SKE48のブロックチェーントレーディングカード「いきなりNFTトレカ」販売決定

by BITTIMES   

coinbook(コインブック)は2020年9月11日に、ブロックチェーン技術を活用したデジタルトレーディングカードプラットフォーム「NFTトレカ」のサービスを2020年10月3日から開始することを発表しました。「NFTトレカ」のコンテンツの第一弾では、人気アイドルグループ「SKE48」の大型配信ライブ「SKE48 12th Anniversary Fes 2020 ~12公演一挙披露祭~」の撮りおろし画像を収録した「いきなりNFTトレカ」が販売されます。

こちらから読む:ビットバンク、暗号資産"XLM"取扱いへ「国内ニュース」

「NFTトレカ」とは

NFT-Toreka-Logo

coinbook(コインブック)が2020年10月3日からサービスを開始する「NFTトレカ」は、ブロックチェーン技術を用いて発行されるデジタルトレーディングカードを取集・売買することができるプラットフォームです。

「NFTトレカ」で発行されるトレーディングカードは、イーサリアムの技術を用いて発行される「代替不可能なトークン(Non Fungible Token/NFT)」となっているため、ウォレットで保管したり、他のユーザーと売買したりすることができるようになっています。

NFTトレカは従来のデジタルトレーディングカードと違い、暗号化された交換履歴や所有権のデータがブロックチェーン上に書き込まれるため、自分の手元に渡るまでの細かい経緯をウェブ上で誰でも確認することができ、不正流通を防ぐことが可能となっています。

また、それぞれのカードが固有のデータを保持しているためカードを複製することも不可能であり、カードが本物であることも保証できる仕組みとなっています。このような仕組みが採用されている「NFTトレカ」は既存のトレーディングカードのように個別の価値を有しているため、サービス利用者はカードを"自分の資産"として安全に保管しながら、思い出とともにコレクションを楽しむことができるようになっています。

SKE48コラボ「いきなりNFTトレカ」販売へ

(画像:coinbookプレスリリース)(画像:coinbookプレスリリース)

「NFTトレカ」の記念すべき第一弾商品では、人気のアイドルグループ「SKE48」とのコラボレーションによって発行されるデジタルトレーディングカード「いきなりNFTトレカ」が発行されます。

「いきなりNFTトレカ」は、2020年10月3日〜5日にかけて開催されるSKE48の大型配信ライブ「SKE48 12th Anniversary Fes 2020 ~12公演一挙披露祭~」の撮りおろし画像を収録したデジタルトレーディングカードとなっています。なお、アイドルコンテンツ分野でNFTを活用したデジタルトレーディングカードが発行されるのは日本企業初であるとされています。

「いきなりNFTトレカ」は2020年10月3日から販売される予定となっており、NFTトレカが5枚セットになったパックが「1パック=1,000円(税別)」で販売されることになっています。

NFTトレカの購入する場合には「App Store」または「Google Play」でダウンロードすることができる専用アプリケーション「NFTトレカ」をダウンロードすることによって購入することが可能です。なお「NFTトレカ」は「株式会社スマートアプリ」が提供しています。

限定トレカがもらえる「事前登録キャンペーン」も開催

NFTToreka-SKE48-Campaign

NFTトレカはSKE48とのコラボレーションを記念して、キャンペーンページから事前登録を行なったユーザーに「SKE48 Valentine’s Day Live 2020 ~CHOCOLATE in 静岡エコパアリーナ」 のライブ未公開写真を使った「限定シークレットNFTトレカ」をプレゼントするキャンペーンも開催しています。

キャンペーンの開催期間は「2020年9月11日〜サービス開始まで(9月末予定)」となっており、この記事の最後に記載している「キャンペーンページ」からメールアドレスを登録すると「限定シークレットNFTトレカ」が受け取れることになっています。

なお、特典の付与は10月上旬の予定となっており、特典の受け取りには2020年9月末にリリース予定の「NFTトレカアプリ」のダウンロードが必要だと説明されています。

>>「coinbook」の公式発表はこちら
>>「SKE48」の公式発表はこちら
>>「キャンペーンページ」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

世界トップ企業で「カルダノ活用」なるか|Cardano財団、PwCとマーケティング戦略

世界トップ企業で「カルダノ活用」なるか|Cardano財団、PwCとマーケティング戦略

BINANCE:先物・マージン取引「サブアカウント」向けにも提供開始

BINANCE:先物・マージン取引「サブアカウント」向けにも提供開始

スロベニアの「バーガーキング」が仮想通貨決済に対応

スロベニアの「バーガーキング」が仮想通貨決済に対応

仮想通貨取次所「Xtheta(シータ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

仮想通貨取次所「Xtheta(シータ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ビットコイン決済を2011年に導入したレストラン&バー「ROOM 77」が閉店

ビットコイン決済を2011年に導入したレストラン&バー「ROOM 77」が閉店

IOTA財団:ネットワークノードの「再起動」を完了

IOTA財団:ネットワークノードの「再起動」を完了

注目度の高い仮想通貨ニュース

日本政府「デジタル庁」2021年9月にも発足へ|500人規模の体制で民間部門からも登用

日本政府「デジタル庁」2021年9月にも発足へ|500人規模の体制で民間部門からも登用

eToro:XRP保有者に対する「Sparkトークン付与」対応へ|今後の買い増加に期待感

eToro:XRP保有者に対する「Sparkトークン付与」対応へ|今後の買い増加に期待感

国際決済銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の概念実証「2020年末まで」に実施へ

国際決済銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の概念実証「2020年末まで」に実施へ

ブロックチェーンゲーム「Axie Infinity」ガバナンストークンAXSで約9,000万円を調達

ブロックチェーンゲーム「Axie Infinity」ガバナンストークンAXSで約9,000万円を調達

【Cardano/ADA】ステークプールによるブロック生成率が「50%」に到達

【Cardano/ADA】ステークプールによるブロック生成率が「50%」に到達

電気自動車のF1「フォーミュラE」のブロックチェーンゲーム開発へ:アニモカ・ブランド

電気自動車のF1「フォーミュラE」のブロックチェーンゲーム開発へ:アニモカ・ブランド

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットバンク「暗号資産を貸して増やす」サービスの対応銘柄を拡大

ビットバンク「暗号資産を貸して増やす」サービスの対応銘柄を拡大

コインチェック:NEM新通貨Symbol(XYM)の「オプトイン」に関する対応方針を発表

コインチェック:NEM新通貨Symbol(XYM)の「オプトイン」に関する対応方針を発表

日本セキュリティトークン協会:不動産・農業関連で「2つの分科会」を新設

日本セキュリティトークン協会:不動産・農業関連で「2つの分科会」を新設

ビットフライヤー:NEM新通貨Symbol(XYM)の「オプトイン」に関する対応方針を発表

ビットフライヤー:NEM新通貨Symbol(XYM)の「オプトイン」に関する対応方針を発表

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月25日〜31日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月25日〜31日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

人気のタグから探す