人型AIロボット「ソフィア」が作成したNFTデジタルアート作品販売へ

by BITTIMES   

香港のロボットメーカー「Hanson Robotics(ハンソンロボティクス)」によって開発された人型AIロボット「Sofhia(ソフィア)」と、アーティストであるAndrea Bonaceto氏のコラボレーションによって作成されたNon-Fungible Token(NFT)形式のデジタルアート作品が、2021年3月24日に「Nifty Gateway」というマーケットプレイスで発売されることが複数の報道で明らかになりました。

こちらから読む:コイントレード、仮想通貨取引サービス開始「暗号資産」関連ニュース

ソフィアの「NFTデジタルアート作品」販売へ

香港のロボットメーカー「Hanson Robotics(ハンソンロボティクス)」は、同社が開発した人型AIロボット「Sofhia(ソフィア)」が作成に関わったNon-Fungible Token(NFT)形式のデジタルアート作品をリリースすることを発表したと伝えられています。

このNFTアート作品は、ロサンゼルスを拠点とする「IV Gallery」のアーティストAndrea Bonaceto氏と共同で作成されているとのことで、日本時間2021年3月24日午前8時30分に「Nifty Gateway」というマーケットプレイスで販売される予定だと報じられています。

ソフィアは人工知能(AI)を搭載した人型ロボットであり、人間と会話したり、歩いたり、踊ったり、歌ったりといった様々なことができるように設計されています。2016年3月に初公開されたソフィアはサウジアラビアで市民権も獲得しており、2016年には『人類を滅亡させたいかい?』という質問に対して『OK、人類を滅亡させます』と回答したことなどでも注目を集めました。

NFTを作成する際には「Andrea Bonaceto氏の作品」や「ソフィアの最新の絵画」のデータをソフィア自身のニューラルネットワーク(*1)に送り込んだと説明されており、これらのデータを取り込んだ後に新しい画像を生成し、それををデジタルとブラシストロークの両方でレンダリング、最終的に自分の手でペイントを施したと報じられています。
(*1)ニューラルネットワーク:人間の脳内にある神経細胞とそのつながりを人工ニューロンという数式的なモデルで表現したもの

また、今回の発表の中では「Hanson Robotics社」がブロックチェーン技術を活用したAIに特化したマーケットプレイス「SingularityNET」とのコラボレーションを通じて『Sophia Collective』と呼ばれる全く新しいベンチャーを立ち上げているということも報告されています。

(参照:cityam.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

台湾初!仮想通貨による「政治献金」の受け取りを発表 ー 台北市議会候補者

台湾初!仮想通貨による「政治献金」の受け取りを発表 ー 台北市議会候補者

暗号資産の税制改革「現時点ではまだ難しい」麻生大臣が音喜多議員の質問に回答

暗号資産の税制改革「現時点ではまだ難しい」麻生大臣が音喜多議員の質問に回答

香港の仮想通貨取引所「KuCoin」リップル(Ripple/XRP)の取り扱い開始

香港の仮想通貨取引所「KuCoin」リップル(Ripple/XRP)の取り扱い開始

ファンタジースポーツ「Fanduel」でビットコイン決済が可能に|BitPayと提携

ファンタジースポーツ「Fanduel」でビットコイン決済が可能に|BitPayと提携

ポルノハブ:DOGE・BNB・USDCなど「3種類の仮想通貨決済」に新規対応

ポルノハブ:DOGE・BNB・USDCなど「3種類の仮想通貨決済」に新規対応

ブラジル証券取引委員会:ラテンアメリカ初のイーサリアムETF「QETH11」を承認

ブラジル証券取引委員会:ラテンアメリカ初のイーサリアムETF「QETH11」を承認

注目度の高い仮想通貨ニュース

Mastercard:ブロックチェーン・仮想通貨分析企業「CipherTrace」の買収を完了

Mastercard:ブロックチェーン・仮想通貨分析企業「CipherTrace」の買収を完了

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|記念キャンペーンも開催

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|記念キャンペーンも開催

ProSharesのビットコイン先物ETF「10月19日」にローンチ【米国初】

ProSharesのビットコイン先物ETF「10月19日」にローンチ【米国初】

スイスのデジタル資産銀行:ADA・DOT・XTZで利回りが得られる「SEBA Earn」提供開始

スイスのデジタル資産銀行:ADA・DOT・XTZで利回りが得られる「SEBA Earn」提供開始

世界最大級の決済端末メーカー「Verifone」仮想通貨決済に対応|BitPayと提携

世界最大級の決済端末メーカー「Verifone」仮想通貨決済に対応|BitPayと提携

Chiliz&Socios:NBA所属プロバスケチーム「Phoenix Suns」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属プロバスケチーム「Phoenix Suns」と提携

ビットフライヤー「NEM保有者に対するシンボル(XYM)の付与時期」について続報

ビットフライヤー「NEM保有者に対するシンボル(XYM)の付与時期」について続報

Huobi Japan「API性能が5倍に向上」より高頻度な売買にも対応可能に

Huobi Japan「API性能が5倍に向上」より高頻度な売買にも対応可能に

MetaMaskの機関投資家向け部門「仮想通貨カストディ企業3社」と提携

MetaMaskの機関投資家向け部門「仮想通貨カストディ企業3社」と提携

米銀行・金融機関で「ビットコインの売買・保有」が可能に|Q2・NYDIGがソリューション提供

米銀行・金融機関で「ビットコインの売買・保有」が可能に|Q2・NYDIGがソリューション提供

ベネズエラ最大の国際空港「仮想通貨決済への対応」を準備|ビットコインなど複数銘柄

ベネズエラ最大の国際空港「仮想通貨決済への対応」を準備|ビットコインなど複数銘柄

エルサルバドルの仮想通貨ウォレットユーザー数「銀行の利用者数を上回る勢い」で増加

エルサルバドルの仮想通貨ウォレットユーザー数「銀行の利用者数を上回る勢い」で増加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す