仮想通貨オーブス(ORBS)とは?|特徴や購入方法と今後

by BITTIMES   

仮想通貨オーブス(ORBS)は、2018年のICOで大きな注目を集めているプロジェクトの一つです。

オーブス(ORBS)とは?

オーブス(ORBS)とは、世界で使用されるブロックチェーンを基盤としたアプリケーションのインフラストラクチャ(下部構造)の構築を目指す仮想通貨です。

「Cointree」というプロジェクトメンバーによって設立されたプロジェクトであり、ヘブライ大学の研究者によって書かれた"Spectre"の論文に基づいています。

ORBSのブロックチェーンは、スピード、規模、機密性、プライバシー、コンプライアンスなどの現実的な問題に頑健性をもたらします。

現在一般的に提供されているサービスを利用してホームページなどを作る場合には、サーバーや専用ソフトを準備する必要があります。

ORBSは、そのようなサーバーやソフトを一括したオンラインのレンタルサービスとして提供することにより、より簡単に安全な方法でそれらのウェブサービスやアプリケーションを開発することを可能にします。

このプロジェクトは2020年までに、全ての支払い/SNS/広告配信/ゲームといった分野のサービスを利用するユーザーに向けた、最先端のアプリケーションを作成しサービスを提供することを目標に掲げています。

オーブス(ORBS)の特徴

Orbs分散型プラットフォーム

Orbs分散型プラットフォーム

Orbsのプラットフォームは、消費者向けアプリケーション用のパブリックブロックチェーンインフラストラクチャ(IaaS)です。

このプラットフォームは、アマゾンウェブサービス(AWS)のような集中型アプリケーションのインフラストラクチャを提供する既存のクラウドコンピューティングプラットフォームと同様の方法で、分散型アプリケーションのインフラストラクチャを提供します。

Orbsプラットフォームは、次の2つの主要なインフラストラクチャで構成されています。

  • コンセンサスベースの分散コンピューティングサービス(スマートコントラクト)
  • コンセンサスベースの分散ストレージサービス

Orbsと他のブロックチェーンの主な違いは、Orbsが消費者向けアプリケーション市場向けに構築され、非常に特定の要件に合わせて作られていることです。

信頼できるマーケットプレイス

Orbsのマーケットプレイスでは、各分野専門の分散型インフラストラクチャプロバイダが紹介されているため、ユーザーは紹介されている中から分散型アプリケーションの構築に必要な専門家を選択することができます。

独立系のソフトウェアプロバイダーでは、分散型の分析機能(ソフトウェアの分散分析など)を、顧客が既に集中管理されたアプリケーションで使用している可能性があります。

OrbsがスマートコントラクトSDKレイヤーにAPIの互換性を提供することにより、プロバイダは信頼できるOrbsコンセンサスレイヤーを利用することができます。

これらの専門サービスは、より包括的なインフラエコシステムを構築し、Orbsプラットフォームに付加価値の高い機能を提供するのに役立ちます。

膨大なスケーラビリティ

Orbsのネットワークは、膨大な拡張性を備えた設計となっているため、何億人ものユーザーによる何十億ものトランザクションを処理することができます。

明確な品質保証

Orbsのプラットフォームは、信頼できるサービスや品質の保証を期待するユーザー向けに構築されています。

オーブスは、さまざまなビジネス要件に合わせて異なるサービス層を提供しています。

進化するコンプライアンス

Orbsが包括的なコンプライアンスを提供することにより、各アプリケーションは日々進化する規制要件を満たすことができます。
Orbsには、大企業が遭遇するさまざまな規制や責任の問題に対応するための拡張可能な規制モデルがあります。

最新の機能を提供

何百万人ものユーザーがいる大規模アプリケーションは、一度にアプリケーションを展開またはアップグレードするだけでは最適ではありません。Orbsは、バージョン/移行/マルチチェーンなどの展開に必要な機能を提供します。

オーブス(ORBS)のメンバー

Orbsは、起業家/学者/エンジニア/研究者などの様々なグループで構成され、静かに開発を行っています。

Daniel Peled(ダニエル・ペレド)|PRESIDENT

Daniel Peled氏

Daniel Peled(ダニエル・ペレド)氏は、MasterCardやSantander InnoVenturesなどのイスラエルのFintechスタートアップのPayKeyの共同設立者兼CEOです。

イスラエルのビットコインコミュニティのベテランメンバーでもあり、イスラエルで最初のICOを行ったブロックチェーン企業の人物でもあります。Daniel氏はLL.Mを取得し、経済学の学士号を取得しています。

Uriel Peled​(ユリエル・ペレド)|CO-FOUNDER

Uriel Peled​氏

Uriel Peled​(ユリエル・ペレド)氏は、Alibaba(アリババ)によって買収されたAR/VRスタートアップであるVisualeadを共同設立しました。

彼はイスラエルの有力ハイテク企業であるMellanox(メラノックス)の元チームリーダーです。Uriel氏はテクニオンから電気工学の学士号を取得しています。

Tal Kol(タル・コール)|CO-FOUNDER

Tal Kol氏

Tal Kol(タル・コール)氏は、Wix.comによって買収されたモバイルアプリのスタートアップであるAppixiaを共同設立し、Wix.comのモバイルエンジニアリング責任者を務めた人物です。

Kik InteractiveのKinのエンジニアリングヘッドとして、ブロックチェーンの消費者向けアプリケーションの専門家です。Tal氏はオープンソースの愛好家であり、Reactエコシステムと会議スピーカーに貢献しています。

彼はテクニオンからコンピュータエンジニアリングの学士号を取得し、IDF 8200ユニットのエリート部門のベテランです。

KIN & SIRIN & ORBS|HEXA LABS

HEXA LABS

HEXA LABSは分散型ソリューション企業です。
ソリューションアーキテクト/アナリスト/ストラテジスト/開発者/プロダクトマネージャ/経験豊富なブロックチェーンの専門家などからなるこのグループは、ブロックチェーンの生態系を深く理解して、全体的で効果的なソリューションを作り出しています。

ブロックチェーン技術を通じて次の成長段階を模索している企業を支援するHexa Labsは、ORBSの他にも、既に大きな注目を集めている2つのプロジェクトを支援しています。

KIN

KIKは3億人のユーザーを抱える主要な無料メッセンジャーアプリの1つです。2017年にKIKは、日常生活のための分散型のデジタルサービスの生態系であるKINを作成しました。かなりのユーザー層を持つ既存の企業による最初のICOであるHexa Labsは、KIKがdApps市場を再定義するのを助けました。

Kikは仮想通貨KINをプラットフォームに統合することによって、コンテンツの購入だけでなく、クイズに答えてトークンをもらうこともできる魅力的なサービスを提供しています。

SIRIN LABS

ハイエンド携帯電話会社は、新しいブロックチェーンベースのオープンソースモバイルオペレーティングシステムのICOを開始しました。FINNEY電話プラットフォーム上で動作するSIRIN OSは、P2Pネットワーク上で安全にリソースを共有できるようにし、分散型エコシステムの採用を支援します。

SirinLabsに関する記事はこちら

オーブス(ORBS)の今後の予定|ICO、プレセール、購入方法

ORBS タイムライン

Orbsの今後の予定については、公式サイトでは公開されていません。

2018年7月〜9月頃には、正式に利用が始まっていくとも言われています。

ORBSの公式Telrgram(英語)では、ICOやプレセール、取引所などに関する会話も行われているので、詳しく知りたい方は以下のリンクから参加してみてください。

オーブス(ORBS)に関連するリンク

公式サイト:orbs.com
Telegram:ORBS Telegram
Twitter:ORBS Twitter

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年7月19日〜25日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年7月19日〜25日

IOTAを活用した電気自動車充電ステーションをリリース|オランダ

IOTAを活用した電気自動車充電ステーションをリリース|オランダ

コイネージ:CEOがビットコインを語る「YouTubeライブ限定配信」実施へ

コイネージ:CEOがビットコインを語る「YouTubeライブ限定配信」実施へ

「NFP」プラットフォームのRarepornが9月にICOを実施|プライベートセールでVC等から約5.5億円の資金調達に成功

「NFP」プラットフォームのRarepornが9月にICOを実施|プライベートセールでVC等から約5.5億円の資金調達に成功

暗号資産の「規制明確化・税制変更」を求める要望を提出:新経済連盟

暗号資産の「規制明確化・税制変更」を求める要望を提出:新経済連盟

ビットコインキャッシュ(BCH)が賞金!フィナンシャル・ゲーム・ショーとは

ビットコインキャッシュ(BCH)が賞金!フィナンシャル・ゲーム・ショーとは

注目度の高い仮想通貨ニュース

Huobi Japan「独自通貨HTの実需決済」を開始|六本木焼肉MASUでHT決済が可能に

Huobi Japan「独自通貨HTの実需決済」を開始|六本木焼肉MASUでHT決済が可能に

Visa:仮想通貨・デジタル通貨を相互運用可能にする「Universal Payment Channel」を構築

Visa:仮想通貨・デジタル通貨を相互運用可能にする「Universal Payment Channel」を構築

SBI「デジタル資産特化型ベンチャーファンド」設立|投資先企業のSTOも支援

SBI「デジタル資産特化型ベンチャーファンド」設立|投資先企業のSTOも支援

Huobi Japan:TRX保有者に対する「NFTトークン(APENFT)エアドロップ」対応へ

Huobi Japan:TRX保有者に対する「NFTトークン(APENFT)エアドロップ」対応へ

ウクライナ大統領:仮想通貨関連法案「承認せず」規制機関設立の予算不足を理由に

ウクライナ大統領:仮想通貨関連法案「承認せず」規制機関設立の予算不足を理由に

米SEC「ProSharesのビットコイン先物ETF」を承認|BTC価格は700万円台まで回復

米SEC「ProSharesのビットコイン先物ETF」を承認|BTC価格は700万円台まで回復

与沢 翼氏「10億円相当のシンボル(Symbol/XYM)を保有している」と公表

与沢 翼氏「10億円相当のシンボル(Symbol/XYM)を保有している」と公表

Moonstakeウォレット「トロン(Tron/TRX)のステーキング」に対応

Moonstakeウォレット「トロン(Tron/TRX)のステーキング」に対応

中国マクドナルド:新本社ビルオープン記念NFT「Big Mac Rubik's Cube」を発行

中国マクドナルド:新本社ビルオープン記念NFT「Big Mac Rubik's Cube」を発行

Chiliz Exchange:Roush Fenway Racingの「$ROUSHファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Roush Fenway Racingの「$ROUSHファントークン」本日取引開始

SBI:日本初の「NFTアートオークション」開催へ|合計8作品を出品

SBI:日本初の「NFTアートオークション」開催へ|合計8作品を出品

米PayPal:暗号資産にも対応した「多機能新アプリ」を発表

米PayPal:暗号資産にも対応した「多機能新アプリ」を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す