長期投資戦略として「ビットコインを大量購入」英上場企業Mode Global Holdings

by BITTIMES

ロンドン証券取引所に上場している「Mode Global Holdings(モード・グローバル・ホールディングス)」は2020年10月21日に、長期投資戦略の一環として保有資産の最大10%をビットコイン(Bitcoin/BTC)に割り当てることを発表しました。英国の上場企業がビットコインを大量購入するのは今回が初であると報告されています。

こちらから読む:PayPal、仮想通貨関連企業買収に向け交渉中か「暗号資産」関連ニュース

「信頼できる価値の保存手段」としてBTCを評価

Mode Global Holdings(モード・グローバル・ホールディングス)は、イギリスに本社を構え、デジタル資産を管理することができるデジタル銀行アプリを開発しているフィンテック企業であり、ロンドン証券取引所にも上場しています。

同社は2020年10月21日に公開したプレスリリースの中で、投資家の資産を通貨価値の下落から保護するために、長期投資戦略の一環として保有資産の最大10%をビットコイン(BTC)に割り当てることを発表しました。

イギリスの金利が過去最低の「0.1%」となる中で、調達資金のリターン最大化を図るために"低金利の金融市場からの多角化"を模索しているという「Mode Global Holdings」は、今回の発表の中で『ビットコインはリスクリワード(損益と利益)が非対称な資産で、安全資産となっているため、Modeは創業以来"信頼できる価値の保存手段・魅力的な投資先"としてビットコインを評価してきた』と説明しています。

また、Modeのエグゼクティブ・チェアマンであるJonathan Rowland(ジョナサン・ローランド)氏は『私たちは"ビットコインが金融市場で個人の力を強化するための手段になる"と心から信じている』と述べており、『新型コロナウイルスという課題やイングランド銀行326年の歴史における最低レベルの金利に直面している中で、ビットコインの長期的な価値に対する私たちの信頼は高まっていく一方だ』とコメントしています。

最近では「大手企業がビットコインを大量購入した」というニュースが多数報告されており、NASDAQ上場企業「MicroStrategy(マイクロストラテジー)」が合計約450億円相当のBTCを購入している他、今月8日には決済大手「Square(スクエア)」も約53億円相当のBTCを購入したことを報告していますが、英国の上場企業がビットコインを大量購入するのは今回が初であると報告されているため、今後は英国などでもBTCを大量購入する企業が増えていく可能性があると予想されます。

>>「Mode Global Holdings」の公式発表はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

NECがブロックチェーン技術で世界最速の記録性能を達成

NECがブロックチェーン技術で世界最速の記録性能を達成

マスターカード:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「テスト環境」提供へ

マスターカード:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「テスト環境」提供へ

ビットコインの「未来シナリオ」CFA協会認定アナリストが強気予想に言及

ビットコインの「未来シナリオ」CFA協会認定アナリストが強気予想に言及

【Chiliz/CHZ】大手取引所「CoinDCX」でインドルピー(INR)との取引が可能に

【Chiliz/CHZ】大手取引所「CoinDCX」でインドルピー(INR)との取引が可能に

ランキング1位のファイルコインマイニング「日本国内」でサービス開始:RRMine

ランキング1位のファイルコインマイニング「日本国内」でサービス開始:RRMine

IOTA創業者:Trinityウォレットで盗まれた「約8.5兆MIOTA」自己資金で返済へ

IOTA創業者:Trinityウォレットで盗まれた「約8.5兆MIOTA」自己資金で返済へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

国際決済銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の概念実証「2020年末まで」に実施へ

国際決済銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の概念実証「2020年末まで」に実施へ

XRP(リップル)価格「50円付近まで高騰」トレンド転換の指標も

XRP(リップル)価格「50円付近まで高騰」トレンド転換の指標も

ビットポイント:暗号資産レンディングサービス「貸して増やす」提供開始

ビットポイント:暗号資産レンディングサービス「貸して増やす」提供開始

コインチェック:NEM新通貨Symbol(XYM)の「オプトイン」に関する対応方針を発表

コインチェック:NEM新通貨Symbol(XYM)の「オプトイン」に関する対応方針を発表

Basset:イーサリアム(ETH)の「データ分析・アナリティクス基盤」ベータ版運用を開始

Basset:イーサリアム(ETH)の「データ分析・アナリティクス基盤」ベータ版運用を開始

eToro:XRP保有者に対する「Sparkトークン付与」対応へ|今後の買い増加に期待感

eToro:XRP保有者に対する「Sparkトークン付与」対応へ|今後の買い増加に期待感

【Cardano/ADA】Goguen期の「ロードマップ」公開|ERC-20コンバーターなどの紹介も

【Cardano/ADA】Goguen期の「ロードマップ」公開|ERC-20コンバーターなどの紹介も

バイデン氏当選確実報道で「ビットコイン急落」今後予想される影響は?【米大統領選挙】

バイデン氏当選確実報道で「ビットコイン急落」今後予想される影響は?【米大統領選挙】

大手暗号資産取引所KuCoin「Non-Fungible Token(NFT)取引サービス」提供へ

大手暗号資産取引所KuCoin「Non-Fungible Token(NFT)取引サービス」提供へ

米大手取引所Coinbase「暗号資産の証拠金取引サービス」終了へ

米大手取引所Coinbase「暗号資産の証拠金取引サービス」終了へ

ドイツ政府機関:IOTA活用した「スマート水道メーター」を開発・テスト

ドイツ政府機関:IOTA活用した「スマート水道メーター」を開発・テスト

国内企業7社:ブロックチェーン用いた貿易情報連携基盤「トレードワルツ」に共同出資へ

国内企業7社:ブロックチェーン用いた貿易情報連携基盤「トレードワルツ」に共同出資へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

人気のタグから探す