マスターカード「中央銀行デジタル通貨のパートナープログラム」を発表|Rippleなどが参加

by BITTIMES   

専門知識・能力を結集してイノベーションを実現

Mastercard(マスターカード)は2023年8月17日に、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の利点・課題・安全な実装方法などについての理解を深めるためのパートナープログラムを立ち上げたことを発表しました。

このプログラムは「CBDCの利点や制約、そして安全かつシームレスで有用な方法でCBDCを実装する方法についての理解を深めること」を目的としたもので、パートナー企業の専門知識や能力を結集してCBDCのイノベーションを実現すると説明されています。

パートナープログラムに参加する最初のパートナーの中には「Ripple」や「Consensys」のような仮想通貨関連企業も含まれており、具体的には以下のようなブロックチェーン関連企業や決済サービスプロバイダーと協力すると報告されています。

  • Ripple(CBDCプラットフォーム)
  • Consensys(ブロックチェーン・Web3ソフトウェア企業)
  • Fluency(マルチCBDC・トークン化資産ソリューションプロバイダー)
  • Idemia(デジタルID技術プロバイダー)
  • Consult Hyperion(デジタルIDコンサルタント)
  • Giesecke+Devrient(セキュリティ技術グループ)
  • Fireblocks(デジタル資産運用プラットフォーム)

今回の発表では各社が異なる取り組みを行っていることも説明されており、「Fluencyは異なるCBDC間の相互運用性を構築、Consult HyperionはCBDCの要件定義、Rippleは政府発行ステーブルコインやCBDCパイロットに取り組んでいる」などの説明がなされています。

中央銀行デジタル通貨(CBDC)の課題

マスターカードは国際決済銀行(BIS)のデータを引用する形で「93%の中央銀行が何らかの形でCBDC関連の作業を行っており、4つのリテールCBDCが既に実用化されている」と報告しています。

しかし、CBDCはまだ広く受け入れられていないのが現状で、BISは「2020年代末までに24のCBDCが流通する」と予想しているものの、中央銀行の3分の2以上は「日常的な支払いで使用できるデジタル通貨を近い将来に発行する予定はない」と述べているとされています。

これは複数の複雑な問題が残されているためで、1つの例として「中央銀行はプライバシーと透明性の間で適切なバランスを取る方法を決定する必要があり、違法な活動を防ぎながら個人のプライバシーを守る必要がある」と説明されています。

パートナープログラムに参加する企業は「CBDC・ブロックチェーン・Web3・トークン化・デジタルID・セキュリティ・デジタル資産運用」などといった様々な分野に関する専門知識を有しているため、これらの企業が協力することによって、CBDCの課題解決やイノベーションが促進されると期待されています。

>>CBDC関連の最新記事はこちら

マスターカード発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

GMOコイン:XRP保有者に対する「Sparkトークンの付与」対応を検討

GMOコイン:XRP保有者に対する「Sparkトークンの付与」対応を検討

XRP Capital設立者のビットコイン価格予想|年末までに〇〇万円

XRP Capital設立者のビットコイン価格予想|年末までに〇〇万円

Ripple社のxRapidが国際送金で40〜70%の節約を達成|大幅にコストを削減

Ripple社のxRapidが国際送金で40〜70%の節約を達成|大幅にコストを削減

RippleNetと国際送金アプリ「OnePay FX」が統合 ー 利用可能国がさらに拡大

RippleNetと国際送金アプリ「OnePay FX」が統合 ー 利用可能国がさらに拡大

大手ファンドMorgan Creekが「XRP・XLM」を除外する理由|Mark YuskoCEOが説明

大手ファンドMorgan Creekが「XRP・XLM」を除外する理由|Mark YuskoCEOが説明

eToro:XRP保有者に対する「Sparkトークン付与」対応へ|今後の買い増加に期待感

eToro:XRP保有者に対する「Sparkトークン付与」対応へ|今後の買い増加に期待感

注目度の高い仮想通貨ニュース

スターバックス:Web3報酬プログラム「Starbucks Odyssey」終了へ|次のステップに向けて

スターバックス:Web3報酬プログラム「Starbucks Odyssey」終了へ|次のステップに向けて

ビットトレード:ソーラー(Solar/SXP)取扱いへ【国内初上場】

ビットトレード:ソーラー(Solar/SXP)取扱いへ【国内初上場】

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

新しい仮想通貨Dogecoin20がプレセールを開始、初日で25万ドルを調達して市場から大きな期待

新しい仮想通貨Dogecoin20がプレセールを開始、初日で25万ドルを調達して市場から大きな期待

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

日本の年金基金:運用資産の多様化に向け「ビットコイン・暗号資産」などの情報提供依頼

日本の年金基金:運用資産の多様化に向け「ビットコイン・暗号資産」などの情報提供依頼

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

ビットコインの価格高騰は近い?「現在は2020年末と同じ成長段階」Bitfinexレポート

ビットコインの価格高騰は近い?「現在は2020年末と同じ成長段階」Bitfinexレポート

ビットボットが売り切れ間近|日本の仮想通貨トレーダーが可能性に期待?

ビットボットが売り切れ間近|日本の仮想通貨トレーダーが可能性に期待?

ミームネーターのプレセールがトークンの96%以上を販売|最終段階に突入

ミームネーターのプレセールがトークンの96%以上を販売|最終段階に突入

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す