「米ドルの時代は終わりに近づいている」世界三大投資家ジム・ロジャーズ氏

by BITTIMES

複数の選択肢やマインドセットが重要

仮想通貨業界では「米ドルなどの法定通貨は近い将来に崩壊する」といった意見が複数語られていますが、世界三大投資家の1人としても知られるジム・ロジャーズ氏も「米ドル優位の時代は終わりに近づいている」と警告しています。

YouTubeチャンネル「Nomad Capitalist」のインタビューに出演したロジャーズ氏は「米国は世界最大の債務国になっている。米国ほど多くの借金を抱えた国は他にない」と指摘した上で、「私には10代の子供が2人いるが、彼らは人生で多くの問題に直面することになるだろう」と語っています。

同氏は、次世代の人々に利益をもたらす方法について「今後数十年で別の選択肢を持つことが非常に重要であることに疑いの余地はない」と述べており、自身が子供たちに言語や文化など"世界中のどこにでもいられるようにするための選択肢"を与えれるように努力してきたことを説明しています。

また、ロジャーズ氏は「選択肢を持つだけでなく、マインドセットも重要である」と述べており、「状況の変化に対応する準備ができていないのであれば、少なくとも何かをする選択肢を持っているべきである」と語っています。

シンガポールが成功した要因

ロジャーズ氏は今回のインタビューの中でシンガポールの成功に要因についてもコメントしています。

シンガポールが成功した要因としては「シンガポールが地理的に重要な港となっていること」が挙げられており、アジアが急成長し始めた時期に独立国家となったことによって、適切なタイミングで適切な位置に存在することができたことが説明されています。

しかし同氏は、シンガポールが成功した要因として「2言語政策を奨励したこと」や「貯蓄と投資を推進したこと」を挙げており、シンガポールの地理的要因とリーダーの懸命な判断が国の成功に寄与しているとの見解を語っています。

米ドル時代の終わりと中国人民元

ジム・ロジャーズ氏は「中国の通貨と米ドルの競争」について尋ねられた際に「私は大量の米ドルを所有しているが、米ドルの時代が終わりに近づいていることは知っている」と語っています。

同氏は「永遠にトップの座に留まり続ける通貨はない」と述べており、歴史上100年〜150年以上トップに君臨し続けた通貨は存在しないと説明しています。

このように語るロジャーズ氏は「現時点では中国の人民元以外に米ドルに競合できる通貨は見当たらない」と述べていますが「中国人民元は"ブロックされた通貨"であり、ユーロやドルのように簡単に売買することはできない」とも指摘しています。

同氏は中国で通貨を解放する動きが見られていることは認めていますが、それはまだ十分ではないとも述べており、「中国が引き続き解放していくことを願っている」と語っています。

仮想通貨やビットコインに対する見解は?

仮想通貨業界では"米ドルに変わる新たな世界通貨"として「ビットコイン」が頻繁に挙げられています。

ビットコイン(BTC)は世界中で利用される国際的な通貨となってきており、2,100万枚の発行上限が定められている他、ライトニングネットワークなどの技術によって安い手数料で簡単に国際送金できるため、"支払い・送金・価値の保存などに活用できるオープンな通貨"として注目されています。

ジム・ロジャーズ氏は今回のインタビューの中で仮想通貨やビットコインについてコメントしていませんが、2014年に「China Money Network」のインタビューに答えた際には以下のようなコメントを語っています。

もし私がもっと賢ければ、最初に人々から仮想通貨について教えてもらった初期段階でそれを購入していたでしょう。私にはまだ投資できるほど十分に仮想通貨を理解できていません。

ロジャーズ氏は仮想通貨に対して極端に否定的ではないものの、2020年には「仮想通貨は政府が有する銃や武力を持っていないため、いずれは政府によって排除される運命にある」との見解も示しています。

>>ビットコイン関連の最新記事はこちら

Nomad Capitalist

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所「LiteBit」にネム(NEM/XEM)が上場 ー オランダ

仮想通貨取引所「LiteBit」にネム(NEM/XEM)が上場 ー オランダ

米大統領候補のVivek Ramaswamy氏「仮想通貨の寄付受け入れ」を発表

米大統領候補のVivek Ramaswamy氏「仮想通貨の寄付受け入れ」を発表

MicroStrategy:取締役の役員報酬「ビットコイン」で支払いへ|米上場企業で初

MicroStrategy:取締役の役員報酬「ビットコイン」で支払いへ|米上場企業で初

未登録の仮想通貨取引所に「業務停止・資金返還」を命令:マレーシア規制当局

未登録の仮想通貨取引所に「業務停止・資金返還」を命令:マレーシア規制当局

SBI VCトレード「XDCのステーキングサービス」提供開始|記念キャンペーンも開催

SBI VCトレード「XDCのステーキングサービス」提供開始|記念キャンペーンも開催

「デジタル通貨はこれ以上必要ない」米SECのゲイリー・ゲンスラー委員長

「デジタル通貨はこれ以上必要ない」米SECのゲイリー・ゲンスラー委員長

注目度の高い仮想通貨ニュース

MetaMaskアプリ利用者は「最新版へのアップデート」を|トランザクション関連のバグ修正

MetaMaskアプリ利用者は「最新版へのアップデート」を|トランザクション関連のバグ修正

イーサリアムを拡張して世界の決済インフラに「INTMAX」戦略ラウンドを完了

イーサリアムを拡張して世界の決済インフラに「INTMAX」戦略ラウンドを完了

BINANCE:11月8日に重要発表「Binance messenger」や「ORDI上場」も話題に

BINANCE:11月8日に重要発表「Binance messenger」や「ORDI上場」も話題に

2023年12月「ドージコインを月に送る計画」宇宙ベンチャー企業Astrobotics

2023年12月「ドージコインを月に送る計画」宇宙ベンチャー企業Astrobotics

ビットバンク「10,000円がもらえる!仮想通貨を入金しようキャンペーン」開始

ビットバンク「10,000円がもらえる!仮想通貨を入金しようキャンペーン」開始

OKCoinJapan:マスクネットワーク(MASK)取扱いへ【国内初】

OKCoinJapan:マスクネットワーク(MASK)取扱いへ【国内初】

ジャスミー:JasmyCoin(JMY)も活用する「医療関連の新プロジェクト」発表

ジャスミー:JasmyCoin(JMY)も活用する「医療関連の新プロジェクト」発表

カルダノ・エイダ(ADA)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

カルダノ・エイダ(ADA)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

暗号資産の脱税防止に向けて世界規模で情報交換|日本を含む約50カ国が共同声明

暗号資産の脱税防止に向けて世界規模で情報交換|日本を含む約50カ国が共同声明

Poloniexハッキング「犯人の身元情報」特定か|ジャスティン・サン氏が最終通告

Poloniexハッキング「犯人の身元情報」特定か|ジャスティン・サン氏が最終通告

米規制当局、次の標的は「Bybit」か?Coinbaseに対してバイビット調査関連で召喚状

米規制当局、次の標的は「Bybit」か?Coinbaseに対してバイビット調査関連で召喚状

XのWeb3拡張機能を提供する「Inspect」カルダノ(ADA)とのコラボを発表

XのWeb3拡張機能を提供する「Inspect」カルダノ(ADA)とのコラボを発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

NFTゲーム「キャプテン翼RIVALS」とは?TSUGT・TSUBASAUTの特徴・価格情報など

NFTゲーム「キャプテン翼RIVALS」とは?TSUGT・TSUBASAUTの特徴・価格情報など

ビットコイン(BTC)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

ビットコイン(BTC)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

マスクネットワーク(MASK)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

マスクネットワーク(MASK)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

ビットコインETFとは?市場への影響や注目される理由などを解説

ビットコインETFとは?市場への影響や注目される理由などを解説

イーサリアム(ETH)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イーサリアム(ETH)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

スイ(SUI)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

スイ(SUI)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

人気のタグから探す