コスプレ画像投稿サイト「WorldCosplay」暗号資産ウォレットを実装

by BITTIMES   

世界中のコスプレイヤーが利用しているグローバルなコスプレ画像投稿サイト「WorldCosplay(ワールドコスプレ)」を運営している「株式会社キュア」は2020年9月9日に、WorldCosplayに暗号資産ウォレットを実施したことを発表しました。これにより、同サービスの利用者は「MyEtherWallet(MEW)」を利用して「コスプレトークン(CosplayToken/COT)」で世界中のクリエイターを応援することができるようになりました。

こちらから読む:ビットバンク、新たに"XLM"取扱いへ「国内ニュース」

暗号資産を活用した「クリエイターの応援」が可能に

WorldCosplay(ワールドコスプレ)は、世界中のコスプレイヤーに利用されているグローバルなコスプレ画像投稿サイトであり、2020年9月時点では世界180ヵ国で約92万人の会員に利用されています。

ワールドコスプレには「ダッシュボード・ランキング・検索・アップロード・収集・コメント・コミュニケーション」などといった様々な機能が搭載されていますが、今回の発表では新たに「暗号資産ウォレット」が実装されたことが報告されています。

暗号資産ウォレットが新たに実装されたことによって「WorldCosplay」のユーザーは、イーサリアム(Ethereum/ETH)関連の暗号資産を保管することができる人気のウォレットアプリ「マイイーサウォレット(MyEtherWallet/MEW)」を活用して「コスプレトークン(CosplayToken/COT)」で世界中のコスプレイヤーを応援することができるようになりました。

(画像:株式会社キュア プレスリリース)(画像:株式会社キュア プレスリリース)

コスプレトークン(CosplayToken/COT)とは

CosplayToken-COT-Logo

コスプレトークン(CosplayToken/COT)は「株式会社キュア」が主体として発行している「WorldCosplay」のユーティリティトークンであり、コスプレイヤー・カメラマン・コスチュームを活用したアーティストなどといった世界中のクリエイターに対してファンユーザーからの応援や物販などで利用することを想定して開発されています。

COTは今のところ日本の暗号資産取引所には上場していないため、日本居住者は購入・取引することができないものの、暗号資産取次サービスを提供している「Xtheta(シータ)」が現在実施している「新規取扱い暗号資産のニーズを調査するためのアンケート調査」では候補の1つとしてCOTが含まれています。

COTは現時点では日本国内で取引することができないものの、株式会社キュアが発行していることを考えると将来的には日本国内の暗号資産取引所に上場する可能性もあると予想されるため、COT関連の今後の動きにも注目です。なお「CoinGecko」のデータによると、COTの価格は記事執筆時点で「1COT=4.46円」とされています。

株式会社キュアは「暗号資産ウォレットを実装することによってファンの人々が世界中のクリエイターを応援できる環境を提供しながら、ユーザーの利便性をさらに高めていく」と述べており、『今後も、あたらしい体験、あたらしい価値で熱量が上がるコスチュームエンタテインメントを提供していく』と説明しています。

>>「株式会社キュア」の公式発表はこちら
>>「WorldCosplay」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Twitter:ビットコインも送れる投げ銭機能「Tips」を導入

Twitter:ビットコインも送れる投げ銭機能「Tips」を導入

G7「中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関する共通原則」を発表

G7「中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関する共通原則」を発表

日本セキュリティトークン協会への新規入会続く「正会員8社・賛助会員19社」に拡大

日本セキュリティトークン協会への新規入会続く「正会員8社・賛助会員19社」に拡大

ビットフライヤー:ビットコインがもらえる「bitFlyerかんたん積立キャンペーン」開始

ビットフライヤー:ビットコインがもらえる「bitFlyerかんたん積立キャンペーン」開始

デザインが変化するブロックチェーンアート「103.4ETH」で落札【Async Art】

デザインが変化するブロックチェーンアート「103.4ETH」で落札【Async Art】

Visa:CryptoPunksのNFTアート作品「約1,650万円」で購入

Visa:CryptoPunksのNFTアート作品「約1,650万円」で購入

注目度の高い仮想通貨ニュース

SBI VCトレード:ODL用いたXRP国際送金サービス向けシステムをリニューアル

SBI VCトレード:ODL用いたXRP国際送金サービス向けシステムをリニューアル

QUOREA「bitbank自動売買」のAPI接続方法|画像付きでわかりやすく解説

QUOREA「bitbank自動売買」のAPI接続方法|画像付きでわかりやすく解説

SBI VCトレード「ADA・DOGE・XLM・XTZ・SOL」取扱いへ

SBI VCトレード「ADA・DOGE・XLM・XTZ・SOL」取扱いへ

【国内初】暗号資産自動両替機「BTM」のサービス提供開始:株式会社ガイア

【国内初】暗号資産自動両替機「BTM」のサービス提供開始:株式会社ガイア

Bitfinex:エルサルバドル企業などに「BTC・USDT」を寄付|仮想通貨関連の取り組みも支援

Bitfinex:エルサルバドル企業などに「BTC・USDT」を寄付|仮想通貨関連の取り組みも支援

HEXAメタバースに「レンタルNFT展示機能」搭載|美術館・協賛空間の設営が可能に

HEXAメタバースに「レンタルNFT展示機能」搭載|美術館・協賛空間の設営が可能に

ビットバンク「ポルカドット・ドージコイン」取扱いへ|上場記念キャンペーンも

ビットバンク「ポルカドット・ドージコイン」取扱いへ|上場記念キャンペーンも

NFT Wars:Oasysのレイヤー2チェーン「MCH-Verse・TCG-Verse」に対応

NFT Wars:Oasysのレイヤー2チェーン「MCH-Verse・TCG-Verse」に対応

チャーリー・マンガー氏:暗号資産を「汚い下水道」と表現|投資は避けるべきと発言

チャーリー・マンガー氏:暗号資産を「汚い下水道」と表現|投資は避けるべきと発言

Huobi Japan:カルダノ(ADA)の「貸暗号資産定期募集」開始

Huobi Japan:カルダノ(ADA)の「貸暗号資産定期募集」開始

Bitget夏祭り取引大会が開催|賞金総額最大3BTC

Bitget夏祭り取引大会が開催|賞金総額最大3BTC

GMOインターネット:NFTドメイン紹介・登録サービス「CryptoName byGMO」提供開始

GMOインターネット:NFTドメイン紹介・登録サービス「CryptoName byGMO」提供開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

人気のタグから探す