの共創関係の構築を目指すトークンエコノミー構想「LINEトークンエコノミー」を発表していますが、このエコシステム内で提供される分散型アプリケーション(DApps)もサービスへの貢献活動に対してLINKで報酬が支払われる仕組みとなっているため、今後のサービス拡大とLINKの普及には期待が高まっています。

BITMAXの新規登録者は1週間で「1万人」に

リンク(LINK/LN)を日本国内で取引するためには「BITMAX」で新規登録を行う必要がありますが、今回の発表では2020年8月6日〜12日までの7日間でBITMAXに新規登録したユーザーの数が1万人を突破したことも報告されているため、今後もサービス拡大に伴い「BITMAXユーザー」や「LINK保有者」の数は増加していくことになると予想されます。

BITMAX(ビットマックス)は2020年8月6日〜2020年9月4日までの期間にかけて、キャンペーン期間中に購入した暗号資産の合計金額に応じて「最大10,000円相当のLINK」をプレゼントするキャンペーンも開催しているため、BITMAXの利用やLINKの購入を検討している方は、このキャンペーンの内容も確認してみると良いでしょう。

>>「LINE」の公式発表はこちら

2020年8月17日|リンク(LINK/LN)の価格

リンク(LINK/LN)の価格は今年3月に332円付近まで下落したものの、その後は徐々に回復してきており、2020年8月17日時点では「1LN=3,140円」で取引されています。

2020年2月20日〜2020年8月17日 LNのチャート(画像:CoinGecko)2020年2月20日〜2020年8月17日 LNのチャート(画像:CoinGecko)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

複数の暗号資産送金を迅速かつ低コストに「BitPay Send」提供開始:決済大手BitPay

複数の暗号資産送金を迅速かつ低コストに「BitPay Send」提供開始:決済大手BitPay

Coincheck(コインチェック):一部仮想通貨の売買と新規口座開設を再開

Coincheck(コインチェック):一部仮想通貨の売買と新規口座開設を再開

チャーリー・マンガー氏:暗号資産を「汚い下水道」と表現|投資は避けるべきと発言

チャーリー・マンガー氏:暗号資産を「汚い下水道」と表現|投資は避けるべきと発言

Burberry:ブロックチェーンゲーム「Blankos Block Party」でNFTコレクション発売へ

Burberry:ブロックチェーンゲーム「Blankos Block Party」でNFTコレクション発売へ

ビットコインが貯まる・使える「Coincheckガス」サービス開始

ビットコインが貯まる・使える「Coincheckガス」サービス開始

【重要】コインチェック:仮想通貨「レバレッジ取引」終了へ|期日までに決済を

【重要】コインチェック:仮想通貨「レバレッジ取引」終了へ|期日までに決済を

注目度の高い仮想通貨ニュース

OpenSea「クリエイター手数料のオンチェーン執行ツール」を発表|ロイヤリティ還元制度を見直し

OpenSea「クリエイター手数料のオンチェーン執行ツール」を発表|ロイヤリティ還元制度を見直し

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

WLKN報酬付きの新作ゲームアプリ「Walken Runner」正式リリース

WLKN報酬付きの新作ゲームアプリ「Walken Runner」正式リリース

LINE BITMAX:ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)取扱開始

LINE BITMAX:ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)取扱開始

FTX Japan「顧客資産の管理状況」について詳細報告|各暗号資産の余剰資金も開示

FTX Japan「顧客資産の管理状況」について詳細報告|各暗号資産の余剰資金も開示

LINE NFT:限定スタンプを入手できる「LINEスタンプ付きNFT」提供へ

LINE NFT:限定スタンプを入手できる「LINEスタンプ付きNFT」提供へ

NFTレンタルサービス「RentaFi」OasysのL2チェーンTCGVerseと提携

NFTレンタルサービス「RentaFi」OasysのL2チェーンTCGVerseと提携

渋谷スクランブル交差点でARゲーム『NEO TOKYO CLASH』展開:STYLY × NEO TOKYO PUNKS

渋谷スクランブル交差点でARゲーム『NEO TOKYO CLASH』展開:STYLY × NEO TOKYO PUNKS

カルダノ・エイダ(ADA)暗号資産取引所「Coinbase Japan」に上場

カルダノ・エイダ(ADA)暗号資産取引所「Coinbase Japan」に上場

エルサルバドル大統領「毎日1ビットコイン購入する」と宣言

エルサルバドル大統領「毎日1ビットコイン購入する」と宣言

大規模な仮想通貨暴落は投資のチャンス?注目の暗号資産6選

大規模な仮想通貨暴落は投資のチャンス?注目の暗号資産6選

ビットフライヤー:金連動トークン「ジパングコイン(ZPG)」取扱いへ

ビットフライヤー:金連動トークン「ジパングコイン(ZPG)」取扱いへ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す