無期限契約、先物、契約、、難解な用語ばかりで混乱していますか?

by BITTIMES   

無期限契約、先物、契約、、難解な用語ばかりで混乱していますか?この記事を読んであなたに合った最適な取引方法を見つけてください。

ビットコインは、誕生してから11年ほどの長い道のりを歩んできました。「P2P(ピアツーピア)電子キャッシュシステム」として作成されましたが、今日ではそれをはるかに超えた存在となっています。ビットコインは通貨であるということから、投資が可能な資産であるという事実へと、かなり大きくクロスオーバーしています。

仮想通貨は投資の世界でニッチを見つけ続け、今やメインストリームとなりつつあります。今日では、大きな利益のポテンシャルを見つけ出すのが得意な投資家の多くはすでにその市場に参入しています。早くからこのデジタル通貨の市場に参入した投資家は、保有していただけで今や多くの利益を有しています。ニッチな投資商品であったビットコイン投資はここ数年で急速に知られるようになり、現在は世界中で多くのコミュニティが存在します。

ビットコイン投資は現物取引にとどまらず、先物契約もできるようになり、さらにそれに付随する様々な種類のデリバティブ商品が生まれました。ビットコインに投資する者として、これら拡大された取引領域について理解することはとても重要です。ビットコインデリバティブ取引のブームと無期限契約(永久スワップ)、先物、及びその他の種類をこの記事で一緒に理解していきましょう。

先物取引

Overbit 先物取引

最近実施された調査では、スポット取引が依然として仮想通貨トレーダーにとっては最大の取引方法であることが示されていますが、そのシェアは低下してきています。調査によると、トレーダーの53%はスポットトレーダーであり、47%はデリバティブトレーダーです。デリバティブトレーダーが増えている理由として、様々なプラットフォーム(取引所)がデリバティブ取引に対応していっていることが挙げられます。

今日、ビットコインを取引するための一般的な方法の一つは『先物契約』を通じてです。

『先物契約』は、投資家があらかじめ決められた価格で、特定の時間にビットコインを売買する契約です。これは伝統的な取引手法で多くの先物商品が世に存在します。(原油や金など)ビットコインはボラティリティが高く、先物契約に適していると言えます。先物契約では、買い手と売り手は、市場の状況に関係なく、契約の条件を遵守しなければなりません。

先物契約は「下落相場に対するヘッジ」として、また「大きなボラティリティを活かした利益を得るための投機」として利用されるため、トレーダーはスポット取引以上にエキサイティングな取引となります。ロングポジションを保有するのか、ショートポジションを保有するのかは、その先どのような値動きを予想するかによって異なります。

例えば、1ビットコインの価格が1万ドルで、1ヶ月先物契約が結ばれる場合、1ヶ月後に売り手はそのコインを1万ドルで売り、買い手はその価格でそれを買うことになります。

トレーダーが価格が下落すると考え、価格が下落した時に1万ドルで1ビットコインを売却する契約を先にすることで下落傾向を利用して利益を上げる。これが『ショートポジション』です。

トレーダーが価格が上昇すると考え、価格が上昇した時に1万ドルで1ビットコインを購入する契約を先にすることで上昇傾向を利用して利益を上げるする。これが『ロングポジション』です。

様々なタイプの契約

デリバティブ取引にはさまざまな種類があり、微妙な違いを理解することが重要です。『ビットコイン無期限契約(永久スワップ)』と『ビットコイン先物オプション』の違いを理解しましょう。

ビットコイン永久スワップは、ビットコイン先物契約と同じように機能しますが、契約の終了に有効期限が設定されていない点が異なります。通常、契約を履行しなければならない1ヶ月などの期間がありますが、永久スワップでは、契約は無期限に継続することができます。

無期限契約(永久スワップ)は、証拠金ベースのスポット市場を模倣しているため、原資産である参照指数価格に近い価格で取引されます。トレーダーは永久スワップを使用する際、様々なメカニズムに注意する必要があります。

例えば「ポジション・マーキング」です。ポジションマーキングは、ロングポジショントショートポジションのトレーダー間での通貨をスワップすることにより永久価格をスポット価格に収束させる仕組みです。

これらは多くの場合、8時間毎に支払われます。これは、資金調達レートがプラスの場合はロングポジションが支払い、ショートポジションが資金を受け取るため、支払いが発生します。レートがマイナスの場合はその逆となります。

様々なオプション

デリバティブ取引について掘り下げる時に考慮すべき、ビットコイン先物オプションがあります。これらは「Chicago Mercantile Exchange(CME)」のようなビットコインを組み込んだ従来の取引プラットフォームでもますます人気が高まっています。

『オプション』は、所有者に所定の時間(有効期限)内に指定された価格(行使価格)で資産を売買するオプション(義務ではありません)を与えるデリバティブ契約の一種です。これにより、先物契約がより柔軟になります。

これらのオプションは、市場のユーザーが 収入を得たり、市場でより多くの投機的な賭けをしたり、ポジションをヘッジしたりするための便利な取引形態であり、ボラティリティの高いビットコイン取引では特に価値のあるものです。

オプション契約では『売り手』と『買い手』があります。

『買い手』は、マネーネス(資産の現在の価格対行使価格)、有効期限までの時間、およびインプライド・ボラティリティ(予想変動率)などの要因によって決定されるオプション契約のためのプレミアムを支払います。

『売り手』はその後、収入としてそのプレミアムを取ります。多くの可能性と機会デリバティブ取引の伝統的な取引分野 にビットコインが参入したことは、今後ビットコインが金や石油と 同じラインに沿ってさらに正当化、正常化するための大きな一歩となります。

さらに、CMEやBakktだけでなく「Overbit、PrimeXBT、Virtuse」のような仮想通貨取引所がこれらの選択肢のすべてをワンストップで提供 しているという事実は、この新しいアセットクラスが人気があることを示しています


免責事項:この記事はPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディア BITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報または戦略に関しましては、投資勧誘を目的にしたものではありません。実際に投資を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

「ビットコイン先物」2019年に開始予定|ナスダック広報責任者が正式発表

「ビットコイン先物」2019年に開始予定|ナスダック広報責任者が正式発表

NFTオークションに特化したマーケットプレイス「Los Dorados」β版公開:Factory

NFTオークションに特化したマーケットプレイス「Los Dorados」β版公開:Factory

米地方裁判所:仮想通貨Gramの「仮差止命令」認める|トークン配布の延期求める

米地方裁判所:仮想通貨Gramの「仮差止命令」認める|トークン配布の延期求める

H&Mの高級ブランド「COS」VeChainのブロックチェーン上で生産情報を公開

H&Mの高級ブランド「COS」VeChainのブロックチェーン上で生産情報を公開

ビットコイン採掘の難易度調整「+8.45%」で完了|半減期前後の動きにも注目

ビットコイン採掘の難易度調整「+8.45%」で完了|半減期前後の動きにも注目

コインチェック「Symbol/XYM」への対応方針を発表

コインチェック「Symbol/XYM」への対応方針を発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

エルサルバドル:仮想通貨推進都市「ビットコインシティ」建設へ|BTC裏付国債で資金調達

エルサルバドル:仮想通貨推進都市「ビットコインシティ」建設へ|BTC裏付国債で資金調達

メタバース世界を体験できる「The Sandbox Alpha」公開へ:ザ・サンドボックス

メタバース世界を体験できる「The Sandbox Alpha」公開へ:ザ・サンドボックス

映画公開記念「エウレカセブン初のNFTデジタルカード」発売へ:博報堂DY×アーリーワークス

映画公開記念「エウレカセブン初のNFTデジタルカード」発売へ:博報堂DY×アーリーワークス

GMOコイン×FC琉球:冠協賛試合開催記念「フォロー&リツイートキャンペーン」開始

GMOコイン×FC琉球:冠協賛試合開催記念「フォロー&リツイートキャンペーン」開始

JPYC株式会社:USDC発行企業「Circle」などから約5億円の資金調達

JPYC株式会社:USDC発行企業「Circle」などから約5億円の資金調達

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年10月31日〜11月6日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年10月31日〜11月6日

Meta(旧Facebook)「暗号資産関連広告の掲載規制」を暖和

Meta(旧Facebook)「暗号資産関連広告の掲載規制」を暖和

JPYC→日本円に直接現金化できる「JPYC買取所(α版)」公開【国内初】

JPYC→日本円に直接現金化できる「JPYC買取所(α版)」公開【国内初】

ビットコイン(BTC)大型アップグレード「Taproot(タップルート)」を完了

ビットコイン(BTC)大型アップグレード「Taproot(タップルート)」を完了

Symbol(XYM)ハードフォーク「Cyprus」の実施予定日時が決定

Symbol(XYM)ハードフォーク「Cyprus」の実施予定日時が決定

ビットバンク「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」取扱いへ|取引手数料無料キャンペーンも

ビットバンク「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」取扱いへ|取引手数料無料キャンペーンも

MicroStrategy「471億円相当のビットコイン」を追加購入|保有量は12万BTC以上に

MicroStrategy「471億円相当のビットコイン」を追加購入|保有量は12万BTC以上に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す