リップル×パラオ政府:XRPL活用した「パラオステーブルコイン」の試験運用開始

by BITTIMES   

パラオステーブルコインの試験運用を開始

Ripple社は2023年7月26日に、パラオ共和国とリップル社が共同で進めているステーブルコインプロジェクトが第1段階目の試験運用期間に突入したことを発表しました。

パラオ政府とリップル社が協力して開発しているステーブルコインは、通貨1枚の価格が1米ドルの価格に連動するように設計された米ドル連動ステーブルコインであり、パラオステーブルコイン(PSC)や「Kluk」という名称で呼ばれています。

このステーブルコインでは、リップル社が今年5月に発表した中央銀行デジタル通貨(CBDC)のプラットフォームが活用されているとのことで、仮想通貨XRPなどでも利用されている分散型台帳XRP Ledger(XRPL)を基盤にしていると報告されています。

安全で便利な決済手段を「手数料無料」で

パラオステーブルコイン(PSC)の試験運用は段階的に進められる予定で、最初のテストには地元の商店でPSCを使用することを志願した約200人の政府職員が参加しています。

発行されたPSCはテストに参加している地元商店での支払いに利用することが可能で、「パラオステーブルコインは他のオンライン決済サービスよりも効率的で、安全かつ透明性の高い便利な支払い方法を"手数料無料"で提供する」と説明されています。

PSCテストの第一段階では、パラオ市民の信頼を得るために以下のような成功基準が定められており、第一段階のテストが成功した場合には次のステップで提供範囲が拡大される予定だと報告されています。

【第一弾テストの成功基準】

  • パラオ財務省が安全かつ確実にPSCの発行・配布・償還処理を行い、24時間365日リアルタイムで流通総額を完全に管理できること
  • パラオ政府職員が特定の小売店での買い物にPSCを使用し、シームレスなPOS取引ができること
  • パラオの小売業者がPSCによる支払いを安全かつ確実に受け取り、確認できること

なお、今回のパイロットプロジェクトでは、2ヶ月後に評価が行われた後に、その提供範囲をさらに拡大するかどうかが決定されることになると説明されています。

リップル社はCBDCの発行について20以上の政府と協議を行なっているとも報じられているため、パラオステーブルコインの試験運用で良い結果が出た場合には、同社のCBDCプラットフォームを活用する事例がさらに増えていく可能性があるとも期待されます。

>>Ripple関連の最新記事はこちら

Ripple発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

JCB・JTBの合弁会社:メタバース「XANA」で観光振興・地域活性化支援に向けた開発開始

JCB・JTBの合弁会社:メタバース「XANA」で観光振興・地域活性化支援に向けた開発開始

BINANCE:モバイルアプリでビットコインの「オプション取引」提供開始

BINANCE:モバイルアプリでビットコインの「オプション取引」提供開始

米SECの証券判断に「Cardano・Solana・Polygon」が反論

米SECの証券判断に「Cardano・Solana・Polygon」が反論

Voyager Digitalの資産「Binance US」が約10億ドルで買収

Voyager Digitalの資産「Binance US」が約10億ドルで買収

NFT・暗号資産の損益計算サービス「Settler会計」モニター参加者募集開始

NFT・暗号資産の損益計算サービス「Settler会計」モニター参加者募集開始

韓国・寿城大学「AIブロックチェーンキャンパス」設立へ|人工知能協会とMoU締結

韓国・寿城大学「AIブロックチェーンキャンパス」設立へ|人工知能協会とMoU締結

注目度の高い仮想通貨ニュース

Shib:The Metaverseのコンテンツ制作映像公開「シバイヌ関連の注目ニュース」も続々

Shib:The Metaverseのコンテンツ制作映像公開「シバイヌ関連の注目ニュース」も続々

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

分散型自律組織の自主規制団体「日本DAO協会」設立へ

分散型自律組織の自主規制団体「日本DAO協会」設立へ

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

金持ち父さん著者:キャシー・ウッド氏の「1BTC=230万ドル予想」を支持

金持ち父さん著者:キャシー・ウッド氏の「1BTC=230万ドル予想」を支持

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す