暗号資産取引所「Liquid(リキッド)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

by BITTIMES

暗号資産取引所「Liquid by Quoine(リキッド バイ コイン)」の基本情報やサービスの概要、取り扱う仮想通貨・特徴・メリット・デメリットなどを初心者向けにわかりやすく解説します。

こちらから読む:Liquidの関連記事を新着順で確認「Liquid」関連ニュース

Liquid by Quoine(リキッド バイ コイン)とは

Liquid-Logo

Liquid(リキッド)とは、2017年9月に金融庁から暗号資産交換業者(関東財務局長 第00002号)として登録を受けた「QUOINE株式会社(コイン)」が開発・運営している暗号資産取引所です。

2014年に設立されたQUOINEは、元々「Quoinex(コインエクスチェンジ)」として法定通貨と仮想通貨を交換できるサービスを提供していましたが、その後「Quoinex」がリニューアルされ「Liquid by Quoine(リキッド バイ コイン)」が誕生しました。

『暗号資産/仮想通貨が新しい金融の主流になるプロダクトとサービスを提供すること』を使命としてサービスを展開しているQuoineは暗号資産取引所「Liquid」を通じて、暗号資産の現物取引サービスやレバレッジ取引サービスを提供しています。

取り扱う暗号資産

Liquid(リキッド)が取り扱っている暗号資産は、2020年9月時点で以下の5銘柄となっています。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
エックスアールピー(XRP/XRP)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
・キャッシュ(Qash/QASH)

サービスの種類・概要

暗号資産の現物取引(スポット取引)

Liquidの現物取引画面(画像:Liquid)Liquidの現物取引画面(画像:Liquid)

暗号資産の現物取引(スポット取引)サービスでは、Liquidが取り扱っている暗号資産を様々な取引ペアでトレードすることができます。

一般的な暗号資産取引所では「日本円(JPY)」や「ビットコイン(BTC)」の取引ペアが提供されていますが、Liquidでは「BTC・ETH・QASH」などの暗号資産通貨ペアに加えて、「JPY・USD・EUR・HKD・SGD・AUD」などといった様々な国の法定通貨との取引ペアも提供されています。

「Liquid」の取引画面は自分の好きなようにカスタマイズすることができるように設計されており、トレンドラインを引いたり、様々な種類のインジケーターを表示させることもできるため、初心者から上級者まで多くの人々が活用できるようになっています。

Liquid(リキッド)の現物取引サービスで提供されている取引ペアは、2020年10月時点で以下のようになっています。

【JPYマーケット】
・BTC/JPY
・ETH/JPY
・XRP/JPY
・BCH/JPY
・QASH/JPY

【BTCマーケット】
・ETH/BTC
・XRP/BTC
・BCH/BTC
・QASH/BTC

【ETHマーケット】
・QASH/ETH

【QASHマーケット】
・XRP/QASH

【USDマーケット】
・BTC/USD
・ETH/USD
・XRP/USD
・BCH/USD
・QASH/USD

【EURマーケット】
・BTC/EUR
・ETH/EUR
・XRP/EUR
・QASH/EUR

【SGDマーケット】
・BTC/SGD
・ETH/SGD
・XRP/SGD
・BCH/SGD
・QASH/SGD

【HKDマーケット】
・BTC/HKD
・ETH/HKD

【AUDマーケット】
・BTC/AUD
・ETH/AUD
・QASH/AUD

暗号資産のレバレッジ取引

Liquidのレバレッジ取引画面(画像:Liquid)Liquidのレバレッジ取引画面(画像:Liquid)

暗号資産のレバレッジ取引サービスでは、証拠金を預け入れることによって預けた証拠金の最大4倍に相当する金額の暗号資産取引を行うことができます。Liquidのレバレッジ取引サービスでは「2倍」または「4倍」のどちらかを選択することができ、証拠金タイプも「クロス」または「分離」のどちらかを選ぶことが可能です。

また、Liquidは「両建取引」にも対応しており、証拠金として「JPY・USD・EUR・SGD・HKD・AUD・PHP・BTC・ETH・XRP・QASH」の中から好きなものを選択できるなどサービス内容も充実しているため、自分の好きな方法でレバレッジ取引を行うことが可能です。

レバレッジ取引の取引画面も、現物取引と同じように自分の好きなようにカスタマイズすることができ、トレンドラインを引いたり、様々な種類のインジケーターを表示させたりすることが可能です。

Liquid(リキッド)のレバレッジ取引サービスで提供されている取引ペアは、2020年10月時点で以下のようになっています。

【JPYマーケット】
・BTC/JPY
・ETH/JPY
・XRP/JPY

【USDマーケット】
・BTC/USD
・ETH/USD
・XRP/USD

【EURマーケット】
・BTC/EUR
・ETH/EUR
・XRP/EUR

【SGDマーケット】
・BTC/SGD
・ETH/SGD
・XRP/SGD

【HKDマーケット】
・BTC/HKD
・ETH/HKD

【AUDマーケット】
・BTC/AUD
・ETH/AUD

各種手数料

現物取引手数料

手数料種類BTC/JPYおよびQASH通貨ペア
(QASH/JPY, QASH/BTCなど)
アルトコインを含む
BTC/JPY以外のペアで
QASHを含まないもの
取引手数料無料0%(QASHでの支払い)
0.1%(QASH以外での支払い)

差金決済取引手数料

手数料種類BTC/JPYアルトコインを含む
BTC/JPY以外のペア
取引手数料無料(*1)無料(*1)
ポジション管理料0.1%/日(*2)0.1%/日(*2)
ロスカット手数料0.2%(*1)0.2%(*1)

入出金手数料

手数料種類法定通貨暗号資産
入金手数料無料(*3)無料
出金手数料510円(*3)BTC: 0.0007 BTC
QASH: 40 QASH
BCH: 0.001 BCH
XRP: 0.25 XRP
ETH: 0.01 ETH
暗号資産の誤入金回復手数料(*4)-1.入金数量の10%
2.処理手数料:500QASH

(*1)ロスカット処理を行った場合には、数量×決済価格(closed価格)×0.2% が取引手数料として発生します。

(*2)ポジション管理料は、日本時間の午前1時、午前9時、午後5時のそれぞれの基準時を繰り越す度に支払いが発生します。なお、一回あたりの支払い手数料は0.1%の3分の1となります。

(*3)銀行手数料はユーザー負担となります。

(*4)暗号資産誤入金の回復処理は、ブロックチェーン等の状況によってはできない場合がありますが、「2. 処理手数料」は、理由の如何によらず返金されません。 誤入金が5,000米ドル相当額未満の場合は対応してもらうことができません。QASHを保有していない場合は、QASHを購入した上でお支払いください。

Liquid(リキッド)のメリット

merit

取り扱う取引ペアが豊富

Liquid(リキッド)は日本国内のその他の暗号資産取引所に比べると、提供する取引ペアが非常に豊富です。Liquidでは、取引画面も自由にカスタマイズすることができるため、暗号資産のトレードをメインに行っている方には魅力的な取引所であると言えるでしょう。

キャッシュ(Qash/QASH)の取引が可能

Liquid(リキッド)は暗号資産「キャッシュ(Qash/QASH)」を取引することができる日本唯一の暗号資産取引所です。QASHは、Liquidが現在開発を進めている「Liquid Platform(リキッド・プラットフォーム)」での活用にも期待されている暗号資産であるため、今後の動向にも注目です。

レバレッジ取引のサービス内容が充実している

Liquid(リキッド)はレバレッジ取引のサービス内容が充実しているため、下落相場なども活用して積極的にトレードしたい方にも魅力的な取引所となっています。ただし、レバレッジ取引には現物取引よりも大きなリスクが伴うため、実際に利用する場合には注意が必要です。

Liquid(リキッド)のデメリット

Demerit

取り扱う暗号資産がやや少ない

Liquid(リキッド)は取引ペアの種類が豊富ではあるものの、取り扱っている暗号資産の種類はそれほど多くありません。代表的な暗号資産はLiquidでも取引することができますが『比較的新しいその他の暗号資産も取引したい』という場合などにはその他の暗号資産取引所を利用する必要があります。

>>「Liquid」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月7日〜13日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月7日〜13日

楽天ウォレット:仮想通貨取引アプリ「iOS版」をリリース

楽天ウォレット:仮想通貨取引アプリ「iOS版」をリリース

Telegramでビットコインなどの「仮想通貨取引」が可能に|テスト版サービス公開

Telegramでビットコインなどの「仮想通貨取引」が可能に|テスト版サービス公開

ブロックチェーンゲーム「Gods Unchained」開発企業、1,500万ドルの資金調達

ブロックチェーンゲーム「Gods Unchained」開発企業、1,500万ドルの資金調達

仮想通貨取引所の安全性ランキング「Coinbase Pro」が1位に ー ICORating

仮想通貨取引所の安全性ランキング「Coinbase Pro」が1位に ー ICORating

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月17日〜23日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月17日〜23日

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE「シンボル(Symbol/XYM)の配布」を完了|出金・取引開始日時は?

BINANCE「シンボル(Symbol/XYM)の配布」を完了|出金・取引開始日時は?

Facebook利用者5億人分の個人情報が「ネット上で無料公開」仮想通貨保有者も要注意

Facebook利用者5億人分の個人情報が「ネット上で無料公開」仮想通貨保有者も要注意

プロテニス選手の大阪なおみ氏「NFTアート作品」のオークション販売開始

プロテニス選手の大阪なおみ氏「NFTアート作品」のオークション販売開始

Cardano(ADA)「Coinbase.com」と「iOS・Androidアプリ」でも利用可能に

Cardano(ADA)「Coinbase.com」と「iOS・Androidアプリ」でも利用可能に

SBI証券「STO取扱いを可能にする変更登録」を完了|デジタル証券の店頭取引も検討

SBI証券「STO取扱いを可能にする変更登録」を完了|デジタル証券の店頭取引も検討

イラスト作品のNFTを発行できる「NFT Studio」3月22日公開へ|クレカ決済にも対応

イラスト作品のNFTを発行できる「NFT Studio」3月22日公開へ|クレカ決済にも対応

ファイルコイン財団:インターネットアーカイブに「10億円相当のFIL」を寄付

ファイルコイン財団:インターネットアーカイブに「10億円相当のFIL」を寄付

コインチェック「オーエムジー(OMG Network/OMG)」取扱い開始

コインチェック「オーエムジー(OMG Network/OMG)」取扱い開始

BitPay(ビットペイ)仮想通貨特許関連の非営利団体「COPA」に参加

BitPay(ビットペイ)仮想通貨特許関連の非営利団体「COPA」に参加

MCH+参画ブロックチェーンゲーム4作品「国内初のマルチチェーン対応」

MCH+参画ブロックチェーンゲーム4作品「国内初のマルチチェーン対応」

三井住友信託銀行「国内初のデジタル証券」月内発行の可能性=日経報道

三井住友信託銀行「国内初のデジタル証券」月内発行の可能性=日経報道

Cardano(ADA)「ブロック生成の完全分散化」を実現|新たな資金提供プロジェクトも決定

Cardano(ADA)「ブロック生成の完全分散化」を実現|新たな資金提供プロジェクトも決定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す