暗号資産取引所「KuCoin」大規模な出金を検出|複数銘柄でハッキング被害か

by BITTIMES   

暗号資産取引所「KuCoin(クーコイン)」は2020年9月26日に、同取引所で多額の出金が行われていたことについての公式発表を行い『現在大量出金に調査を行なっている』と説明しました。KuCoinの公式発表によると、今回の出金では同取引所のホットウォレットに保管されていたビットコイン(BTC)やERC20トークンなどが移動されたと報告されています。

こちらから読む:ロシア、BINANCEをブラックリストに追加「暗号資産」関連ニュース

KuCoin「暗号資産複数の大量出金」を確認

KuCoin(クーコイン)は2020年9月26日のツイートで、同取引所から大量の出金が行われたことを報告し、現在その調査に取り組んでいることを報告しました。KuCoinの報告によると、今回出金されたのはKuCoinのホットウォレットに保管されていた暗号資産であり、それらの中にはビットコイン(BTC)やERC20トークンを含めた複数の暗号資産が含まれていたとされています。

(1/4)私たちは9月26日03時05分(UTC+8)以降に複数の大規模な出金を検出しました。最新の内部セキュリティ監査レポートによると、KuCoinのホットウォレットに保管されていたBTC、ERC-20、その他トークンの一部が取引所から転送されました。これには保有している総資産の一部が含まれていました。

コミュニティの間では『ハッキング攻撃を受けたのではないか?』との声が上がっていますが、KuCoin側はハッキングという表現を使用しておらず「セキュリティインシデント(セキュリティ事故)」として今回の大量出金についての説明を行なっています。

現時点では「事故原因を特定している段階」にあるため大量出金の詳細は明らかになっていないものの、KuCoin側は『今回の事件でユーザーの資産に影響があった場合には、KuCoinと当社の保険ファンドが全額賠償する』と説明しています。

コールドウォレットに保管されている暗号資産に関しては安全に保管されていることが報告されていますが、現在はユーザー資産のセキュリティを確保するための徹底的なセキュリティレビューが実施されているため、この期間中は入出金サービスが停止されていると報告されています。これらのサービスは安全性が確保された後に徐々に復旧される予定となっています。

BTC・ETHなど「約158億円相当」流出か

KuCoin(クーコイン)から「移動された暗号資産」に関する詳細情報は明かされていないものの、複数の報告によると今回の出金によって1億5,000万ドル(約158億円)相当の資産が失われた可能性があると報じられています。

出金された可能性のある暗号資産の種類としては、現時点で以下のようなものがあると報告されています。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
テザー(Tether/USDT)
・グラディウストークン(Gladius Token/GLA)
・メイカー(Maker/MKR)
・オーエムジー(OMG Network/OMG)
・ヤーン・ファイナンス(Yearn.finance/YFI)

KuCoinのCEOであるJohnny Lyu氏は、日本時間2020年9月26日14時00分からYouTube上で事件の詳細について説明を行なっています。

追記:KuCoin CEO「ハッキング被害」を正式発表

KuCoinのCEOであるJohnny Lyu氏はYouTube上で行なったビデオ会見の中で、同社がハッキングを受けたことを明らかにしました。ハッカーに盗まれた資金の詳細などは明らかにされていないものの、ハッカーのアドレスや盗まれた資金などの詳細情報は「KuCoin」の公式サイトで発表していく予定だとされています。

>>「KuCoin」の公式発表はこちら
>>「Johnny Lyu氏の説明」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

bitFlyer Europe:仮想通貨販売所で「イーサリアム」の取扱いを開始

bitFlyer Europe:仮想通貨販売所で「イーサリアム」の取扱いを開始

中国デジタル人民元「マクドナルド・スタバ」などでもテスト実施か=現地メディア報道

中国デジタル人民元「マクドナルド・スタバ」などでもテスト実施か=現地メディア報道

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年11月8日〜14日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年11月8日〜14日

BitPay:コインベースとの連携で「仮想通貨決済サービス」を強化

BitPay:コインベースとの連携で「仮想通貨決済サービス」を強化

トランプ大統領:新型コロナウイルス「陽性反応」ビットコイン・ドル円などが急落

トランプ大統領:新型コロナウイルス「陽性反応」ビットコイン・ドル円などが急落

カルダノ(ADA)Shelleyテストネットの「第1段階」を完了|ステーキングに関する続報も

カルダノ(ADA)Shelleyテストネットの「第1段階」を完了|ステーキングに関する続報も

注目度の高い仮想通貨ニュース

bitFlyer×なんぼや「ビットコイン最大1,000円分もらえるキャンペーン」開催

bitFlyer×なんぼや「ビットコイン最大1,000円分もらえるキャンペーン」開催

イギリス金融規制当局「仮想通貨投資に伴うリスク」について警告

イギリス金融規制当局「仮想通貨投資に伴うリスク」について警告

暗号資産取引所FTX:IPO前の「Coinbase先物市場立ち上げ」を計画

暗号資産取引所FTX:IPO前の「Coinbase先物市場立ち上げ」を計画

大手取引所Bitstamp「米国居住者向けのXRP取引・入金サービス」2021年に停止へ

大手取引所Bitstamp「米国居住者向けのXRP取引・入金サービス」2021年に停止へ

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

ブロックチェーンで蒸留酒の樽を売買・保有・管理「UniCask」提供へ:レシカ×JIS

ブロックチェーンで蒸留酒の樽を売買・保有・管理「UniCask」提供へ:レシカ×JIS

BINANCE:Chiliz関連ファントークン「ATM・ASR・OG」取扱いへ

BINANCE:Chiliz関連ファントークン「ATM・ASR・OG」取扱いへ

マウントゴックス債権者「最大90%のビットコイン返還要求」が可能に=Bloomberg

マウントゴックス債権者「最大90%のビットコイン返還要求」が可能に=Bloomberg

大手マーケットメーカーB2C2「米国企業とのXRP取引」を停止|リップル訴訟問題で

大手マーケットメーカーB2C2「米国企業とのXRP取引」を停止|リップル訴訟問題で

Moonstakeウォレット「ポルカドット(DOT)のステーキング」に対応

Moonstakeウォレット「ポルカドット(DOT)のステーキング」に対応

Ripple社に対する米SECの訴訟「2021年2月22日」に審理前会議開催へ

Ripple社に対する米SECの訴訟「2021年2月22日」に審理前会議開催へ

Ripple社:Amazonの元幹部「Devraj Varadhan氏」を採用|XRP価格は回復傾向

Ripple社:Amazonの元幹部「Devraj Varadhan氏」を採用|XRP価格は回復傾向

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す