Moonstakeウォレット「ORBSのステーキング」対応へ|パートナーシップを締結

by BITTIMES

暗号資産(仮想通貨)のステーキングに対応したウォレットを提供している「Moonstake(ムーンステーク)」は2021年3月17日に、エンタープライズレベルの拡張性・セキュリティ・サポートを備えたハイブリッドなブロックチェーン・インフラストラクチャである「Orbs(オーブス)」とMOUを締結したことを発表しました。これにより、MoonstakeウォレットでOrbsの公式トークンである「ORBS」のステーキングが可能になる予定です。

こちらから読む:Chiliz、マンチェスター・シティFCと提携「暗号資産」関連ニュース

Moonstake「ORBSのステーキング」サポートへ

Moonstake(ムーンステーク)は2021年3月17日に、エンタープライズレベルの拡張性・セキュリティ・サポートを備えたハイブリッドなブロックチェーン・インフラストラクチャである「Orbs(オーブス)」とMOUを締結したことを発表しました。

今回のパートナーシップによって「Moonstakeウォレット」ではまもなく仮想通貨ORBSのステーキングが可能になる予定だとされており、銀行を含めた金融業界でブロックチェーン技術の普及・導入を進めていくことを目的として、コミュニティ構築プログラム・リサーチ・教育支援・イベントの開催などを共同で行っていく予定だと説明されています。

Orbs(オーブス)はビジネスのブロックチェーン化に重点を置いた世界有数のハイブリッドネットワークであり、「IBM」や「Consensys」といった従来のテクノロジー分野と分散型テクノロジー分野両方の業界リーダーとも連携して、テレコムの分野にブロックチェーン技術をもたらしています。

ORBSはスマートコントラクト・トランザクション手数料・コンセンサスベースのストレージなど、Orbsブロックチェーン上のすべての主要機能を促進するためのネイティブトークンであり、現在は「CryptoCrunchApp」によるトレンド暗号コイン トップ10で5位にランクされていると報告されています。

Moonstakeの創業者である手塚満氏と、Orbsの共同創設者兼CEOであるDaniel Peled氏は、今回の提携について次のようにコメントしています。

【手塚満氏】
イスラエル最大のブロックチェーン企業Orbsとのパートナーシップ締結を非常に嬉しく思います。Moonstakeは、ステーキングへのアクセスを容易にし世界中のユーザーに提供しています。Orbsと協力することで、ユーザーと企業の両方にブロックチェーン技術の幅広い認識と採用を加速することができます。

【Daniel Peled氏】
Orbsは世界トップ10に入るステーキングプロバイダーのMoonstakeとの提携を大変嬉しく思います。このパートナーシップを通じ、東南アジアや中東市場に向けて、金融分野の非中央集権型技術やサービスの採用を加速させていきます。

Moonstakeでステーキング可能な暗号資産

Moonstake(ムーンステーク)の公式サイトによると、Moonstakeウォレットで「ステーキング可能な暗号資産」と「ステーキング開発中の暗号資産」は2021年3月21日時点で以下のようになっています。

【ステーキング可能な暗号資産】
カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)
ポルカドット(Polkadot/DOT)
テゾス(Tezos/XTZ)
クアンタム(QTUM/QTUM)
コスモス(Cosmos/ATOM)
セントラリティ(Centrality/CENNZ)
・アイリスネットワーク(IRISnet/IRIS)
・オントロジー(Ontology/ONT)
・ハーモニー(Harmony/ONE)
・キュラス(Quras/XQC)

【ステーキング開発中の暗号資産】
リスク(Lisk/LSK)
オーブス(Orbs/ORBS)

>>「Moonstake」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

金融庁:仮想通貨関連の「事務ガイドライン」を一部改正|パブリックコメントにも回答

金融庁:仮想通貨関連の「事務ガイドライン」を一部改正|パブリックコメントにも回答

主流の仮想通貨を盗むマルウェア「Masad Clipper and Stealer」に要注意

主流の仮想通貨を盗むマルウェア「Masad Clipper and Stealer」に要注意

バイナンス:オーストラリア向けの暗号資産取引所「Binance Australia」立ち上げ

バイナンス:オーストラリア向けの暗号資産取引所「Binance Australia」立ち上げ

2020年、現金取引制限で仮想通貨「需要増加」の可能性:マレーシア

2020年、現金取引制限で仮想通貨「需要増加」の可能性:マレーシア

Chiliz「NFL・MLB」でもファントークン発行へ|LagardèreSportsと提携

Chiliz「NFL・MLB」でもファントークン発行へ|LagardèreSportsと提携

Sologenic:XRP Ledger基盤トークンと互換性のある「証券取引所リスト」を公開

Sologenic:XRP Ledger基盤トークンと互換性のある「証券取引所リスト」を公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

【Chiliz Exchange】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン本日取引開始

【Chiliz Exchange】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン本日取引開始

米金融大手State Street:暗号資産取引プラットフォーム「Pure Digital」に技術提供

米金融大手State Street:暗号資産取引プラットフォーム「Pure Digital」に技術提供

MicroStrategy:取締役の役員報酬「ビットコイン」で支払いへ|米上場企業で初

MicroStrategy:取締役の役員報酬「ビットコイン」で支払いへ|米上場企業で初

楽天ウォレット:楽天ポイントと暗号資産の交換で「10%還元」キャンペーン開始

楽天ウォレット:楽天ポイントと暗号資産の交換で「10%還元」キャンペーン開始

Visa:米ドルステーブルコイン「USDC」による決済機能導入へ

Visa:米ドルステーブルコイン「USDC」による決済機能導入へ

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン発売へ|米国初の発行

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン発売へ|米国初の発行

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

米大手銀行BNYメロン:暗号資産インフラプロバイダー「Fireblocks」に出資

米大手銀行BNYメロン:暗号資産インフラプロバイダー「Fireblocks」に出資

GMOコイン:取引所(現物取引)の「Taker手数料引き下げキャンペーン」開催へ

GMOコイン:取引所(現物取引)の「Taker手数料引き下げキャンペーン」開催へ

イラスト作品のNFTを発行できる「NFT Studio」3月22日公開へ|クレカ決済にも対応

イラスト作品のNFTを発行できる「NFT Studio」3月22日公開へ|クレカ決済にも対応

Crypto.com「Crypto.org Chain(CRO)」のメインネット公開

Crypto.com「Crypto.org Chain(CRO)」のメインネット公開

カスタマイズNFTショップを簡単に構築できる「NFTStudio OEM」提供開始:CryptoGames

カスタマイズNFTショップを簡単に構築できる「NFTStudio OEM」提供開始:CryptoGames

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す