NEM(ネム)今後の価格は6万倍になる?【2018年〜2021年まで予測】

by BITTIMES   

暗号通貨ネム(NEM/XEM) は「自由」と「平等」を掲げた通貨で、新しい経済圏を作るために作られています。正式には「New Economy Movement(ニュー・エコノミー・ムーブメント)」というプロジェクト名の頭文字をとったの略称が「NEM」で、日本語で「新しい経済の大きな流れ」という意味です。最近何かと話題の仮想通貨(Cryptocurrency)ですが、その理由としてはやはり成長率でしょう。2017年1月の価格は僅か「1XEM = 0.4円」ほどでしたが、2018年1月には「200円」を超え、1年で「500倍」の上昇を見せました。2017年で最も成長した通貨になります。この急激な成長率のおかげで、現在時価総額は「6位」にまで上昇しています。

こちらから読む:7分で理解する「ネム」将来性や購入できる取引所など

ネム(NEM/XEM)時価総額

  • 暗号通貨名:NEM(ネム)
  • 通貨記号・略称:XEM(ゼム)
  • 公式ウェブサイト:https://nem.io
  • 最大供給:8,999,999,999 XEM

NEM(ネム/XEM)今後の価格予測|2018年

NEMの画像
  • 01月|¥265
  • 02月|¥308
  • 03月|¥358
  • 04月|¥415
  • 05月|¥349
  • 06月|¥325
  • 07月|¥376
  • 08月|¥437
  • 09月|¥487
  • 10月|¥565
  • 11月|¥656
  • 12月|¥602

やはり2018年もNEMの成長は止まらないようですね。しかし、思ったよりも上昇率は低い印象です。暗号通貨投資のメリットは「上昇率」ですから、投資を始めた瞬間の価格が低いほど率は高くなります。大きく成長したとは言え、NEMの価格は未だ200円代ですから、NEMが掲げる経済圏の拡張への期待度も含めてまだまだ大きく上昇する可能性を秘めています。

上記の価格によると2018年中に602円ですが、上昇率を見込んだ投資家からの投資が集中すれば大きく超えるかもしれません。
また、NEMは2018年中にカタパルト(Catapult)バージョンが「mijin」のプライベートチェーンに実装される予定です。その後パブリックチェーンに実装される予定ですが、実験段階から実用化に向けて動き出すのが今年でしょう。

NEM(ネム/XEM)今後の価格予測|2019年

NEMの画像
  • 01月|¥699
  • 02月|¥699
  • 03月|¥811
  • 04月|¥853
  • 05月|¥989
  • 06月|¥1,053
  • 07月|¥978
  • 08月|¥909
  • 09月|¥1,054
  • 10月|¥1,222
  • 11月|¥1,319
  • 12月|¥1,252

2019年はついに大台の1,000円代を突破してきます。NEMの場合1秒間の処理件数が4,000件にまで到達しています。ビットコインの数百倍の処理速度ですね。これは非常に高い実用性を持っているということです。
Zaifを運営するテックビューロ社が開発したmijin(ミジン)は「金融インフラコストを10分の1以下にまで圧縮する」という目標を掲げていますから、もしこれが達成できれば大幅な価格上昇も見込めます。

NEM(ネム/XEM)今後の価格予測|2020年

NEMの画像
  • 01月|¥1,452
  • 02月|¥1,266
  • 03月|¥1,469
  • 04月|¥1,704
  • 05月|¥1,977
  • 06月|¥2,024
  • 07月|¥1,707
  • 08月|¥1,862
  • 09月|¥2,160
  • 10月|¥2,098
  • 11月|¥2,031
  • 12月|¥1,945

2020年、NEMはについに2,000円代を突破すると予測されています。この頃には、NEMの金融インフラが実用化され、一般的になり出す時期でしょう。2016年の段階でmijinの利用申込企業は160件を超えていましたから、実用化となれば一斉に彼らがNEMを利用したプラットフォームを次々と打ち出すかもしれません。
「〇〇社がNEMを使用したプラットフォーム実用化に成功!!」などのニュースが飛びかえば、それだけNEMの価格も上昇していくはずです。それを踏まえてこれくらいの価格に到達する可能性は十二分にありますね。

NEM(ネム/XEM)今後の価格予測|2021年

NEMの画像
  • 01月|¥2,256
  • 02月|¥1,895
  • 03月|¥1,634
  • 04月|¥1,849
  • 05月|¥1,639
  • 06月|¥1,377
  • 07月|¥1,184
  • 08月|¥1,081
  • 09月|¥1,088
  • 10月|¥1,262
  • 11月|¥1,253
  • 12月|¥1,053

さて、多くの暗号通過で鬼門となっている2021年ですが、NEMもその他の暗号通過と同じく価格は1年を通して下落していくと現段階では予測されています。
最高額が「1XEM = 2,258円」と現在の10倍ほどまで上昇し、その後2019年の価格まで下落すると考えられています。ここまで長期的になると、どこまでその通りになるのかは正直誰にもわかりませんが、一部の米国アナリストには2020年12月に「1XEM = 226ドル(約25,000円)」まで上昇すると予測しています。(参考元:https://jiomobilephone1500.com)今より更に125倍の上昇ですね。2017年1月から計算すると約4年で62,500倍にまで成長します。ビットコインが2,000万倍以上の成長ですから、あながち不可能な範囲ではないのかもしれません。

ネム(NEM/XEM)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨ウォレットアプリ「Abra」フィンテック企業と提携|1,000以上の銀行をサポート

仮想通貨ウォレットアプリ「Abra」フィンテック企業と提携|1,000以上の銀行をサポート

JVCEA:国内仮想通貨取引所の「統計情報(最新版)」を公開|口座数は300万を突破

JVCEA:国内仮想通貨取引所の「統計情報(最新版)」を公開|口座数は300万を突破

独大手証券取引所:ビットコイン取引サービスを「一般投資家」向けに提供開始

独大手証券取引所:ビットコイン取引サービスを「一般投資家」向けに提供開始

暗号資産ウォレット利用者、右肩上がりに急増|令和元年時点で「3,600万人」突破

暗号資産ウォレット利用者、右肩上がりに急増|令和元年時点で「3,600万人」突破

社会貢献活動に対して「独自コイン」付与|デイリーアクション機能を追加:actcoin

社会貢献活動に対して「独自コイン」付与|デイリーアクション機能を追加:actcoin

【解説動画】カルダノ(ADA)ステーキングのテストネット参加方法(日本語対応)

【解説動画】カルダノ(ADA)ステーキングのテストネット参加方法(日本語対応)

注目度の高い仮想通貨ニュース

ウクライナ:暗号資産の取引・保有・交換などを「合法化」議会で法案可決

ウクライナ:暗号資産の取引・保有・交換などを「合法化」議会で法案可決

ディーカレットのスマホで本人確認(eKYC)「5種類の本人確認書類」が利用可能に

ディーカレットのスマホで本人確認(eKYC)「5種類の本人確認書類」が利用可能に

仮想通貨決済対応予定の米映画館AMC「アルトコイン3銘柄」も受け入れへ

仮想通貨決済対応予定の米映画館AMC「アルトコイン3銘柄」も受け入れへ

米PayPal:暗号資産にも対応した「多機能新アプリ」を発表

米PayPal:暗号資産にも対応した「多機能新アプリ」を発表

Chiliz Exchange:Roush Fenway Racingの「$ROUSHファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Roush Fenway Racingの「$ROUSHファントークン」本日取引開始

振袖レンタル&購入の成人式専門店「#振袖gram」イーサリアム決済に対応

振袖レンタル&購入の成人式専門店「#振袖gram」イーサリアム決済に対応

ビットポイント「Cardano(ADA)の入金・出金サービス」提供開始日時を発表

ビットポイント「Cardano(ADA)の入金・出金サービス」提供開始日時を発表

ライブチャット大手「BongaCams」ドージコイン決済に対応

ライブチャット大手「BongaCams」ドージコイン決済に対応

Chiliz:ブラジルのサッカーチーム「CRフラメンゴ」と提携|$MENGOトークン発行へ

Chiliz:ブラジルのサッカーチーム「CRフラメンゴ」と提携|$MENGOトークン発行へ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年8月29日〜9月4日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年8月29日〜9月4日

Bybit「韓国向け一部サービスの終了」を発表|現地の規制強化に対応

Bybit「韓国向け一部サービスの終了」を発表|現地の規制強化に対応

暗号資産取次所SEBC「Cardano(ADA)」と「Symbol(XYM)」取り扱いへ

暗号資産取次所SEBC「Cardano(ADA)」と「Symbol(XYM)」取り扱いへ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す