シンガポール大手銀行:STO対応の暗号資産取引所「DBSデジタル取引所」開設か

by BITTIMES

シンガポール最大の商業銀行である「DBS銀行」が暗号資産(仮想通貨)やセキュリティトークンオファリング(STO)に対応した暗号資産取引所「DBS Digital Exchange(DBSデジタル取引所)」の設立を計画していることが明らかになりました。

こちらから読む:インド初の"仮想通貨銀行サービス"登場「暗号資産」関連ニュース

「仮想通貨取引・STOプラットフォーム」などを提供

DBS銀行は1968年に設立されたシンガポール最大の商業銀行であり、日本では2003年7月に改名される前の名称である「シンガポール開発銀行」としても知られています。2019年度時点で5,800億ドルもの資産を管理していたDBS銀行は"世界一のデジタルバンク"としても知られています。

DBS銀行は今回明らかになった暗号資産取引所「DBS Digital Exchange(DBSデジタル取引所)」について公式発表は行なっていないもの、同取引所のウェブサイトが一時的に公開されたことなどによって「DBSデジタル取引所」を設立する計画が明らかになりました(ウェブサイトは現在削除済み)。

DBS Digital Exchange(DBSデジタル取引所)では「暗号資産取引サービス」や「カストディサービス」などが提供されるだけでなく、セキュリティトークン(デジタル証券)を用いた資金調達方法である「セキュリティトークンオファリング(STO)」のプラットフォームも準備されていると報告されています。

BTC・ETH・XRPなど「4銘柄」取扱いか

DBSデジタル取引所が取り扱う暗号資産は以下の4銘柄とされており、法定通貨は「米ドル・シンガポールドル・香港ドル・日本円」をサポートすると伝えられています。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
エックスアールピー(XRP/XRP)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)

同取引所は「DBS銀行」が立ち上げた機関投資家レベルのカストディソリューションである「DBSデジタルカストディ」を利用するとのことで、金融機関やプロのマーケットメーカーを含めた機関投資家が直接利用することができるようになるとされています。

また、STOプラットフォームでは大企業だけでなく中小企業もセキュリティトークンを発行することができるようになるとも報告されています。

複数のメディアが報じた内容によると、DBS銀行の代表者は『取引所のプラットフォームは現在開発中であり、規制当局からの承認も得ていないため、承認が下りるまでは公式発表は行わない』と説明したと報告されています。

DBSデジタル取引所の正確なサービス内容やサービス開始日などは明らかになっていないものの、『世界的に有名な大手銀行が暗号資産取引所の開設を計画している』という今回のニュースは暗号資産が"新しい資産クラス"として認識されていることを示すものでもあるため、暗号資産市場にプラスの影響を与え、その他の金融機関や投資家の今後の動きに影響を与える可能性があると期待されています。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨を「ギャンブル用口座」に送金する技術で特許取得:カジノ機器製造大手IGT

仮想通貨を「ギャンブル用口座」に送金する技術で特許取得:カジノ機器製造大手IGT

マクドナルド・フランス「McDoNFT」発行へ|ビッグマック・フライドポテトなど4種類

マクドナルド・フランス「McDoNFT」発行へ|ビッグマック・フライドポテトなど4種類

SBIバーチャル・カレンシーズ:仮想通貨の「受取・送付サービス」を発表

SBIバーチャル・カレンシーズ:仮想通貨の「受取・送付サービス」を発表

金融庁:暗号資産関連企業Avacus(アバカス)に対する「行政処分」を発表

金融庁:暗号資産関連企業Avacus(アバカス)に対する「行政処分」を発表

百度(Baidu)も仮想通貨規制を強化!中国で相次ぐSNSアカウントの停止

百度(Baidu)も仮想通貨規制を強化!中国で相次ぐSNSアカウントの停止

三菱UFJ銀行:ブロックチェーン貿易金融基盤で「信用状発行」を効率化

三菱UFJ銀行:ブロックチェーン貿易金融基盤で「信用状発行」を効率化

注目度の高い仮想通貨ニュース

【Chiliz&Socios】NBA所属の強豪バスケチーム「Boston Celtics」と提携

【Chiliz&Socios】NBA所属の強豪バスケチーム「Boston Celtics」と提携

【Chiliz Exchange】Fortuna Sittardの「$FORファントークン」本日取扱い開始

【Chiliz Exchange】Fortuna Sittardの「$FORファントークン」本日取扱い開始

コインチェック:合計400名様に1万円分のPLTが当たる「2大キャンペーン」開始

コインチェック:合計400名様に1万円分のPLTが当たる「2大キャンペーン」開始

ブラジル証券取引委員会:ラテンアメリカ初のイーサリアムETF「QETH11」を承認

ブラジル証券取引委員会:ラテンアメリカ初のイーサリアムETF「QETH11」を承認

個人データ提供でファントークンがもらえる情報銀行アプリ「YELLDatabank」公開

個人データ提供でファントークンがもらえる情報銀行アプリ「YELLDatabank」公開

米ワイオミング州:自律分散型組織「American CryptoFed DAO」を法人として初認定

米ワイオミング州:自律分散型組織「American CryptoFed DAO」を法人として初認定

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月18日〜24日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月18日〜24日

Socios.com:NBAチーム「Cleveland Cavaliers」とパートナーシップ契約

Socios.com:NBAチーム「Cleveland Cavaliers」とパートナーシップ契約

Amazon(アマゾン)「仮想通貨決済2021年内導入」の報道を否定

Amazon(アマゾン)「仮想通貨決済2021年内導入」の報道を否定

リミックスポイント「横浜F・マリノス」とパートナー契約|NFT・トークン発行も模索

リミックスポイント「横浜F・マリノス」とパートナー契約|NFT・トークン発行も模索

NFT Studio「二次流通機能」を実装|報酬の一部はクリエイターに還元

NFT Studio「二次流通機能」を実装|報酬の一部はクリエイターに還元

モッピー×コイントレード「暗号資産とポイントの交換サービス」提供開始

モッピー×コイントレード「暗号資産とポイントの交換サービス」提供開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す