著名作家Jeff Booth:ビットコインは「世界の準備通貨」になる可能性が高い

by BITTIMES

カナダのテック企業「BuildDirect」の共同設立者でありながら、有名な金融本「The Price of Tomorrow」の著者としても知られるJeff Booth(ジェフ・ブース)氏は「Cambridge House International」とのインタビューの中で現在の金融システムの問題点などについて語り『ビットコインは世界の準備通貨になる可能性が高い』との見解を示しました。

こちらから読む:ConsenSys、香港のCBDCプロジェクトに参加「暗号資産」関連ニュース

Jeff Booth(ジェフ・ブース)氏とは

Jeff-Booth

Jeff Booth(ジェフ・ブース)氏は、eコマースサイトを運営しているカナダのテクノロジー企業「BuildDirect」の共同設立者でありながら、有名な金融本「The Price of Tomorrow(明日の価格)」の著者としても知られる人物であり、Twitterのフォロワー数は記事執筆時点で18万人を超えています。

『Why Deflation is the Key to an Abundant Future(デフレが豊かな未来への鍵である理由)』というサブタイトルが付けられた「The Price of Tomorrow」は海外を中心に読者から非常に高い評価を受けていますが、Jeff Booth氏は今回「Cambridge House International」とのインタビューの中で改めて現在の金融システムに関する自身の考えを語っています。

"大量に紙幣を発行し続けている現在の金融システム"を以前から問題視していた同氏は今回のインタビューの中でも改めて強調しており、『現在は新型コロナウイルスの影響によって各国の中央銀行がさらに多くの法定通貨を印刷しているため、状況がさらに深刻化してきている』と指摘しています。

金よりも準備通貨として優れた「ビットコイン」

金融システムが不安定な状況にある場合の資産の避難先としては「金(ゴールド)」や「ビットコイン(BTC)」などの資産が特に優れた資産として注目されていますが、Jeff Booth氏はこれら2つの資産の中でも特に"ビットコイン"が世界の準備通貨になる可能性が高いと語っています。

大量に通貨が印刷された場合にはその通貨の価値が下がることになるため『法定通貨の大量発行は深刻なインフレを招く』として問題視されていますが、Jeff Booth氏はそれとは対照的に『テクノロジーは物事を効率化するため、指数関数的なデフレをもたらす』と説明しています。

また、金には物理的な重さがあるため「緊急時に持ち運びが困難である」という問題があるものの、ビットコインは「複数の単語を覚えるだけで世界中のどこにでも送金できる」という利点を備えているため、ビットコインは利便性の面で金よりも優れているということも説明されています。

ビットコインは「救命ボート」のような存在

Jeff Booth(ジェフ・ブース)氏は現代社会が置かれている状況について「テクノロジーがもたらす巨大なデフレ効果」と「金融政策がもたらす巨大なインフレ効果」が競合している状態にあると説明しており、このような悪循環に陥った経済システムを救済できる可能性は非常に低いと予想しています。

同氏は『テクノロジーがもたらした構造的な変化を理解せずに従来の金融システムで改革を行った場合には大きな痛みが伴うことになるだろう』と述べていますが、ビットコイン(BTC)はそのような状況下で生き残るための最適な投資先であり、"救命ボート"のような存在になると語っています。

このように語る同氏は『最終的には法定通貨がビットコインにペッグされることになるだろう』と予想しています。

>>「Cambridge House International」のインタビュー動画はこちら

2020年9月29日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(BTC)の価格は今月7日に100万円付近まで下落したものの、その後はやや回復しており、2020年9月29日時点では「1BTC=1,133,868円」で取引されています。

2020年7月1日〜2020年9月29日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2020年7月1日〜2020年9月29日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

動画配信サービスDLive「Tronブロックチェーン」への移行を発表

動画配信サービスDLive「Tronブロックチェーン」への移行を発表

アフリカのフィンテック革命が止まらない

アフリカのフィンテック革命が止まらない

米マイアミ市長:ビットコインによる「給料支払い・納税受け入れ」などを検討

米マイアミ市長:ビットコインによる「給料支払い・納税受け入れ」などを検討

BINANCE公式ウォレットが「Ripple/XRP」に対応|クレジットカードも利用可能に

BINANCE公式ウォレットが「Ripple/XRP」に対応|クレジットカードも利用可能に

オーストラリア最大級の証券会社「暗号資産取引サービス」提供へ|最大10銘柄を取扱い

オーストラリア最大級の証券会社「暗号資産取引サービス」提供へ|最大10銘柄を取扱い

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年5月10日〜16日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年5月10日〜16日

注目度の高い仮想通貨ニュース

南アフリカ規制当局「BINANCEグループ」について一般市民向けに警告

南アフリカ規制当局「BINANCEグループ」について一般市民向けに警告

OKCoinJapan:500 IOSTが50名様に当たる「フォロー&RTキャンペーン」開始

OKCoinJapan:500 IOSTが50名様に当たる「フォロー&RTキャンペーン」開始

暗号資産取次所SEBC「シンボル(Symbol/XYM)の取扱い開始日時」を発表

暗号資産取次所SEBC「シンボル(Symbol/XYM)の取扱い開始日時」を発表

Mastercard:仮想通貨・ブロックチェーン分析企業「CipherTrace」買収へ

Mastercard:仮想通貨・ブロックチェーン分析企業「CipherTrace」買収へ

ウクライナ:暗号資産の取引・保有・交換などを「合法化」議会で法案可決

ウクライナ:暗号資産の取引・保有・交換などを「合法化」議会で法案可決

エルサルバドル政府:ビットコイン法定通貨化に向けた「動画広告」を公開

エルサルバドル政府:ビットコイン法定通貨化に向けた「動画広告」を公開

英郵便局のデジタルIDで「暗号資産との交換券」が購入可能に:Swarm Markets

英郵便局のデジタルIDで「暗号資産との交換券」が購入可能に:Swarm Markets

エルサルバドル:ビットコイン法定通貨化に先立ち「合計400BTC」を購入

エルサルバドル:ビットコイン法定通貨化に先立ち「合計400BTC」を購入

TAOTAO「XRPの現物取引サービス」提供へ|レバレッジ取引の証拠金としても利用可能

TAOTAO「XRPの現物取引サービス」提供へ|レバレッジ取引の証拠金としても利用可能

Zaif:NEM時計やCICCがもらえる「2つのキャンペーン」開催へ

Zaif:NEM時計やCICCがもらえる「2つのキャンペーン」開催へ

【重要】BINANCE:全取引ユーザーが「本人確認必須」に|KYCなしで取引・入金は不可

【重要】BINANCE:全取引ユーザーが「本人確認必須」に|KYCなしで取引・入金は不可

Chiliz&Socios:インテル公式ファントークン「$INTER」のFTO本日開催へ

Chiliz&Socios:インテル公式ファントークン「$INTER」のFTO本日開催へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す