中央銀行デジタル通貨(CBDC)の利用「50%以上が前向き姿勢」カナダ調査報告

by BITTIMES

カナダのCBDCに関する調査報告

中央銀行デジタル通貨(CBDC)に対しては批判的な意見も多数出ており、実際のCBDC導入については意見が分かれていますが、「WealthRocket」の報告によると、カナダの国民の半数以上はCBDCに前向きな姿勢を示しているとされています。

CBDCを利用するつもりはあるか?

WealthRocketによると、調査に参加したカナダ国民の59%は「CBDCが利用可能になったら前向きに利用する」と回答したとのことで、25%の人々は「現金の代わりに使用する」と回答したと報告されています。

逆に「CBDCを利用するつもりは全くない」と回答したのは回答者の4分の1程度で、16%の人々は「現時点では質問に答えられるほどCBDCを理解していない」と回答したとされています。

詐欺やデータ悪用などの懸念は?

CBDCの利用については前向きな姿勢が示されているものの、CBDCに関する詐欺・サイバー攻撃・個人情報管理などに関しては多くの人が懸念を抱いていることが報告されています。

具体的には以下のようなリスクについての懸念が多かったとのことで、CBDCが主流になることによって政府による一方的な資産凍結が容易になる可能性などについての懸念があったことが伝えられています。

  • 詐欺の可能性に対する懸念(56%)
  • サイバー攻撃のリスク(53%)
  • 個人データの悪用に対する懸念(44%)
  • 匿名性の欠如に対する懸念(35%)

プライバシーは保護されると思うか?

「CBDCが実際に導入された場合に、中央銀行は自分のプライバシーを保護してくれると思うか?」という質問に関しては、51%の人々が「プライバシーを保護してくれると思う」と回答、25%の人々は「保護してくれることに自信を持てない」と回答したと報告されています。

ただし「CBDCに関する匿名性・監視・取引追跡」については35%の人々が懸念を示しているとのことで、匿名性やプライバシーについて一定の懸念があることも明らかにされています。

CBDCとプライバシーに関する問題は以前から議論されてきた重要な話題の1つであり、人気著書「金持ち父さん 貧乏父さん」を執筆したことなどで知られるロバート・キヨサキ氏は『CBDCが導入されると全てのお金のやりとりが追跡可能になり、ユーザーのプライバシーが失われる可能性がある』との懸念を語っています。

考えられるCBDCの利点は?

今回の調査報告では「CBDCにどのようなメリットがあると感じているか?」についての回答結果も報告されています。

特に回答が多かったのは利便性・安全性に関する内容で「企業・個人間でのオンライン購入・送金が容易になる」「現金を持っていなければ強盗に遭わない」「デジタル通貨を使用すればより安全に取引できる可能性がある」などの回答が得られたと伝えられています。

なお、カナダの人々がCBDCの導入に対して前向きな姿勢を示している一方で、アメリカのフロリダ州ノースカロライナ州では「CBDCを禁止する法案」が可決されたことも報告されています。

>>CBDC関連の最新記事はこちら

WealthRocket報告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

韓国ヒュンダイ関連企業:暗号資産関連で「3つの商標」を登録

韓国ヒュンダイ関連企業:暗号資産関連で「3つの商標」を登録

SHIB主任開発者、バーガーフランチャイズ展開する「Welly」を賞賛

SHIB主任開発者、バーガーフランチャイズ展開する「Welly」を賞賛

ブロックチェーン企業パートナー8社を発表|メインネット公開に向け提携拡大:Klaytn

ブロックチェーン企業パートナー8社を発表|メインネット公開に向け提携拡大:Klaytn

世界最大の仮想通貨カストディアンは「コインベース」に|大手Xapoを約58億円で買収

世界最大の仮想通貨カストディアンは「コインベース」に|大手Xapoを約58億円で買収

Ripple社「中央銀行デジタル通貨(CBDC)関連プロジェクト」で求人募集

Ripple社「中央銀行デジタル通貨(CBDC)関連プロジェクト」で求人募集

MicroBTの新型マイニングマシン「700台」を導入:NASDAQ上場企業

MicroBTの新型マイニングマシン「700台」を導入:NASDAQ上場企業

注目度の高い仮想通貨ニュース

シバイヌ:近日中に「Shibarium上でのエアドロップ」実施か?LUCIE氏が予告

シバイヌ:近日中に「Shibarium上でのエアドロップ」実施か?LUCIE氏が予告

ナスダック上場企業「Tiger Brokers」香港で仮想通貨取引サービス開始|18銘柄を取扱い

ナスダック上場企業「Tiger Brokers」香港で仮想通貨取引サービス開始|18銘柄を取扱い

イーロン・マスク氏率いる「Tesla」2024年第1四半期もビットコインを保持

イーロン・マスク氏率いる「Tesla」2024年第1四半期もビットコインを保持

新AIミームコインWienerAIが取引ボットAIコンパニオン機能を追加、プレセールは120万ドルへ

新AIミームコインWienerAIが取引ボットAIコンパニオン機能を追加、プレセールは120万ドルへ

犬・AI・ソーセージを融合した不思議な最新ミームコインWiener AI、プレセールで即座に30万ドル超え

犬・AI・ソーセージを融合した不思議な最新ミームコインWiener AI、プレセールで即座に30万ドル超え

コインチェック:LSK保有者に対するKLYトークン(Klayr)エアドロップの対応方針を発表

コインチェック:LSK保有者に対するKLYトークン(Klayr)エアドロップの対応方針を発表

コインチェック:仮想通貨積立サービスで「評価損益の表示機能」提供開始

コインチェック:仮想通貨積立サービスで「評価損益の表示機能」提供開始

トランプ氏:米大統領選挙で「仮想通貨の寄付」受付開始|SOL・XRP・SHIBなどにも対応

トランプ氏:米大統領選挙で「仮想通貨の寄付」受付開始|SOL・XRP・SHIBなどにも対応

米裁判所:BINANCE元CEOに「禁錮4ヶ月」の実刑判決|CZ氏から感謝のメッセージも

米裁判所:BINANCE元CEOに「禁錮4ヶ月」の実刑判決|CZ氏から感謝のメッセージも

カルダノ(ADA)を「50種類以上の法定通貨」に交換|Yoroi Walletが新機能追加

カルダノ(ADA)を「50種類以上の法定通貨」に交換|Yoroi Walletが新機能追加

Coinbase:ビットコインの「ライトニングネットワーク」を正式サポート

Coinbase:ビットコインの「ライトニングネットワーク」を正式サポート

Pepeの価格が30%急上昇、ダックスフンドの取引ボットWienerAIはプレセールで200万ドルを突破して対抗

Pepeの価格が30%急上昇、ダックスフンドの取引ボットWienerAIはプレセールで200万ドルを突破して対抗

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す