新星ミームコイン「ミームネイター」ライバルを撃ち落とせるのか?

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

ミームコイン市場の背景

今日の仮想通貨市場において、ミームコインが大きな注目を集めていることをご存じだろうか。2020年にゼロに近い状態から急速に成長し、投資家の財布の主役的存在となった。

かつてミームコインというアイデアは世間から白い目で見られていたものの、今ではその認識を大きく覆した。CoinMarketCapは、本稿執筆時点でミームコインだけで570種類以上をリストアップしており、同サイトで最も大きなカテゴリーの1つとなっている。

一方Duneの報告によると、2021年に入ってからこれらの流行コインの累積取引高は360億ドル以上に急増している。

問題は「投資家が存在する銘柄の中から注目すべきものを見いだせない事」にある。ぺぺ?柴犬コイン?それともウォジャックなのか。ハリーポッターオバマソニック10イヌなど市場は飽和状態だ。

そんな中でミームコインのアービターと呼ばれる、ミームネイター(Memeinator)が登場した。90年代のアクション映画『ターミネーター』からインスピレーションを得たこの銘柄は、市場の注目に値しないミームコインを探し出して破壊するというレーザーガンのような機能を備える。

OpenAIのような先進的なAI技術を活用して、市場の注目に値しないミームコインを探し出し、破壊することで、10億ドルという驚異的な時価総額を目指す。

波に乗る準備はできているだろうか。ミームネイターのプレセールは9月27日に開始が予定されている。強力なブランドとWeb3空間ではかつて見られなかった抵抗運動に支えられ、2023年中に注目される銘柄の1つとなる可能性がある。ミームネイターが、どう弱者ミームをねじ伏せていくのか、見ものである。

ミームネイターとは?

スカイネットの創造物のように、ミームネイターがプログラムされているのはただひとつ「完全な支配」である。非の打ちどころのないブランディングと強力なAI技術のコンボを使って、プロジェクトは草の根の抵抗運動を構築している。

最初は、仮想通貨世界の片隅で、後にミームコインのコミュニティ、フォーラム、subredditsで話題を作り、勢いを増すだろうが、敵対的買収を企てる間は水面化で活動をする。

ミームネイターのロードマップは、この計画の概要を明確に示している。初めに、噂を広め、コミュニティを成長させるためにマーケティング担当者の軍団を配置する。地面にしっかり根を下ろすことによって、頑丈な基盤を構築する。

MMTRトークンがローンチされ取引所のリストが確保されると、ミームネイターはオーバードライブに入り、ミームスキャナーをローンチする。このツールは真のターミネーターのように、エコシステムから弱いミームを体系的に特定し、排除する。

これらはすべて、ミームネイターの新仮想通貨をその最終目標である時価総額10億ドルに押し上げることを目標としている。

審判の日にちなんで、29ステージのミームネイタープレセールは、29日間のカウントダウンが8月29日に始まった。1トークンあたり0.01ドルでスタートするプレセールは、9月27日に開始された。

プレセールが終了する頃には、MMTRの価値は0.049ドルとなり、最初の価格から390%という驚異的な上昇を見せるだろう。

ミームネイターは、文句なしのコントロールだけでは物足りないとばかりに、専用ゲーム「Meme Warfare」もリリースする。バトルの興奮とミーム文化の不条理を融合させたシューティングゲームだ。

騒乱の遊び場であるこのゲームで、プレイヤーはミームネイターを体現し、ライバルのミームとユーモアに満ちた激しい衝突を繰り広げることができる。生き残ることができるのは、最も卑劣な者だけだ。

詳細についてはミームネイターの公式サイトにて、プレセールはもちろん、最新のニュースも掲載している。

ミームネイターがホットな仮想通貨と呼ばれる理由

ミームネイターの特徴的な戦略こそが、ブロックチェーン分野内で他と一線を画す大きな理由となっている。手始めに、アクション映画愛好家やミームコイントレーダーから、リスクテイカーやミームネイターが約束する市場全体の覇権に賭ける投機的な投資家まで、幅広い投資家を惹きつけるように配置されている。

もちろんこれは単なる巧妙なマーケティングではない。ミームネイターは高度なAI技術を駆使して、崩壊寸前の弱いミームを探し出す。どのミームコインを「抹殺」すべきかを投票する専用コミュニティと組み合わせることで、プロジェクトはミーム抹殺という無慈悲なミッションに民主的な側面を加えている。

興味深いことに、ミームスキャナーによって収集された洞察は、市場戦略のためだけでなく、ミームネイターゲームのテーマにも活かされている。ライバルのミームコインについて収集された情報は、ダイナミックなゲームプレイに反映され、そのミームコインのゲーム内で登場の仕方、行動、パフォーマンスを左右する。

ミームネイターの先進的なトークノミクスもまた、多くの人々の関心を集めることだろう。MMTRは、持続可能性と成長のために構築されたデフレ型であり、四半期ごとのトークン燃焼が供給を制限し、長期的な価値を支える。

また投資家は、年間高リターンと共に惜しみないステーク報酬を期待することができる。そしてプロジェクトの積極的な姿勢を示すように、トークン供給量の15%という多額の資金が、マーケティングと取引所上場のみに割り当てられている。

ミームネイターは2023年の注目株となれるのか?

今こそ、瞬間を捉える時だ。ミームネイターは、投資家を失望させ本来の実用性に欠ける、ミームコインのパレードに終止符を打つ。

90年代のアクション映画のノスタルジーと最先端のAI技術、そして爽快なミーム戦争ゲームを融合させたミームネイターは、ミームコインの世界の根幹を揺るがす運命にある。これは単なるトークンではなく、抵抗運動なのだ。

プレセール開始までのカウンドダウンは始まっている。9月27日、審判の日をマークしておこう。

そして行動は迅速に。ミームネイターは、2023年に注目される銘柄の1つとなる可能性がある。その積極的なマーケティングのおかげで、トークンは急速に売り切れることが予想され、早期投資家はプレセール終了までに投資額が390%以上急騰するかもしれない。ミームネイターの世界では、覚悟を決めた者だけが生き残る。

MMTRの詳細はこちらから


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

カルダノ・アルトシグナルの価格予測:2021年以降の仮想通貨市場をどう評価する?

カルダノ・アルトシグナルの価格予測:2021年以降の仮想通貨市場をどう評価する?

ソラナ価格の下落によりボンクの価格が急降下する中、ミームネーターはプレセールで最高値を更新

ソラナ価格の下落によりボンクの価格が急降下する中、ミームネーターはプレセールで最高値を更新

注目のAIコインSCOTTYがICOで600万ドルを調達して完売!人気に伴い、上場前に購入できる7日間の追加特別セールを実施中

注目のAIコインSCOTTYがICOで600万ドルを調達して完売!人気に伴い、上場前に購入できる7日間の追加特別セールを実施中

犬・AI・ソーセージを融合した不思議な最新ミームコインWiener AI、プレセールで即座に30万ドル超え

犬・AI・ソーセージを融合した不思議な最新ミームコインWiener AI、プレセールで即座に30万ドル超え

デリバティブ取引について解説

デリバティブ取引について解説

一か八かの賭け : チャンサーは将来的にスコーピオンカジノに並ぶことができるのか?

一か八かの賭け : チャンサーは将来的にスコーピオンカジノに並ぶことができるのか?

注目度の高い仮想通貨ニュース

SHIBの人気に便乗するエアドロップ詐欺などに要注意「The Daily Shib」が注意喚起

SHIBの人気に便乗するエアドロップ詐欺などに要注意「The Daily Shib」が注意喚起

SBI VCトレード「APT・HBAR・ZPG」取扱いへ|ステーキング銘柄も拡充

SBI VCトレード「APT・HBAR・ZPG」取扱いへ|ステーキング銘柄も拡充

ドナルド・トランプ氏は「アメリカ初の仮想通貨大統領」元CFTC委員長

ドナルド・トランプ氏は「アメリカ初の仮想通貨大統領」元CFTC委員長

Solana系の最新ミームコインSLOTHがプレセールで1500万ドルを調達!上場前に購入できるラストチャンス

Solana系の最新ミームコインSLOTHがプレセールで1500万ドルを調達!上場前に購入できるラストチャンス

Dogeverseのプレセールが1500万ドルを調達、終了までのカウントダウンが始まる

Dogeverseのプレセールが1500万ドルを調達、終了までのカウントダウンが始まる

99BTCのプレセールが100万ドル達成、成長する教育コイン分野でトップを目指す

99BTCのプレセールが100万ドル達成、成長する教育コイン分野でトップを目指す

仮想通貨取引所Gateから「Shibarium」が消えた理由が判明|近日中には復活か?

仮想通貨取引所Gateから「Shibarium」が消えた理由が判明|近日中には復活か?

英デジタル銀行Revolut「仮想通貨取引所」を開設|100銘柄以上を取扱い

英デジタル銀行Revolut「仮想通貨取引所」を開設|100銘柄以上を取扱い

ビットコイン「バブル崩壊」は近い?暴落予想を的中させたベテラントレーダーが警告

ビットコイン「バブル崩壊」は近い?暴落予想を的中させたベテラントレーダーが警告

ビットコイン:ブレイクアウトのタイミングは2024年10月?著名アナリストの価格予想

ビットコイン:ブレイクアウトのタイミングは2024年10月?著名アナリストの価格予想

Own The Doge:ドージコインでも有名な「かぼすちゃん」画像の権利を取得

Own The Doge:ドージコインでも有名な「かぼすちゃん」画像の権利を取得

Google Cloud「Web3ポータル」公開|仮想通貨・ブロックチェーン関連情報を集約

Google Cloud「Web3ポータル」公開|仮想通貨・ブロックチェーン関連情報を集約

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す