Sorare:日本プロサッカー「Jリーグ全選手」のブロックチェーンカード発行へ

by BITTIMES   

ブロックチェーン技術を活用したファンタジーフットボールゲームを展開している「Sorare(ソラーレ)」は2020年8月18日に、日本のプロサッカーリーグである「Jリーグ」との間でブロックチェーン技術を用いてJリーグ選手のデジタルカードを発行するパートナーシップを締結したことを発表しました。

こちらから読む:Atari製人気ゲームの"BC版"開発へ「ゲーム」関連ニュース

Jリーグと提携した「Sorare」とは?

Sorare-Logo

Sorare(ソラーレ)イーサリアム(ETH)のブロックチェーン技術を用いたファンタジーフットボールゲームを展開しているプロジェクトであり、実在するサッカー選手のデジタルカードを「代替不可能なトークン(Non-Fungible Token/NFT)」として発行し、それらの選手カードで自分だけのドリームチームを作成して、他のプレイヤーと競い合うことができるゲームを提供しています。

これらの選手カードのスコアは現実世界における選手の試合成績に応じて変化するため、ゲームのプレイヤーは実際の試合を楽しみながらゲームをプレイすることができます。また、このゲームで自分のチームのスコアが上位にランクインすると、報酬を得ることもできます。

Sorareはこれまでにも「ユベントス、アトレティコ・デ・マドリード、オリンピコ・デ・マルセイユ」などといった78以上のクラブチームとライセンス契約を結んで選手カードを発行していましたが、今回の発表では日本のサッカーリーグである「Jリーグ」との間でJリーグ選手のデジタルカードを発行するパートナーシップを締結したことが報告されています。

Sorareで「Jリーグ選手カード」が利用可能に

今回のパートナーシップによって、Jリーグ全選手のデジタルカードが発行されることとなり、それらの選手カードもSorareのグローバル・ファンタジー・フットボール・ゲームでデジタルカードとして利用できるようになります。またこの選手カードもNFTとなっているため、カード所有者はカードを売買したり、他のプレイヤーに譲渡したりすることができます。

Sorareは『今回のパートナーシップによってJリーグは世界中のゲーマーやデジタルアイテムのコレクターにブランドを展開することができるようになり、SorareのシステムはJリーグにとっての新たな収益源になる』と説明しており、同社のCEOであるニコラ・ジュリア氏は次のように述べています。

サッカーは日本で2番目に大きなスポーツであり、日本サッカー協会の野心的な戦略のおかげで急速に成長しています。私たちは、私たちのゲームを通じて、Jリーグと日本サッカーがヨーロッパやアメリカ大陸でさらに輝くためのお手伝いができることを誇りに思います。今回の合意は、トップ20のリーグが参加するグローバルなファンタジーサッカーゲームを実現するというビジョンに向けた重要な一歩となります。

2019年3月に立ち上げられた「Sorare」は、わずか12ヶ月間で50ヵ国を対象に120万ドル(約1.26億円)以上のデジタルカードを販売しており、2019年12月時点で3万ドル(約317万円)だったユーザー間の月間カード取引量は2020年6月時点で55万ドル(約5,810万円)にまで増加したと報告されているため、提携チームが拡大するにつれて「Sorare」のコミュニティーや取引はさらに活発化していくことになると予想されます。

>>「Sorare」の公式発表はこちら
>>「Sorare」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イーサリアムは必ず生き残る、私がいなくても ー ヴィタリック・ブテリン

イーサリアムは必ず生き残る、私がいなくても ー ヴィタリック・ブテリン

流出した仮想通貨、事件後1年で「20カ国以上」に拡散=日経報道

流出した仮想通貨、事件後1年で「20カ国以上」に拡散=日経報道

XRP「10億円相当」が流出|仮想通貨ウォレット「GateHub」がハッキング被害に

XRP「10億円相当」が流出|仮想通貨ウォレット「GateHub」がハッキング被害に

イーサリアムは数年後、VISAと同規模に「問題点はどこに?」

イーサリアムは数年後、VISAと同規模に「問題点はどこに?」

3D仮想空間プラットフォーム「ディセントラランド」待望の一般公開

3D仮想空間プラットフォーム「ディセントラランド」待望の一般公開

コインチェック「Coincheck NFT(β版)」サービス提供開始|ゲーム関連NFTから取扱い

コインチェック「Coincheck NFT(β版)」サービス提供開始|ゲーム関連NFTから取扱い

注目度の高い仮想通貨ニュース

テックビューロ「CMS:XYMのエアドロップ・新生COMSAのローンチ予定」を発表

テックビューロ「CMS:XYMのエアドロップ・新生COMSAのローンチ予定」を発表

ビットコイン:時価総額ランキングで「Facebook」上回る|BTC価格は5万ドル突破

ビットコイン:時価総額ランキングで「Facebook」上回る|BTC価格は5万ドル突破

BINANCE:Polkadotのパラチェーンオークション「サポートする」と発表

BINANCE:Polkadotのパラチェーンオークション「サポートする」と発表

国際送金大手マネーグラム「ステラ開発財団」と提携|USDCの即時決済を提供

国際送金大手マネーグラム「ステラ開発財団」と提携|USDCの即時決済を提供

ウクライナ大統領:仮想通貨関連法案「承認せず」規制機関設立の予算不足を理由に

ウクライナ大統領:仮想通貨関連法案「承認せず」規制機関設立の予算不足を理由に

Liquid by Quoine「暗号資産証拠金取引サービスの新規登録」再開へ

Liquid by Quoine「暗号資産証拠金取引サービスの新規登録」再開へ

ビットフライヤー「証拠金取引サービスの新規登録」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

ビットフライヤー「証拠金取引サービスの新規登録」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

NFTアイコン販売サービス「iconee」キャラクター権利元企業からの事前申込受付開始

NFTアイコン販売サービス「iconee」キャラクター権利元企業からの事前申込受付開始

米大手銀行USバンク:機関投資家向けの「暗号資産カストディサービス」提供開始

米大手銀行USバンク:機関投資家向けの「暗号資産カストディサービス」提供開始

Chiliz:イギリスのeスポーツ団体「Endpoint CeX」と提携|$ENDCEXファントークン発行へ

Chiliz:イギリスのeスポーツ団体「Endpoint CeX」と提携|$ENDCEXファントークン発行へ

GMOコイン「NEM保有者に対するシンボル(XYM)付与の予定日」を発表

GMOコイン「NEM保有者に対するシンボル(XYM)付与の予定日」を発表

IOST「日本ブロックチェーン協会(JBA)」の正会員に加盟

IOST「日本ブロックチェーン協会(JBA)」の正会員に加盟

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す