暗号資産取引所「TAOTAO(タオタオ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

by BITTIMES   

暗号資産取引所「TAOTAO(タオタオ)」の基本情報やサービスの概要、取り扱う仮想通貨・特徴・メリット・デメリットなどを初心者向けにわかりやすく解説します。

こちらから読む:TAOTAOの関連記事を新着順で確認「TAOTAO」関連ニュース

TAOTAO(タオタオ)とは

TAOTAO-logo

TAOTAO(タオタオ)とは、 2017年5月26日に設立された「TaoTao株式会社」が運営している日本の暗号資産取引所(関東財務局長 第00011号)です。暗号資産の「現物取引サービス」と「レバレッジ(証拠金)取引サービス」を提供している同社は2020年10月時点で合計5種類の暗号資産を取り扱っています。

TaoTao株式会社は元々「Zファンド1号投資事業有限責任組合(無限責任組合員 Zコーポレーション)」からの出資を受けて事業を展開していましたが、2020年10月7日には同社が発行している全ての株式が「SBIリクイディティ・マーケット株式会社(SBILM)」へと譲渡されたため、現在は"SBILMの完全子会社"として運営されています。

TAOTAOは取り扱っている暗号資産の種類はそれほど多くないものの、各種手数料が基本的に無料となっているため『手数料を気にせずにサービスを利用できる』というメリットがあります。また「PC版取引ツール」の機能も充実しているため、パソコンで本格的に暗号資産トレードとしたい方にも魅力的な取引所となっています。

取り扱う暗号資産

TAOTAO(タオタオ)が取り扱っている暗号資産は、現物取引サービスでは2通貨、レバレッジ取引では5通貨となっています(2020年10月時点)。

【現物取引サービス】
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)

【レバレッジ取引サービス】
・ビットコイン(Bitcoin/BTC)
・イーサリアム(Ethereum/ETH)
エックスアールピー(XRP/XRP)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)

サービスの種類・概要

暗号資産の現物取引サービス

暗号資産の現物取引サービスでは「BTC・ETH」の2銘柄を日本円との取引ペアで取引することができます。現物取引手数料は無料となっており、日本円や暗号資産の入出金手数料も無料となっているため、手数料を気にせずに手軽に取引を始めることができる点が魅力となっています。

TAOTAOは現在の損益状況などを一目で把握することができる「スマートフォン向けアプリ」も提供しており、アプリでもチャートを確認しながら簡単に取引することができるようになっているため、外出先でも手軽に暗号資産を売買することが可能です。

より高度な取引をしたい方向けに提供されている「PC版取引ツール」を使用すれば、取引画面をカスタマイズして高性能チャートを活用しながら取引に必要な情報を1画面で確認することができ、ストリーミング注文・指値注文・逆指値注文・OCOなどの注文機能も活用することができるため、より快適な環境で暗号資産をトレードすることができます。

【現物取引の取引ペア】
・BTC/JPY
・ETH/JPY

TAOTAOのPC版取引ツール(画像:TAOTAO)TAOTAOのPC版取引ツール(画像:TAOTAO)

暗号資産のレバレッジ取引サービス

暗号資産のレバレッジ取引サービスでは、証拠金を預けることによって「BTC・ETH・XRP・LTC・BCH」の5銘柄で預け入れた証拠金の最大2倍までの取引を行うことができます。

ただし、レバレッジ取引サービスでは証拠金維持率(*1)がロスカットラインとなる80%以下になった場合に、全ての未約定注文(現物取引も含む)は取消しされるとともに、未決済ポジションが強制的に決済されるという自動ロスカットが行われるため注意が必要です。
証拠金維持率の計算方法:{(純資産額-注文証拠金)÷(ポジション証拠金)}×100

「PC版取引ツール」を使用すれば「レバレッジ取引」と「現物取引」をスムーズに切り替えて取引することができ、「ストリーミング注文・指値注文・逆指値注文・OCO・IFD・IFO・FIFO・注文一括決済・クイック決済」などといった様々な注文方法を利用することができるため、快適な環境で取引することができます。なお、レバレッジ取引はスマートフォン向けアプリでも利用することができます。

【レバレッジ取引の取引ペア】
・BTC/JPY
・ETH/JPY
・XRP/JPY
・LTC/JPY
・BCH/JPY

各種手数料

口座管理手数料

項目現物取引レバレッジ取引
口座開設手数料無料無料
口座維持手数料無料無料

現物取引手数料

現物取引手数料無料

レバレッジ取引手数料

レバレッジ取引手数料無料
ロスカット手数料無料
レバレッジ(建玉)手数料建玉総量 x 0〜0.041%

>>現在のレバレッジ(建玉)手数料はこちら

日本円の入出金手数料

日本円の入金手数料無料
日本円の出金手数料無料

暗号資産の入出庫手数料

暗号資産の入庫手数料無料
暗号資産の出庫手数料無料

TAOTAO(タオタオ)のメリット

merit

各種手数料が無料

TAOTAO(タオタオ)は、現物取引・レバレッジ取引の取引手数料が共に無料となっており、日本円・暗号資産の入出金手数料も無料となっています。日本国内の暗号資産取引所では一般的に出金手数料として500円前後の手数料が請求されるため、出金手数料も無料である点はTAOTAOのメリットの一つであると言えるでしょう。

ただし各銘柄の売付価格と買付価格にはスプレッド(売買価格の差)があり、場合によってはこの価格差が大幅に開いていることもあるため、実際に注文する場合にはスプレッドに注意する必要があります。

レバレッジ取引が充実している

TAOTAO(タオタオ)は「レバレッジ取引サービス」が充実している取引所の一つであり、PC版取引ツールでは豊富な注文方法を利用することができるため、レバレッジ取引をメインに利用したい方には魅力的な取引所となっています。

取り扱う暗号資産の種類はそれほど多いわけではないものの、取引手数料・ロスカット手数料などが無料であるため、積極的に取引したい場合にも最適です。

TAOTAO(タオタオ)のデメリット

Demerit

取り扱う暗号資産が少ない

TAOTAO(タオタオ)が「現物取引サービス」で取り扱っている暗号資産は2020年10月時点で「BTC・ETH」の2種類となっています。暗号資産を購入して外部ウォレットなどに移動したい場合には、現物取引で購入する必要があるため、XRP・LTC・BCHなどの暗号資産を外部サービスで利用したい場合には別の取引所を利用する必要があります。

>>「TAOTAO」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

中国の仮想通貨投資家、政府の規制強化気にせず「強気姿勢」を維持

中国の仮想通貨投資家、政府の規制強化気にせず「強気姿勢」を維持

Google:仮想通貨を盗む「49のChrome拡張機能」を削除|有名ウォレットが標的に

Google:仮想通貨を盗む「49のChrome拡張機能」を削除|有名ウォレットが標的に

Animoca Brands × Hedera Hashgraph「NFT活用したサッカーゲーム」開発へ

Animoca Brands × Hedera Hashgraph「NFT活用したサッカーゲーム」開発へ

物流倉庫向けブロックチェーン運送管理システム「Hacologi」を開発:中西金属工業

物流倉庫向けブロックチェーン運送管理システム「Hacologi」を開発:中西金属工業

人気アニメ「ドロヘドロ」のブロックチェーン証明書付きアート作品が登場:BlockPunk

人気アニメ「ドロヘドロ」のブロックチェーン証明書付きアート作品が登場:BlockPunk

Uber CEO「ビットコイン投資・仮想通貨決済対応」の可能性について言及

Uber CEO「ビットコイン投資・仮想通貨決済対応」の可能性について言及

注目度の高い仮想通貨ニュース

Cardano(ADA)米eToroユーザー間で「最も人気の暗号資産」に=調査報告

Cardano(ADA)米eToroユーザー間で「最も人気の暗号資産」に=調査報告

JPYC株式会社:JPYCoinの購入手段に米ドルステーブルコイン「DAI」追加へ

JPYC株式会社:JPYCoinの購入手段に米ドルステーブルコイン「DAI」追加へ

ブラジル証券取引委員会:ラテンアメリカ初のイーサリアムETF「QETH11」を承認

ブラジル証券取引委員会:ラテンアメリカ初のイーサリアムETF「QETH11」を承認

Kraken(クラーケン)「販売所サービス」提供開始|手数料は一律1.5%

Kraken(クラーケン)「販売所サービス」提供開始|手数料は一律1.5%

【Chiliz&Socios】サッカーポルトガル代表の「$PORファントークン」本日販売開始

【Chiliz&Socios】サッカーポルトガル代表の「$PORファントークン」本日販売開始

【Dali】ブランド品と交換可能なNFTが当たる「サービス公開記念キャンペーン」開始

【Dali】ブランド品と交換可能なNFTが当たる「サービス公開記念キャンペーン」開始

Liquid(リキッド)クイック入金サービス「2021年7月30日」に提供終了へ

Liquid(リキッド)クイック入金サービス「2021年7月30日」に提供終了へ

BINANCE:欧州3ヵ国で「先物・デリバティブの利用制限」マレーシアでは停止命令も

BINANCE:欧州3ヵ国で「先物・デリバティブの利用制限」マレーシアでは停止命令も

国内初「暗号資産XRP用いた国際送金サービス」提供開始:SBIレミット×SBI VCトレード

国内初「暗号資産XRP用いた国際送金サービス」提供開始:SBIレミット×SBI VCトレード

コインチェック:SKE48の「おでかけNFTトレカ」7月21日に追加販売

コインチェック:SKE48の「おでかけNFTトレカ」7月21日に追加販売

PrimeXBT「証拠金口座の暗号資産を別通貨に交換できる新機能」追加

PrimeXBT「証拠金口座の暗号資産を別通貨に交換できる新機能」追加

NFT×ブランドアイテムのマーケットプレイス「Dali」公開へ|現物との交換も可能

NFT×ブランドアイテムのマーケットプレイス「Dali」公開へ|現物との交換も可能

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す