ビットコイン投資を始める前に理解しておきたい10のこと

by BITTIMES   

ビットコインは最近投資家・トレーダーの間で話題の一つとして一般的になっていますが、しばしば欠けているのは、当人達の仮想通貨に対しての基本原理の理解です。

ビットコイン及びブロックチェーン技術は金融ツールとしてはかなり革命的であり、それ以上にIoTやAI、その他新興のデジタルテクノロジーと接続されています。しかし、仮想通貨取引を検討している殆どの人は技術的なことよりも価格の上下にしか興味がありません。

この『新しいテクノロジーであり資産クラスであり決済方法である仮想通貨』の取引を始める前に、ビットコインの基本原則を十分に理解しておくことが重要です。ビットコインがどのように機能し、なぜそのように機能するのかをより良く理解すると、投資も今まで以上に楽しむことができるでしょう。

ビットコインとは

ビットコインは物理的なものではないため、理解しにくいこともあります。ビットコインとは、すべての取引が保存されている分散型台帳上で使用されるコインです。

このデジタル資産は、決まった管理者が居るわけではなく、権限が分散化されているため、特定の個人や団体が価値や取引を制御できるものではありません。

ビットコインはブロックチェーン技術を利用した、トランザクションを記録する全てが繋がった元帳を実行する燃料です。したがって、ビットコインとは何かを理解するためには、ビットコインを、価値が変動する単純な資産や商品ではなく、金融システムと考える必要があります。

ブロックチェーン

ブロックチェーンテクノロジーが従来のシステムとは違う特別なものとされているのは、ハッキングや改ざんがほぼ不可能な「分散化」と「透明性」です。

誰でも見ることができる公開台帳に、全てのビットコインのトランザクションが記録されています。このブロックチェーンテクノロジーは進化を続けており、「ブロックチェーン2.0」とも呼ばれるイーサリアムでは、スマートコントラクトというテクノロジーを搭載し、契約のための仲介者排除が可能なため、この技術の応用は既存のエコシステムに広く介在することが可能です。

分散化

分散化の原則は、ビットコインと暗号通貨エコシステム全体の最大の柱の1つです。仮想通貨は2008年の金融崩壊をきっかけに作成されたため、今日の現代の金融システムの銀行のように『絶対的支配力や中央集権を持たない金融システムになること』を目的としていました。

Overbit-PR-2021-02-22-002

この特性により、同じ目標に向かって機能するピアとノードの分散型ネットワークの努力のおかげで、ビットコインの実行と運用の継続が可能になりますが、個々のインセンティブのみがそれらを推進します。これは、この金融システムには他の目的がなく、ビットコインのネットワークを変えるような高度な決定はできないことを意味します。

アップグレード

ビットコインは常に進化と変化を続けており、常にアップグレードが行われています。これらのアップグレードもまた、分散化された民主的な方法で行われています。SegWit(スケーリングを助けるためのアップグレード)の導入など、ビットコインのシステムに必要な変更がある場合、プロトコルはある当事者によって提案され、ネットワークの関係者によって投票されます。

コンセンサスがあり、ネットワークの大多数がアップグレードに同意した場合、プロトコルは実装され、今後のネットワークの一部となることができます。これは、ビットコインが関連性を維持し、独自のネットワーク上で改善を行うための1つの方法です。

マイニング

マイニングは、取引を書き込むことができる新しいブロックを作成するだけでなく、取引の検証にも役立つ、ビットコインのエコシステムの重要なコンポーネントです。マイニングのプロセスでは、新しいブロックをアンロックするために複雑な方程式を解く必要があります。これが起こると方程式を解いた人に新しいビットコインが与えられ、それが循環供給に入ります。

Overbit-PR-2021-02-22-003

マイナーはまた、トランザクションを検証し、それらを元帳に書き込みます。分散型システムのため、これには、トランザクションが真であり、ネットワーク全体で受信されることを確認する必要があります。これを行うために、マイナーも小額の手数料を請求します。

ウォレット

ビットコインは物理的ではないため、デジタルで安全に保管する必要があります。ここで「ビットコインウォレット」が活躍します。ビットコインウォレットは、ユーザーがビットコインネットワークにアクセスできるようにし、秘密鍵と公開鍵を介して仮想通貨を送信・受信・保存できるようにします。

Overbit-PR-2021-02-22-004

秘密鍵とは、その人の財布のゲートキーパーとなり、その人のコインへのアクセスと使用を許可するものです。これはオンライン銀行のパスワードに似ています。次に、公開鍵があり、これはあなたの銀行口座番号のように、ウォレットを操作したい人に送信します。

取引所

ウォレットはビットコインの銀行口座と見なすことができますが、取引所はコインを取引するための証券会社です。前述したように、ビットコインは独自の金融システムであり、完全に分散化された運用が可能ですが、従来の法定通貨をビットコインと取引する必要がある場合があり、そこに多くの取引所が参入しています。

これらの取引所は、人々がビットコインを購入することを可能にし、また、多くのサービスを提供していますが、伝統的な金融の世界とデジタル通貨と現金の交換へのリンクとして最も重要です。

取引所はまた、2つの主要なタイプの取引の1つ、または両方を提供することもよくあります。これらは「スポット取引(異なる価格での売買)」または「証拠金取引」です。

スポット取引で人気のある取引所には「Coinbase」や「Kraken」があり、デリバティブ取引は「Binance」や「Overbit」などの取引所で行われています。Overbitでは、ライブアカウントを利用する前に『8BTCと50,000USDTのデモアカウントでの取引』を試すことができます。

規制

仮想通貨は、分岐したり、伝統的な金融と融合したり、新しいコインが生まれたり、決済として使用できたりと、マネーロンダリングの可能性も潜在的に有しています。そのため、仮想通貨が不正で違法なツールにならないように、政府や法律家が規制を強化しています。

規制はビットコインのより革新的な側面 を抑制することがあるため、バランスをとる必要があります。規制がなければ世界での運用、既存エコシステムとの融合はなしえません。完全な規制なしにビットコインが世界から遮断された場合、採用と統合の可能性ははるかに低くなります。

購入

ビットコインは、多くの人が単に持っていたい、所有したいと思う資産となっています。過去10年間で、ビットコインは、地球上の他の資産からの利益の面で一致していませんでした。

前述のように、仮想通貨の購入は主に仮想通貨取引所にて従来の法定通貨と交換が可能です。仮想通貨を所有することでそれぞれのコインの特徴を活かした取引ができるようになります。

取引

ビットコインは新たなアセットクラスとして人々の支持を得て「デジタル・ゴールド」とも呼ばれるようになりました。価格が不安定な資産であるものの、多くの人々の心を惹きつけています。

ウォール街やCMEなど、他領域の専門家にも認められており、今後コインの正当性が高まり、正常化されるにつれて、より伝統的な投資市場で存在感を表していくと考えられます。


免責事項:この記事はPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディア BITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報または戦略に関しましては、投資勧誘を目的にしたものではありません。実際に投資を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

高級時計メーカー「Ulysse Nardin」ブロックチェーン保証書を導入

高級時計メーカー「Ulysse Nardin」ブロックチェーン保証書を導入

アポロンFC「ファン投票で決めたフォーメーション」で見事勝利【Socios&Chiliz】

アポロンFC「ファン投票で決めたフォーメーション」で見事勝利【Socios&Chiliz】

Cardano(ADA)スマートコントラクト機能導入に前進|テストネットで「Plutus」展開

Cardano(ADA)スマートコントラクト機能導入に前進|テストネットで「Plutus」展開

新仮想通貨【Jコイン】みずほ銀行他70銀行で運用開始か?

新仮想通貨【Jコイン】みずほ銀行他70銀行で運用開始か?

過去最大級のカルダノ関連サミット「Cardano Summit 2021」9月開催へ

過去最大級のカルダノ関連サミット「Cardano Summit 2021」9月開催へ

リップル(XRP)が法定通貨でも購入可能に ー 仮想通貨両替サービス「Changelly」

リップル(XRP)が法定通貨でも購入可能に ー 仮想通貨両替サービス「Changelly」

注目度の高い仮想通貨ニュース

Socios.com:米ニューヨークのスポーツ持株会社「MSG Sports」と提携|NHL・NBA提携を拡大

Socios.com:米ニューヨークのスポーツ持株会社「MSG Sports」と提携|NHL・NBA提携を拡大

JPYC株式会社「一般社団法人Fintech協会」にベンチャー会員として入会

JPYC株式会社「一般社団法人Fintech協会」にベンチャー会員として入会

ビットポイント「新庄剛志氏出演のテレビCM」2022年正月三が日に全国放送へ

ビットポイント「新庄剛志氏出演のテレビCM」2022年正月三が日に全国放送へ

ビットバンク:最大10万円が当たる「ビットコイン価格当てキャンペーン第二弾」開催

ビットバンク:最大10万円が当たる「ビットコイン価格当てキャンペーン第二弾」開催

ドージコインで「ステーキング」が可能に?イーサリアム共同創設者と提案作成

ドージコインで「ステーキング」が可能に?イーサリアム共同創設者と提案作成

Chiliz Exchange:コロンビア「Millonarios FC」の$MFCファントークン10日に取引開始

Chiliz Exchange:コロンビア「Millonarios FC」の$MFCファントークン10日に取引開始

露最大手銀行Sberbank「ロシア初のブロックチェーンETF」をローンチ

露最大手銀行Sberbank「ロシア初のブロックチェーンETF」をローンチ

SBI VCトレード(旧TAOTAO)「暗号資産積立サービス」提供開始|主要通貨3銘柄に対応

SBI VCトレード(旧TAOTAO)「暗号資産積立サービス」提供開始|主要通貨3銘柄に対応

HEXA:ガス代・仮想通貨不要で利用できる「日本円ベースのNFT二次流通マーケット」追加

HEXA:ガス代・仮想通貨不要で利用できる「日本円ベースのNFT二次流通マーケット」追加

米MicroStrategy「約108億円相当のビットコイン(BTC)」を追加購入

米MicroStrategy「約108億円相当のビットコイン(BTC)」を追加購入

英広告監視機関「Arsenal FCのファントークン広告」に警告|説明不足だと指摘

英広告監視機関「Arsenal FCのファントークン広告」に警告|説明不足だと指摘

Disney:メタバース・AR関連で「仮想世界シミュレーター」の特許取得

Disney:メタバース・AR関連で「仮想世界シミュレーター」の特許取得

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す