NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

by BITTIMES

NFTDriveEXに「アトミックスワップ機能」

シンボル(Symbol/XYM)を活用したNFT特化型ウォレット「NFTDriveEX」を展開している株式会社NFTDriveは2024年3月26日に、NFTDriveEXでアトミックスワップ機能をまもなくリリースすることを発表しました。

NFTDriveEXは、スマホやパソコンのブラウザから利用できるNFT特化型ウォレットであり、「Symbolを活用したフルオンチェーンNFTの発行機能・3Dデータ表示・QRコードによるNFT売買・仮ウォレット・マルチレベルマルチシグ」など様々な機能が搭載されています。

同社は今年2月に「NFTDriveEXがイーサリアムやポリゴンのブロックチェーンに対応したこと」を発表していましたが、近日中には「アトミックスワップ機能」がリリースされる予定だと報告されています。

なお、今回公開された資料には「JPYCUSDCUSDT・WETH」などに加えて「SHIB」のロゴも含まれています。

アトミックスワップとは?

アトミックスワップとは、取引所などの仲介者なしで異なるブロックチェーン上の仮想通貨を安全に直接取引できる仕組みのことであり、仲介者を介すことなくユーザー同士で安全に素早く仮想通貨をやり取りできる革新的な技術となっています。

ユーザー間で単純に仮想通貨を取引した場合には「AさんにBTCを送金したらETHを送ってもらえるはずだったのに、BTCを送金したらETHが送られてこなかった」といった問題が発生する可能性がありますが、アトミックスワップを利用すればこの問題をシステム的に解決して、ユーザー間で安全に直接取引できるようになります。

仮想通貨取引所などの仲介者を介して仮想通貨を取引する場合には、取引手数料が必要になる場合があり、その仲介者を信頼する必要も出てきますが、アトミックスワップを利用すれば、仲介者を排除して迅速かつ低コストに仮想通貨を取引できるようになります。

Symbol基盤NFTを様々なトークンで購入可能に

NFTDriveEXに搭載されるアトミックスワップ機能では、Symbol上で発行されたNFTを様々なチェーン・トークンで購入できるようになるとのことで、アトミックスワップの具体的な流れについては以下のような説明が行われています。

【NFTDriveEXにおけるアトミックスワップの流れ】

  1. Symbolアドレスに対してEVMアドレスを紐づける
  2. メタデータを使って送信者・受信者・作者のEVMアドレス取得し、取引を実行したアドレスが同じかどうかを検証
  3. NFT購入者は支払い代金をロックしてオファーを送り、NFT販売者はNFTをロックする
  4. NFT購入者がロック解除してNFTを受け取ると、NFT販売者はロック解除を受けて支払い代金を受け取る

【Nドラアトミックスワップの補足事項】

  • NFT購入者が支払い用トークンをロックする際には、ロイヤリティ20%をプラスした合計数量がロックされる。
  • 取引期限はオファー送信から10日で、10日を過ぎると不成立とみなされロック解除が可能になる。
  • 購入オファー時に発行される「解除キー」は取り出しの際に必要となるため、取引終了まで大切に保管する必要がある。
  • NFT販売者はオファーを受信したら取引内容に間違いがない事を確認して署名する。署名すると「同じ解除キーのハッシュを用いたNFTのロック、必要な取引情報とネットワーク手数料の送信」が実行される。
  • NFT販売者がNFTをロックすると、購入者は解除キーを使って購入したNFTを受け取る。この時、NFT購入者は10日の期限を迎えるまで自分の支払いを解除することはできない。NFT販売者は10日の期限を迎える前に料金を受け取る必要がある。
  • 購入者がNFTを受け取ると解除キーがネットワーク全体に公開される。購入者は通知のためにトランザクションを販売者に送信し、販売者は支払い期限の10日を迎える前に引き出す。
  • 10日を迎えると購入者は自分の解除キーによって支払いを引き出すことが出来るため注意が必要。
  • 取引期限が近い場合は取引を避けるなどの注意が必要。

アトミックスワップ機能の詳細やリリース日などは明らかにされていないものの、今回の発表では「間もなくリリース予定」と説明されているため、今後の正式リリース発表にも注目です。

>>Symbol・XYM関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

NFT Studio「二次流通機能」を実装|報酬の一部はクリエイターに還元

NFT Studio「二次流通機能」を実装|報酬の一部はクリエイターに還元

友人紹介で報酬がもらえる仮想通貨取引所まとめ|付与条件・金額なども

友人紹介で報酬がもらえる仮想通貨取引所まとめ|付与条件・金額なども

BitMEX「本人確認手続き(KYC)」を義務化|全てのユーザーが対象に

BitMEX「本人確認手続き(KYC)」を義務化|全てのユーザーが対象に

ドイツのバーガーキングが「ビットコイン決済」に対応

ドイツのバーガーキングが「ビットコイン決済」に対応

暗号資産ウォレット利用者、右肩上がりに急増|令和元年時点で「3,600万人」突破

暗号資産ウォレット利用者、右肩上がりに急増|令和元年時点で「3,600万人」突破

NFTマーケットプレイス「tofuNFT」Chain Colosseum Phoenixと戦略的パートナーシップ

NFTマーケットプレイス「tofuNFT」Chain Colosseum Phoenixと戦略的パートナーシップ

注目度の高い仮想通貨ニュース

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

Flare基盤の「AI生成NFT」を簡単発行|Atrivがスニークピーク映像公開

Flare基盤の「AI生成NFT」を簡単発行|Atrivがスニークピーク映像公開

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す