ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

by BITTIMES   

日本時間2020年11月15日21時00分頃に予定されている「ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)」のアップデート(ハードフォーク)について、日本国内の暗号資産取引所から発表されている対応方針をまとめて掲載しています。

こちらから読む:暗号資産・ブロックチェーン関連ニュースを新着順で「国内ニュース」

ビットコインキャッシュのハードフォークについて

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)は日本時間2020年11月15日21時00分頃にアップデートを予定していますが、ノード間で"一部機能の追加"に関して意見が分かれているため、状況によってはビットコインキャッシュのブロックチェーンが「BitcoinCash ABC(BCH)」と「BitcoinCash Node(BCHN)」という2つのチェーンに分岐する可能性があるとされています。

日本国内の暗号資産取引所からは『ビットコインキャッシュのアップデートに伴い一時的にサービスを停止する』といった内容の発表が多数行われているため、以下では国内取引所が発表した対応方針を取引所ごとにまとめています。

bitbank(ビットバンク)の対応方針

bitbank-logo

bitbank(ビットバンク)は『ビットコインキャッシュのアップグレードに伴い、2020年11月13日17時00分からビットコインキャッシュ関連の一部サービスを停止する』と発表しています。一時停止 となるサービスや停止期間は以下の通りです(状況によって停止開始時刻が前後する可能性あり)。

【2020年11月13日17時00分〜】

  • ビットコインキャッシュ(BCC)の入出金を停止
  • 暗号資産取引所における「BCC/JPY」「BCC/BTC」ペアの新規注文受付を停止
  • 暗号資産販売所における「BCC/JPY」の新規注文受付を停止
  • 暗号資産を貸して増やすにおける「BCCの新規申し込み」を停止

【サービス再開時期について】

  • 2020年11月20日10時00分から「取引所のBCC/JPY、BCC/BTC」「販売所のBCC/JPY」「貸して増やすのBCC」サービスを再開
  • 2020年11月30日11時00分から「BCCの入出金サービス」を再開

【新通貨発生時の対応について】

  • 今後は「BitcoinCash Node(BCHN)」をビットコインキャッシュとして取り扱い、ティッカーシンボルは引き続き「BCC」を使用する

>>「ビットバンク」の公式発表はこちら
>>「サービス再開に関する発表①」はこちら
>>「サービス再開に関する発表②」はこちら

GMOコインの対応方針

GMOcoin-logo

GMOコインでは、以下のような日程でビットコインキャッシュ(BCH)の「現物取引」と「レバレッジ取引」のサービスの一部が停止・再開されることになっています。

【2020年11月4日(水)定期メンテナンス以降】

  • 暗号資産FXおよび取引所(レバレッジ取引)で「BCH/JPYの新規注文」を停止

【2020年11月11日(水)定期メンテナンス以降】

  • 暗号資産FXおよび取引所(レバレッジ取引)で「BCH/JPYの決済注文」を停止
  • 販売所および取引所(現物取引)で「ビットコインキャッシュ(BCH)の注文」を停止
  • ビットコインキャッシュ(BCH)の「預入・送付」を停止

【2020年12月2日定期メンテナンス以降に以下のサービスを再開】

  • 暗号資産FXにおける「BCH/JPY」の取引
  • 取引所(レバレッジ取引)における「BCH/JPY」の取引
  • 販売所における「ビットコインキャッシュ(BCH)」の取引
  • 取引所(現物取引)における「ビットコインキャッシュ(BCH)」の取引

【新通貨発生時の対応について】

  • 新通貨発生時には「発生した数量に応じた新通貨の付与」または「発生した新通貨の金額に相当する金銭」を交付する可能性がある
  • 買建玉を保有するユーザーには日本円にて調整金を交付し、売建玉を保有するユーザーからは日本円にて調整金を受領することにより、当該取引における建玉保有者間の公平性が保たれるように権利調整を行う場合がある
  • 権利調整に伴い現に生じた業務コストを手数料として請求する場合がある
  • BitcoinCash Node(BCHN)をBCHとして取り扱い

>>「GMOコイン」の公式発表はこちら
>>「サービス再開時期」に関する発表はこちら

Huobi(フォビ)の対応方針

Huobi-Logo

Huobi Japan(フォビ・ジャパン)は、ビットコインキャッシュのアップデートに伴い、以下の日程で「BCHの入出金」や「取引サービス」を一時的に停止すると発表しています。なお、停止日時に残っている指値注文に関しては『注文をキャンセルする』と説明されています。

【2020年11月15日19時〜】

  • ビットコインキャッシュの「入出金」を一時停止
  • 取引所サービスにおける「BCHの新規注文」を一時停止

【2020年11月12日7時30分〜】

  • 販売所サービスにおける「BCHの新規注文」を一時停止

【サービスの再開時期について】

  • 2020年11月18日17時から「BCHの入出金・取引所(新規注文)」サービスを再開
  • 2020年11月26日15時から「販売所におけるBCH関連サービス」を再開
  • 2020年11月26日15時をもって全てのサービスが再開されました

【新通貨発生時の対応について】

  • BitcoinCash Node(BCHN)をBCHとして取り扱い
  • BitcoinCash ABC(BCHA)に関してはユーザーの利益を最優先に考えた対応方針を検討

>>「Huobi Japan」の公式発表はこちら

BTCBOX(ビーティーシーボックス)の対応方針

BTCBOX-Logo

BTCBOX(ビーティーシーボックス)は、ビットコインキャッシュのアップグレードに伴い、新しいブロックが適用される前後の時間帯に「BCHの入出庫」を一時的に停止すると発表しています。サービス停止の予定時刻などは以下の通りです。

【2020年11月15日正午12時00分】

  • ビットコインキャッシュの入庫(入金)を停止
  • ビットコインキャッシュの出庫(出金)を停止

【上記サービスの再開時期について】

  • 同社で安全の確認が取れ次第再開する予定。再開の目処が立った時点で再度報告する

【新通貨発生時の対応について】

  • 万が一の事態に備えて、アップグレード時点でユーザーのBCH残高のスナップショットを撮影し、保管する
  • 今後は「BCHN」をビットコインキャッシュとして取り扱い、BCHのティッカーシンボルを適用する
  • 取引所では「BCHABCの売買・入出庫サービス」が利用できなくなるが、BCHABCは同社が一時的に預かっているため、BCHABCの交付方法に関しては改めて報告する

>>「BTCBOX」の公式発表はこちら
>>「新通貨に関する発表」はこちら

BITPoint(ビットポイント)の対応方針

BITPoint-Logo

BITPoint Japan(ビットポイントジャパン)は、ビットコインキャッシュのアップグレードに伴い「BCHの売買取引」や「BCHの入出金(預入・送付)」を一時的に停止すると発表しています。サービス停止日時などは以下の通りです。

【2020年11月10日16時00分(予定)】

  • ビットコインキャッシュの「売買取引」を停止
  • 16時00分時点で新規注文を停止した上で、取引停止前に執行されている全ての未約定注文を取消し
  • ビットコインキャッシュの「入出金(預入・送付)」を停止

【サービス再開時期について】

  • 2020年12月2日に停止していた全てのサービス再開

【新通貨発生時の対応について】

  • 新通貨を付与する代わりに、発生した新通貨に相当する金額の金銭を対象ユーザーに交付する可能性あり
  • BitcoinCash Node(BCHN)を「BCH」として継承
  • 「BitcoinCash ABC」の取扱いについては引き続き検討

>>「BITPoint Japan」の公式発表はこちら
>>取り扱い通貨に関する方針はこちら

bitFlyer(ビットフライヤー)の対応方針

bitFlyer-logo

bitFlyer(ビットフライヤー)は、ビットコインキャッシュのアップグレードに伴い「BCHの預入/送付」や「BCHの取引サービス」などを停止する予定であることを発表しています。サービス停止の予定時刻などは以下の通りです。

【2020年11月13日午後6時頃】

  • ビットコインキャッシュの「預入(入金)」を停止
  • ビットコインキャッシュの「送付(出金)」を停止
  • 販売所における「BCH/JPY」の売買を停止
  • Lightningにおける「BCH/BTC」の取引を停止

【2020年11月26日午前12時00分にサービス再開】

  • BCHの「預入/送付」を再開
  • 販売所での「BCH/JPY売買」を再開
  • Lightningの「BCH/BTC取引」を再開(再開時には2分間の板寄せを実施)

【新通貨発生時の対応について】

  • Bitcoin Cash Node(BCHN)をBCHとして取り扱い

>>「bitFlyer」の公式発表はこちら
>>「サービス再開」に関する発表はこちら

Coincheck(コインチェック)の対応方針

Coincheck-logo

Coincheck(コインチェック)は、ビットコインキャッシュのアップデートに伴い、同社が提供している「WEB・アプリ」サービスにおいてビットコインキャッシュの「購入・売却・送金・受取」サービスを一時的に停止することを発表しています。

【2020年11月13日12時00分頃】

  • Coincheck(WEB)におけるビットコインキャッシュの「購入・売却・送金・受取」を停止
  • Coincheck(アプリ)におけるビットコインキャッシュの「購入・売却・送金・受取」を停止
  • Coincheckのウォレット間での「送金・受取」は通常通り利用可能
  • 一時停止期間中に外部ウォレットからCoincheckのウォレットに送金した場合は、再開後にユーザーのCoincheckのウォレットに反映

【サービス再開時期について】

  • ビットコインキャッシュのアップデート後、同社が安定稼働を十分に確認した後に、再開について改めて報告
  • (追記)2020年11月20日に停止していた全てのサービスが再開されました

【新通貨発生時の対応について】

  • Bitcoin Cash Node(BCHN)をBCHとして取り扱い
  • 「新通貨取り扱い・暗号資産の付与・現金の付与」などの対応に関しては現時点では未定です

>>「コインチェック」の公式発表はこちら
>>「サービス再開」に関する発表はこちら

楽天ウォレット(Rakuten Wallet)の対応方針

Rakuten-Wallet-Logo

楽天ウォレット(Rakuten Wallet)は、以下のような日程でビットコインキャッシュ(BCH)の「証拠金取引」「現物取引」「入出庫サービス」を停止する予定だと発表しています。

【2020年11月4日14時〜】

  • ビットコインキャッシュ証拠金取引の「新規注文」を停止
  • ビットコインキャッシュ証拠金取引の「新規建て有効注文」を取り消し

【2020年11月11日14時〜】

  • ビットコインキャッシュ現物取引の「購入・売却・レート更新」を停止
  • ビットコインキャッシュ現物取引の「入出庫」を停止
  • ビットコインキャッシュ証拠金取引の「新規注文・決済注文・レート更新」を停止
  • ビットコインキャッシュ証拠金取引の「全ての有効注文」を取り消し
  • 楽天ウォレットホームページの「Webレート表示」を停止

【サービスの再開時期について】

  • ユーザー資産の取引の安全性を確認した上で改めて告知

【新通貨発生時の対応について】

  • ハードフォーク時の新通貨に関する取扱いに関しては決定次第改めて報告

>>「楽天ウォレット」の公式発表はこちら

BITMAX(ビットマックス)の対応方針

BITMAX-Logo

BITMAX(ビットマックス)は、ビットコインキャッシュのアップグレードに伴い、ビットコインキャッシュの「売買・入出庫・貸出サービス」を一時的に停止すると発表しています。サービス停止などの日程は以下の通りです。

【2020年11月11日7時00分〜】

  • ビットコインキャッシュの「売買サービス」を停止

【2020年11月13日00時00分〜】

  • ビットコインキャッシュの「入出庫サービス」を停止

【2020年11月5日9時00分〜】

  • BCH貸出サービスの「貸出申請」を停止

【2020年11月6日12時00分〜】

  • BCH貸出サービスの「返還申請」を停止

【サービスの再開時期について】

  • 安全性が確認出来次第改めて報告
  • 各種サービスの再開までには数週間~数か月程度かかる可能性あり
  • サービス停止期間が長期化する場合には「出庫のみ」を再開する可能性あり

>>「BITMAX」の公式発表はこちら

Zaif(ザイフ)の対応方針

Zaif-logo

Zaif(ザイフ)は、ビットコインキャッシュのアップデートに伴い、ビットコインキャッシュの「入出金サービス」を一時的に停止することを発表しています。サービス停止の日程などは以下の通りです。

【2020年11月13日14時頃】

  • ビットコインキャッシュの「入金」を停止
  • ビットコインキャッシュの「出金」を停止

【サービスの再開時期について】

  • 2020年11月16日以降、ネットワークの安定稼働が確認でき次第再開

>>「Zaif」の公式発表はこちら

TAOTAO(タオタオ)の対応方針

TAOTAO-logo

TAOTAO(タオタオ)はビットコインキャッシュのアップデートに伴い、「BCHの発注上限・建玉保有上限の一時的な引き下げ」や「BCH取引の一時停止」などの対応をとることを発表しています。予定されている「取引制限・サービス停止」の日程は以下の通りです。

【2020年11月11日13時の定期メンテナンス終了以降】

  • ビットコインキャッシュの発注上限を「10BCH→1BCH」へと引き下げ(訂正発表がありました)
  • ビットコインキャッシュのポジション(建玉)上限を「700BCH→100BCH」へと引き下げ
  • 変更後、100BCH以上のポジションについては「決済注文」のみ執行可能
  • ポジションが100BCH未満にならない限り、新規発注は行えない

【2020年11月13日午前7時〜】

  • ビットコインキャッシュの「取引全て」を停止(状況によって前倒しの可能性あり)
  • 2020年11月13日6時59分時点で保有されているBCHのポジションは同時刻の配信レートに基づいて自動的に決済されるため、できるだけ取引停止までに自身でポジションの解消(決済)を行うようにと注意喚起がなされています
  • 取引停止前に発注された「指値注文」と「逆指値注文」は、取引停止期間中も有効な注文として残ります。取引再開時にそれらの注文が執行される可能性もあるため、事前に取り消しておくようにと注意が促されています

【2020年11月18日13時予定(定期メンテナンス終了後)】

  • ビットコインキャッシュ(BCH)のすべての取引を再開
  • ビットコインキャッシュ(BCH)の建玉保有量上限を回復(100BCHから700BCHへ)

>>「TAOTAO」の公式発表はこちら
>>「サービス再開時期」に関する発表はこちら

DeCurret(ディーカレット)の対応方針

DeCurret-Logo

DeCurret(ディーカレット)は、ビットコインキャッシュのアップデートでユーザー資産の保全や取引に支障が生じる恐れがある場合には「暗号資産の売買・預入・送付・その他サービスの一部または全部」を一時的に停止する可能性があると説明しています。

なお、サービスを一時停止する場合には、原則としてユーザーに事前に案内を行うと報告されています。

>>「DeCurret」の公式発表はこちら

OKCoinJapan(オーケーコインジャパン)の対応方針

OKCoinJapan

OKCoinJapan(オーケーコインジャパン)は、ビットコインキャッシュのアップデートに伴い、BCHの入出庫・現物取引・新規注文などを停止する予定であることを発表しています。サービス停止の日程などは以下の通りです。

【2020年11月14日18時00分頃】

  • ビットコインキャッシュの「入庫(入金)」を停止
  • ビットコインキャッシュの「出庫(出金)」を停止
  • ビットコインキャッシュの「現物取引」を停止
  • BCH/JPY現物取引の新規注文を停止(同時刻で全ての注文は取り消しになる)

【サービスの再開時期について】

  • 2020年11月25日16時00分予定の定期メンテナンス終了後に「BCHの現物取引サービス」を再開
  • BCHの入出庫サービスは引き続き停止

【新通貨発生時の対応について】

  • BitcoinCash Node(BCHN)を「BCHの継承コイン」として取り扱い

>>「OKCoinJapan」の公式発表はこちら
>>「サービス再開時期」などに関する発表はこちら

Xtheta(シータ)の対応方針

Xtheta-Logo

Xtheta(シータ)は、ビットコインキャッシュのアップグレードに伴い、以下のような日程でBCHの取次サービス・積立サービスを一時停止すると発表しています。

【2020年11月13日午前8時〜】

  • ビットコインキャッシュの「新規注文」を停止
  • 同時刻から注文の再開までに行われた注文は自動的にキャンセル
  • 基本的には取次先取引所の対応方針に準拠

【サービスの再開時期について】

  • アップグレード完了後、十分な安定稼働の体制が整い次第、改めて再開

>>「Xtheta」の公式発表はこちら

Liquid(リキッド)の対応方針

Liquid-Logo

Liquid(リキッド)は、ビットコインキャッシュのハードフォークに伴う同社の対応として『今後は「ビットコインキャッシュノード(BitcoinCash Node/BCHN)」を取引所でサポートし、ティッカーシンボルは引き続き「BCH」を使用する』との発表を行なっています。

>>「Liquid(QUOINE Japan)」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

IOTA財団:スマート製造分野へのDLT活用に向け「Pickert」と提携

IOTA財団:スマート製造分野へのDLT活用に向け「Pickert」と提携

BINANCE:スワイプ(Swipe/SXP)の「永久先物取引」提供へ

BINANCE:スワイプ(Swipe/SXP)の「永久先物取引」提供へ

4年前にBitfinexで盗まれたビットコイン「数千万円相当」が再び移動開始

4年前にBitfinexで盗まれたビットコイン「数千万円相当」が再び移動開始

宝くじゲーム開発に向けたハッカソンで「チェーンリンク」と提携:コロラド州

宝くじゲーム開発に向けたハッカソンで「チェーンリンク」と提携:コロラド州

XRP(リップル)価格「50円付近まで高騰」トレンド転換の指標も

XRP(リップル)価格「50円付近まで高騰」トレンド転換の指標も

香港ビットコイン協会:路面電車などで「BTC広告」を大々的に掲載

香港ビットコイン協会:路面電車などで「BTC広告」を大々的に掲載

注目度の高い仮想通貨ニュース

Xtheta:暗号資産積立サービスで豪華賞品が当たる「積む積む!キャンペーン」開催

Xtheta:暗号資産積立サービスで豪華賞品が当たる「積む積む!キャンペーン」開催

ビットコイン「金の代わりになる可能性」世界最大の資産運用会社BlackRock幹部

ビットコイン「金の代わりになる可能性」世界最大の資産運用会社BlackRock幹部

韓国政府:暗号資産の新たな税金制度導入「2022年1月まで延期する」と決定

韓国政府:暗号資産の新たな税金制度導入「2022年1月まで延期する」と決定

ベネズエラ政府運営の送金プラットフォーム「暗号資産2銘柄」サポートへ

ベネズエラ政府運営の送金プラットフォーム「暗号資産2銘柄」サポートへ

【Bitcoin.com × FRANCK MULLER】世界初の「ビットコインキャッシュ腕時計」発売

【Bitcoin.com × FRANCK MULLER】世界初の「ビットコインキャッシュ腕時計」発売

新型コロナ影響下で「暗号資産への期待・関心」増加【bitFlyerアンケート調査】

新型コロナ影響下で「暗号資産への期待・関心」増加【bitFlyerアンケート調査】

住友商事×FXcoin「仮想通貨XRP用いた債権債務決済」の実証実験を実施【国内初】

住友商事×FXcoin「仮想通貨XRP用いた債権債務決済」の実証実験を実施【国内初】

Ripple(リップル)社「PayString」と呼ばれる新たな商標を申請

Ripple(リップル)社「PayString」と呼ばれる新たな商標を申請

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

【Socios.com】ファン投票&報酬アプリで「チャット機能」提供開始

【Socios.com】ファン投票&報酬アプリで「チャット機能」提供開始

Huobi Japan:購入量と同量のBTCがもらえる「ビットコイン恩返しキャンペーン」開催へ

Huobi Japan:購入量と同量のBTCがもらえる「ビットコイン恩返しキャンペーン」開催へ

デジタル円の発行「数年かかる可能性が高い」元日本銀行局長

デジタル円の発行「数年かかる可能性が高い」元日本銀行局長

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

人気のタグから探す